ミツモアロゴ

断捨離の驚きの効果!捨てるルールと続けるための3つのコツ

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月26日

「物が多くて部屋の居心地が悪い!」、「物が多すぎて、必要な物が見つからない!」と、部屋の物に埋もれて悩んでいる方!ここは一念発起して、断捨離がおすすめです。

断捨離をすると、物が減るだけでなく、無駄遣いをしなくなったり、ストレスが減り、暮らしの充実度が高まると、物を捨てるだけでない効果が話題になっています。

この記事では断捨離を効果的に進めるコツ、自分で作る段捨離のルールについてご紹介しています。断捨離のコツをつかんで部屋だけでなく心まで、スッキリと暮らしましょう。

断捨離とは?

断捨離とは?
断捨離で人生を変えてみよう!

断捨離という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、詳しい内容まで知っている人は少ないかもしれません。

「断捨離=捨てる」というイメージが強いですが、断捨離は単に不要な物を捨てるだけでなく、物の整理を通して人生が変わる効果的な方法と言われています。まずは、「断捨離」という言葉の意味を理解しましょう。

断捨離の言葉の意味

断捨離とは、やましたひでこさんが提唱している片付け論です。執着を手放すヨガの「断行」「捨行」「離行」という3つの考え方を日常の片付けに応用したものです。「断」で不要なモノを断ち、「捨」で不要なモノを捨て、「離」で物への執着から離れることで、身軽な暮らしと心を手に入れるという片付け実践方法です。

単に物を捨てて部屋やクローゼットをスッキリさせるだけでなく、物を捨てることを通して心もスッキリさせて自分らしい人生にシフトチェンジするというのが、やましたひでこさんの考える断捨離なのです。

断捨離は自分を見つめなおすこと

断捨離をすることは自分を見つめなおすことです。不要だなと判断した物は、案外自分以外の人から影響を受けて購入したものが多いものです。

好きな女優さんがテレビですすめていたから、雑誌で見かけたから、テレビで人気だと紹介されていたからなど、誰かの影響で購入した物は本当に自分にとって必要な物にはならず、クローゼットの奥にしまい込んでいたり、物置にしまい込んだりしてしまいがちです。

断捨離をして自分と向き合うと、自分以外の誰かの影響で購入した物は自分の人生に必要がないということに気づくようになります。

断捨離をして、残したいと思った物が自分が大切にしたい物です。自分では意識していなかった意外な物が自分らしさの発見につながるかもしれません。

まずは、引き出し1つから始める

「いざ、断捨離を始めよう」と思ったときに「完璧に全て捨てなくては」と思う人も多いようです。ですが、断捨離を完璧にやろうと思うほど、なかなか進められないものです。まずは引き出し1つから始めてみましょう

また、一度に長時間、断捨離をすると疲れてしまいます。疲れてしまうと「もう断捨離なんてやりたくない!」と、挫折の原因となるものです。そこで、一度に長時間はやらず、「引き出し1つ断捨離したら、また次の日に別の引き出しを断捨離しよう!」「1日の断捨離は30分にする」など自分の無理のない範囲から始めましょう。断捨離を成功させるために重要なのは、頑張りすぎないことです。

片付けるのではなく、捨てる技術

断捨離は、すでに部屋やクローゼットにある物を収納グッズなどを使って「片付ける」のではなく、持っている物を「必要な物」と「不要な物」に仕分けをして「不要な物」を捨てる技術です。

「捨てる技術」は断捨離をやればやるほど磨かれていきます。最初は、何から始めればいいか分からないと思いますが、引き出し1つから始めて、クローゼットの断捨離、冷蔵庫の中の断捨離など進めていくうちに、捨てる技術も上達し、自分にとって必要な物、不要な物がすぐに判断できるようになります。

そうなればしめたもの。本当の「断捨離」を理解して実行することができるようになれば、部屋やクローゼットにいらない物は増えなくなり、すっきりとした暮らしができるはずです。

断捨離の驚きべき効果!

断捨離の効果
断捨離の驚くべき効果とは?

断捨離には、不要な物を捨てて汚部屋がきれいになったり、部屋やクローゼットがすっきりして探したいものが直ぐに見つかる!というメリットだけでなく、お金や時間などの面でも良い効果があります。

無駄遣いがなくなる!

断捨離した後は、自分にとって必要な物だけを購入するようになるので無駄遣いをしなくなります

不要な物がないすっきりした部屋の快適さに感動すると、次に新しい物を買うときも本当に必要かどうか真剣に考えてから買うようになるので、無駄な物は増えなくなります。

必要な物が見つからなくて同じものを買ってしまっていた人も、断捨離すると、どこに何かあるかを把握できるようになるので、同じものを買ってしまうこともなくなります。

時間に余裕ができる!

