大阪のハウスクリーニング業者を見つけよう
大阪のハウスクリーニング業者を見つけよう

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!ハウスクリーニングやエアコン掃除を依頼しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
70万人以上
平均評価 4.90
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!

キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除はハウスクリーニング業者にお任せしましょう。

掃除のプロに依頼をすれば、各箇所を徹底的にキレイするだけでなく、快適に過ごせるよう家全体を掃除してもらうことも可能です。

また「自分では落とせない頑固な汚れをプロの技術でキレイにしてほしい」「家に上がってもらうから安心してサービスを利用したい」「とにかくコストパフォーマンス重視!安くてお得に利用できる業者を探したい」など、要望や選び方は人によってさまざまです。

ミツモアなら大阪府でニーズに合ったハウスクリーニング業者を見つけることができます。かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

ハウスクリーニングの利用シーン

ここではどのような場面でハウスクリーニングを依頼できるのかを4つに分けてご紹介します。ハウスクリーニングの依頼を検討している方にとって参考になれば幸いです。


その1. 引越し前のハウスクリーニング


 引越し前のハウスクリーニングとは、荷物の撤去を済まし空室になった住まい全体の清掃を行ってくれるサービスです。料金は部屋の広さや戸建て・マンションなどタイプにより異なりますが、水回りの水垢やキッチンの油汚れを落とすパックプラン、時間の範囲で臨機応変に清掃してくれる時間制クリーニングサービスなどもあり様々です。汚れ具合やお部屋の状態により使い分けることができます。


 ハウスクリーニングは、退去後に不動産管理会社や大家さんが行う場合が多いですが、借主が原状回復してお返しするのが基本なので、ご自身で業者に依頼をしてきれいにしてから退去すれば敷金返却での金銭トラブルを避けられます。また格安のクリーニング業者を見つけることができれば、安くなった分戻ってくる敷金も増え、よりお得な引越しが可能です。


その2. 大掃除シーズンのハウスクリーニング


 普段忙しくなかなか手がつけられないところの清掃を「年末の大掃除の時にやろう」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ取り組むと予想以上に時間と労力がかかってしまったということも。しかも自分ではなかなか頑固な汚れを落とせないという時もありますよね。そのようなときはハウスクリーニングを依頼すれば、自分たちでやる手間が省け、さらにプロがより奇麗にしてくれるので、清々しい気持ちで新年を迎えることができますよ。


その3. 一人暮らしの方向けのハウスクリーニング

年代や性別を問わず、一人暮らしの方にとってハウスクリーニングはありがたいサービスですよね。


 「仕事が忙しく家や部屋など細かな部分の掃除が満足にできない」、「そもそも家の掃除が苦手」という方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、面倒な水回り、キッチン・レンジフード、エアコンだけといった部分的、気になる箇所だけの清掃を依頼することもできますし、部屋全体の清掃を依頼することもできます。また業者によっては定期コースを受付ているところもあるので、これらを活用することで日常の生活がぐっと楽になることでしょう。


 ご年配の方であれば、体力的に大掛かりな掃除が難しい場合もあるかもしれません。水回りやキッチンなど特定の箇所をプロに掃除してもらうこともできますし、全体のクリーニングを依頼するなら個別に依頼をするよりも費用が安く済むので、年に数回は家全体の掃除を検討してみるのもいいかもしれません。


また、女性の一人暮らしの方は、男性スタッフを家にあげることに不安を感じることもあるでしょう。そのような時は、女性スタッフを指名できる事業者や女性スタッフが必ず同行してくれる事業者を利用すれば安心感が得られます。こういった女性向けのサービスがあるかどうかも確認してみるとよいでしょう。


その4. 汚部屋のクリーニング

汚部屋の掃除においては、まず初めに溜まったゴミや不用品の分別・処分、散らかった物の整理整頓等を行わなければなりません。


通常のハウスクリーニング業者では、多量のゴミや不用品の処分等まで行っているところは多くないため、汚部屋清掃の場合は専門の特殊清掃業者に依頼しなければなりません。


掃除が苦手な方は、まず日常的な掃除をしてくれる家事代行に掃除を依頼して部屋をきれいな状態に保つことをおすすめします。


おまけ. 家事代行との違いは?

