ミツモア

便利屋の荷物運び料金!引っ越し業者より安いのは本当?比較表で作業範囲や内訳を確認

ぴったりの便利屋をさがす
最終更新日: 2022年11月17日

便利屋に荷物を運んでもらうと料金はいくらかかる?

荷物の運搬を便利屋に依頼した場合の料金相場は5,000~1万円程度です。便利屋の料金体系は作業人数と作業時間で決まるため、引っ越し業者に依頼するよりも安く済む傾向にあります。

引越しの荷物運搬は便利屋と引越し業者どちらに頼むべき?

荷物が少ない引越しやある程度の作業を自分で行い、業者の作業時間を減らすことができる場合は、作業時間で料金が決まる便利屋がおすすめです。引越し繁忙期の3~4月でも予約が取りやすいのが便利屋の特徴です。引越しの作業をすべて業者に依頼したい場合は、引越し業者に依頼したほうが良いでしょう。

便利屋に依頼できる引っ越し作業とは?できること・できないことを引っ越し業者と比較

引っ越し業者

便利屋の荷物運びの料金を知る前に、便利屋と引っ越し業者の作業範囲の違いや特徴をチェックしておきましょう。

<依頼可能な引っ越し作業や特徴の比較>

便利屋 ・荷物の運搬や荷下ろし、搬入など引っ越しに関わる作業全般の対応が可能

・車両を使った荷物運びはできないケースが多い

・「梱包だけ」など作業単位でも依頼ができ「掃除」「廃品処分」なども依頼できる業者が多く、柔軟に対応してくれる

・小規模経営で小回りが利く業者が多く、急な依頼や引っ越し繁忙期にも対応できる可能性が高い

・ただし補償のサービスがない便利屋も多いため、作業に不安を感じる方もいる

引っ越し業者 ・引っ越しの準備から荷物運び、積み下ろしまでを完全にカバーできる

全国展開している業者も多く、長距離の引っ越しにも対応可能

高い作業品質を持ち、何かあったときの補償も完備

・依頼内容の融通は利きづらく「掃除」「廃品処分」などは対応できない業者もいる

・繁忙期には予約が取りづらくなり、料金も高額になりがち

便利屋は引っ越し業者に比べ、柔軟に対応してくれるケースが多いでしょう。例えば引っ越し作業の一部分のみの依頼なども可能で、梱包だけ・掃除だけなども対応してくれます。荷解きや設置などをある程度自分たちでできるのであれば、その他の作業だけを依頼することで、引っ越し業者よりも費用を抑えられる可能性があります。

ただし車両を使用し、荷物運びをすることができない便利屋が多い点には注意が必要です。

金銭を受け取り車両で運搬業務をするには、国土交通大臣の認可がいります(一般貨物自動車運送業許可)。車両を必要としないような近隣への荷物運びであれば問題ありませんが、遠方への引っ越しの場合だとそもそも便利屋だけでは対応できないことがあります。その場合は以下のような対策が必要です。