断捨離をして、物の場所を把握できるようになると探し物の時間が無くなって時間に余裕ができます

毎日探し物をして、外出するのが遅くなったり、必要な物が見つからなくて買いに行ったりするための時間が無い暮らしは想像以上に快適です。

料理道具が減れば、道具選びの手間がなくなるので料理の時短になり、服が少なければ毎日の服選びで悩む時間も無くなるので、他のことに時間を使うことができようになります。

物が多いと部屋の掃除が大変で時間がかかりがちですが、モノが少なくなれば掃除がやりやすくなるので掃除時間も短縮できます。

ストレスが無くなる!

私たちは思っている以上に物に関するストレスにさらされているのに気がついていますか?

部屋が物であふれてゴチャゴチャしていると、視界から入る情報が多すぎてそれだけでストレスがたまってしまうのです。

机に積み上げられた郵便物、捨てようと思って保管してある壊れた家電などが目に入るだけでも、「捨てなきゃ」という気持ちになって、それがストレスとなります。

捨てようと思っていたけど長年見てみぬふりをしていた物を捨てるだけでも本当にストレスが無くなるので、暮らしの満足度が上がります。

断捨離のコツはたったの3つ!

断捨理のコツ
断捨離のコツを覚えれば家の中は散らからない!

いかがですか?多くのメリットがあるとわかった断捨離。コツさえマスターして自分のルールを作ってしまえば簡単に実践できます。最初はどこから始めればいいか、何から始めればいいか分からないと思うので、初めて断捨離をする人でも、断捨離を効果的に進める方法、断捨離で後悔しないやり方をご紹介します。汚部屋をすっきりさせたい人も、物を捨てる方法が分からない人も、ぜひ参考にしてくださいね。

1箇所、1つのカテゴリーから始める

初めて断捨離をするときには、どの場所から始めたらいいか分からないですよね。まずは、どこか1箇所の1つのカテゴリーから始めてみましょう。例えば、クローゼットの中の靴下だけを断捨離するなら、なんだか大変そうだなと思っていた断捨離も簡単に思えてきます。

靴下が終わったら、半袖だけ、スカートだけなどカテゴリーを1つに絞ると迷いなく断捨離を進めることができますよ。冷蔵庫なら、調味料、乾物、冷凍食品、野菜などのカテゴリーに分けて、1箇所1カテゴリーずつ断捨離を進めるのが挫折しないコツです。

特に汚部屋の場合は、物がありすぎて何から手を付けたらいいか分からなくなると思うので、1箇所1カテゴリーを実践してみてくださいね。

検討するBoxを作る

断捨離をするときには、「必要な物」と「不要な物」に分けて不要な物を処分しますが、中には捨てるどうか迷ってしまう物も出てくると思います。処分するか悩む物は検討Boxを作って、とりあえず保管しておきましょう

判断に迷う物に時間をかけていると、なかなか断捨離が進まなくなるので、簡単に判断できる物以外は検討Boxに入れておいて、半年、1年など期限を決めて必要かどうか判断しましょう。

思い出の詰まったものは最後にする

思い出が詰まった物は捨てるかどうか判断するのが難しいので、必要か不要かを判断するのは一番最後にしましょう。

まずは、簡単に必要か不要かを判断できるモノからどんどん断捨離していき、最後に思い出の物の断捨離をします。思い出の物は写真を撮って画像として残しておくのもいい方法なのですが、どうしても「物」として残しておきたい場合は、「思い出Box」を作って保管しておくのもいいでしょう。

見返すと楽しくなったり、心が豊かになるものは無理に処分したりせず、専用の保管Boxを作るといいですね。保管する場合は、温度湿度などに注意しないと思い出の物が劣化してしまうことがあるので、物の劣化が気になるものは定期的に点検したり、温度湿度管理のされたレンタル倉庫などに保管するのもおすすめです。

断捨離の基本的なやり方

断捨離のやり方
断捨離のやり方を覚えれば、簡単に片付く!

それでは、断捨離の基本的なやり方を確認しておきましょう。基本的な方法さえ確認しておけば、スムーズに断捨離を進めることができますよ。初めて断捨離をする場合は、どんな物が処分対象で、どんな物を残せばいいのか判断に迷いますよね。断捨離で判断に困らないように後悔しないための断捨離のチェックポイントや具体的な断捨離のやり方をご説明します。

1.断捨離の判断がしやすい場所から実践

断捨離を始めようと思っても、一体どこから始めたらいいのか難しいですよね。一度に部屋全体やクローゼット全体を断捨離したくなるかもしれませんが、まずは「断捨離の3つのコツ」でご紹介したように、「1箇所1カテゴリー」から始めると断捨離を進めやすいです

始める場所は断捨離の判断がしやすい冷蔵庫、洗面台の収納、服のクローゼットがおすすめです。物置や納戸など1箇所に様々なカテゴリーの物を収納している場所は断捨離の判断が難しい場所なので、慣れてきてから断捨離をしましょう。

2.3つに分類しよう!