結論から言うと、日常的に発生する家事(ちょっとした掃除、買い物、料理等)を依頼できるのが家事代行、清掃だけに特化して依頼するのがハウスクリーニングサービスです。


まず家事代行とは、読んで字の如く家事を代わりに行ってくれるサービスのこと。例えば、買い物や料理、ゴミ出し、ペットの世話などが挙げられます。掃除もサービスとして行っていますがあくまで日常的な清掃を指しており、清掃道具も基本は依頼主の自宅にあるものを使用するので、ご自身が日ごろ行っている以上の仕上がりを期待することはあまりできません。


一方ハウスクリーニングは、清掃に特化したサービスのことを指しており、掃除の専門知識と技術を持ち合わせたスタッフが訪問し、プロ仕様の道具や洗剤を使って住まいを徹底的にきれいにしてくれます。自分では落とせないシンクや浴槽の水垢、エアコンの汚れやカビなどもプロの技術であっという間にピカピカに仕上げてくれるなど、自分では難しい箇所の清掃も行ってくれるのも大きな違いです。


似ているようで両者の特徴は大きく異なるので、まずはどういった依頼がしたいのかしっかり検討してみると良いかもしれません。

ハウスクリーニング業者の選び方

1. クリーニングしてほしい場所で選ぶ


ハウスクリーニングのプロといっても、得意な場所は異なります。エアコンクリーニングやレンジフード、水回りのクリーニングやフロアのワックスがけなど、専門的な技術を要する箇所はプロでも得意な領域に差が出ます。使用する洗浄機械や洗剤もプロにより異なるので口コミやホームページなどからプロの実績やこだわりなどを確認するようにしましょう。


2. 損害保険への加入の有無で選ぶ


ハウスクリーニングはプロが細心の注意を払って行っていますが、それでも家具が破損してしまったり床が変色してしまったりといった事故が起こることがあります。そういった場合でも保険に加入しているプロであれば保証が効くので、見積もり時に加入の有無を確認しておくといいでしょう。また事業者によっては損害保険への加入が別料金のオプションとして設定してあるケースもあるため、こちらも合わせて確認するのがおすすめです。


3. エコ洗剤は使用されているか


業者が行うハウスクリーニングでは、市販の洗剤では落ちにくい汚れを落とすために強力な洗剤を使うことが多いです。そういった洗剤は洗浄力が強い代わりに人体への刺激が強いことが多いため、ハウスクリーニングのプロの中には人体や環境に優しいエコ洗剤を使用しているプロもいます。小さなお子さんやペットがいるご家庭はエコ洗剤を使用しているプロを選ぶと安心です。


4. どんな人が来るのか


ハウスクリーニングでは実際に業者が家に上がって作業を行うので、どのような人が来るのかは気になるところですよね。対応の良くないスタッフに施工してもらっても満足できる依頼とは言えません。なので、事前に口コミ等をチェックし、自分の希望に合う業者かどうか参考にしましょう。中には女性スタッフが対応できる業者もいるため、一人暮らしの女性などはこちらも事前に確認することをおすすめします。


5. 予算で選ぶ


ハウスクリーニングを依頼する際には料金が安い方を選びたくなりますよね。そういった場合には複数社に見積もりをしてもらい比較するのがおすすめです。ただし、業者によって専門や技量は異なりますので、料金面だけで選ぶのではなくトータルのコストパフォーマンスで考えるのが得策です。また明瞭な料金設定かどうかも見るべきポイント。後から請求されるものがないか今一度確認してみましょう。


6. 対応エリアを確認する


業者の対応エリア外まで出張してきてもらう場合、交通費や出張料が別途かかることがあります。その他、自宅に駐車場がなければ駐車場代がかかることも。自宅がその業者の対応エリア内かどうかをチェックしておくと清掃費用のほかの出費を抑えられるでしょう。


7. キャンセル規定を確認する


ハウスクリーニングを予約したがキャンセルをしたい場合、業者によってはキャンセル費用が発生する場合があります。業者により作業予定日の数日前から代金の数十パーセントをキャンセル費用として請求されてしまうため、各業者の規定を事前に確認しておきましょう。

ハウスクリーニングのメリットは?

