ミツモア

インボイス制度に対応するシステムや選び方を解説

ぴったりの請求書管理システムをさがす
最終更新日: 2024年06月28日

2023年10月よりスタートしたインボイス制度。適格請求書の受領や発行にあたって、システムの導入や見直しを考えている企業も多いでしょう。

そこで本記事ではインボイス制度に対応する方法とおすすめの請求書管理システムを紹介します。ぜひインボイス制度に対応する際の参考にしてください。

インボイス制度とは?

インボイス制度とは2023年10月1日から施行された消費税法上の制度で、請求書に事業者の名前や登録番号、適用税率を明記するなど、要件を満たした適格請求書が必要です。

そしてインボイス制度に対応しないと、買い手の消費税の納税額が増えてしまい、取引のチャンスを逃したり、請求書の処理で面倒な手間をかけさせたりすることにつながってしまいます。

そのためインボイス制度への対応は必要不可欠と言っても過言ではありません。

インボイス制度に対応するには?

社会人が考え事をしている

インボイス制度に対応するには請求書のフォーマットを変えたり、現在システムを使っている場合はインボイス制度に対応しているかを確認したり、環境の整備が必要です。

Excelやハンコを使って手作業で対応しても問題ありませんが、作業量と正確性を考えると、システムを導入したほうが長期的に考えて便利です。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

インボイス制度に対応した請求書管理システムの選び方

女性がPCの横に立っている

インボイス制度に対応した請求書管理システムを選ぶ際は以下の3点に注意しましょう。

適格請求書の受領や発行に対応しているか

請求書を受領する場合は、適格請求書類を区別して管理できる機能が必です。加えて「TOKIUMインボイス」のように、取引先の請求書が適格請求書かどうかを自動判定できると、経理部が目視で確認する手間が省けます。

一方で請求書を発行する場合は、適格請求書に必要な事項を漏れなく記載できることが条件です。「マネーフォワードクラウド請求書」や「freee請求書」など、適格請求書の作成に対応した製品を選びましょう。

システム化できる業務範囲は十分か

適格請求書の受領と発行を1つのシステムで完結したい企業は、受領および発行の機能を両方備えているか確認しましょう。

今回紹介した中では「Bill One」が適格証明書の受領、発行のどちらにも対応しています。

また入金管理や支払督促までおこなえる製品を選ぶと、営利業務全体を効率化できます。自社が改善したい業務範囲に合わせて製品を選ぶとよいでしょう。

自社で運用中の基幹システムと相性がよいか

自社で運用しているシステムと連携ができるかや、連携方法がどのようなものかは事前に確認しましょう。請求データを請求書管理システムに取り込む方法は以下の2通りです。

  • 外部システムのデータをCSVファイルとして抽出し、請求書管理システムにインポートする。
  • 外部システムとAPIで連携する。

2つ目のAPI連携ならボタン1つでデータ転送をおこなえます。月々に請求書を発行する回数が多い場合におすすめです。

ソフトウェア比較のイメージイラスト

請求書管理システム選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想の請求書管理システムが見つかります。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

請求書管理システムでインボイス制度に対応しよう

社会人が笑っている

インボイス制度に対応するなら、請求書管理システムの導入がおすすめです。システムの通りに請求書の受領や発行を行えば、自動的にインボイス制度へ対応できます。

インボイス制度適用後には経理の仕事も増えるため、システム化で効率的な業務につなげましょう。ぜひこの機会に請求書管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:【2024年】請求書管理システム比較42選!導入メリットやおすすめ製品の選び方|ミツモア

ぴったりの請求書管理システム選びはミツモア

ミツモアロゴ
請求書管理システムは製品によって特徴や機能もさまざま。「どの製品を選べばいいかわからない・・・」といった方も多いのではないでしょうか。

そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりの請求書管理システムが見つかります。

ぴったりの請求書管理システムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を画面上で選択するだけで、最適な請求書管理システムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。

ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。

診断結果は最大5製品!比較・検討で最適な請求書管理システムが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬ製品との出会いもあるかもしれません。

ミツモアなら、ぴったりの請求書管理システムがすぐに見つかります。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。