ミツモアロゴ
ミツモアメディア

【DVD処分】燃えるゴミ?大量処分もOK?分別方法も解説

最終更新日: 2019年08月02日

不要になったDVDの処分方法に悩んでいませんか?手間をかけずに処分したい、売却してお金に換えたい、人にあげたい、大量にありすぎてどうしたらいいかわからない、など処分の希望や悩みは人それぞれです。

そこでDVDの様々な処分方法を調査し比較表にしてみました。ご自分の希望に合った処分方法を見つけて、すっきり片づけてしまいましょう。

 こんな人におすすめ
フリマアプリで売却する急ぎではないけどお金に変えたい人
買取業者へ売却するすぐにお金に換えたい人
知人や友人に譲渡する身近な人に使ってほしい人
自治体で処分する手間をかけずに処分したい人
不用品回収業者へ処分する大量のDVDを処分したい人

個人情報が入っているDVDを処分する場合

個人情報が入ってるDVD画像
個人情報が入ってるDVD画像

DVDを処分するときに心配なのが「個人情報」です。ゴミ捨て場から誰かに持っていかれて中身を見られたり、データを抜き出されたりしたら、と思うと捨てるのも躊躇してしまいますよね。

そこで個人情報が入ったDVDを安心して処分する方法をご紹介します。いろいろな方法があるので、自分でできそうな方法を選んでください。ケガの危険性がある方法もあるのでくれぐれも注意して行ってください。

DVDをそのままゴミとして捨てると悪用される!?

たとえ最も楽な方法であるとしても、DVDをそのまま廃棄することはやめましょう。自治体のゴミ捨て場から、または自宅前に出したゴミ袋から、見知らぬ誰かに持ち出されて中を見られるだけでなく、大切な個人情報や画像、動画データを抜かれ悪用される危険があります。

なんらかのデータが入っている場合は、そのデータがたとえどんなに些細なものでもそのまま捨てることはやめておきましょう。

個人情報が入っているDVDの処分方法・割り方

個人情報が入っているDVDの処分方法は、主に「カットする」「破壊する」など物理的な処置を行い、バラバラにしてから処分するのが確実です。第三者から個人情報を守ることができますが、デメリットは手間がかかることと、カッターなど刃物を使うためケガなどの恐れがあることです。マスクや軍手を忘れずに付けて、作業することをおすすめします。

1:DVDの記録層をハサミやカッターで削り処分

DVDの記録層部分を、ハサミやカッターで削って処分する方法です。DVDのロゴが入った面に、カッターかはさみの刃で何本か線を引き、切れ目をしっかりいれます。ある程度力が必要なので、指をケガしないよう気を付けてください。

切れ目を入れただけでも十分ですが、さらに念を入れるため切れ目を入れた上からガムテープを貼り付けて剥がしてみてください。記録層がガムテープにくっついて剥がれていきます。残されるのは、記録もなにもないプラスチックだけとなり、そのまま処分することができます。

記録層がついたガムテープとプラスチックは、それぞれお住まいの自治体のルールに従って廃棄してください。

2:ディスクを2枚に引き剥がし記録層を破壊

DVDは2層重ねた作りになっています。くっついた層をはがして破壊する方法です。DVDを横から見て、貼り合わせた部分にカッターの刃をそっと差し込んでいきます。さらにカッターを慎重に1周させていきましょう。ここでもカッターで手を切らないように十分に気を付けて作業してください。

2枚に分けることができたらそのまま捨てても大丈夫ですが、さらにそれぞれを割っておくと安心です。

3:シュレッダーで破壊して処分

DVDも裁断可能なシュレッダーがあります。シュレッダーなら粉々になるので処分も楽ですし、個人情報が洩れる心配もありません。しかしわざわざDVDを処分するために、シュレッダーを新たに購入するとなると費用が掛かってしまうのが欠点です。

最近は1000円台など手が届く価格で、シュレッダーが販売されているので興味のある方はチェックしてみてください。

参考サイト「CD・DVDもOK!メディア裁断シュレッダー10製品を徹底比較」:https://thebest-1.com/a893/

マスクや軍手をはめてから作業した方が良い理由

マスクを付ける理由は、破壊したときに出る可能性がある粉塵を吸い込まないためです。軍手をはめる理由はケガ予防です。

カッターやハサミなど刃物によるケガを予防することはもちろん、破壊したDVDの破片が尖ってしまうこともあるためです。思わぬケガをする危険性もあるので、素手で作業することは危険なのでやめましょう。アイケアグラスをかけると、目のケガ予防ができます。

DVD内に収められているデータの削除に必要な道具を以下にまとめてみました。

✔ 必要なもの

・カッター/ハサミ

・軍手

・アイケアグラス

・マスク

中身がないDVDを処分する方法

中身のないDVDを処分する方法
中身のないDVDを処分する方法

何も入っていないDVDを処分する場合は、破壊したりシュレッダーにかけたりする必要はありません。自治体のルールに従って処分して大丈夫です。

ただ未開封のDVDならまだ使えますから、そのまま捨てるのはちょっともったいないですよね。もし売ることができれば、ちょっとしたお小遣いにもなります。売る方法がいくつかあるのでご紹介します。