1.頑固な汚れ・手の届かない汚れが落ちる!

長年同じ家に住んでいたり、中古物件へ引越したりすると、部屋には日常的な清掃では落としきれていない汚れが溜まってるもの。経年によってこびりついてしまった汚れや家電の内部・高所にあり手の届かない汚れも、クリーニングの豊富な知識と技術を持つプロに任せればあっという間にきれいになりますよ!大掃除や引越し前後の原状回復にぴったりでしょう。


2.健康に良い!

普段自分で掃除するのは難しい場所の汚れを取り除いてもらうことで、家の中の清潔さが増すのも嬉しいポイント。空気中に舞うホコリやカビの量がグッと減るので、健康被害の心配がありません。家族に小さな子供やシニア世代・アレルギー持ちの方がいる場合は依頼しておくと安心ですね。


3.自分・家族の時間を大事にできる!

一人暮らしや共働きだと、中々自宅の掃除に手を掛けられず汚れがひどくなりがちですよね。そんな場合は自分で落とそうと無理をせず、業者にハウスクリーニングを依頼するのが効率的でおすすめ。業者に任せてしまえば貴重な休みを潰すことなく、心置きなく自分や家族との時間を大事に過ごせますよ

引越しの入退去ではどこまでクリーニングすればいいの?

入退去のハウスクリーニング代は必要?

基本的に賃貸物件では、退去時に部屋を入居前と同じ状態にする「原状回復」の義務が借主に課せられます。そのため、原則として退去時のクリーニングが必要です。


しかし多くの場合で入居時に支払った敷金にクリーニング費用が含まれているので、退去時にクリーニング代が新たに請求されることはないでしょう。入居時に収めた敷金からクリーニング代が差し引かれて、退去時にその残りが返金される、という流れが一般的です。


ただし、賃貸契約書に「敷金の特約」がある場合は要注意。賃貸借契約書に原状回復やクリーニングについての特約が記されており、入居者が同意していると余計な費用を請求されてしまうことも。


退居時にもめないためにも、まずは賃貸契約書を確認してみましょう。


借主が負担すべき部分は?

では特約が無かった場合、敷金から差し引かれる費用はどの程度なのでしょうか?また特約があった場合も、どの程度までハウスクリーニングを行えばいいのでしょうか?以下に詳しく解説していきます!


借主に課せられる原状回復の義務は、国土交通省が「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定めています。


具体的に言うと、借主がハウスクリーニングを行うべき損耗や破損の代表的な例は以下の通りです。


  • 冷蔵庫下のサビ跡(サビを放置し、床に汚損等の損害を与えた場合)
  • キッチンのガスコンロ置き場や換気扇・レンジフードなどの油汚れ・すす(借主が清掃・手入れを怠った結果汚損が生じた場合)
  • 風呂・トイレ・洗面台の水垢・カビ等(借主が清掃・手入れを怠った結果汚損が生じた場合)
  • 借主が結露を放置したことで拡大した壁や床のカビ・シミ
  • 壁等のくぎ穴・ネジ穴(下地ボードの張替えが必要な程度のもの)
  • フローリングの色落ち(借主の不注意で雨が吹き込んだことなどによるもの)


こうしてみると、普段あまり掃除しない冷蔵庫の下などフローリング・換気扇・レンジフード・風呂・トイレは結局借主がやらないといけないことが多いことがわかりますね。一方で家具・家電を置いていた床のへこみなど、生活の中でついた傷は貸主である大屋さん負担で、原状回復費用には含まれません。


つまり上記具体例のような場所の清掃にかかる費用が、敷金から差し引かれる金額・特約があった場合の借主自己負担額ということになります。


原状回復にかかる価格相場

それでは上記の清掃で必要な費用を具体的に見ていきましょう!


