背景画像

コンセント・電気スイッチの増設・交換・修理

コンセントが足りない!コンセントの増設・交換・修理の業者を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

「コンセントに差し込んでも充電できない」

「部屋の電気を点けるスイッチが反応しなくなってしまった」


上記にあげたような症状でコンセントや電気スイッチが使えないと、どうしてもストレスに感じてしまいますよね。これらの機器を再び不自由なく使えるようにするには、機器の交換や修理が必要かもしれません。


しかし「コンセントや電気スイッチの工事はいつ誰にやってもらえばいいのか?」という問いに対して、はっきりと答えられる方は意外に少ないのではないでしょうか?


ここではコンセントや電気スイッチの工事にあたって必要となる情報をまとめています。ご自身が直面している状況に対して、適切な対処を施すのに役立ててください。

コンセント・電気スイッチの工事が必要な状況って?

コンセントや電気スイッチの不適切な使用状態を放置していると、火災などの要因になり得ます。これらの機器の工事を行うべきシグナルを見逃さないよう、定期的にチェックしておくようにしましょう。



【コンセント・電気スイッチの交換or修理が必要な状況】


① 寿命を迎えた場合

コンセントや電気スイッチの寿命は約10年と言われています。ただし過度に負荷のかかる使い方をしていた場合には寿命が縮まることもあるので、不具合を感じたら使用年数に関わらず点検を依頼しましょう。


② 破損やひび割れを発見した場合

「少し破損しているが使える」といった状況もありうると思いますが、コンセントの破損を放っておくと漏電につながる恐れがあります。コンセントに埃や水分が入りそうな空間ができてしまっている場合は、交換を検討しましょう。


③ 異常な発熱がみられる場合

コンセントから発熱している事自体は珍しくはありませんが、触れないほど熱くなっている場合は発火の危険性があります。異常な発熱の症状がみられるコンセントの利用は控え、すぐに交換しましょう。


【コンセント・電気スイッチの増設が必要な状況】


① 大型の電気機器を新しく購入した時

エアコンやIHヒーターなど、電力消費量の多い家電を導入した場合、コンセントの増設が必要になるケースがあります。これらの家電の使用に必要な200vのコンセントが自宅にない場合は、業者に依頼して新しく取り付けてもらうようにしましょう。


② 生活上の不便を感じた時

同じ家でも長く暮らしているうちに生活スタイルは変わるもの。「生活の動線を鑑みると、ここにコンセント・電気スイッチがあったら便利なのにな」と思うこともあるでしょう。今後の生活を見据えた上で中長期的に不便が続きそうだなと感じた場合は、増設を検討してみるのも一つの手でしょう。


③ 考えもなく、タコ足配線になってしまっている時

家電が増えてコンセントが足りなくなったからと言って、安易にタコ足配線にしてしまうのはとても危険です。ご存知のようにタコ足配線を放っておくと、火災を引き起こすリスクがあります。もしコンセントの容量を超えて家電を繋がなければならない状態になってしまっていたら、素直にコンセントを増設しましょう。

コンセント・電源スイッチの工事は自分でできる?

コンセントや電気スイッチ本体の工事は、「電気工事士」という国家資格を持った人にしか扱えません。無資格者が「DIYは得意だし、自分で触ってみたい」と手を出す事は、感電や漏電などのトラブルに繋がりかねない上、罰則の対象になります。仮に有資格者であっても自信がない場合は無理に自分でやろうとせず、経験豊富な専門の業者に依頼しましょう。


ただ中には「コンセントカバーやスイッチカバーを、部屋のテイストに合わせて変えたい」という方もいらっしゃるかもしれません。実はカバーだけの交換であれば、電気配線を触る必要がないためDIYでの対応が可能です。ご自身でカバーを交換される際は、感電予防のためブレーカーを落としてから作業するようにしましょう。

失敗しないコンセント・電気スイッチ工事業者の選び方!

コンセント工事業者の選び方

業者のホームページをただ考えもなく眺めるだけでは、良い業者なのかの判断はつきにくいですよね。ここでは自分にぴったりの業者を探すためのコツをご紹介します。


<コツその1>建設業許可を持っているかチェックしよう


建設業許可とは、国土交通省や都道府県知事から認められた許可証のことです。住宅のコンセント工事は、小規模な工事にあたるため、建設業許可を所有していなくても工事がすることが可能になっています。


しかし、建設業許可を受けている会社は、一定の施工能力を有している証でもあるので建設業許可を所有しているプロに工事を依頼するのがおすすめです。


<コツその2>単3切り替え工事に対応しているかチェックしよう

単3切り替え工事とは、200Vの電圧を扱う際に必要な工事です。単3切り替え工事に対応しているプロにコンセント工事を依頼すると、単相2線式から単相3線式への切り替えをスムーズに対応してくれます。


単3切り替え工事をしないと、200Vの電気を使用することができないため「今まで全てのコンセントが100Vだったが、容量の大きなエアコンを設置するにあたって200Vのコンセントを増設したい」と考えている方に必須の工事です。コンセント工事業者の中には単3切り替え工事に対応していないプロもいるので、100Vから200Vの電圧切り替えを検討している方は、単3切り替え工事に対応しているプロに工事を依頼しましょう。


