ミツモアメディア

大掃除の代行業者の料金相場とは?費用を抑えるコツや業者の選び方

最終更新日: 2021年11月30日

年末が近くなると、大掃除について悩みます。忙しいと時間が取れないため、大掃除の代行を頼みたいと考える人もいるでしょう。業者を探すとき、気になるのは料金です。そこで大掃除を依頼できる業者の種類や相場、よい業者の見つけ方を紹介します。

大掃除の代行業者は2種類

ガラス窓の清掃をするハウスクリーニングの女性作業員

「大掃除をしたいけれど、手が回らない」と悩む人は、代行業者の利用がおすすめです。求める掃除の質や家庭の都合に合わせて、最適な業者を選びましょう。

大掃除を依頼したいとき、チェックすべき業者を紹介します。

掃除のプロ「ハウスクリーニング業者」

高い掃除スキルを求めるのであれば、ハウスクリーニング業者がおすすめです。汚れのレベル・種類を問わず、家庭で掃除が難しい場所でも対応してくれます。

ハウスクリーニング業者の特徴は、「掃除に特化したプロ」である点です。掃除を依頼すると、プロ仕様の掃除道具・洗剤・機器等を持参して、徹底的に掃除してくれます。

ただし掃除の質に比例して、料金は比較的高額です。「あそこも」「ここも」と安易に依頼すると、予算オーバーになる恐れがあります。

片付けも頼める「家事代行サービス」

大掃除ついでに食器洗いや整理整頓も頼みたい場合は、家事代行サービスがよいでしょう。専門のスタッフが面倒な家事を一手に引き受けてくれます。

家事代行サービスの特徴は、掃除以外も依頼できる点です。業者のメニューやプランにもよりますが、家事の範囲内であれば買い物・ゴミ出し・電球の付け替え等にも対応してくれます。

ただし掃除については、ハウスクリーニング業者ほど質の高さは期待できません。

基本的に家事代行サービスのスタッフは、「家事を代行する」のが仕事です。洗剤・道具も家庭にあるものを使うため、「自分で掃除する分をやってくれる」と考えた方がよいでしょう。

大掃除にはどちらの業者を選ぶ?

ハウスクリーニング業者がおすすめなのは、以下のタイプの人です。

  • 徹底的にきれいにしたい場所がある
  • 手に負えないほど汚れている

家庭用洗剤で落とせない汚れは、家事代行サービスでは対応しきれません。費用を掛けても、掃除のプロに任せるのがよいでしょう。

一方、以下のタイプの人は、家事代行サービスが向いています。

  • 忙しいので一通り掃除してほしい
  • 汚れが軽く家庭用洗剤でも対応できる

「忙しくてなかなか時間が取れない」という人は、家事代行サービスで十分です。家庭用洗剤で対応できる汚れなら家事代行スタッフに任せて、自分は他のことができます。

また、以下の人はハウスクリーニング・家事代行の併用がおすすめです。

  • 普段掃除できていないところまで、全て掃除を丸投げしたい
  • 整理整頓、買い物も頼みたい

「軽めの汚れや整頓、買い物」は家事代行に依頼し、「ひどい汚れを徹底的に掃除」はハウスクリーニングに任せることで、効率的に掃除できます。お金を掛けるところと不要なところを見極めて、上手に業者を利用しましょう。

業者に依頼するメリット

ガスレンジの清掃をするハウスクリーニングの女性作業員

大掃除を業者に依頼するメリットを知ることで、不安な気持ちを解消できるかもしれません。大掃除を業者に依頼するメリットはどのようなものがあるでしょうか?

自分でするよりもきれいになる

自分で掃除をすると、面倒な部分や汚れが落ちにくい部分はつい避けてしまいたくなるものです。疲れてやる気がでないときは掃除もおざなりになって、「苦労して掃除したけれど今一つきれいにならない」と感じることもあるでしょう。

しかし業者ならば、面倒な落としにくい汚れも徹底的に掃除してくれます。

特にハウスクリーニング業者は、掃除のプロです。自分では落とせない汚れのひどい場所や普段手の届かない場所を、プロ仕様の掃除道具でよりきれいにしてくれるのです。

大掃除のストレスが減る

年末の大掃除は「年内に汚れを落とさなければ」と、差し迫った気分にさせられます。汚れがひどかったり掃除範囲が広かったりすると、「終わるだろうか」「汚れを落とせるだろうか」とストレス感じるものです。

