BS4K放送を見るには?必要なものや視聴方法・機器が対応しているかの確認方法も解説

ぴったりのテレビのアンテナ工事・修理業者をさがす
最終更新日: 2021年09月17日

2018年12月から新しく試聴可能になったBS4K放送。綺麗な4K画質でテレビを見たいけれど、今の設備で見ることができるのか・どんなものが必要なのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

できれば新しい機器を買い足さずに、BS4K放送を見たいですよね。BS4K放送を見るには、今ご自宅にある設備で問題ない場合と、新しく機器を購入しないといけない場合があります。

今回は、あなたの家でそのままBS4K放送を見られるのかどうかを解説。もし対応した機器がない場合、どのようなものを買い足せばいいのかをご紹介します。

関連記事:アンテナ工事の費用は?地デジ・BS・CS・4Kなど、種類ごとの相場まとめ! | ミツモア

BS4K放送を見るのに必要なもの3つ!

BS4K放送を見るには、以下の3つのものが必要です。

  • 4K対応のテレビ
  • 4Kチューナー
  • BS/110度CSアンテナ

これらを揃えるとBS4K放送を見ることができます。

そもそもBS4K放送は、フルハイビジョン(2K)と比べて約4倍の画素数なので、より綺麗で繊細な映像を見ることができるのが一番の特徴でありメリットです。色の表現が多彩で、より現実に近い臨場感たっぷりの映像を楽しむことができるのです。

関連記事:4Kや8Kテレビは何がすごい?特徴と選び方のポイントまとめ|ミツモア

必要なもの①:4K対応のテレビ

4K対応のテレビ

BS4K放送を見るには、まず4K対応のテレビが必要です。4K対応のテレビとは、「BS4K放送の映像を見ることができるテレビ」のことです。テレビに次のようなマークが付いていれば、4K対応だと判断できます。

  • BS 4K
  • 110度CS 4K
  • BS 8K

もしご自宅にあるテレビが4K対応でない場合は、テレビを買い替えないと見ることができません。ちなみに、4K対応のテレビには以下の2種類があります。

種類 4Kチューナーの有無 BS4K放送を…
4K対応テレビ 内蔵されていない 視聴できない(4Kチューナーを買う必要がある)
4Kテレビ 内蔵されている 視聴できる

これらは名前が似ており、どちらもBS4K放送を映せるスペックを持ったテレビですが、4Kチューナーという機器が内蔵されているかどうかが異なります。4Kチューナーとは、BS4K放送を見るために必要な機器の一つです(次の見出しで詳しく解説します)。

今から4K対応のテレビを購入するのであれば、チューナーが内蔵されているタイプ「4Kテレビ」を選ぶのがおすすめです。「4Kチューナー内蔵」と書かれているのを確認してから購入しましょう。録画機能付きの場合は、チューナーが2つ以上あるものを選ぶと便利です。「録画をしながら他の番組を見る」というようなことができますよ。

必要なもの②:4Kチューナー(テレビに内蔵されていない場合)

「4K対応テレビ」でBS4K放送を見るには、4Kチューナーが必要です。4Kチューナーとは、BS/110度CSアンテナで受信した信号をテレビに伝える機器です。

前述のようにテレビに内蔵されている「4Kテレビ」もあり、その場合は購入の必要はありません。

4Kチューナーには、チューナー機能のみのシンプルなものから、録画機能が付いているものまで様々あります。録画の頻度やライフスタイルに合わせて、機能を選びましょう。機能によって異なりますが、費用はおおよそ1~5万円です。

必要なもの③:BS/110度CSアンテナ

BS/110度CSアンテナ

4Kに対応するテレビやチューナーが用意できたら、あとは電波を受信するアンテナを用意します。「BS/110度CSアンテナ」というものを用意しましょう。BS/110度CSアンテナには従来型と新型(4K8Kアンテナ)の2種類があります。