断捨離のチェックポイントを確認しながら、必要な物、不要な物、保留する物の3つに分類していきます。段ボールを3つ用意して、分類した物をどんどん入れていくとスムーズに進められます。断捨離を進めていて、残しておくか、処分するか決められない物はその場で無理に決めずに保留しましょう。

保留用の箱を作って入れておいて、3カ月後、半年後など期限を決めて残すかどうか吟味しましょう。無理に処分してしまうと、「やっぱり、捨てなければよかった」と後悔することもあるので、迷った物は捨てずに保留するのが断捨離をうまく継続させるコツです。

3.残すものの量、数を決める

ライフスタイルに合わせて残すものの量、数を決めます。衣類は洗濯の頻度に合わせて残す数を決めると断捨離で後悔しません。1週間に1回しか洗濯をしないのに、服を4日分しか残さなかったら着る服が無くなってしまうので、減らしすぎずに必要な数を見極めましょう。

食器は家族の人数によって違いますし、小皿で料理を出すか、大皿で料理を出すかで必要な食器の数は違うので、断捨離をする前に自分の家のスタイルではどのくらいの食器が必要なのかをノートなどに書き出しておくと後悔なく断捨離ができます。

4.捨てるものは不用品回収業者に頼む

断捨離をして「不要な物」と決めた物は、処分方法を決めます。処分方法は「売るか」、「捨てるか」の2つです。捨てる売る場合は、一度に不用品をまとめて捨てることができるので、不用品回収業者に頼むのがおすすめですよ。売る場合は、不用品をリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらったり、宅配買取で自宅にいながら不用品を売る方法などがあります。

服の断捨離のコツとルール

服の断捨離
服の断捨離も枚数と場所を決めれば片付く

日本は四季があり、季節ごとに必要な服装が変わるので服の数が多くなりがちです。また、服の好みが変わったり、サイズが変わったりして服を買い足しているうちに、クローゼットやタンスが服でいっぱいになってしまう女性も多いのではないでしょうか。こちらでは、効果的に服を断捨離するコツをご説明します。

服の断捨離のルール

服を断捨離するかどうかのルールを作っておくと、服の断捨離で迷いません。処分したほうがいい服と残したほうがいい服のポイントをリストにしました。

<処分したほうがいい服>

・壊れていて着ることができない服
・サイズが合わない服
・好みのデザインでない服
・1年以上着ておらず、着る機会がイメージできない服

壊れて着ることができない服はもちろん処分対象ですが、壊れていなくてもサイズが合わなくなった服、好みのデザインでない服も思い切って処分しましょう。以前は頻繁に着ていたけど1年以上着ていない服も処分対象ですが、1年以上着ていなくても将来着る機会がイメージできる服(喪服やパーティドレスなど)は残しておいた方がいいですね。

<残した方がいい服>

・頻繁に着る服
・着ていないけれど、見るだけで楽しい気分になる服

基本的に1度も着ていない服や何年も着ていないような服は処分の対象となりますが、着ていなくても見ているだけで楽しい気分になる服、楽しい思い出が思い出されるような服は残しましょう。「着ていない服=処分」と考えてしまうよりも、着ていない服でも人生を豊かにしてくれる服は残しておく方が暮らしが楽しくなりますよ。

カテゴリーごとに断捨離する

服の断捨離をするときは、靴下、シャツ、スカート、ワンピースなどカテゴリーを細かく分けて進めていきましょう。クローゼットやタンス全体を一度に断捨離しようとすると「残すか、処分するか」の判断も大変になり、体力的にも疲れてしまって断捨離への意欲も無くなってしまうので、1つのカテゴリーの断捨離が終わったら、休憩してまた次のカテゴリーの断捨離をするのがおすすめです。

残す量を決める

靴下は何足持つか、シャツは何枚持つかを決めましょう。洗濯する回数、職種、ライフスタイルによって必要な量は違ってくるので、「自分の暮らしには、靴下は何足必要で、スカートは必要ない」など、服の断捨離を始める前に、暮らしに必要な服の数を確認しておくのが断捨離を効果的に進めるコツです。