①一部の作業を便利屋に依頼し、運搬は運送業者に依頼する

②一部の作業を便利屋に依頼し、運搬は自分で行う

③運搬もできる(認可を受けている)便利屋に依頼する

場合によっては引っ越し業者に依頼した方が、費用が安く収まるといったケースもあります。そのため必ずしも便利屋が良いというわけではないのです。

便利屋と引っ越し業者が請け負える作業の具体例

作業の内容 便利屋に依頼できる引っ越し作業 引っ越し業者に依頼できる引っ越し作業
梱包

※おまかせプランの場合、梱包まで依頼可能

荷物運び・搬出
荷物の運搬

一般貨物自動車運送業許可の認可がある業者のみ、車両を使用した荷物運びが可能

・同じ建物内の引っ越しなど、手作業の荷物運びは可能

荷物の搬入
家具家電の設置
荷解き

※おまかせプランの場合、荷解きまで依頼可能

不用品回収

※一部の業者のみサービスあり

エアコンクリーニング

※一部の業者のみサービスあり

清掃

※一部の業者のみサービスあり

補償

※一部の業者のみサービスあり

便利屋・引っ越し業者が請け負える作業範囲は似ていますが、異なる点もあります。上記の表で、自分が依頼したい作業に対応しているかどうかチェックしてみましょう。

ただし作業範囲は業者によって異なる場合があります。請け負い可能な業務の詳細は、直接業者に確認してみましょう。

便利屋に引っ越しの荷物運びを依頼したときの料金相場

電卓を持つ便利屋

では便利屋に引っ越しの荷物運びを依頼したときの、費用総額はどれくらいなのでしょうか?費用相場から算出すると、単身者の引っ越し作業にかかる費用は1万6,000円ほどです(荷物運搬を除いた引っ越し作業の平均時間、2名2時間で換算)。

便利屋の料金体系 作業人数作業時間で基本料金が決まる

「作業費(作業員1人あたり)×作業時間+出張費(作業員1人あたり)+追加料金(車両費や処分費など)」

引っ越し業者の料金体系 荷物の量移動距離で基本の料金が決まる

「荷物の量と移動距離に応じた料金+追加料金(梱包費など)」

※梱包や荷解きを依頼者で行う基本プランか、業者に依頼するおまかせプランかでも料金が変わる

詳しい内訳の詳細や、料金単価の相場については次から詳しく説明します。

便利屋に引っ越し作業を依頼したときの料金内訳と相場

便利屋に引っ越し作業を依頼するときの、内訳と料金相場は以下の通りです。

料金内訳 料金相場 備考
作業費 作業員1名あたり3,000~5,000円

※1時間あたり

※契約時間をオーバーすると延長料金が加算される

基本料金部分に該当

・業者によっては2名以上の作業員がいる場合、1人につき割引されることがある

・特殊作業や極端な重労働の場合、基本料金が上乗せされることがある

出張費 作業員1名あたり2,000~3,000円 基本料金部分に該当
養生費 養生規模によって異なる 大型家具・家電の荷物運びを依頼する場合はかかる可能性が高い
車両費 1台につき2,000~3,000円 作業に必要な道具等を持ち運ぶ必要がある場合にかかる料金
資材費 使用した資材によって異なる 作業に必要な資材を購入した場合、必要になる料金
交通費 かかった交通費によって異なる 高速料金・公共交通料金など、作業のために交通費を使用した際にかかる料金
廃品処分費 廃品の量によって異なる 廃品処理を依頼する場合にかかる料金
夜間作業費 作業費+1,000~2,000円

出張費+1,000~2,000円

・追加料金部分に該当

・深夜~早朝時間帯の作業時にかかる料金

・夜間作業割増をとらない業者もある

特急料金 作業費×1.5~2倍の料金 ・追加料金部分に該当

・問い合わせから数時間以内に作業してもらう場合などにかかる料金

・特急料金をとらない業者もある

便利屋に荷物運びを依頼したときに料金が変わる条件

便利屋に引っ越し作業の手伝いを依頼するときに注意すべきは、追加料金の発生条件です。業者によって追加料金の額や考え方が違うこともあるため、契約前に必ず以下の条件を確認しておきましょう。

料金が変わる項目 チェックポイント
延長料金 ・延長料金がそもそもあるかないか

・延長料金の発生条件(どのくらいオーバーすると料金が発生するのか、どこで判断するのかなど)