  • 従来型のBS/110度CSアンテナ

今までBS放送を見ることができていた方は、従来型のBS/110度CSアンテナが家に設置されていることになります。そのため、4K対応のテレビやチューナーがあれば4K画質の右旋放送を視聴できます。従来型のアンテナで視聴できるのは、右旋放送のみです。

  • 新型のBS/110度CSアンテナ(4K8K対応アンテナ)

右旋放送だけでなく左旋放送も見たい方は、新型のBS/110度CSアンテナが必要です。4K放送は、右旋放送(6個のチャンネル)+左旋放送(12個のチャンネル)の合計18 個のチャンネルがあります。これからアンテナを買う方は、すべての4K放送を視聴できる新型のBS/110度CSアンテナを買うことをおすすめします。

右旋放送で視聴できるチャンネルと、左旋放送で視聴できるチャンネルを表にまとめたので参考にしてください。

右旋放送 左旋放送
BS右旋4K放送 BS左旋 4K・8K放送 110度CS左旋4K放送
【無料】 【無料】 【有料】
NHK(4K) ショップチャンネル 4K J SPORTS1(4K)
BSテレ東(4K) NHK BS8K J SPORTS2(4K)
BS日テレ(4K) 4K QVC J SPORTS3(4K)
BS TBS(4K) J SPORTS1(4K)
BS朝日(4K) WOWOW
BS フジ(4K) スターチャンネル 4K
スカチャン1 4K
スカチャン2 4K
日本映画+時代劇 4K

右旋と左旋の違いについてはこちらの関連記事で詳しく紹介してあるので、興味のある方はぜひご覧ください。

関連記事:4Kアンテナは必要?いらない?既存のBSアンテナを変更すべきかどうかの判断方法!|ミツモア

ちなみにアンテナを新しく取り付ける場合は、ミツモアを利用することをおすすめします。こちらの要望を見た複数業者から、無料で見積を提示してもらえます。様々な要素を比較できるので、あなたの地域や家の状況・予算などにピッタリの業者が見つかりますよ。

BS4K放送を見るのに、新しく何かを契約する必要はない

ここまで解説してきたものが揃っていれば、何か新しい契約をしなくてもBS4K放送を見ることができます。

ただし、WOWOWのような元々有料のチャンネルを見るには、別途サービスへの加入と月額料金の支払いが必要です。また、B-CASカードがない場合は用意する必要もあります。従来の(4K未満の)BS放送と同じような使い方をイメージしてもらえればOKです。

自分がどの機器を準備すればよいかわからなくなった方は、以下の図を参考にしてみてください。

今のテレビが4K放送に対応しているかの確認方法

テレビリモコン

BS4K放送を視聴するのに必要なものについて分かったところで、今家にあるテレビが「BS4K放送」に対応しているかを確認していきましょう。

方法は2つありますので、ご紹介していきます。

  1. テレビの型番から確認する
  2. リモコンから確認する

確認方法①:テレビの型番から確認する

テレビの型番をテレビ本体や取扱説明書から調べます。

  • 型番を確認する

型番は、テレビの裏の中央に貼ってあるシールから確認することができます。

  • 4K対応かどうかを調べる

メーカーのWebサイトやコールセンターに電話して確認をしてみましょう。取扱説明書がある方は、4K対応かが記載されてあるので調べてください。画素数が水平3,840×垂直2,160以上に対応しているテレビなら、4K放送に対応しているテレビと言えます。

  • チューナー内蔵型テレビかどうかを調べる

チューナーの欄で「BS 4K」「CS 4K」となっているかどうかに注目しましょう。ただし画素数での確認方法ではチューナー内蔵型かどうかまでは分からないので、Webサイトやコールセンターにてチューナーが内蔵されているか確認をしましょう。

ちなみに、4Kチューナー内蔵型の4Kテレビには以下のようなものがあります。参考にしてみてください。

【Panasonic】 【SONY】 【東芝】
VIERA GX755シリーズ BRAVIA X9500Hシリーズ REGZA Z730Xシリーズ
VIERA GR770シリーズ BRAVIA X8500Hシリーズ REGZA M520Xシリーズ