検討するために残すのもあり

服の断捨離を進めていて、「残すか、処分するか」をなかなか決められない服は、保留Boxを作って保管しておきましょう。処分するかどうかに迷った服は保留にしておくのが断捨離で失敗しないやり方です。ただ、保留Boxが服でいっぱいにならないように、半年に1回、1年に1回など期限を決めて、保留にした服を見直しましょう。

1度も着ていない服は、1度着てみる

1度も着ていない服は、存在を忘れてしまっていた服なので基本的には処分しても問題ない服です。ですが、断捨離した後に「もし、着ていたら自分に似合っていたかも」と後悔してしまうかもしれないので、処分する前に1度着てみて、「本当に処分するのか」、「残しておくのか」を決めるのがおすすめです。

実際に着てみてサイズが合わなかったり、デザインが似合わなかったりすれば処分すればいいですし、もし気に入れば処分せずに普段着やお出かけ着として活用できます。

捨てる服は、不用品回収業者に一括して引き取りを依頼する

断捨離して処分を決めた服は、捨てるか、売るかを決めます。売る場合は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらったり、宅配買取で自宅にいながら売ることもできます。

服を捨てる場合は、住んでいる地域によって捨てる方法が異なりますよね。ゴミとして捨てるときは自治体のルールがあって一度にまとめて捨てるのは大変なので、不用品回収業者に引き取りを依頼するのがおすすめです。

さらに「服を断捨離しておしゃれに生きる!捨てる技術と収納のルール」を読んで服の断捨離のモチベーションを上げましょう!>>

断捨離で後悔しないコツ

断捨離で後悔しないコツ
断捨離をする前に後悔しないコツをチェック

断捨離をしたら、「捨てなくていい物まで捨てて後悔しそう」と思う人も多いようです。、後悔しないためのチェックポイントとコツさえ分かれば、後悔せずに断捨離をすることができます。断捨離は人生においてメリットが多いので、コツをつかんでスッキリと暮らしましょう。

断捨離で後悔しないためのチェックポイント

断捨離で「捨てなければよかった」と後悔しないために、まずはどんな物を断捨離して、どんな物を残すかのチェックポイントを確認しましょう。断捨離するかどうかのチェック項目はこちらです。

<残したほうがいい物>

・頻繁に使っている物
・使う頻度は少ないけど、必ず使う物
・見るだけで楽しい気分になる物

こういったものは残したほうがいい物です。

<処分したほうがいい物>

・壊れている物
・1度も使っていない物
・使い勝手が悪い物
・1度しか使っていない物
・1年以上使っていない物

「捨てる物なんてない」と思い込み、壊れている物でさえ捨てられずにため込んでいると、どんどん汚部屋化が進んでしまいます。修理すれば使えるようなエアコンなどの大物家電など以外は壊れている物は処分しましょう。物が多すぎる場合は処分することに集中しないと物は減りません。

悩んだら捨てないで保管する

断捨離で後悔しないコツの1つとして、「悩んだら捨てないで保管する」というものがあります。断捨離をしていると、すぐには処分するか、残すかを決められない物も出てきます。そういった物は無理に処分してしまうと、「捨てなければよかった」と後悔してしまうことも多いので、ためらいなく「捨てよう」と思えるまで保管しておきましょう。保管した物は半年に1度、1年に1度など頻度を決めて見返すといいですね。

もう二度と買えない物かどうか検討する

「処分したら、もう二度と同じものが買えない」ような物は処分するかどうか悩んでしまうと思うので、悩んだら保管するのがおすすめです。長年処分できないと思っていた物も、あるとき急に「捨ててもいい」と思えることが多いのです。ためらいなく「処分しよう」と思えたらその時に処分すれば問題ありません。無理に処分しようとしないのが断捨離で後悔しないコツです。

それでも、後悔したくないと思ったら「断捨離で後悔したものベスト10!捨てる前にもう一度「必要ですか?」を読んでみよう!>>

断捨離でミニマリストになる!

断捨離でミニマリスト
断捨離でミニマリストになる

ミニマリストという言葉をご存知ですか?自分の必要な物だけを厳選し、必要最低限のもので暮らすミニマリストは新しいライフスタイルとして注目されています。たくさん物を持っても満たされないと感じ、自分にとって大事な少ない物に囲まれて充実した暮らしを実現しているミニマリストについてご紹介します。

断捨離の先のミニマリストとは?