夜間作業費 ・夜間作業費がそもそもあるかないか

・作業中に時間がオーバーした場合はどうするのか

・通常時間に作業を開始し、延長して夜間作業になった場合は料金がどうなるのか

追加作業料金がかかる作業内容 ・作業料金に追加が発生する条件は何か

・追加作業料金の金額

養生費 ・養生の規模によって料金が変わるため、事前に料金の目安を確認しておく

【便利屋VS引っ越し業者】荷物運びを依頼するならどっちが安い?状況別に比較

段ボール

荷物運びを依頼する場合の具体的な料金の事例を、便利屋と引っ越し業者で比較してみましょう。

どういうケースだと便利屋の方がお得なのか、もしくは引っ越し業者が合っているのか参考にしてみてください。

【大型家具家電の移動のみ】

便利屋の引っ越し料金 引っ越し業者の引っ越し料金
料金 1万円 2万円
作業内容例 ・荷物運びの手伝いや養生作業

・車両での荷物運び作業は含まない

合計120kg以内の荷物の積み出しから荷物運び、荷下ろしまで

【単身】

便利屋の引っ越し料金 引っ越し業者の引っ越し料金
料金 1万6,000~2万5,000円 近距離:1万5,000~2万円

遠距離:3万~5万円

作業内容例 ・梱包、トラックへの積み込み、移動後の荷下ろし・荷解きなどの手伝いや養生作業

・車両での荷物運び作業は含まない

荷物の積み出しから荷物運び、荷下ろし作業

【3人家族の引っ越し】

便利屋の引っ越し料金 引っ越し業者の引っ越し料金
料金 3万3,000~4万5,000円 9万~20万円
作業内容例 ・梱包、トラックへの積み込み、移動後の荷下ろし・荷解きなどの手伝いや養生作業

・車両での荷物運び作業は含まない

梱包や荷解きを除く、荷物の積み出しから荷物運び、荷下ろし作業

結局便利屋に引っ越し依頼をするのはありなのか?

上記の表の通り、どのケースでも費用だけ見ると便利屋に依頼する方が割安になるケースが多いでしょう。ですが依頼業者を選ぶ際に費用だけで選ぶと、その後のトラブルにつながる可能性も0ではありません。

上記で解説した通り、車両を使用し荷物運びをすることができない便利屋も多いでしょう。また補償がついていない便利屋もあります。

そこで「引っ越しを安くするために便利屋に依頼したい」という場合は、以下のようにするのがおすすめです。

  • 便利屋に作業の範囲と料金を問い合わせる
  • 複数の便利屋/引っ越し業者を比較し、より自分の引っ越しに合ったプラン(料金)を提示してくれるところを選ぶ
  • 良いところがあれば便利屋を、なければ引っ越し業者を選ぶ

こうすることでより安く、満足のいく引っ越し作業を依頼できますよ。

とはいえ「便利屋に1つ1つ問い合わせるのは面倒」「そもそもどこに問い合わせれば良いか分からない」という方も多いでしょう。

そんなときはぜひミツモアを利用してみてください。

ミツモアはあなたの地域や求めるサービス内容を入力するだけで、複数の便利屋/引っ越し業者からおおまかな見積もりを提案してもらえるサービスです

  • 費用に加え、対応サービスや口コミ情報も比較できる
  • チャットができるためお願いしたい作業を伝えられ、状況に合わせたプランを提示してもらえる

このような特徴があるため、あなたにピッタリの業者が見つかるはずですよ。ミツモアは無料なのでぜひ一度試してみてください。

ミツモアで便利屋を探す!

引っ越し業者ではなく便利屋に荷物運びを依頼するメリット

便利屋

便利屋に引っ越しの荷物運びを依頼するメリットは以下の通りです。

  • 依頼の仕方によっては格安になること
  • 引っ越し繁忙期でも料金が上がりにくいこと
  • 依頼内容に柔軟性があること
  • 急な依頼に対応してもらいやすいこと

まず注目したいのは料金的なメリット。便利屋の料金は、作業時間が少なく済むほど価格を抑えることができます。そのため荷物が非常に少ない引っ越しや、ある程度自分で作業することができる場合は便利屋に依頼した方が安くなるケースも多いでしょう。追加料金を防ぎたい場合は、あらかじめ作業時間を決めて手伝ってもらいましょう。

もう1つ押さえておきたい便利屋の利点は、引っ越し繁忙期の3~4月に依頼しやすいということ。業務範囲が多岐にわたるため、引っ越しついでの「掃除」「不用品回収」などを依頼しやすいのも人によってはありがたい点ではないでしょうか。自分が面倒だなと感じている部分だけ依頼できる柔軟性が魅力です。