しかし大掃除を業者に依頼できれば、「掃除をしなければ」という気持ちから解放されます。

手間の掛かる場所だけ依頼したり、徹底的に掃除をしてもらったりするなど家庭のニーズに合わせて選びやすく、掃除で1日を潰してしまうことがありません。

何かと忙しい年末も気持ちに余裕が生まれ、落ち着いた気分で正月準備に取り組めるでしょう。

依頼後の掃除が簡単に

ハウスクリーニング業者に依頼した場合は、プランによっては防汚・防カビコーティングも施してもらえます。掃除後のきれいな状態が長く続き、汚れも付きづらいため日々の掃除負担が軽減されるでしょう。

掃除を依頼した後の軽い汚れなら、落とす手間が掛かることもなく毎日の掃除が楽になります。少しの汚れでも「きれいな状態を保とう」という意識が生まれて、結果的に長く清潔な状態が保てるようになることもメリットです。

ハウスクリーニング業者の料金相場

ガスレンジの清掃をするハウスクリーニングの女性作業員

プロの技でしっかり掃除をしてもらいたいときは、ハウスクリーニングを依頼しましょう。料金は業者によってさまざまなため、ある程度相場を知っておくと安心です。

ハウスクリーニングを業者に依頼した場合の料金相場について、マンション・戸建てのケースを紹介します。

マンションの場合

マンションのハウスクリーニングを依頼した場合、料金相場は以下のようになります。

部屋数の多さに比例して、料金も高額になるのが一般的です。

  • 1R~1K:18,000~30,000円
  • 1DK~2K:30,000~45,000円
  • 1LDK~2DK:45,000~55,000円
  • 2LDK~3DK:55,000~100,000円

料金は空室であればさらに安くなる傾向があります。多くの場合2~30%、状況によっては50%オフになるケースもあるでしょう。

部屋に物がなければ養生の手間がない上、物を避けたり移動させたりする必要がありません。ハウスクリーニングの手間が減る分、料金に反映されるという仕組みです。

マンションに駐車場がない場合には、業者が支払う駐車料金も上乗せされます。作業時間が長くなったり駐車料金が高い場所だったりすると、高額になる場合もあるため、別料金は事前に確認が必要です。

一戸建ての場合

一戸建ての場合はマンションよりも高額になる傾向があります。一戸建てのハウスクリーニングを依頼した場合、料金相場は以下の通りです。

  • 2LDK・3DK:60,000~130,000円
  • 3LDK・4DK:70,000~170,000円
  • 4LDK・5DK:100,000~200,000円

マンションと比較して、一戸建ては間取りが変則的だったり、部屋の面積が広かったりします。また壁・床に特殊な素材を使っているケースもあり、掃除の難易度が上がるのです。掃除の手間がそのまま料金に反映され、高額になります。

戸建てのハウスクリーニングについては、家ごとの差が大きいため、相場は目安程度に考え、必ず見積もりを取って詳細を確認しましょう。

ハウスクリーニングの場所別料金相場

換気扇の掃除をする清掃業の作業服の若い男性

ハウスクリーニング業者は、家庭内の特定箇所のみの掃除にも対応してくれます。「浴室だけ」「エアコンだけ」などと希望がある場合は、場所別の料金相場をチェックしておくとスムーズです。

ハウスクリーニングの料金相場について、場所別に紹介します。

エアコン

エアコン周囲の掃除は家庭でもできますが、内部掃除は分解作業が必要です。業者に依頼すれば確実かつ安全に掃除できるでしょう。

エアコン掃除をハウスクリーニング業者に依頼したときの料金相場は、以下の通りです。

  • お掃除機能付きエアコン:15,000~25,000円
  • 通常の壁掛けエアコン:10,000~15,000円

エアコン掃除の料金相場は「お掃除機能」が付いている機種の方が高額です。依頼する前に、我が家のエアコンについて確認しておきましょう。

ハウスクリーニング業者がエアコン掃除をした場合は、エアコン内部を分解してカビやホコリ・ゴミを取り除いてくれます。掃除後はゴミ・ホコリが一掃され、イヤなニオイやカビ臭も気にならなくなるでしょう。

