ミツモアメディア

ハウスクリーニングの費用はいくら?費用を抑えるコツや業者の選び方

最終更新日: 2021年11月30日

「ハウスクリーニングを依頼したい」と考えているなら、事前にしっかりと費用相場についてチェックしましょう。ハウスクリーニングを成功させるコツは、安易に安い業者に飛びつかないことです。費用を抑えるコツや、業者選びのポイントを紹介します。

そもそもハウスクリーニングとは?

ガスレンジの換気扇の掃除をするハウスクリーニングの女性作業員

ハウスクリーニングが一般に浸透してきたとはいえ「自宅の掃除にお金を払うなんて…」と懐疑的な人も散見されます。現在ハウスクリーニングを検討中の人は、ハウスクリーニングのメリットや特徴を知ると決断しやすくなるでしょう。

ハウスクリーニングの概要や他サービスとの違いについて紹介します。

プロの技で徹底的にお掃除

ハウスクリーニングは掃除のプロが質の高い清掃を提供するサービスです。掃除内容は契約プランによって異なりますが、家庭のあらゆる場所をプロのスキル・洗剤・道具で徹底的にきれいにしてくれます。

近年は共働き家庭の増加から、ハウスクリーニングのニーズが高まっているといわれます。サービスの選択肢は多く、各家庭のニーズに合ったプラン・料金の業者がみつかるはずです。

家事代行サービスとの違い

家事代行は、あくまでも「依頼者の代わりに家事をすること」が仕事です。掃除を依頼したからといって、プロ並みの仕上がりは期待できません。

掃除道具・洗剤は各家庭にあるものを使用するため、掃除の質そのものは自分でするときと変わらないでしょう。

一方ハウスクリーニングでやって来るのは、掃除のプロです。装備一式は全てプロ仕様で、素人にはない掃除のノウハウも豊富に持っています。

「家をきれいにしたい」というのがサービスを利用する目的であれば、ハウスクリーニング以外の選択肢は考えにくいでしょう。

ハウスクリーニングの費用相場

ハウスクリーニングの女性

ハウスクリーニングを依頼する前に、費用の相場をチェックしておきましょう。

ただし実際の費用は、家の広さや間取り・物の配置・量等によって大きく異なります。費用相場は「あくまでも目安」と考えるのがおすすめです。

居住形態別に、ハウスクリーニングの費用相場を紹介します。

一戸建ての場合

一戸建てを丸ごとハウスクリーニングするときの費用相場は、次のとおりです。基本的に、部屋数が多いほど費用は高額になります。

  • 2LDK・3DK・3LDK:60,000~100,000円
  • 4DK~6LDK:80,000~150,000円


同じ部屋数でも費用の高い・安いが出てしまうのは、家の汚れ具合や間取り・物の量などが異なるためです。例えば同じ広さの家でも、二世帯住宅でトイレや浴室・キッチンが複数ある場合は、費用が高額になる傾向があります。

また家を完全に空けたい場合、廃棄するゴミの量が膨大になるかもしれません。必然的に処分費用が高額になり、掃除料金も上がります。

マンションやアパートの場合

マンションやアパートでハウスクリーニングを依頼した場合、費用相場は次のとおりです。一戸建てと同様に、部屋数が増えるほど費用も高額になります。

  • 1R・1K・1DK・1LDK:15,000~40,000円
  • 2DK・2LDK:40,000~70,000円
  • 3DK・3LDK:50,000~100,000円
  • 4DK・4LDK・それ以上:70,000円~

同じ間取り・大きさでも、汚れがひどかったり掃除範囲が広かったりする場合は高額になります。

また変わった間取りのデザイナーズマンションや特殊な材質を使った部屋、海外製の建具をふんだんに使った部屋などは、ごく一般的な掃除方法では対応できないかもしれません。

業者の判断によっては、通常料金にさらに上乗せとなることもあるでしょう。

空室の場合

空室の掃除費用相場は次のとおりです。戸建てにせよ集合住宅にせよ、空室の方が掃除費用は安価になる傾向があります。

  • 1R・1K・1DK・1LDK:12,000~35,000円
  • 2DK・2LDK:30,000~50,000円
  • 3DK・3LDK:40,000~80,000円
  • 4DK・4LDK・それ以上:55,000円~

