ミツモアメディア

Google Meetの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

最終更新日: 2022年09月15日

「Google Meetってどんな使用感だろうか」「Google Meetの特徴ってなんだろう」とお困りではありませんか。

Google Meetはビジネスや情報伝達として利用できるWeb会議ツールです。

Google Meetを利用しているユーザーから「Googleカレンダーなど他のGoogle製品と連携できるのが便利」「安全性が高く安心して利用できる」といった評判が集まっていました。

一方で「利用にGoogleアカウントが必要なのが面倒なことも」「参加人数が多くなると回線や性能が悪くなる」といった悪い評判も寄せられています。

この記事ではGoogle Meetの評判や導入すべき企業の特徴、活用事例についてご紹介します。

Google Meetのよい評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたメリット】

Google Meet
公式HP:Google Meet

Google Meetを利用しているユーザーから「Googleカレンダーなど他のGoogle製品と連携できるのが便利」「PCやスマホなど、どんなデバイスからでも参加できるのが使いやすい」といった評判が集まっていました。

また「安全性が高く安心して利用できる」といった声も寄せられています。

Googleカレンダーなど他のGoogle製品と連携できるのが便利

Google Meetを利用しているユーザーから「Googleカレンダーなど他のGoogle製品と連携できるのが便利」といった評判が寄せられていました。

【Google Meetの評判】

  • Googleの他のサービスとの連携が便利。GoogleカレンダーからMeetによる会議を予約することが簡単にできる。<業種:デザイン・制作、従業員数:20‐50人未満>
  • Googleカレンダーと統合して、いつでも簡単に会議を予約でき、チーム内メンバーみんなの予定が見れます。<業種:ソフトウェア、従業員数:20‐50人未満>
  • Googleアプリと連携が可能で、Gmail、Googleカレンダーと使えるので楽。Zoomよりも連動性やセキュリティ対策で優れている。<業種:電気・電子機器、従業員数:20人未満>

Google Meetは実際に他のGoogle製品と連携することが可能です。

たとえばGoogleカレンダーで参加者と会議の予定を立てるだけで、Google MeetのURLが発行され、リマインドの設定もできます。このように連携することで、業務を円滑にすることができるでしょう。

「普段からGoogle製品を活用している」といった企業に、Google Meetがおすすめです。

安全性が高く安心して利用できる

Google Meetを利用している方から「安全性が高くて安心して利用できる」といった声が寄せられています。

【Google Meetの評判】

  • Googleが提供しているサービスですので、安全性(セキュリティ)の面での信頼は担保されている。<業種:情報通信、従業員数:1,000人以上>
  • 会議のデータが暗号化されているため、外部からの盗聴などなくセキュリティの安全を確保したうえで、会議を行うことができる。<業種:その他製造業、従業員数:1,000人以上>
  • ブラウザのみで動作しソフトのインストール不要でかつ無料で認知度も高く、安全なツールとしてはMeetが一番だと感じる。<業種:総合(建設・建築)、従業員数:20‐50人未満>

Google MeetはGoogleが提供しているサービスなだけあって、安全性が高いです。たとえば通信が暗号化されていたり、各種の不正防止機能がデフォルトで有効になっていたりします。そのため盗聴などの危険を気にすることなく、利用することが可能です。

「安全なツールを利用したい」「情報を安全に取り扱う必要がある」といった企業に、Google Meetはおすすめです。

PCやスマホなど、どんなデバイスからでも参加できるのが使いやすい

Google Meetを実際に利用しているユーザーから「PCやスマホなど、どんなデバイスからでも参加できるのが使いやすい」といった評判が集まっていました。

【Google Meetの評判】

  • Googleアカウントさえあれば利用できる。パソコンでもスマホでもデバイスを選ばないのが利点。<業種:その他専門職、従業員数:20人未満>
  • 外出先から参加した方はスマホアプリから、PCでの参加者はブラウザから会議に参加でき、デバイスによって操作が制限されない点が良かった。<業種:営業・販売、従業員数:1,000人以上>
  • Googleアカウントで連携していれば、どのデバイスからでもミーティング参加が可能で、スマホでの動きも問題なかった。<業種:広告・販促、従業員数:300‐1,000人以上>