換気扇

換気扇掃除の料金は、換気扇の形態によって異なります。一般的には、ファンが空気を吸い込んで排出する「プロペラ式」の方が安価です。

  • プロペラ式:7,000~12,000円
  • レンジフード式:10,000~16,000円

レンジフード式はプロペラ式と比較して、掃除する部品がたくさんあります。掃除に掛かる時間も長くなり、料金が高額になります。

換気扇は頑固な汚れがこびり付いているケースが多く、洗剤でこすったくらいでは落とせません。掃除場所としては高難易度といえるため、プロに任せるメリットは大きいといえます。

キッチン

キッチンをハウスクリーニング業者に依頼した場合の料金相場は15,000~20,000円です。依頼の際は、「どこまで掃除してくれるのか」を明確にしておきましょう。

例えばレンジフードや食洗機・冷蔵庫・オーブンレンジ等の掃除は、メニューに含まれないケースがあります。「やってくれるだろう」と思い込んで依頼すると、満足な結果にならず、オプション料金がかさむ可能性もあるでしょう。

よく分からずに不安な場合は、「○○の掃除は含まれますか?」と業者に確認をすることが大切です。

浴室

浴室のハウスクリーニング料金は浴室の広さや材質・汚れのレベルによって変わります。費用相場は8,000~20,000円程度と考えればよいでしょう。

業者にもよりますが、基本的な浴室掃除は壁・床・天井から浴槽・換気扇の簡単な清掃等までです。

換気扇の本格的な掃除や風呂釜内部・洗面所の清掃は別途依頼が必要で、オプションとなることが多いでしょう。料金を見るときはプラン内容をきちんと把握し、不足分はオプションで依頼します。

また、浴室清掃では防汚・防カビコーティングを施してくれる業者もあります。ほとんどの場合オプションとなりますが、依頼しておくと今後の掃除がグッと楽になるためおすすめです。

床のハウスクリーニングは、床材や掃除が必要な面積・汚れのレベルによって料金が変動します。料金目安は10畳当たり10,000〜20,000円と考えればよいでしょう。

床がフローリングの場合は、表面の洗浄からワックス掛けまでが含まれます。一方カーペットの場合は、こびり付いたシミ・汚れ取りや専用機材での洗浄までを行うのが一般的です。

いずれの場合でも、大掛かりな家具の移動は別料金が発生する可能性があります。また床材の種類・カーペットの種類によっては、対応できないことがあるかもしれません。

床掃除について気になることがあれば、見積もりの際に相談しておくのがおすすめです。

家事代行サービスの料金相場とは?

風呂掃除をする家事代行の若い女性スタッフ

家事代行サービスでは、会社の研修を受けた専門スタッフが依頼を受けて家事を代行します。掃除以外も依頼できるため使い勝手はよさそうですが、「料金が分かりにくい」と感じている人も多いのではないでしょうか?

家事代行サービスの料金の仕組みや、相場について紹介します。

料金は依頼内容や時間などで決まる

家事代行サービスの料金は、依頼内容・回数・スタッフの拘束時間によって異なります。

一口に家事といっても、掃除・洗濯・料理などと家庭のニーズは多様です。掃除に掛かる時間や手間は異なるため、業者の多くは家事の種類によって料金プランを分けています。

同じ家事代行サービスでも、何を頼むかによって料金は大きく変わるでしょう。

また基本的に、家事代行サービスは「時間単位」で家事を代行します。依頼する家事が多かったり手間が掛かったりするほどスタッフの拘束時間が長くなり、料金は高額になります。

普段から家事が追いついていない家庭は1回の掃除時間が長くなってしまうため、掃除できない状態が続くなら、定期コースで依頼した方がお得です。

スポット利用する場合の料金相場

業者・プランにもよりますが、家事代行サービスをスポット利用したときの料金相場は2,000~4,000円/時間です。コースは2~3時間設定が多いため、実際の利用料金は4,000~12,000円となるでしょう。