DVD処分方法1:自治体で処分する

シンプルに、自治体でゴミとして出して処分する方法です。燃えるゴミか、燃えないゴミかはお住まいの地域によってルールが異なっているので、確認してから処分するようにしましょう。

DVDは燃えるゴミとして処分するケースが多い

DVDの廃棄方法は、自治体によって異なりますが燃えるゴミで処分できるところが多いようです。見た感じが燃えないイメージですが、樹脂素材なので燃やすことが可能です。ただし燃やせないゴミとしている地域もあります。

実際どのようになっているか、いくつかの自治体のサイトを調べてみました。

  • 東京都世田谷区:燃えるゴミ
  • 東京都品川区:燃えるゴミ
  • 東京都町田市:燃えないゴミ
  • 東京都国立市:燃えないゴミ
  • 神奈川県横浜市:燃えるゴミ

このように自治体によって処分方法が異なるのは、その自治体の焼却炉の機能によるものです。高温焼却炉が入った自治体なら、DVDも燃やすことが可能です。そのため隣の市に住む友人は燃えるゴミだけれど、自分の市は燃えないゴミ扱い、などということもあります。細かい分類になっている地域もあるので、不明な場合は問い合わせてみましょう。

DVDのケースはプラスチックとして分類

DVDはたいていケースに入っており、プラスチック製です。ケースは異なる捨て方の自治体もあります。ただし、DVDが燃えるゴミとして処分してくれるならケースもそのまま燃えるゴミとなってる場合がほとんどです。

ケースを包む外装フィルムはプラスチック製なので、自治体によって処分方法が異なり「プラスチックゴミ」「容器包装プラ」などと区分されていることがあります。

DVD処分方法2:フリマアプリ(メルカリ/ヤフオク)で売却する

処分したいDVDが未使用だったり、新品だったりという場合は 「売る」選択肢もあります。DVDを必要とする人に売れば、ゴミを増やさずにすみますね。

代表的なものに、メルカリヤフオクがあります。メルカリもヤフオクもアプリをダウンロードして、会員登録をしてから利用します。

メルカリの場合、FacebookアカウントやTwitterアカウントでも登録が可能です。出品する前に、DVDの写真を撮りサイトにアップロードし、さまざまな項目を入力する必要があります。

項目は商品名や商品説明・カテゴリー・商品状態・配送料の負担について・発送方法・発送元地域・発送までの日数・販売価格です。

ヤフオクでも項目を入力する必要があります。カテゴリー選択・出品画像・タイトル・商品の状態・商品の説明・販売形式・価格・終了日時となっています。

多少の手間がかかることと、発送の梱包をしなくてはならないので、多忙な方はちょっと大変かもしれません。それぞれやり方を熟読してから、出品するようにしましょう。

DVDを高く売却するなら写りが良い写真を撮る

買う立場になれば誰でもきれいな状態の商品を、少しでも安く買いたいものですよね。フリマは写真でしか状態を判断できないので、できる限り写りを良くすることがポイントです。写真写りをしっかり意識することが、高く売るコツです。

まわりにごちゃごちゃとモノを置かないこと、影が映らないようにすること、ほどほど明るい写真にすることなどに気を配りましょう。もちろんピントが合った写真を撮り、ぼけた写真はアップしないことも大切です。

個人間トラブルには要注意

メルカリもヤフオクも個人間でのやり取りになったとき、トラブルにならないよう気を付けましょう。主なトラブルは強引な値下げ交渉される、送られてきたものが写真と異なる、キズがあったなどです。見知らぬ人とのやり取りでお金が絡むので、慎重にやりとりしたいですね。

DVD処分方法3:知人や友人に譲渡する

もう少し気楽な方法として、知人や友人に未使用DVDを譲って処分する、という方法もあります。欲しい人にそのまま譲れば、金銭のやりとりもなくトラブルもほとんどないでしょう。自分は不要だけれど、誰かには必要で役に立ったというのはうれしいものです。

譲渡先をSNSで募集するのも効率的

身近な知人や友人に欲しい人がいなければ、SNSで譲ることを募集してもいいでしょう。TwitterやFacebook、Instagram、mixiなどご自分の使いやすいSNSを活用して募集してみましょう。

ここでも見知らぬ人とのやり取りが発生する可能性があるので、譲るとしても発送方法や送料のことをしっかり決めておきましょう。

処分するのに時間がかかる可能性あり

譲って処分するのは気楽ですが、すぐに処分できないことが多くなります。譲ることを告知してもなかなか欲しい人が現れなかったり、100枚近くあるうちの1枚でいい、など言われて数がさばけなかったりする可能性もあります。

DVD処分方法4:買取業者へ売却する

未使用のDVDを「買取業者に売る」方法は「すぐにお金に換えることができる」という大きなメリットがあります。また手間もあまりかかりません。仕事が忙しい方たくさん売りたいDVDがある方に向いています。小さなお子さんや介護が必要な方がいて、なかなか手が離せないという方にもおすすめです。