確認方法②:リモコンから確認する

4Kに対応しているテレビならば、付属のリモコンに「4K」というボタンが必ずあります。4Kボタンがあるかどうかを確認してみましょう。

また、このボタンのみでは4Kチューナーが内蔵されているか分からないので、取扱説明書等でチューナー内蔵の有無を調べておきましょう。

アンテナ工事をしたくない場合は、ひかりTVで4K放送を見ることも

リビングでテレビを見る女性

「BS4K放送を見たいけれど、アンテナの選び方が良く分からない」「賃貸住みなどでアンテナ工事をしたくない」という場合もありますよね。

そんな時は「ひかりTV」を契約することで、アンテナ工事をすることなくBS4K放送の全てのチャンネルを視聴することができます。ひかりTVを使って4K放送を見る場合、必要なのは以下の3つです。

  • 光回線(既に導入している方は不要)
  • 4Kテレビ
  • ひかりテTV4K対応チューナー(入会時にレンタルor購入する)

ひかりTVとはネット回線を利用して見る放送のことです。月額料金(1,000円/月~)はかかりますが、アンテナ設置が不要なのがメリットです。

ちなみに、光回線を利用するのにも工事が必要な場合があります。ただしマンションやアパートの場合は既に導入されている(工事不要)なことも多いです。一度管理会社や大家さんに確認してみてください。

4K放送の設備が整った後の視聴方法を解説

テレビを見る男女

BS4K放送を見るために必要な設備が揃ったら、あとは接続をしていきます。受信設備の状況によって接続の方法が異なりますので、それぞれご紹介していきます。

従来型・新型のBS/110度CSアンテナが既に設置されている時の視聴方法

既にアンテナが設置されている場合はとても簡単です。

壁面にアンテナ端子(BS/110度CSアンテナ)があると思います。その端子と「4Kチューナー内蔵型テレビ」または「4Kチューナー・4K対応テレビ」の接続をするだけです。接続が完了したら、テレビを付けて4Kボタンを押し選局しましょう。

番組表が表示されないときの対処法は?

4K放送を見るためにテレビやアンテナを新しく取り付けると、番組表が出てこない場合があります。初期設定が上手くできていない可能性があるので、以下の通りにリモコンを設定してみてください。

  1. 「メニュー」のボタンを押す
  2. 本体設定の中にある「チャンネル設定」を選択
  3. 視聴したい受信チャンネルを選択

「Gガイド テレビ番組表」というアプリを使用すれば、自分が興味ある番組をすぐに見つけられますよ。

「Gガイド テレビ番組表」のアプリ: Google Play ストア  Apple Store

新型BS/110度CSアンテナを新しく設置する時の視聴方法

新しくアンテナを設置してBS4K放送を視聴する場合には、以下の機器の接続が必要です。

  • 新型BS/110度CSアンテナ(4K8Kアンテナ)
  • 4K対応ブースター
  • 4K対応分配器
  • BS/110度CSアンテナ壁面端子
  • 4Kチューナー内蔵型テレビ(または4K対応テレビ+4Kチューナー)

新しくアンテナを設置してからBS4Kテレビを視聴するには、高所での作業や、専門知識の必要な工事が伴います。工事の費用相場はだいたい3~6万円ほど。アンテナ選びやブースターなどの周辺機器選びからお願いできる業者もあります。

関連記事:BSアンテナの取り付け費用はどのくらい?業者選びのポイントもご紹介|ミツモア

アンテナ工事業者を選ぶ際は、ぜひミツモアを利用してみてください。無料で複数業者から見積を出してもらえるので、それらを比較してピッタリなところを選べますよ。

ミツモアで見積もってみる

ミツモアでプロに見積もりを依頼しよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで見積もり依頼が完了です。パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロから最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

依頼内容に合うプロがみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットなのでやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

ミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで見積もってみる