空室の掃除料金が安価なのは、掃除の難易度が下がった分が料金に反映されるためです。

部屋に物がない状態であれば、掃除のために物を動かしたり避けたりする必要がありません。掃除は当然スムーズになり、業者は負担なく掃除を終えられます。

料金がどのくらい安くなるかは業者にもよりますが、部屋に物があるときと比較して2~30%オフというケースが多いようです。

場所別に頼む場合の費用相場

ハウスクリーニングの男性

「エアコンがカビくさい」「換気扇が汚れ過ぎている」などの場合は、場所を特定して掃除を依頼することも可能です。料金は掃除場所によって異なるため、それぞれの目安を確認しておきましょう。

場所を限定して掃除を依頼した場合の費用相場について紹介します。

エアコン

エアコン掃除は「エアコン下に2畳程度の作業スペース」「パーツを洗うための洗浄場所」が確保可能なら依頼できます。掃除の費用相場は次のとおりです。

  • お掃除機能あり:5,000~17,000円
  • お掃除機能なし:5,000~12,000円

エアコンに自動清浄機能が付いている場合、付いていないものと比較して高額になります。業者によっては「受付不可」としているところもあるため、事前に掃除の可否・料金についてきちんと確認しておきましょう。

ハウスクリーニング業者にエアコン掃除を依頼すると、本体を分解して内部パーツまでしっかりときれいにしてくれます。個人では手が届かないカビ・汚れが取り除かれ、エアコンから排出される空気が快適になるでしょう。

換気扇・レンジフード

換気扇周りの掃除費用相場は、換気扇の形態によって異なります。レンジフード式は掃除する面積が広い分、プロペラ式よりも高額になると心得ましょう。

換気扇・レンジフードの費用相場は次のとおりです。

  • プロペラ式:7,000~11,000円
  • レンジフード式:10,000~14,000円

掃除に含まれる内容は「表面・内部掃除」「ファン・プロペラ式の掃除」「フィルター掃除」「養生・周辺掃除」が一般的です。

業者によってはオプションとして、つや出しコーティングやフッ素コーティングといったメニューを提供してくれることもあります。換気扇・レンジフードを汚れにくくしたい家庭にはおすすめですが、別途オプション料金が必要な点に注意しましょう。

基本的な床のハウスクリーニングは、掃き掃除・水拭き・から拭き・ワックス掛けが1セットです。ハウスクリーニング業者に依頼した場合、費用相場は次のとおりになります。

  • 1部屋(6~10畳程度):8,500~15,000円

床掃除を依頼する際注意したいのは、床に使われている素材です。

床材の種類はさまざまで、業者は床材に合わせて掃除方法や洗剤・ワックスを選択しなければなりません。掃除が難しかったり特殊な洗剤が必要だったりする床材が使われていた場合、その分料金に上乗せとなるでしょう。

また大きな家具があったり家具の移動が大変だったりする場合も、オプション料金がかかる恐れがあります。床掃除は安易に考えず、必ず見積もりを取るのがベターです。

水回りを頼む場合の費用相場

ハウスクリーニング 浴室 風呂場

「水回りをハウスクリーニングでピカピカにしたい」と考えた場合、費用相場はどのくらいなのでしょうか?ニーズの多い場所別に、掃除の費用相場を紹介します。

キッチン

キッチンの掃除費用相場は、10,000~20,000円と考えましょう。

掃除をハウスクリーニング業者に頼むときのポイントは、「どこからどこまでを掃除してくれるか」を明確にしておくことです。

依頼主が「コンロ・シンク・壁・床までやってくれるだろう」と思っても、実際の掃除範囲は「シンクだけ」というケースもあり得ます。

掃除を依頼するときは、「どこまで掃除してもらえますか?」と尋ねたり「壁・冷蔵庫もきれいにしてほしい」と希望を伝えたりしておくのがベターです。

事前にお互いのイメージをすり合わせておけば、当日になってオプション料金を取られたり、「掃除が行き届いていない」と不満を感じたりせずに済むでしょう。

浴室

浴室内の床・天井・壁の全てが掃除対象ですが、基本的に洗面所は含まれません。浴室をハウスクリーニング業者に頼んだ場合、費用相場は10,000~20,000円です。

また風呂釜内部の掃除や、浴室全体に防カビ・防汚処理を依頼した場合も、別オプションとなります。浴室に浴室乾燥機が付いている場合は、その掃除も別料金です。

浴室掃除を依頼する際も、どのような掃除をしてもらいたいかを明確に決めておくことをおすすめします。

トイレ

トイレ掃除の費用相場は、6,000~10,000円と考えましょう。トイレ内の全てが掃除対象ですが、業者によってはオプション扱いのものもあります。

トイレ掃除は、基本的に「汚れを落とすこと」に限定されます。防汚・防臭等の処理を依頼したい場合は、オプション料金が必要となるでしょう。

またトイレタンク内の掃除やウォシュレットの分解掃除も、オプションとなるケースがほとんどです。トイレが複数ある場合はその分料金も上がるため、予算をしっかり立てて相談するのがおすすめです。

