ミツモア
背景画像

千葉周辺に12人のテレビのアンテナ工事・修理業者がいます
千葉周辺に12人のテレビのアンテナ工事・修理業者がいます

アンテナ工事を無料見積もりでお得に!テレビのアンテナ工事の業者を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

テレビのアンテナ工事・修理業者登録数、日本最大級!

千葉県のテレビのアンテナ工事の業者探しはミツモアで。

新築一戸建ての住宅に引越しをしたら、自分でテレビのアンテナを設置しないと、テレビが見られません。

またアンテナの設置方法が悪かったり、配線や接続が正しくなかったりすると、テレビが映らないこともあります。

アンテナの設置工事は屋根の高いところでの作業になるので、専門知識を持ったプロにお願いするのが一番です。

台風などの災害でテレビのアンテナの修理や交換が必要になったときも、頼りになりますよ。

工事費用は業者によってさまざまですので、しっかり見積もりを取ってから、納得できる業者を選びましょう。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

アンテナ工事の費用相場

テレビアンテナ工事の料金相場
アンテナ工事の種類費用相場(工事料金のみ)
地デジアンテナ工事

八木式アンテナ

15,000~30,000円

デザインアンテナ

20,000~35,000円

BSアンテナ工事

BS/CSアンテナ(2K対応)

12,000~20,000円

BS/CSアンテナ(2K+地デジ対応)

50,000~70,000円

BS/CSアンテナ(4K8K対応)

15,000~25,000円

BS/CSアンテナ(4K8K+地デジ対応)

70,000~100,000円

アンテナ修理/点検
4,000~10,000円
既存アンテナ処分
5,000~15,000円
ブースター設置

地デジ対応

15,000~25,000円

地デジ+BS対応

25,000~30,000円


テレビアンテナの工事は種類によって費用が大きく変わります。


テレビアンテナの設置費用はどれくらい?種類別の相場と業者の選び方を参考にすることで、より詳しくテレビアンテナの料金について知ることができますよ。

どこに頼めば良いの?アンテナ工事業者の選び方

アンテナ業者の選び方

アンテナ業者を選ぶ際は、アンテナ工事を専門に行っている「アンテナ専門業者」に依頼するのがおすすめです。


具体的な理由は、各アンテナ業者を比較した表を参考にしてください。


アンテナ業者特徴
家電量販店
  • 仲介手数料が発生する
  • 施工会社を選べない
  • 大手企業なので安心
ホームセンター
  • 仲介手数料が発生する
  • 施工会社を選べない
  • 保証期間が短い
電気工事会社
  • アンテナの施工実績が少ない
  • 自社施工で料金が安い
  • 施工料金が高い
アンテナ専門業者
  • 自社施工で料金が安い
  • 保証が手厚い
  • 即日対応が可能


理由①:アンテナ専門業者に工事を依頼する


アンテナの工事業者を選ぶ際は、アンテナ工事を専門に行っている業者を選びましょう。


なぜなら専門業者は、家電量販店やホームセンターとは違って自社でアンテナ工事を行うため、仲介手数料が発生しないからです。


自社で施工を行うことにより、格安料金でアンテナ工事に対応することができます。


アンテナ工事の費用を安く抑えたい方にピッタリでしょう。


理由②:現地調査が無料の業者が多いから


さらにアンテナ工事を専門にしている業者は、現地調査が無料なこともメリット。


「急にテレビが映らなくなった」「電波が悪くなった」といったトラブルが生じた場合、ほとんどはアンテナの不具合が原因です。


しかし、稀にアンテナ以外に原因があることがあり、その場合でも現地調査費が無料になります。


アンテナ工事を依頼するのであれば、現地調査費が無料な専門業者に依頼しましょう。


また見積もりも同様に無料のアンテナ業者に依頼するのがおすすめです。


理由③:アンテナ工事の保証期間が長い


テレビのアンテナは強風や雨の影響を受けやすく、故障しやすいのが特徴です。


そのため保証期間が長く、スピーディな対応をしてくれる専門業者に依頼するのがおすすめ。


自然災害によるトラブルが発生しても、無料で対応してくれるので安心です。


特に地域密着型のアンテナ業者は、柔軟に対応してくれますよ。アンテナ工事は保証が手厚い専門業者を選びましょう。

どの地域でお探しですか?