ミニマリストとは、必要最低限の物だけを所有して暮らす人のことです。たくさんの物を持つよりも、自分が本当に必要な物だけに囲まれて暮らすことで豊かに暮らすというライフスタイルです。何が必要かミニマリストによって異なります。家電は持たないという人や服を数着しか持たない人などいろいろなタイプのミニマリストが存在します。

ミニマリストの有名人

ミニマリストとして有名なのが、スティーブ・ジョブズです。スティーブ・ジョブズは毎日黒のタートルネックにジーンズというファッションをしていたのが印象的でした。日本人のミニマリストとして有名なのは、堀江貴文さんと北川景子さんです。堀江さんは効率を追い求め、家を購入したり、借りたりせずにホテル暮らしをしているそうです。北川さんは、どんな服を持っているのか自分で想像できるように服は10着ほどしか持っておらず、服を買うときは買った枚数の分服を処分しているそうですよ。

ミニマリスト宣言で断捨離を継続しよう!

断捨離は1度やれば終わりというものではなく、日々増える物と向き合い、定期的に行っていくものです。断捨離を続けていくと、本当に自分にとって必要な物だけが残っていくので、自然とミニマリストのライフスタイルに近づいていくでしょう。自分が心地よいと感じる物、自分が本当に大事にしたい物だけに囲まれて暮らすことを目指すのであれば、ミニマリスト宣言をし、断捨離を続けて理想の暮らしを実現しましょう。

ミニマリストになるきっかけはこんなこともあります!【断捨離でミニマリスト!】実録★脱汚部屋からのシンプルライフ >>

断捨離の救世主は不用品回収会社

不用品回収業者に依頼する
不用品回収業者に依頼してスッキリ!

断捨離をして問題になるのが、不用品の処分方法です。ゴミの分別をするのが大変で断捨離に挫折してしまう人も多いほど、断捨離後の不用品の処分に悩んでいる人は多いのです。でも、不用品を一括で回収してくれる不用品回収会社を利用すると、まとめた大量の不用品も一度にすっきりさせることができます

早速、不用品回収業者・廃品業者に見積りを依頼してみよう!>>

捨てる方法を考えなくても大丈夫

断捨離をして捨てる物をまとめたものの、捨てるのが面倒だなと思う人は多いのではないでしょうか。不用品をゴミとして捨てる場合には、ごみを分別する必要がありますよね。断捨離後に処分する物が大量にあるときは、ごみの分別はとても大変ですが、不用品回収会社に依頼すれば面倒なゴミの分別をしなくても不用品を回収してくれます。

一括で全部処分可能

断捨離で不用品をまとめたのにゴミの日が来るまで部屋に置いておくと、「やっぱり捨てるのやめようかな」と断捨離への意欲が下がってしまうことがあります。せっかく時間をかけて断捨離をして不用品をまとめたのに、また部屋やクローゼットに不用品を戻してしまってはすっきりした暮らしから遠のいてしまいますよね。不用品回収会社なら一括でまとめた不用品を処分してくれるので、断捨離への意欲が下がる前に不用品を捨てることができます。

大きな時間の節約

不用品のゴミ分別やゴミ捨て場にゴミを運ぶ時間は意外とかかるものです。断捨離で不用品と残す物の判断に時間をかけた後、さらに不用品を捨てるために時間をかけるのは大変ですよね。ですが、不用品回収会社に依頼すれば一括でまとめて不用品を回収してくれるので、ゴミ分別もゴミを出しに行く時間も節約でき、ゴミの日を気にする必要もなくなります。

不用品回収業者・廃品業者に見積りを依頼してみよう!>>

ミツモアで不用品回収会社を探してみよう

ミツモア
ミツモアで一括見積り!

ミツモアで近所の不用品回収会社を探してみましょう。不用品回収会社、カメラマン、リフォーム業者、士業などのサービスの事業者を探すことができる「ミツモア」では、簡単な質問に答えるだけで近所の不用品回収会社を探すことができます。実家の断捨離をするときにも、不用品回収会社を使えば一気に断捨離を終わらせることができますね。

ミツモアで見積もりを取ってみよう

近所の不用品回収会社を見つけたら見積もりを取ってみましょう。ミツモアでは無料で複数から一括見積を取ることができるので、何回も電話をかける手間がありません。2分で簡単に簡単に見積依頼ができ、チャットでの会話で依頼する会社を決めることができます。レビューや実績も確認できるので安心です。

断捨離の効果やコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?断捨離はコツさえつかんでしまえば、日々の習慣として続けられるので、定期的に部屋やクローゼットを断捨離してスッキリした暮らしをキープしましょう。断捨離で一番大変な不用品の処分は、不用品回収会社に処分をお願いすれば、貴重な時間と手間を減らすことができます。不用品を処分する時は、ミツモアに依頼してみましょう!

不用品回収業者・廃品業者に見積りを依頼してみよう!>>