洗濯機・洗濯槽

洗濯機・洗濯槽の掃除は、洗濯機の種類によって費用相場が異なります。

一般にドラム型の洗濯機の方が、掃除料金は高額です。加えて特殊な構造の洗濯機は、別途料金が必要だったり断られたりする可能性があります。事前に機種を確認してから問い合わせましょう。

  • 縦型:10,000円~15,000円
  • ドラム型:17,000円~25,000円

洗濯機の掃除では、洗濯槽の内側・外側をしっかりときれいにしてくれます。

ただしあまりにも汚れ・カビの付着がひどい場合は、通常の掃除では落としきれないかもしれません。洗濯機を分解して洗浄する「完全分解洗浄」が必要となり、オプション料金がかかります。

また洗濯パンは掃除に含まれないことがほとんどです。洗濯パンまできれいにしたい場合は、2,000~5,000円の上乗せとなります。

ハウスクリーニング費用が高くなる原因

ガスレンジの換気扇のフィルターをブラシで洗うハウスクリーニング の女性の手元

同じような間取りの家でも、片方は安く・片方は高くなるケースは多々あります。ハウスクリーニングの費用には、どのようなことが影響を与えているのでしょうか?

ハウスクリーニングが高額になりやすいケースを紹介します。

汚れがひどい場合

家の汚れがひどい場合、掃除に費やす手間・時間が増えます。スムーズに掃除が進む家と比較して、料金は高額になるでしょう。

通常の掃除で落とせない汚れについては、特殊な機器を使ったり洗剤を使ったりする必要があります。機器を扱える人材が限られていると、それが料金に反映されるケースが多いようです。

業者によっては基本の掃除範囲を狭く設定して、料金を安価に見せているケースが多々あります。

このような業者に依頼すると、オプション料金の上乗せは必至です。最終的なトータルコストは、非常に高額になるでしょう。

一戸建てや駐車場がない場合

一般に一戸建ての方が、集合住宅よりも掃除費用が高額になる傾向があります。戸建ての方が1部屋の面積が広かったり、階段・廊下等の掃除が含まれて掃除範囲が広くなったりするためです。

また、駐車場の有無も掃除料金に影響します。自宅に駐車場がない場合、業者は別途駐車場を確保する必要があります。業者が有料パーキングを利用すれば、料金は依頼者負担となることが多いでしょう。

駐車場がない家庭は、掃除当日の駐車場・駐車料金について必ず事前に確認しておきましょう。

費用を抑えるコツ

トイレ ハウスクリーニング

そのときの気分やいきおいでハウスクリーニングを依頼してしまうと、予想外に費用がかかってしまうかもしれません。業者に依頼するときは、「費用を抑えるコツ」を意識してみましょう。

ハウスクリーニングを安価にしたいとき、覚えておきたいポイントを紹介します。

気になる場所をまとめて依頼

ハウスクリーニング業者の多くは、掃除のセットメニューを提供しています。これを利用すれば割安になり、掃除費用を安く抑えられます。

例えばハウスクリーニング業者に多いのが、キッチン・浴室などの掃除を一まとめにした「水回り掃除セット」です。業者によっては個別に依頼したときの半額程度になることもあり、掃除費用を大きくコストカットできます。

またセットメニューを提供していない業者でも、複数の場所を依頼すれば割引してくれる可能性があります。掃除したい場所が1カ所しかない場合は、他に依頼したい場所が出てくるまで待つのも一案です。

