ミツモア

引っ越しの手伝いは誰に頼む?知り合いと業者のメリットデメリット

ぴったりの引越し業者をさがす
最終更新日: 2024年07月05日

引っ越し当日の作業はとても大変です。引っ越し業者に依頼する人もいれば、家族や友人に手伝いをお願いする人もいますよね。

それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

また知人に手伝いを頼んだ場合に必要なものや、手伝ってくれた人に対するお礼の方法などをご紹介します。

引っ越しの手伝いは何人必要?

一人暮らしの引っ越しであれば1~2人、家族の引っ越しであれば3~4人と考えるとよいでしょう。

友達に引っ越しの手伝いをしてもらった時のお礼相場は?

移動距離、作業内容にもよりますが1人5,000円程度と考えるとよいでしょう。相場はあってないようなものなので、食事をご馳走するといったお礼でもよいかもしれません。

【友人家族・業者・便利屋】引っ越しの手伝いは誰に頼む?

段ボールに封をする男性

引っ越しをするとき、荷物の運搬を誰にお願いするかはひとつの悩みどころですよね。

引っ越し業者に依頼する人もいれば、友人や家族に手伝ってもらう人もいます。近年では便利屋に引っ越し作業を頼む人も。

どの手段もそれぞれ違ったメリットとデメリットがあります。一番あなたに合っていると思う方法を選んでくださいね。

①引っ越し作業を家族や友人に手伝ってもらう

  • メリット

家族や友人に手伝ってもらうと、気心が知れている相手なので和気あいあいと作業できるでしょう。知らない人を家にあげて緊張したり、会話に困ったりというシチュエーションもないはずです。

また引っ越し業者の繁忙期に引っ越しをする場合は業者を利用しようとすると予約がなかなか取れずスケジュール調整が難しくなります。しかし知人であれば、1日で終わらせずに少しずつ引っ越し作業を進めることもできます。

  • デメリット

家族や友人に手伝ってもらうデメリットは、プロではないため引っ越しに慣れていない場合があることです。もしうっかり荷物を落としたり壊したりしてしまっても、当然補償は受けられません。

人によっては友達だと要望を伝えにくいため、逆に気を遣って疲れるという意見もあります。

また、手伝ってくれた人に対する謝礼や交通費を考慮すると、単身の場合費用面では業者に依頼するのとあまり変わらないこともあります。

②引っ越し作業を業者に頼む

  • メリット

引っ越し業者は引っ越しのプロフェッショナルです。自力では大変な引っ越し作業を効率よく行ってくれます。搬入出が大変な冷蔵庫や洗濯機などの大型家電も、スムーズに運んでくれるので安心です。

依頼をしているためお金はかかりますが、その分希望を遠慮することなく伝えられます。万が一作業中に家具や新居の壁などに傷がついてしまっても、保証サービスが受けられるので心配がありません。

業者によっては、要らない家具やゴミを引き取ってくれるサービスもあります。別途料金がかかることもありますが、不要な物を引っ越しついでに処分できれば、すっきりとした気持ちで新生活が始められるでしょう。

  • デメリット

引っ越し業者に依頼をして、デメリットを感じた人はほとんどいないようです。しかし中には「費用が高い」「予約が取りづらくスケジュールが組めない」という声が上がっています。

引っ越し業者に依頼した場合の費用の内訳は、人件費と荷物の保証サービス、搬入出の際の養生などです。荷物の量や移動距離によってさらに増額します。また引っ越しの多い時期では、通常の倍額を支払うのが一般的です。

土日や繁忙期の引っ越しを予定している場合、早めに連絡をしないと希望日に予約できないことがあります。希望日での引っ越しがかなわず仕事を休んだり、もともと入っていた予定をずらしたり、スケジュール調整が大変になってしまうので気をつけましょう。

