ミツモア

MakeLeapsの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じたメリットとデメリット

ぴったりの請求書管理システムをさがす

最終更新日: 2022年11月22日

「MakeLeaps(メイクリープス)」はクラウド上で簡単に請求書を作成でき、郵送やメール送付を代行してくれるサービスです。低価格で使えてスモールスタートしやすいのが特徴で、電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応しています。

この記事では「MakeLeaps」を実際に利用したユーザーから寄せられた、よい評判や悪い評判を一挙紹介。ぜひ、導入を検討する際の参考にしてください。

MakeLeapsのよい評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたメリット】

公式ホームページ:MakeLeaps

MakeLeapsを実際に利用したユーザーからは、多くのよい評判が寄せられています。

  • 請求書や発注書含む9種の帳票をクラウド化、発行や管理が効率的になった
  • メール送付および郵送代行で印刷、封入、投函の手間を削減した
  • 口座への入金情報を自動で取り込み、請求書の入金消込がワンクリックに
  • 手ごろな料金プランで機能性を損なわずにスモールスタートできた
  • SFAや販売管理システムと外部連携で請求書の作成を自動化した
  • 電子帳簿保存法やインボイス制度に負担なく対応できた
  • 手厚いサポートで安心して導入に踏み切れた

請求書や発注書含む9種の帳票をクラウド化、発行や管理が効率的になった

MakeLeapsのユーザーからは「請求書や発注書含む9種の帳票をクラウド化し、発行や管理が効率的になった」という声が多く届いています。

【ユーザーの口コミ】

  • クラウド上で発行した請求書が、郵送代行によって翌日には取引先に到着している。郵送済みや入金済み処理まで行えるので、送った送ってないなどのトラブルがなくなった。〈業種:自動車・輸送機器、従業員数:100-300人未満〉
  • 請求書は各取引先に一括で送付可能。請求書の発行後にミスを見つけた場合もシステム内で簡単に修正できる。今まで1日がかりだった送付作業が2時間ほどに短縮した。〈業種:営業・販売・サービス職、従業員数:20-50人未満〉
  • 今郵送代行や電子印鑑機能などで、場所を選ばず書類作成ができるようになった。リモートワークに移行したい企業におすすめ。〈業種:マスコミ・広告・デザイン、従業員数:不明〉
  • クラウドなので他のメンバーとも作業を分担でき効率的。承認フローが細かく組めるので、部署によって異なるフローにも対応することができた。〈業種:マスコミ・広告・デザイン、従業員数:不明〉

Excelで作成した請求書をPDFに変換、印刷して封入するなど請求書の準備は骨が折れる作業ですよね。発行後にミスを見つけたら、差し戻しや修正の手間もかかります。

MakeLeapsは請求書や発注書含む9種の帳票を、テンプレートに沿って簡単に作成できます。クラウド上で作って保管するため、ミスがあっても場システム内で修正可能です。メンバー同士で共同作業もしやすく、上司からの承認が要る書類も円滑に発行できます。

「1日がかりだった送付作業が2時間ほどに短縮」といった声もあり、請求書業務全体を効率化したい企業におすすめな製品です。

メール送付および郵送代行で印刷、封入、投函の手間を削減した

MakeLeapsのユーザーからは「メール送付および郵送代行で印刷、封入、投函の手間を削減した」との声も寄せられていました。

【ユーザーの口コミ】

  • 「郵送」ボタンをクリックするだけで、書類の発行から郵送までの一連の作業を代行してもらえる。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:100-300人未満〉
  • 請求書はメール送付、ダウンロード、郵送代行が利用でき、取引先のニーズに応えやすくなっている。〈業種:不動産・建設・設備、従業員数:不明〉
  • 取引先に紙の請求書を要求された場合も、郵送代行を利用できて便利。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:100-300人未満〉

請求書の送付作業を削減したい人もいるのではないでしょうか。MakeLeapsは書類をクラウド上で作成しておくと、郵送やメール送付を代行してくれます。

請求書をデータ化して業務をラクにしたいが、取引先から紙の請求書を求められている企業に打って付けの製品です。

口座への入金情報を自動で取り込み、請求書の入金消込がワンクリックに

MakeLeapsのユーザーによると「口座への入金情報を自動で取り込めて、請求書の入金消込がワンクリックになった」などの導入効果もあったそうです。

【ユーザーの口コミ】

  • 全ての銀行の口座状況を毎日自動で取り込み、そこから請求書に直接消し込みできるので非常に便利。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20-50人未満〉
  • 入金消込を先方に確認する手間を削減したいと思っていた。導入後は自動化でき、経理部の負担を大きく減らす事ができた。〈業種:小売・流通・商社、従業員数:不明〉
  • 振込の消込をしてくれるおかげで経理部門の業務工数が大幅に削減された。入金消込は営業部門や先方に確認しなければならないことが多かったため、自動化できたのは大変ありがたかった。〈業種:その他、従業員数:50-100人未満〉