原状回復ならキッチンクリーニング、トイレクリーニングと個別に依頼するより、住居丸ごとのハウスクリーニングがおトク。クリーニング代は特約での取り決めがある場合を除き、クリーニング業者の請け負う費用で決まります。大まかな相場は以下の通りです。


1R~1K15,000円~25,000円
1DK~2K
28,000円~32,000円
1LDK~2DK
40,000円~50,000円
2LDK~3DK
50,000円~60,000円


相場と大きくかけ離れている場合は、その理由を大家さんに聞いた上で自分で業者を探すという手もあります。特に水回りだけが汚い場合などは、水回りをまとめて依頼することで安くなるという業者も。


ミツモアなら個々人のニーズに合ったハウスクリーニング業者を見つけることができ、実際に原状回復にどのくらいの費用がかかるのかを見積もる事ができますよ。少しでも原状回復に必要なクリーニング費用に疑問がある方は利用してみるといいでしょう。


ハウスクリーニングの見積もりはこちら→https://meetsmore.com/t/cleaning

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?

ハウスクリーニングのトラブル対処法

ここでは、ハウスクリーニングを利用してトラブルにあった時の対処法から未然に防ぐためにできることをご紹介しています。


即日契約はしない


基本、見積もりを依頼して即日契約を求めてくる業者は避けたほうが良いでしょう。しっかりとサービスや契約内容を確認しないで契約を結ぶと、思っていたサービス内容と違っていたり、頼んでいなかったサービスを当日勧められて高額な料金がかかったりトラブルの元となる場合が多く見られます。


ミツモアでは短時間で複数の業者から見積もりを出してもらえるので、サービス内容と料金を比較することができます。他にも口コミや評判を確認したり、直接メールや電話でスタッフの対応を確かめた上で依頼する業者を選べばトラブルを回避できるのでおすすめですよ。


料金を明確に提示してもらう


ハウスクリーニングでも利用料金はトラブルになりやすいことのひとつです。安さを重視して格安プランを申し込んだら、汚れが酷かったためオプション追加が必要になり意外と高額になってしまう場合があります。そういった失敗を避けるために、ご自身の要望や掃除してもらいたい箇所の状態を伝えてプラン内の料金で収まるのか追加費用が必要になるのか料金を明確に提示してもらうことが大切です。


また、業者によっては見積もり以上の料金がかからない定額制のプランがあります。そのようなプランは利用料金が明朗なので、安心して利用できます。


仕上がりに満足がいかない場合


料金以外で多く発生しているトラブルに、仕上がりに満足出来なかったという点が挙げられます。実際、クリーニング業者に掃除を頼んだものの雑な仕上がりだったり、使用した薬剤で床が変色したりといったトラブルを経験された方も多くいます。


そのようなトラブルを未然に防ぐために、掃除を依頼する箇所によって業者を選ぶことが大切です。なぜなら業者によって得意とする分野が異なるからです。得意とする分野であればそれだけ多くの実績を積んでいますし、人材育成にも力を入れています。


また利用した後、万が一不備があった場合、無料で手直しを行ってくれるハウスクリーニング業者もあるので、そのような業者を選べば安心感があります。


そのほか、トラブルが生じて業者との話し合いでは解決しない場合には、消費生活センターに相談してください。


エアコンクリーニング後に故障した


エアコンクリーニングは、他の掃除よりもさらに専門的な知識や技術が必要な施工であり、業者にお任せしても故障する場合が少なからずあるものです。


損害賠償保険に加入しているプロであれば、修理や部品交換などにかかった費用を補償してくれるので施工後も安心してエアコンを使用できます。


また、近年エアコン本体の構造が複雑になったり、機種がたくさんあるため、一部機種はクリーニング自体を断られてしまったりするケースもあります。なので、極力エアコンクリーニングを得意とする業者に依頼をしましょう。故障トラブルを避けられ、さらに家庭でできるエアコンクリーニングのポイントなども教えてもらうことができますよ。


エアコンクリーニングを依頼する時は、上記に注意して業者選びをしましょう。