アンテナ工事の流れ

1.アンテナの選定

アンテナの選定をする

アンテナ工事を依頼する前に「どのアンテナを設置するのか」種類を決めておきましょう。視聴したいテレビや住宅の外観に合わせたアンテナを選定します。

2.設置場所の確認

設置場所の確認をする

設置するアンテナが決まったら、次は設置場所の確認を業者に相談しながら行います。電波の受信状況に合わせて最適な設置場所を選びましょう。

3.見積もりを依頼する

見積もりを依頼する

アンテナの設置場所が決まったら見積もりを依頼します。具体的な金額を事前に確認することでトラブルを軽減することができます。ミツモアなら最大5社の見積もりを最短3分で比較することが可能です。

4.アンテナ工事を開始

アンテナ工事を開始する

見積もり金額に合意したらアンテナ工事を開始します。立ち会うことでアンテナ工事を円滑に進めることができますよ。

5.電波状況の確認

設置後に電波状況を確認する

アンテナの設置が完了したら、電波の受信状況を確認します。きちんと電波を受信できていればアンテナ工事が完了です。

6.テレビの映像を確認

テレビの映像をチェックする

最後にテレビの映像をチェックします。電波が受信できており、観たいテレビの映像が確認できれば工事料金を支払います。

アンテナ工事の所要時間はどれくらい?

アンテナ工事の種類
作業時間目安
地デジアンテナ工事
約1~2時間
BS/CSアンテナ工事
約1~3時間
地デジ+BS/CSアンテナ工事
約2.5~3時間
ブースター設置
アンテナ工事の作業時間+約30分

分配工事(テレビの複数台視聴を可能にする工事)

アンテナ工事の作業時間+約15~30分


アンテナ工事の一般的な目安時間は2~3時間です。各工事における作業時間の目安は、上記の表を参考にしてください。


設置場所で作業時間は異なりますが、トラブルが発生しなければ目安の時間で工事が完了します。


建物の老朽化や悪天候によって所要時間が延びる可能性が高いです。

アンテナ種類別の特徴

テレビアンテナは、大きく分けて地上デジタルアンテナとBS/CSアンテナの2種類に分けることができます。


また地上デジタルアンテナとBS/CSアンテナの中にも複数の種類が存在しており、各アンテナの特徴を理解することで住居に最適なアンテナを設置することができます。


それぞれに特徴があるので以下を参考にアンテナ選びをすると良いでしょう。


地上デジタルアンテナ


八木式アンテナ

<メリット>

・他のアンテナよりも安価で設置ができる

・安定して電波を受信することが可能

<デメリット>

・台風や積雪などの気候に影響されやすい

・建物の景観を崩してしまう可能性がある

デザインアンテナ

<メリット>

・景観を損ねないデザイン

・風や雨に強く耐久性が高い

<デメリット>

・八木式アンテナよりも費用が掛かる

・電波が弱くなる恐れがある

室内アンテナ

<メリット>

・工事なしで設置できる

・コンパクトで扱いやすい

<デメリット>

・電波が弱く使える所が限られる

・長期的な使用は望めない


BS/CSアンテナ


4K/8Kアンテナ

<メリット>

・画質の解像度が高い

・専門のチャンネルを視聴できる

<デメリット>

・設置費用が高い

・専用のケーブルやブースターが必要

2Kアンテナ

<メリット>

・衛星放送全般の受信が可能

<デメリット>

・南南西方向に障害物がある場合は設置できない


千葉県にあるアンテナ工事業者の料金比較!

アンテナ業者工事料金
JPアンテナ

地デジアンテナ(八木式):16,500円~(税込)

地デジアンテナ(デザイン):22,000円~(税込)

地デジアンテナ(ユニコーン):27,500円~(税込)

地デジ+BS/CSアンテナ:33,000円~(税込)

タコプロ

地デジアンテナ工事(八木式):25,000円~

地デジアンテナ工事(デザイン):25,000円~

BSアンテナ工事:33,000円~

株式会社千葉テックサービス

地デジアンテナ:18,000円~

BS/CSアンテナ:19,000円~

株式会社丸二(まるに)
地デジアンテナ:38,000円~
ELサービス

地デジアンテナ(八木式):24,200円~(税込)

地デジアンテナ(デザイン):27,500円~(税込)

地デジアンテナ(屋根裏):27,500円~(税込)

BS/CSアンテナ:11,000円~(税込)

株式会社橋爪電気工事

地デジアンテナ:22,000円~(税込)

ブースター設置:19,800円~(税込)

株式会社アクセス

地デジアンテナ:22,000円~

BS/CSアンテナ:30,000円~

アクトサービス株式会社

地デジアンテナ(八木式):39,800円~(税込)

地デジアンテナ(デザイン):45,800円~(税込)

地デジ+デザインアンテナ:59,800円~(税込)

有限会社 横田電気工業所

地デジアンテナ:30,000円~

地デジ+BS/CSアンテナ:60,000円~

ワンテックス

地デジアンテナ:14,000円~

BS/CSアンテナ:13,000円~

株式会社プライムワーク

地デジアンテナ(八木式):23,000円~(税込)

地デジアンテナ(デザイン):25,000円~(税込)