Google Meetはスマホからアプリで、PCからブラウザで参加することができます。外出先でもスマホを使って手軽に会議に参加することができるので、業務の効率化が可能です。

「いつでもどこでも会議をしたい」という企業に、Google Meetはおすすめです。

ネットワーク速度に応じ設定が自動調整されるなど、音声や画質がクリアに保たれる

Google Meetを実際に使用している方から「ネットワーク速度に応じ設定が自動調整されるなど、音声や画質がクリアに保たれる」といった声が寄せられています。

【Google Meetの評判】

  • 音声がよくて画質もよい。データ通信もとても安定している。<業種:ソフトウェア、従業員数:20‐50人未満>
  • 音質や画質も全く問題ないので、クオリティが高いと思います。<業種:情報通信、従業員数:100‐300人未満>
  • 音質や画質、途切れにくさがZoom、Teamsよりも優れていた。<業種:総合(建築・建設)、従業員数:100‐300人未満>

Google Meetは音質や画質の品質の高さに定評があり、さまざまな機能を搭載しています。ネットワーク速度に応じて設定が自動調整されたり、AI による新たな機能強化で暗い場所や騒がしい場所でも快適に通話ができたりします。

高品質な音声や映像であれば、社員もストレスなく利用することができるでしょう。

「高品質な音声や映像で会議をしたい」といった企業に、Google Meetはおすすめです。

PCであればアプリが不要、ブラウザから利用できて誰でも参加しやすい

Google Meetを利用しているユーザーから「PCであればアプリが不要、ブラウザから利用できて誰でも参加しやすい」といった評判が集まっていました。

【Google Meetの評判】

  • WEB会議用のアプリは要ダウンロードの製品が多い中、専用アプリのインストール不要でしかも無料なのが良い。<業種:電気・電子機器、従業員数:20人未満>
  • Googleアカウントさえあればミーティングに参加できるので、アプリをインストールする手間が無くなった。<業種:経営コンサルタント、従業員数:不明>
  • 相手がアプリをインストールしていなくても、ブラウザ上で会議に参加できる。<業種:自動車・自転車、従業員数:100‐300人未満>

Google MeetはPCで参加する場合、ブラウザからアクセスすることができます。ブラウザからであれば手軽に参加することができるので、ツールの利用度も向上するでしょう。

またZoomなどのWeb会議ツールはアプリをダウンロードする手間がかかりますが、Google Meetは異なります。わざわざアプリをダウンロードする必要がなく、アカウントさえ持っていればいいので、導入も簡単です。

社員全員に利用してほしい」「気軽に導入できるツールを求めている」といった企業に、Google Meetがおすすめです。

無料版でも色んな機能があり長時間使えるのが便利

Googleを利用している方から「無料版でも色んな機能があり長時間使えるのが便利」といった声が寄せられています。

【Google Meetの評判】

  • アカウント作成が簡単で、60分以内の会議は無料で、会議に100人まで参加できるのがすばらしい。<業種:電気・電子機器、従業員数:20人未満>
  • 無料で使えて、機能や品質にも過不足ない。自動で音声を文字起こししてくれる。<業種:情報通信、従業員数:20‐50人未満>
  • 無料で時間制限なく使える点で、他のツールよりも優れている。<業種:情報通信、従業員数:100‐300人未満>

Google Meetは無料で利用てきるプランが提供されており、最大1時間・100人まで参加できる会議を開くことが可能です。無料で割と長い時間使うことができるのは、Web会議ツールの中でも特に優れた点でしょう。