MakeLeapsと銀行口座を連携させると振込データが取り込まれ、消し込みが必要な請求書を自動で提示してくれます。

営業部門や先方に確認する手間なく、入金消込をワンクリックで行えるのでストレスフリーです。

手ごろな料金プランで機能性を損なわずにスモールスタートできた

MakeLeapsのユーザーによると「手ごろな料金プランで機能性を損なわずにスモールスタートできた」との声も上がっています。

【ユーザーの口コミ】

  • すべての機能を利用した場合でも、少人数の利用であればコストも安価で済む。他社とも比較したが、スモールスタートが可能で最も機能が豊富だったのはMakeLeapsだった。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉
  • 弊社は請求書の発行が多い月と少ない月に差があり、定額制のサービスだと無駄な料金が発生するのが悩みだった。請求書を発行した分だけ支払いが発生する従量課金制はかなり良いポイント。〈業種:その他、従業員数:20-50人未満〉

MakeLeapsの有料プランは月額1ユーザー500円からと低価格です。さらに請求書を発行した分だけ支払いが発生する従量課金制のため、無駄な費用が発生しません。

少人数から安くスモールスタートしたい、でも便利な機能はそのまま使いたい、という企業におすすめです。

Salesforceとのデータ連携で見積書や請求書の作成がスムーズになった

MakeLeapsのユーザーからは「Salesforceとのデータ連携で見積書や請求書の作成がスムーズになった」とのよい評判も寄せられていました。

【ユーザーの口コミ】

  • Salesforceの商談ページとデータ連携して見積書を作成をしている。案件を受注したら、請求書は見積書から「変換」する形でスムーズに作れる。〈業種:IT・システム開発、従業員数:31人〜50人〉
  • Salesforceに全ての数字が紐づいているので、見積書の作成スピードが上がった。請求書作成時もミスが起こりにくい仕組みができた。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:31人〜50人〉
  • Salesforceと連携して請求書発行業務と入金確認までクラウドで実施できるようになった。 〈業種:卸売・小売業・商業、従業員数:100-250人未満〉
Salesforceとデータ連携できるのはMakeLeapsの特徴の1つです。案件管理をしているSalesforceからデータ取得することで、ミスや表記ゆれなく見積書を発行できます。
見積書に基づいて請求書の作成もでき、一連の商談をスピーディーに進められるでしょう。

電子帳簿保存法やインボイス制度に負担なく対応できた

インボイス制度や電子帳簿保存法に標準対応している点を評価するユーザーの声もありました。

【ユーザーの口コミ】

  • 電子帳簿保存法とインボイス制度にあらかじめ対応しているので、新制度移行もスムーズにできる。〈業種:ITコンサルタント、従業員数:20人未満〉
  • インボイス制度を遵守した請求書をクラウド上で簡単に作成できる。〈業種:IT・通信・インターネット系、従業員数:不明〉

MakeLeapsは法令を遵守した請求書を作れる仕組みになっています。電子帳簿保存法とインボイス制度への不安を取り除き、問題なくペーパーレス化を進められるでしょう。

手厚いサポートで安心して導入に踏み切れた

MakeLeapsは手厚くきめ細やかなサポートも好評です。

【ユーザーの口コミ】

  • とにかく導入サポートが丁寧だったことが導入の決め手だった。〈業種:不動産賃貸、従業員数:20人未満〉
  • カスタマーサポートの対応が丁寧かつ分かりやすく、導入初期も現在も、変わらずにきめ細やかな対応をしてくれる。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:50-100人未満〉
  • コストが安価にも関わらず、ここまでの機能とサポート体制が整っているシステムは珍しい。〈業種:食品、従業員数:300-1000人未満〉
MakeLeapsの口コミでは、導入前、導入後と変わらない丁寧なサポート評価するユーザーが多くみられました。
低価格な製品を安心して利用できるので、請求書管理システムを初めて利用する個人事業主や中小企業にもおすすめです。

MakeLeapsの悪い評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたデメリット】

MakeLeapsは「画面設計でやや分かりにくい部分がある」「印鑑を使い分けできず不便に感じる」「テンプレートの書式の自由度が低め」などの評判も一部で見受けられます。