引っ越し業者ではなく便利屋に依頼する注意点・デメリット

引越しをする女性

便利屋に依頼する際の、注意点やデメリットについても押さえておく必要があります。以下をチェックしておきましょう。

  • 時間を決めて利用しないと料金が上がりやすい
  • 引っ越し作業をトータルで依頼すると、引っ越し業者の方が安くなることが多い
  • 長距離の引っ越しには向かない
  • 「補償」や「荷物運び」に対応していないことが多い点に注意

便利屋に引っ越し作業を依頼する際の注意点は、まるっと作業を依頼すると料金が上がりやすいこと。作業時間で料金が上がるので、闇雲に全ての引っ越し作業をまかせると、どんどん料金が加算されてしまいます。その上車両での荷物運びがNGなケースも多いため、トラックや運送会社の手配が別途必要になる点も理解しておいてくださいね。たくさんの荷物がある引っ越しや遠方への引っ越しだと、引っ越し業者の方が安くなることも多いでしょう。

また「引っ越しのプロ」という面では引っ越し業者の方に軍配が上がります。特に補償がない点を不安に思う場合は、引っ越し業者を選ぶと良いでしょう。

便利屋に荷物運びを依頼した方がお得になるケースとは?手伝いレベルなら便利屋が格安!

引越し

上記で解説したメリット・デメリットを考慮すると、便利屋に引っ越しを依頼すべきケースは以下の通りです。

  • 荷物が非常に少ない引っ越しの場合
  • 同地域内など、短距離の引っ越しをする場合
  • 荷造りの手伝いなど、スポット作業を依頼したい場合
  • 引っ越し業者には頼みにくい作業を依頼したい場合(粗大ごみ回収や旧居の掃除・家具の組み立てなど)
  • 3~4月の引っ越し繁忙期に、急に引っ越しが決まった場合
  • 運搬も担当してくれて、かつ安く頼める便利屋が見つかった場合

便利屋は荷物運びや荷造りのみを依頼するときに真価を発揮します。便利屋ならではの柔軟さやサービスを利用したい場合、便利屋に引っ越し作業を手伝ってもらうのがおすすめです。

便利屋に引っ越し作業を依頼するときの選び方<トラブル回避のチェックリスト>

施工業者の立ち合い

便利屋を選ぶ際には、依頼前に業者の作業内容や料金体系をチェックすることが基本。その上で、悪徳業者ではないか?自分に合った業者か?というポイントを見ていけると安心です。なんとなく業者を選んでしまうと、契約後のトラブルに発展しかねません。

さまざまな便利屋があるため「何を依頼したいか・何を重視するか」によっても依頼先が変わります。以下のリストを活用し、自分にぴったりの便利屋を選んでみてください。

依頼前・依頼時に確認すべきこと ポイント
1 「引っ越し業」を得意としているかチェックする ・ホームページなどで業者の対応業務範囲を探し、引っ越し業がサービスの上位に書かれているかをチェックする

・引っ越し作業で万が一のことがあったときに補償がついているか確認する

2 「荷物」「廃棄物」の収集運搬を依頼する場合は、認可の有無をチェックする ・荷物運びを依頼する場合「一般貨物自動車運送事業許可」があるか

・廃棄物の収集運搬を依頼する場合「一般廃棄物収集運搬業許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」があるか

3 近隣に事業所があるかチェックする ・遠くから派遣されると、出張費が高くなることがある
4 見積もりが丁寧に記載されているか、料金が適正かチェックする 見積もりでは以下の内容をチェック

・「総額」や「内訳」が明確か

・追加料金の内容を詳しく教えてくれるか

・他の業者と比較し、価格が異常に安く(高く)ないか

※安い金額で契約させて、追加料金で高額請求する悪徳業者がいるため

「便利屋に安く引っ越し作業を依頼したい」という場合は、ぜひミツモアを利用して見積もり提案をもらってみてください。

チャットができるため、事前に認可の有無や口コミ評価を確認できます。あなたの求める引っ越し作業にピッタリの提案がもらえるはずですよ。

ミツモアで便利屋を探す!