DVDを売却するなら宅配買取してくれる業者がおすすめ

買取業者に頼むには下記の3通りの方法があります。

  1. 自分で買取業者のお店に持っていって査定をしてもらう
  2. キットを申し込み、処分したいDVDを梱包して買取業者に送って査定をしてもらう
  3. 宅配買取に自宅に来てもらい、査定をしてもらう

この中でも3の「宅配買取」は自分で持っていく必要がなく、さらに梱包する必要がありません。買取業者に家まで来てもらわなくてはなりませんが、DVDだけなので査定にもそれほど時間がかからないでしょう。その場で納得いく査定額を提示されたら、すぐに支払ってもらえます。時間さえ合えば、かなり楽な方法です。

高く売却するなら複数の業者へ見積もりを依頼する

宅配買取のときも、少しでも高く売って処分したいですよね。それには複数の業者に見積もり依頼するという方法がおすすめです。1業者だけでは査定額が相場より高いのか、安いのかがわかりにくくなります。複数の業者に見積もりを依頼してから検討しましょう。

DVD処分方法5:大量のDVDは不用品回収業者で処分する

大量のDVD処分方法のおすすめは、不用品回収業者に依頼することです。壁一面の棚がDVDで埋め尽くされているとなると処分も大変です。

特に大量にある場合は、フリマアプリに出して売るとしても写真撮影や発送に手がかかってしまいます。かといって大量のDVDでは、捨てることすら重労働になってしまいます。自家用車のない方や、多忙な方はどこかに持っていくのも一苦労です。またそのうちやろう、となりいつまでも片付かないということになりかねません。

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、DVDがたくさんあっても「一度に処分できる」ことです。しかも手間もかからず、時間の節約になります。家に取りに来てくれるので、自分から運びだす必要もありません。都合の良い日時を打ち合わせしておけばいいので、忙しい方でも大丈夫です。

DVDの大量処分なら不用品回収業者がおすすめの理由

不用品回収業者をお勧めする理由は「自宅まで引き取りに来てくれる」「ダンボールに詰めるだけなので手間がかからない」「曜日に関係なく好きな時に処分できる」の3点です。

✔ 自宅まで引き取りに来てくれる

大量にあって持ち出すのが大変でも、自宅に引き取りに来てくれるので安心です。小さなお子さんが家にいるなど、外出がままならない方でも処分することが可能です。

✔ ダンボールに詰めるだけなので手間がかからない

フリマアプリのように写真にとる必要もありませんし、ひとつひとつ緩衝材で包む必要もありません。ただダンボールに詰めるだけですみますから、手間がかかりません。

✔ 曜日に関係なく好きな時に処分できる

自分の都合のよい曜日で処分ができます。平日でないとダメ、ということもないのでサラリーマンの方でも気楽に処分できます。すぐに片づけたい、と気持ちが高まっているときに処分できるのですっきりできます。

高額請求や不法投棄する悪徳業者に注意

メリットの多い不用品回収業者に依頼する方法ですが、注意点もあります。それは残念ながら「悪徳業者」がいるということ。しっかりした業者に頼まないと、思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

よくあるのが後から高額請求をされるなど、料金がらみのトラブルです。見積もりと異なる高額な追加料金を取られた、ひどい場合は見積もりもろくにとらずに作業されてしまい、高額請求をされた、無料だといっていたのに料金を請求されたなどがあげられます。

また回収した不用品を、山林や空き地などに不法投棄してしまう悪徳業者もいます。業者選びには次の点をチェックしてください。

  • 事前に無料見積もりをきちんととるか
  • 料金体系を明確に説明してくれるか
  • 追加料金がある場合、取り決めを説明してくれるか
  • 古物商の許可をとった業者か
  • 産業廃棄物収集運搬許可をとっているか
  • 事務所の住所・電話番号をきちんと提示しているか
  • 電話は固定電話があるか(携帯電話のみは注意が必要)
  • 不用品を最終的にどう処分するかを教えてくれるか

まとめ:不用品回収の業者依頼はミツモアで可能

ミツモアロゴ
不用品回収の業者依頼はミツモアで可能

不用品回収業者選びは、大量DVD処分において大切なことです。複数の業者に見積をとって検討して選ぶのが安心できる方法ですが、時間と手間を短縮したい方が業者選びに手間かかるのは避けたいですよね。

自分で不用品回収業者を探し出して、いろいろな業者に電話やメールをするというのはなかなかハードルも高くなります。「もうここでいいや」と妥協して結局高くついてしまった、というのも避けたいものです。

そこで業者選びには「ミツモア」に依頼することがおすすめです。ミツモアなら複数業者からの見積もりを、一度にとることができるというメリットがあります。自分でさまざまな業者を探し出す必要もなく、各社の見積もりを比較することができます。納得できる安心な業者に依頼し、大量DVDも手軽にすっきり片づけでしまいまいしょう。

ミツモアで無料で見積もってみる