画面設計でやや扱いにくい部分がある

請求業務を効率化できるのが魅力のMakeLeapsですが、中には「画面設計でやや扱いにくい部分がある」という声もありました。

【ユーザーの口コミ】

  • 入力関連の画面は簡素ゆえに多少わかりづらく感じる。入力欄が画面中央に位置し、メニューが左寄せとなっているため、操作時の移動距離が長いのが難点。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉
  • マニュアルの内容があまり充実しておらず、初めて使う場合はわかりにくい。もっと直感的に使えるよう改善してほしい。〈業種:エネルギー、従業員数:51人〜100人〉
  • 請求書の作成と申請を複数行う場合の操作が面倒。一括でできるとなお良い。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:20-50人未満〉
入力画面がシンプルゆえに、直感的に操作をしにくいとのことでした。MakeLeapsは丁寧なサポート体制が評判なので、分からない点があればその場で確認しつつ進めるのがいいかもしれませんね。

発注書、請求書など書類ごとに印鑑を使い分けできず不便に感じる

MakeLeapsユーザーからは発注書、請求書などの書類ごとで印鑑を使い分けできないことを指摘する声も上がっています。

【ユーザーの口コミ】

  • アップロードできる印鑑タイプは1つ。発注書、請求書など発行する帳票によって、丸印、角印を変えたかった。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉
  • 角印と丸印の両方をアップロードし、書類のタイプによって使い分けられたらいいと思う。例えば、角印は請求書、丸印は契約書、など。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:50-100人未満〉
印鑑タイプのアップロードは1種類までなので、発行する帳票によって、丸印、角印を使い分けられないとのことでした。
大幅な業務効率向上に寄与してくれるMakeLeaps。今後のアップデートによる改善に期待です。

テンプレートの書式の自由度に改善の余地あり

MakeLeapsのユーザーからは「テンプレートの書式の自由度に改善の余地あり」との声も上がっていました。

【ユーザーの口コミ】

  • 各書類のテンプレートのデザインを豊富にしてほしい。請求書、納品書、見積書に差異を付けて分かりやすくしたい。〈業種:印刷業、従業員数:20人未満〉
  • 一部取引先では所定のフォーマットで請求書を用意しなければならず、MakeLeapsのテンプレートでは対応できないのが不便。〈業種:通信販売、従業員数:50-100人未満〉
  • 作業報告書を作れるのはいいが、画像添付など自由度を高めて頂けるとよりありがたい。〈業種: 放送・広告・出版・マスコミ、従業員数:100-250人未満〉
テンプレートの書式の自由度が低めで、自社独自の運用には向いていないと感じているユーザーがいるようです。一方で「カスタマイズ性が高すぎないおかげで初心者には扱いやすい」という意見もありました。
自社の運用スタイルにMakeLeapsの書式で対応しきれるか否か、という観点で検討するとよいでしょう。

取引先の登録機能に使いにくさを感じる場合がある

MakeLeapsの取引先の登録機能の改善点を指摘するユーザーの声も見受けられました。

【ユーザーの口コミ】

  • 取引先を作成する際、同名企業を重複に気付かぬまま登録してしまうときがある。〈業種:IT・通信・インターネット系、従業員数:51-100人未満〉
  • 取引先の登録時に「この企業名は既に登録されています」などの喚起が欲しい。企業検索の際、同名企業がいくつも候補に挙がってしまうと分かりにくい。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:100-300人未満〉
  • 取引先に細かいタグ付けし、タグ検索ができると同名企業の管理がしやすくなると思う。〈業種:不動産賃貸、従業員数:300-1000人未満〉

同じ名前の取引先を重複して登録してしまう場合があり、分かりにくいという意見でした。名前登録の際に見分けがつくような工夫をするなど、対策が必要になりそうです。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

MakeLeapsがおすすめの企業

MakeLeapsは請求書の作成から印刷、郵送までを効率化したい企業に特におすすめです。コストを掛けずにスモールスタートしたい場合にもぴったりのサービスでしょう。

請求書の作成から印刷、郵送までを効率化したい企業

請求書を各取引先へ1通1通送るのは大変ですよね。Excelで発行した請求書をPDFに変換し、印刷して封入作業をするなど、時間とコストがかかります。

MakeLeapsはクラウド上で請求書を作成し、郵送やメール送付を代行してくれる製品です。請求書や発注書含む9種の帳票をテンプレートで簡単に作れて、システム内でミスの修正ができます。上司からの承認作業もオンラインででき、リモートワークにも打って付けです。