延長すると一定時間ごとに規定の料金が上乗せされる他に、派遣されたスタッフの交通費も別途必要です。

スタッフを指名したりカギを預けたりした場合も料金が加算されるため、「自分の家ではいくら費用が掛かるか」を想定して、トータルコストを算出しましょう。

ハウスクリーニング費用を抑えるコツ

窓拭きをする清掃業のの作業服の若い男性

ハウスクリーニングを利用する場合は、ちょっとしたコツで費用を抑えやすくなります。プロの掃除を上手に活用し、気になる部分を徹底的にきれいにしてもらいましょう。

ハウスクリーニングを依頼するとき、覚えておきたいポイントを紹介します。

複数箇所をまとめて依頼

ハウスクリーニングした翌月に、また別の場所をハウスクリーニングするのは、コストが割高になってしまいます。ハウスクリーニングを利用する場合はバラバラに依頼せず、複数をまとめて依頼しましょう。

複数回に分けてハウスクリーニングを依頼すると、それだけ出張費や人件費が掛かってしまいます。1回の依頼で複数の場所を掃除してもらう方が、トータルコストを下げやすくなるのです。

また、掃除場所が多ければ、価格についての相談もしやすくなります。1カ所のみの掃除は割引が難しいとしても、複数の掃除なら業者も前向きに検討してくれるでしょう。

パック料金があるとお得

業者によっては、ニーズの高い掃除をまとめた「パックサービス」を提供しているところがあります。個別サービスを依頼するよりも安価なため、ハウスクリーニングのお得感が増すでしょう。

例えば水回りの掃除プランの一例として「キッチン」「レンジフード」「トイレ」「浴室」「洗面所」がセットになっているものがあります。

気になる箇所が複数ある大掃除の場合には、個別に依頼するよりもお得なため、パックサービスがあるかも確認しておきましょう。

業者選びのポイント

女性 家事代行

ハウスクリーニングには必要な資格はなく、サービスの質は業者によって大きく異なります。理想のハウスクリーニングを実現できるよう、最適な業者を見極めるポイントを紹介します。

相見積もりを取る

見積もりを取るとき注意したいのが、複数の業者を比較することです。

ハウスクリーニングにも相場はありますが、家庭の立地・状況等によっては相場と掛け離れることも少なくありません。相見積もりを取ることで、「我が家の相場感」が分かりやすくなります。

どうやって相見積もりを取ればよいのか迷う人は、プロ業者と業者を探す人のマッチングプラットフォーム「ミツモア」の利用がおすすめです。

ミツモアなら簡単な質問に答えるだけで、居住エリアのプロ業者5社まで見積もりを依頼できます。条件について希望も出せるので、我が家のニーズに合う業者の選定が可能です。

よい業者が見つかれば、その後はチャットで相談できます。交渉・相談をマイペースで行えるため、忙しい人も対応しやすいでしょう。

ミツモアでハウスクリーニングを依頼する

担当者の対応もチェック

ハウスクリーニングを依頼するときは、業者の対応について目を光らせましょう。電話対応で横柄な態度を取る業者は、掃除もいい加減になる可能性があります。また心象もよくないでしょう。

電話を掛けてみて「イマイチだな」と感じたら、その業者は避けるのがベターです。

顧客対応のスタッフの対応が悪いということは、掃除スタッフの教育も行き届いていないことも考えられます。掃除を依頼することに不安を感じる対応ならば、その時点でやめておきましょう。

損害保険に加入しているかを確認

たとえプロによるハウスクリーニングでも、不測の事態でものが破損・紛失する恐れはあります。このとき業者が「損害保険」に加入していれば、物損の賠償もスムーズに行ってくれるでしょう。

ただし「損害保険に入っている」だけでは、安心できるとは限りません。損害保険にもさまざまな種類があるため、「どのようなケースが補償対象となるのか」「いくら補償してくれるのか」について、きちんと確認しておくことが大切です。

大掃除は業者に頼んでゆとりのある年末を

新年を迎える女性

年末大掃除を依頼できる業者は、ハウスクリーニング業者・家事代行サービス業者の2種類があります。掃除に特化したい場合はハウスクリーニング、他の家事も依頼したい場合は家事代行サービスと使い分けるとよいでしょう。

ただし大掃除の料金は、掃除の範囲・汚れの広さ・掃除のしやすさ等によって異なります。見積もりを取って確認することで、納得のできる内容と料金の業者を見つけましょう。

大掃除を業者に丸投げできれば、その分は他のことに手を掛けられます。何かと慌ただしい年末も、気持ちに余裕を持って過ごせるでしょう。

ミツモアでハウスクリーニングを依頼する!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなるのです。無料で最大5件の見積もりを比較することができます。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアでハウスクリーニングを依頼する