閑散期に依頼

どの業界も、繁忙期の料金は高額になりがちです。掃除費用を安く抑えたい場合は、ハウスクリーニングの閑散期である9~10月頃を狙いましょう。

一般に移動や大掃除がある年度末や年末は、ハウスクリーニングの需要が高まります。業者によってはハイシーズン料金を適用することもあり、掃除費用が高額になりがちです。

また夏前や冬前は、エアコン掃除を依頼する人が増えます。ハウスクリーニングにエアコン掃除を含めると、待たされたり費用が高く付いたりするかもしれません。

ハウスクリーニング業者の仕事が詰まっていない時期なら、価格交渉もしやすくなります。緊急性を要さない掃除なら、時期を待つのがおすすめです。

退去後に依頼

引越しでハウスクリーニングを利用する場合は、部屋を空にした状態で依頼するのがベターです。家財・荷物があるとそれらを避けながらの掃除となり、掃除効率が落ちます。掃除スタッフを拘束する時間も長くなり、掃除費用が割高になるのです。

また部屋を空けるときに時間があれば、できる範囲でクリーニングしておいてもよいでしょう。わずかでもきれいにしておけば、業者に依頼する場所が減ります。

相見積もりを取る

ハウスクリーニングを依頼する際は、複数の業者から見積もりを取りましょう。同じ掃除内容でも、選ぶ業者によってコストが大きく変わるかもしれません。

複数の業者を探す手間を省きたい場合は、業者探しのマッチングプラットフォーム「ミツモア」を利用しましょう。いくつか簡単な質問に答えるだけで、居住エリアのハウスクリーニング業者から見積もりが届きます。

気になる業者が見つかれば、やり取りはチャットでOKです。プロ業者は最大で5人まで選べるので、簡単・気軽に相見積もりを取れるでしょう。

ハウスクリーニング業者を選ぶポイント

ハウスクリーニング業者の男性

安さだけを重要視して、安易に業者を選ぶのはおすすめできません。詳細をチェックしないまま業者に依頼すると、かえって高額になったり思った通りの掃除ができなかったりする恐れがあります。

ハウスクリーニング業者を選ぶとき、チェックしたいポイントをみていきましょう。

料金を確認

ハウスクリーニングの料金を見るときは、金額だけではなく中身までチェックしましょう。額面だけに目を取られてしまうと、希望する掃除が含まれていない可能性があります。オプション料金が積み重なって、結果的に高額になるケースがあるでしょう。

ハウスクリーニング業者は、国の認可・資格は必要ありません。開業のハードルは低く、業界は玉石混交の状態です。

うっかり悪徳業者に引っ掛からないよう「料金には何が含まれているのか」「見積もり以上に料金がかかることはあるのか」について、事前に説明を求めるのがベターです。

相手の返答に誠意が見られないと感じたら、その業者は避けましょう。

担当者の対応もチェック

ハウスクリーニング業者を見るときは、担当者の人柄や性格も重視すべきです。何でも相談しやすい担当者なら、掃除プランの相談も気兼ねがいりません。希望通りの掃除を実現しやすく、「ハウスクリーニングを依頼してよかった」と思えるでしょう。

担当者の対応を見たいときは、直接話してみるのがおすすめです。電話で問い合わせをして、そのときの対応や言葉をチェックしてみましょう。

どのような質問にも丁寧に答えてくれたり親身になって考えたりしてくれる担当者なら、ハウスクリーニングを任せても安心です。

損害保険への加入の有無

損害保険は、掃除中の「家財の破損」「設備の損傷」などに備えるための保険です。いくら掃除のプロとはいえ、不測の事態が起こることはあり得ます。業者が保険に入っていれば、トラブルが発生してもスムーズに対応してもらえるでしょう。

ただし、損害保険の適用範囲は契約内容によって異なります。後になって「対象外だった」ということのないように、損害保険の種類や補償内容まで確認しましょう。

ハウスクリーニングで家中スッキリ

スマホを使う女性

なかなか落とせない頑固な汚れも、ハウスクリーニングを依頼すればきれいになります。汚れに向かって「落ちない」とストレスをためる前に、プロの業者に相談しましょう。

ただしハウスクリーニングの費用相場は居住形態・掃除場所・広さによって変わります。我が家のケースを知りたい場合は相見積もりを取って、最適な料金を見極めるのがおすすめです。

費用・掃除内容ともに納得できる業者を見つけ、家中をスッキリさせましょう。

ミツモアでハウスクリーニングのプロを見つけよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアではハウスクリーニングの一括無料見積もりが可能です。ミツモアで簡単・無料見積もり体験をしてみてはいかがでしょうか。

ミツモアでハウスクリーニングを依頼する