「1日がかりだった送付作業が2時間ほどに短縮した」というユーザーの声もあり、請求業務を効率化して取引をスムーズに進めたい企業にピッタリでしょう。

コストを掛けずにスモールスタートしたい企業

請求書管理システムを利用したいと思う一方で、導入費用が高くてなかなか踏み切れない人もいるでしょう。

MakeLeapsは月額1ユーザー500円からのプランが用意されており、低価格で始められます。また利用分に応じた従量課金制で、無駄を省いた運用が可能です。

取引先3社までの無料プランもあり、個人事業主や中小企業のスモールスタートにもってこいでしょう。サポート体制も丁寧で充実しているので初めて使う人でも安心です。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

MakeLeapsの導入事例

MakeLeapsでは豊富な導入実績があります。システム導入後の効果や導入に至った前後の背景などの観点から、MakeLeapsを実際に導入している企業を紹介します。

株式会社オフィスソリューションズ北九州

株式会社オフィスソリューションズ北九州はオフィス周辺機器や各種ソフトの販売、オフィス空間の各種工事などをトータルで提供している企業です。

以前の請求業務はアナログで、印刷や封入作業を手作業で行い、ミスが無いか確認する工程が大変だったと言います。書類発送には丸1日かかるなんてことも。

請求書を郵送した後も、取引先に届くまでタイムラグがあり、急ぎの顧客からの問い合わせ対応に追われていたそうです。

MakeLeaps導入に際して、スモールスタートできるのが一番の決め手だったとか。もともと「PCA商魂DX クラウド」を利用して販売業務をデジタル化していたので、見積データを連携できる点も魅力だと話します。

【導入後の効果】

  • 書類の発送をペーパーレス化し、作業時間を約70%削減できた。
  • 書類到着までのタイムラグがなくなり、顧客の満足度が向上した。
  • スモールスタートがしやすく、自社のペースでデジタル化できた

イグナイトアイ株式会社

イグナイトアイ株式会社は採用管理システム「SONAR(ソナー)」などのサービスを提供し、採用業務の効率化をサポートする企業です。

他社のクラウド請求書作成サービスを利用していましたが、商品マスターがなく製品名を手動入力していたそう。表記ゆれや書き損じが頻発しており、見積作成のスピードが遅い、請求書作成時にミスが残っているといった点が課題でした。

そこでSalesforceの案件データと連携できるMakeLeapsの導入を決めたということです。

【導入後の効果】

  • Salesforceとのデータ連携で、ミスなく見積書と請求書の作成スピードを向上した。
  • 請求業務を効率化したことで生産性がアップした

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する

MakeLeapsの料金プランは4種類!価格と機能の比較表

MakeLeapsの料金プランと機能

MakeLeapsは「無料プラン」「個人プラン」「法人プラン」「エンタープライズプラン」の4種類の料金プランから選ぶことができます。

プラン名 無料プラン 個人プラン 法人プラン エンタープライズプラン
月額  0円 500円/ユーザー 800円/ユーザー 25,000円/社
取引先の上限 3社 10社 11社目から従量課金 無制限
ユーザーの上限 1人 3人 従量課金

(月800円/ユーザー)

無制限
送付通数の上限 無制限 無制限 無制限 従量課金

(毎月300件までは無料)

対応書類 見積書・請求書 すべて すべて すべて
よく使う設定、項目、銀行振込先等の保存 1パターンのみ
口座連携 × ×
承認フロー × ×

MakeLeapsの活用で請求書管理を効率化しよう

Excelでの書類作成や印刷、郵送など手間のかかる請求書業務。さらにミスがあった場合には修正や差し戻しなど大変ですよね。

担当者の負担を減らしたいなら、MakeLeapsを活用して業務を効率化しましょう。クラウド上のテンプレートで請求書を作成でき、印刷や郵送を代行してくれます。

低価格なプランから始められるので、スモールスタートにも打って付けですよ。

請求書管理システムの比較はミツモアで

ミツモアロゴ

請求書管理システムを導入すれば、請求書の作成や送付がウェブ上で簡単かつスピーディーに行なえます。

しかし、ソフトウェアを選ぶ際に多くの会社に資料を請求したり、自身で調べて比較検討したりするのは時間も手間もかかってしまいますよね。

そんな時はミツモアがおすすめ。簡単2分の質問項目に答えていくだけであなたの会社にぴったりのプランをご提案します。

請求書管理システムの比較が2分で完了

ミツモアなら簡単な質問に答えるだけで見積もり依頼が最短2分で完了します。請求書管理システムの導入目的や欲しい機能等の質問に答えることで、あなたの会社に最適なプランが必ず見つかります。

質問はパソコンやスマートフォンからお手軽に答えることが可能です。

あなたにぴったりの見積もりが届く

見積もり依頼をすると、あなたの条件に合った最大5件の会社から概算金額、おすすめプランの見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプランを探してみましょう。もちろん見積もり費用は無料です。

ぴったりの請求書管理システムを無料で診断する