画面共有やチャットなど、基本的なWeb会議ツールの機能のほかに、文字起こし機能も搭載されています。会議の議事録やメモを作成する際に役立つでしょう。

「無料で使える高性能なWeb会議ツールを探している」といった企業に、Google Meetがおすすめです。

Google Meetの悪い評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたデメリット】

Google Meetの悪い評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたデメリット】

Google Meetでは「参加人数が多くなると回線や性能が悪くなる」「利用にGoogleアカウントが必要なのが面倒なことも」といった悪い評判が集まっていました。

利用にGoogleアカウントが必要なのが面倒なことも

Google Meetを実際に利用しているユーザーから「利用にGoogleアカウントが必要なのが面倒なことも」といった声が寄せられています。

【Google Meetの評判】

  • googleアカウントがないと使えないため、招待先がお持ちでない場合に手間が生まれる。<業種:情報通信、従業員数:1,000人以上>
  • 入退室管理や制限、Googleアカウントをもっていない人への対応など、不特定多数が参加する大規模会議を開催するには不向き。<業種:経営コンサルティング、従業員数:20人未満>
  • Gmailアカウントを持ってない方々はGoogle Meetに招待しても参加できないため、使用可能な人数が限られている。<業種:運輸、従業員数:20人未満>

Google Meetの会議に参加するには、Googleアカウントが必要です。そのため参加者がGoogleアカウントを持っていない場合、アカウントを作成する手間がかかります。

Google Meetを導入する前に「全ての社員にGoogleアカウントを作成するように声をかける」といった施策が必要になるでしょう。

参加人数が多くなると回線や性能が悪くなる

Google Meetを利用している方から「参加人数が多くなると回線や性能が悪くなる」といった評判が集まっていました。

【Google Meetの評判】

  • 大人数になると、ネットが重く止まりがちになってしまうのでそこは改善してほしい。<業種:経営コンサルティング、従業員数:不明>
  • 端末やネットワーク環境にも依存するが、参加者が多い(5人以上くらい)と動作が重くなりがちと感じることがある。<業種:ソフトウェア、従業員数:20人未満>
  • 多人数での会議の場合、発言者がわかりにくい点と、声や映像の遅延が起こりやすいので改善してほしいと思います。<業種:情報通信、従業員数:1,000人以上>

Google Meetは参加人数が増えるほど、回線が悪くなって動作が重くなるようです。あまり大人数の会議には向かないようなので、少人数で利用すると良いでしょう。

代表者だけが会議に参加する」などのように、参加者を絞ることが必要です。

Google Meetがおすすめの企業

Google Meetがおすすめの企業

Google Meetは次のような企業におすすめです。

【Google Meetを導入すべき企業】

  • GoogleカレンダーやGmailをよく利用している企業
  • 無料で使える情報共有ツールを探している企業

GoogleカレンダーやGmailをよく利用している企業

Google MeetはGoogleカレンダーやGmailをよく利用している企業におすすめです。

たとえばGoogleカレンダーから参加者と時間を指定するだけで、Google Meetを開く準備をすることができます。

またGmailの画面からカレンダーに登録されているGoogle Meetにアクセスすることが可能です。どんなスケジュールになっているのかも確認できるので、会議の参加し忘れなどを防げます。

普段からGoogleカレンダーやGmailをよく利用している場合、業務の一環で使いやすいでしょう。

「普段からGoogleカレンダーやGmailをよく利用している」といった企業は、ぜひGoogle Meetの導入を検討してみてください。

無料で使える情報共有ツールを探している企業

無料で使える情報共有ツールを探している企業にも、Google Meetはおすすめです。

Google Meetは「最大1時間・参加人数100人まで」の会議を無料で開くことができます。これは無料で使えるWeb会議ツールの中でも、比較的長い時間利用することが可能です。

安全性が高いうえに、Web会議に必要な基本的な機能を搭載しています。そのため無料でも十分に満足度の高いWeb会議を行うことができるでしょう。気軽な情報共有にGoogle Meetは最適といえます。