ミツモアで引越しのプロに依頼する

③引っ越し作業を便利屋に頼む

便利屋とは、家事代行や力仕事などを幅広い内容のサービスを依頼できる業者のことです。もちろん引っ越し作業の手伝いをしてくれませんかと相談することもできます。

上記2つに比べてあまりメジャーな方法ではありませんが、近場への引っ越しで荷物の少ない方におすすめです。便利屋は時間単位で料金がかかるので、遠方への引っ越しや荷物が多い場合には割高になってしまいます。

引っ越し当日の作業とかかる時間

荷物を運ぶ男性

引っ越しを手伝う側になったときも手伝ってもらう側になったときも、当日やることは事前に知っておきたいですよね。

ここでは引っ越し当日の作業の流れと、かかる時間をご紹介します。

引っ越し作業の大まかな流れ

引っ越し前日までに家中の荷物を全てまとめておきましょう。どの段ボールに何の荷物を入れたかが分かりやすいと、新居での荷さばきが楽になります。引っ越し当日に使う物は、手で持って行くか取り出しやすいようにしておくと安心です。

またスムーズに搬入作業ができるよう、新居の鍵は事前に受け取っておきます。時間がなかった場合は、管理会社へ連絡して移動時間に受け取れるようにしておきましょう。

引っ越しは以下の流れで行います。

  1. 荷造り、新居の鍵の受け取り、ガス利用終了の立ち合い
  2. 旧居から荷物を搬出、掃除
  3. 新居へ移動
  4. 新居へ荷物を搬入、ガス利用開始の立ち合い

ガスは利用終了と開始の際に、ガス会社との立ち合いが必要です。引っ越し日時が決定したらすぐにガス会社へ連絡し、予約を取りましょう。ガスメーターの場所や建物の形状によっては、終了の立ち合いが不要な場合もあります。

▽引っ越し当日の作業についてもっと詳しく知りたい方はこちら

関連記事:引っ越し当日の流れを徹底解説!必要なものからトラブル対策まで|ミツモア

引っ越しにかかる時間

引っ越し作業にかかる時間は、世帯の人数や住んでいる住居スタイルによって変わります。単身者、2人暮らし、3~4人家族の場合で見比べてみましょう。

引っ越しにかかる時間
単身者 引っ越し作業2~3時間+新居への移動時間
2人暮らし 引っ越し作業3~4時間+新居への移動時間
3~4人家族 引っ越し作業4~5時間+新居への移動時間

住んでいる人数が多いほど荷物の量は増え、家電も大型になるため作業に時間がかかります。また旧居が高層マンションの場合は、エレベーターを利用して荷物を搬出するためさらに時間が必要です。

住居によっては、荷物の搬入出の養生ルールが厳しい場所もあります。上記の時間はあくまで目安であり、実際にはもう少し時間がかかるかもしれません。引っ越し当日のスケジュールは時間に余裕を持たせておきましょう。

引っ越しの手伝いに必要な服装と持ち物

引っ越し当日の作業に必要な持ち物 軍手

「友人に引っ越しの手伝いを頼まれたけど当日何を持っていけばいいんだろう」

「どんな服装をしていけばいいんだろう・・・」

逆に手伝いをお願いする側であれば「何を用意しておけばいいんだろう・・・」

などの疑問もありますよね。

事前に用意しておくべきものを知っておくと、当日スムーズに作業が進みますよ。

引っ越しの手伝いに行くときの服装

引っ越し当日はたくさん動きます。また普段は掃除が行き届かない場所の荷物も運びます。汚れてもよく、動きやすい服装で行きましょう。

引っ越し当日の服装 靴下・スニーカー
  • 汚れてもいい靴下
  • 履きなれたスニーカー

引っ越しの手伝いに必要な持ち物

引っ越し当日の作業に必要なもの 軍手・スリッパ・マスク
  • 軍手
  • マスク
  • スリッパ

この3つは手伝ってくれる人数分必要になります。

各自で持ってきてもらうのか、引っ越しをする人が人数分用意しておくのかを事前に決めておきましょう。

手伝ってくれた友人や知人へのお礼の相場

引っ越しのお礼

家族や友人に引っ越し作業を手伝ってもらった際には、親しい間柄であってもお礼は必要ですよね。

ここではお礼の相場や、現金以外のお礼の仕方もご紹介します。

お礼の相場はいくら?