<コツその3>エアコン工事も行っている業者かどうかチェックしよう


コンセント工事の依頼を検討している方は、依頼するプロが「エアコン工事」も行っているプロを選ぶのがおすすめです。なぜならエアコン工事も行っているプロにコンセント工事を依頼すると、エアコンの取り付け位置を考慮してコンセントを増設・交換してくれるからです。


そのため「コンセントが変な位置に増設されてしまい、取り付け予定のエアコンが設置できない」「コンセントがエアコンのアース接続に対応していない」などのトラブルを防ぐことができます。エアコン工事にも対応しているプロであれば、コンセント工事の目的を理解して、最適な位置にコンセントを増設してくれますよ。


<コツその4>相見積もりを取ろう


ご自分が直面している状況に一番適した業者を知るには、相見積もりを取るのが確実です。仮にホームページの情報だけで比較しようとしても、各業者で前提としている状況が異なっていたら正確な比較をするのは難しいですよね。その点、相見積もりを取れば同じ前提に基づいた見積もりを比較することができるので、ご自身の状況にあった業者がどこか判断しやすくなります。


<コツその5>業者のHPでは実績やアフターフォローなどをチェックしよう


業者のホームページ確認するときには、まず実績や施工事例が掲載されているかチェックすると良いでしょう。これらの情報をチェックすることで、「しっかりした工事をしてくれるのか」「顧客からどれだけ信頼を得ているのか」と言った点を垣間見ることができます。


また電気系統を扱う作業はそれなりのリスクを伴うものである以上、保証やアフターケアがしっかりしているかという点も確認しておくべきです。具体的には「損害保険に加入しているか」「どんなアフターフォローを用意しているのか」という点に着目して、ホームページを見るようにしてください。もしホームページに具体的な記載がない場合は、業者に問い合わせて確認してみましょう。


<コツその6>業者に依頼した人の口コミをチェックしよう


業者のホームページや見積もりで確認できない情報として、実際に工事に来た業者の対応があります。例えばコンセント交換工事の際に、一緒にいたお子さんを邪険に扱うような業者に依頼するのは嫌ですよね。対応の質が悪い業者に依頼しないためにも、実際に依頼した人の口コミや体験談は、なるべくチェックしておきましょう。

コンセント・電気スイッチの工事費用

工事内容費用相場(材料代込み)
コンセント増設

ブレーカーから増設

13,000~25,000円

近くのコンセントから増設

5,000~12,000円

コンセント交換

新品のコンセントに交換

3,000~5,000円

200V用コンセントに交換

4,000~8,000円

防水コンセントに交換

5,000~7,000円

コンセント修理
3,000~5,000円
電圧切り替え工事
2,000~6,000円


工事費用に関わる豆知識💡


コンセント交換・電気スイッチの工事を依頼する際にかかる費用は、主に「作業費+本体価格+出張費」の3つから構成されています。ただし業者のホームページで提示されている価格は「作業費」のみの値段であったり「作業費+本体価格」の値段であったりと、業者によって様々。実際に各業者の価格を比較する際には、現地調査後に業者からもらう見積書をもとに判断すると認識の齟齬が起きにくいのでおすすめです。


もし家の配線図が用意できる場合には、業者に見せておく事をおすすめします。業者に家の中の配線の様子を知ってもらうことで、より経済的な作業方法を検討するのに役立てもらうことが目的です。


また経年劣化で賃貸物件のコンセントや電気スイッチの工事が必要になった場合は、工事費用は原則として管理会社側の負担になることも押さえておくと良いでしょう。ただし事前に管理会社に了承を得ずに工事を行ってしまった場合、費用の負担を巡るトラブルに発展する恐れがあるので、賃貸物件にお住まいの方は注意が必要です。

コンセント交換工事の流れ

業者に問い合わせる

問い合わせ

コンセントが使えなくなったり、差し込み口が焦げているといった症状が見られる場合は事故に繋がる場合もあるのですぐに業者を探しましょう。ミツモアでは最短5分で最大5件の見積もりを届けることができます。

故障の原因を調査

故障の調査

異常な症状を示しているコンセントの状態を業者が確認します。焦げていたり、熱くなっている等の症状がある場合は業者が来るまで差込口に触れるのはやめましょう。

ブレーカーを落とす

ブレーカーを落とす

作業をはじめる前に安全ブレーカーを落とし電気を遮断します。感電や万が一の火災等を防ぐためです。作業場所の電気が通っていないことが確認できたら、コンセントの取り外しを行います。

既存コンセントの取り外し

既存コンセント取り外し

コンセントカバーを外し、ドライバーで内部の機器を外していきます。以下の作業は「電気工事士」の資格を持った方のみが施工できるので、無資格者がDIYをするのはやめましょう。

新規コンセントの設置

新規コンセント設置

古いコンセントの取り外しが終わり次第、新しいコンセントを設置に取り掛かります。交換をするか修理をするかで所要時間が変わる場合がありますが、平均1時間で全作業が完了します。

電気が通っているかを確認する

最終確認作業

作業が終了次第、ブレーカーを戻して電圧が元に戻っているかを確認します。確認が取れ次第、全ての工程が終了ですが、業者が保証を用意している場合は忘れずに保証書をもらいましょう。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?