ミツモア
電気を安全に使っていますか?漏電の原因解決、修理を依頼する業者を見つけましょう。

千葉周辺に65人の漏電修理業者がいます
千葉周辺に65人の漏電修理業者がいます

電気を安全に使っていますか?漏電の原因解決、修理を依頼する業者を見つけましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

漏電修理業者登録数、日本最大級!

千葉県の漏電のチェック、原因解決・修理の業者探しはミツモアで。

漏電は、感電や火災につながり、放っておくと、大きな事故を引き起こすことがあります。

コンセントにホコリがたまっていたり、電気の配線や水回りの配管が老朽化していると、漏電の危険性が高まります。

電気の使用量がいつもより高くなっていたり、漏電ブレーカーが落ちてしまったときには、早急に漏電の原因を突き止める必要があります。

漏電の原因は、配線の問題や、エアコンなどの電気器具の故障や劣化などがありますが、専門の電気技術者でないと正確に調査をすることができません。

不安を感じたら、すぐに専門の業者に相談しましょう。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

漏電修理の料金相場

作業内容料金相場

漏電調査              

6,000円~

漏電測定器を用いた調査         

3,000円~

分電盤や電気配線の分解          

3,000円~

分電盤の調査            

7,000円~

回路の漏電箇所と原因の特定     

10,000円~

ブレーカーの交換          

15,000円~

コンセントの交換           

3,500円~

絶縁処理              

3,000円~

高所・床下・壁の中での作業     

15,000円~

配線作業            

露出配線(壁に配線を固定する作業)

2,000円~

隠ぺい配線(壁の中に配線を引く作業)

4,000円~

コンクリートの穴あけ

11,000円~

漏電修理業者の口コミ

累計評価

4.7(33件)
2023年2月2日更新
千葉県周辺で漏電修理業者を利用された方の口コミの平均点と累計数を表示しています。

千葉県で漏電修理業者を利用した人の口コミ

河野

5.0
17日前

IHを2つつけるとブレーカーが落ちてしまい戻らなくなってしまいました。確認後、素早く原因をわかりやすくお伝えいただき安心しました。結果的には故障ではなく電線の容量の問題でしたが理由が分かって安心しました。対応も温かい感じでとても良かったです。ありがとうございました。

依頼したプロでんきレスキュー隊
谷口

5.0
26日前

年末年始の多忙な時期に、配電盤を探し最短で設置していただけて感謝です。作業も丁寧で行き届いていて後に問題もありません。具体的な商談や相談も迅速に行えました。大変にありがたかったです。

依頼したプロ千戸電設株式会社
鎌ヶ谷市

5.0
24日前

結果許容値内だったということで、安心しました!ありがとうございました!

依頼したプロでんきレスキュー隊
かた

5.0
4か月前

チャットのやりとりからわかりやすい説明と誠意が感じられ、実際に来ていただいても、本当に感じのいい人で、手際もよく作業をしていただいて、助かりました。

依頼したプロSKA小林電気
高橋

5.0
4か月前

一年半前に依頼した業者が見つけられなかった漏電箇所を発見していただきました。その後の処置も迅速でした。これまでの不安が解消し、ただ感謝あるのみです。

依頼したプロでんきのさとう

漏電している時の症状と主な原因

ここでは漏電している時に起きる主な症状と原因について紹介します。


「漏電が起きているかもしれない」と不安を感じている方は、症状を確認して原因を特定してみてくださいね。


症状原因
電化製品に触れるとピリピリする

・タコ足配線の過剰使用

・小動物被害

漏電ブレーカーが落ちる

・絶縁体の劣化

・電気機器の破損

照明機器からの水漏れ

・屋根の劣化

・塩害(室外の照明の場合)


上記の症状がみられる場合は、漏電修理が必要な可能性が高いので、プロに相談してみましょう。


ミツモアでは最大5社の見積もりを平均2分で比較することが可能ですよ。

漏電修理を依頼する際の流れ

1.ブレーカーの確認

ブレーカーを確認する

漏電が発生した際は漏電ブレーカー(漏電遮断機)が落ちています。漏電ブレーカーが落ちていない場合は漏電ではなく、一時的な電気の使いすぎということも考えられます。

2.業者を探す

漏電修理の業者を探す

漏電が疑われる場合はプロを探しましょう。漏電は最悪の場合、火事に繋がってしまう場合もあるので、できるだけ早く現場に駆けつけられるプロを探すことがおすすめです。

3.依頼から業者到着まで

業者の到着

漏電原因や漏電箇所の特定ができるまではブレーカーやコンセントに触れるのはやめましょう。感電してしまう恐れがあるからです。また電化製品から漏電している可能性があるので、漏電の疑いがある電化製品の使用も控えてください。

4.漏電調査

漏電調査をする

漏電箇所の修理をする前に、漏電している箇所の調査をします。漏電している原因や場所を特定しないと、感電や再発に繋がる可能性があるからです。漏電調査は危険な作業なので、プロに依頼しましょう。

5.漏電修理

漏電修理をする

漏電箇所や原因を特定できたら、漏電修理を開始します。故障原因によって施工時間は異なりますが、おおよそ1時間半~2時間かかることが多いです。ただし、複数の場所から漏電が確認できたり、複雑に配線が絡み合っていたりする場合は2時間以上かかることもあるので、詳しくは業者に尋ねてみることをおすすめします。

6.動作確認

動作の確認をする

漏電修理が完了したら、電気が使えるかどうかを確認してください。最後に保証を用意している業者であれば、保証書を受け取り忘れないように注意しましょう。