引っ越しをする人 お礼の相場
学生 3,000~5,000円 +交通費
社会人 5,000~10,000円 +交通費

もちろん、手伝ってくれる人との間柄や当日の作業量、かかる時間によって金額は変えましょう。

交通費も渡してあげるのが基本です。

現金で渡す場合は、新券を用意したり謝礼袋に入れて渡したりといった配慮があるとよいでしょう。

お金以外でお礼をする場合

現金で渡すのは気が引けてしまうという人や、現金では相手に気を使わせてしまうのではないかと考える人もいますよね。

もちろん、お金以外のお礼をするのもよいでしょう。ありがとうの気持ちを込めてお礼をすることが大切です。

  • ご飯をごちそうする

手伝ってくれた人数が多ければ、ピザや出前を頼んでごちそうするのもよいでしょう。みんなでわいわいご飯を食べると素敵な思い出になりますね。

  • 商品券やギフトカードを贈る

結婚祝いやお礼の場面でもよく選ばれ、現金よりも受けとってもらいやすいのが商品券やギフトカードです。受け取った人が自由に商品を選べるため、失敗することがないのは嬉しい点ですよね。

  • お菓子など品物を贈る

お菓子やスイーツなどもお礼の品物としてよく使われます。紅茶やクッキーなど日持ちするものを選ぶとよいですよ。

引っ越し業者を選ぶポイント

引っ越し業者

引っ越し業者に作業を依頼する場合には、どの業者を選ぶかがとても重要になりますよね。

引っ越し業者は大手から中小まで、さまざまな会社があります。選ぶ際はどのような点に注目するとよいのでしょうか?

大手と中小の違いを知っておこう

誰もが知っている大手の業者は、多数の作業員とトラックを確保していて、繁忙期でも予約を取りやすいのが特長です。営業所が全国にあるため遠距離の引っ越しにも対応可能で、段ボールの無料提供や有料オプションなどサービスが豊富です。

中小の業者は、地域密着型で柔軟な対応をしてくれます。引っ越しエリアの交通や地理情報に詳しく、ささいな要望にも応えてくれる細やかなサービスが特徴です。大手に比べて価格設定が低く、値引き交渉にも応じてくれます。

複数の業者に相見積もりを取る

どの業者がよいか迷った場合は「相見積もり」を取りましょう。相見積もりとは、同じサービスを提供する業者から見積もりをもらい比較することです。

引っ越し料金は定価がないため、依頼する業者によって差が出ます。以前使用した業者が安かったとしても、荷物の量や移動距離などの条件が変われば料金も変わり、安く済むとは限りません。

ミツモアで引越しのプロに依頼する

当日のトラブルを避けるために訪問見積もり

事前に業者に自宅へ来てもらい、荷物の量や搬出の導線、周辺の交通状況を確認してもらうと、より詳細な見積もりが出せます。荷物量によっては、見積金額より支払う金額が多くなるケースもあるため「訪問見積もり」があると安心です。

訪問見積もりを行うと、仕事や対応が丁寧かを見極めるポイントにもなります。業者によっては訪問見積もりと同日に契約をすると、値引きをしてくれる場合もあるのでおすすめです。

引越し見積もりで料金を比べる

引越しのプロを探すならミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに引越しの見積もりの依頼ができます。引越しを知人に手伝ってもらうのも良いですが、業者なら遠慮なく任せられるうえ、作業もスムーズです。

ミツモアでは簡単な質問に答えるのみで、最大5つの引越し業者から見積もりが届きます。料金や口コミを確認できるのみでなく、依頼前にチャットでやり取りも可能です。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで引越しのプロに依頼する