「気軽に使えるWeb会議ツールを探している」「無料でツールを利用したい」といった企業は、ぜひGoogle Meetの利用を検討してみてください。

ミツモアでWeb会議ツールを比較する

Google Meetの活用事例

Google Meetの活用事例

Google Meetはたとえば次のようなビジネスシーンで有効活用されています。

【Google Meetの活用シーン】

  • リモートワークの導入:リモートでも相手の顔を見ながら意見を交わせる
  • 新しい社員への研修:資料を共有しながらオンラインで開催できる
  • オンライン就職面接:アカウントとPCがあれば、コロナを気にせずどこでも面接ができる
  • 社外向けウェビナー:さまざまな人が場所を気にせず気楽に参加できる
  • 対談インタビューなど録画がほしいシーン:録画機能を活かして撮影ができる

社員同士の円滑なコミュニケーションだけでなく、研修や就職面接にも利用することが可能です。

導入する前に「自社でどのように利用するのか」を明確にしておくとよいでしょう。

Google Meetの料金プランは5種類!価格と機能の比較表

Google Meetの料金プランは4種類!価格と機能の比較表

Google MeetはGoogleが提供するGoogle Workspaceというビジネスツールの1つです。

Google Meet (Google Workspace)の料金プランは次の5つです。

料金プラン 無料版 Business Starter Business Stanndard Business Plus Enterprise
月額料金 0円 680円/人 1,360円/人 2,040円/人 要相談
参加可能人数 100人 100人 150人 500人 500人
会議時間 1時間 24時間 24時間 24時間 24時間
参加用電話番号 ×
ホワイトボード ×
ノイズキャンセル ×
録画機能 ×
ブレイクアウトセッション ×
出欠状況の確認 × × ×
ストリーミング × × ×

「どんな目的で導入するのか」「それにはどんな機能が必要か」をあらかじめ明らかにしておきましょう。

Google Meetを活用して手軽にコミュニケーションを増やそう

Google Meetを活用して手軽にコミュニケーションを増やそう

Google Meetは社内のコミュニケーションを増やすことのできるWeb会議ツールです。

実際に利用している方から「利用にGoogleアカウントが必要なのが面倒なことも」「参加人数が多くなると回線や性能が悪くなる」といった悪い評判が集まっていました。

一方で「Googleカレンダーなど他のGoogle製品と連携できるのが便利」「PCやスマホなど、どんなデバイスからでも参加できるのが使いやすい」といった声も寄せられています。

Google Meetがあればどこでも安全に高品質なWeb会議を開くことが可能です。そのため気軽に利用することができ、社内のコミュニケーションを円滑にしたり、リモートワークを実現したりできるでしょう。

「手軽にコミュニケーションを増やしたい」「各部署の連携を強化して売り上げを上げたい」といった企業は、ぜひGoogle Meetを検討してみてください。

ミツモアでWeb会議ツールを比較しよう

ミツモアロゴ

Web会議にはWeb会議システムが必須です。しかし適当に選んでしまうと、機能が足りないことや余分にコストがかかってしまうことがあります。業務の効率化のためには、会社の目的や課題に合ったツールを選ぶことがポイントです。

そのために多くの会社に資料を請求し、時間をかけて比較検討しないといけないなんてことも……。そんな時はミツモアにお任せ。簡単2分の質問項目に答えていくだけであなたの会社にぴったりのプランをご提案します。

Web会議システムの比較が2分で完了!

ミツモアなら簡単な質問に答えるだけで見積もり依頼が2分で完了します。Web会議ツールの導入目的や欲しい機能等の質問に答えることで、あなたの会社に最適なプランが必ず見つかります。

質問はパソコンやスマートフォンからお手軽に答えることが可能です。

あなたにぴったりの見積もりが届く

見積もり依頼をすると、あなたの条件に合った最大5件の会社から概算金額、おすすめプランの見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプランを探してみましょう。もちろん見積もり費用は無料です。

ミツモアでWeb会議ツールを比較する