地デジ+BS/CSアンテナ:39,000円~(税込)

株式会社大木無線電気

地デジアンテナ:41,800円~(税込)


千葉県で4K・8Kアンテナ助成金を申請する方法

アンテナ助成金を利用できる条件


  • 助成金の対象は既存ブースターや分配器であること
  • 2017年5月11日以前にBSアンテナを設置していること
  • アンテナをオフィスや店舗に設置しないこと
  • 地方公共団体や国の住宅ではないこと


助成金の対象となっているのはアンテナ本体ではなく「既存のブースター」「分配器」などです。


アンテナ本体は助成金の対象に含まれていないので注意しましょう。


また上記の条件に当てはまらない場合は助成金を利用することはできません。


アンテナ助成金を申請するまでの流れ


アンテナ助成金を申請するまでの流れは以下の通りです。


  • 助成金の登録事業者を探す
  • アンテナ業者に見積もりを依頼する
  • 助成金の交付に必要となる書類を記入する
  • アンテナ業者に助成金の申請をしてもらう
  • アンテナ業者に助成金が交付される
  • アンテナ工事費用の支払い


アンテナの助成金を申請するにあたって重要なポイントは、助成金の登録事業者に依頼することです。


助成金の登録事業者でないと、助成金を利用することはできません。


また助成金の登録事業者を装った詐欺も発生しているため注意しましょう。


アンテナ助成金の登録事業者を探すことができれば、主な手続きはアンテナ業者が行ってくれます。


千葉県で助成金に対応しているアンテナ業者


千葉県で助成金に登録しているアンテナ業者を、各地域ごとにピックアップしています。


千葉県で助成金の申請を検討している方は参考にしてください。


アンテナ業者所在地
日本アンテナ株式会社 千葉営業所
千葉県千葉市中央区末広2-1-18
マスプロ電工株式会社千葉営業所
千葉県千葉市若葉区都賀4-1-3 千葉NTビル5F
株式会社ときわシャープ電化センター
千葉県松戸市小金原6-11-26
株式会社 八進 塩浜営業所
千葉県市川市塩浜3-27-20
株式会社共栄設備
千葉県船橋市大穴北1-20-26
有限会社スズキデンキ
千葉県南房総市千倉町平舘683
株式会社ベイ南関東産業
千葉県館山市稲166-1
株式会社モリデンキ
千葉県木更津市太田4-12-27
株式会社八三電機
千葉県野田市大殿井150-207
双見通信工業株式会社
千葉県松戸市日暮5-332
株式会社 みゆき電器
千葉県千葉市稲毛区宮野木町1752-206
株式会社プライムワーク
千葉県野田市春日町48-5

アンテナの基礎知識

1.UHFアンテナ

UHFアンテナ

UHFアンテナとは地上デジタル放送を受信するためのアンテナです。従来のVHFアンテナと違い「300MHz~3GHz」と波長が短いのが特徴。UHFアンテナには「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」「室内アンテナ」などが含まれます。参考:UHFアンテナは自分で取り付けできる?設置方法と注意点を解説

2.VHFアンテナ

VHFアンテナ

VHFアンテナとはアナログ放送を受信する際に使用されていたアンテナです。そのため現在では使用されていないことが多く、撤去されていることがほとんど。しかし、FMラジオの電波を受信することができるので、ラジオを視聴する方に重宝されています。参考:VHFアンテナに使い道はある?UHFアンテナとの違いや撤去費用も

3.4K・8Kアンテナ

4K・8Kアンテナ

4K・8Kアンテナは、従来のテレビよりも解像度の高い4K・8Kテレビを視聴するために必要なアンテナのことです。4K・8Kアンテナに切り替えることで綺麗な映像を楽しむことができますよ。参考:4Kや8Kテレビは何がすごい?特徴と選び方のポイントまとめ

4.ブースター(増幅器)

ブースター(増幅器)

ブースター(増幅器)はアンテナから受信した電波を増幅させる機器のことです。ブースターを設置することで「電波が弱くテレビの映りが悪い」といった問題を解決することができますよ。参考:テレビブースター(増幅器)とは?映りをよくする仕組みや必要性、選び方までまるっと解説

5.分配器

分配器

分配器は受信した電波を分配することができる機器です。電波を分配することで、複数の場所でテレビを視聴することが可能になります。分配器の種類によって視聴できるテレビの台数が異なります。参考:分配器と分波器の違い!用途や役割を比較してどっちを使うべきか判断しよう!

6.分波器

分波器

分波器はアンテナから受信した電波の周波数に合わせて、電波を分けることができる機器です。具体的には「地デジの電波」「BSの電波」など。各電波に分けることで接触不良を防ぐことができますよ。参考:分配器と分波器の違い!用途や役割を比較してどっちを使うべきか判断しよう!