ミツモアメディア

やよいの青色申告オンラインの評判・口コミを紹介!ユーザーが実際に感じた機能や料金の特徴

最終更新日: 2022年09月20日

個人事業主になると自分で確定申告を行わなくてはなりませんが、それまで経理に縁がないと帳簿の付け方や勘定科目の意味等は良くわかりませんよね。しかし特に開業当初は税理士に依頼するのも痛い出費になるので、避けたい方も多いのではないでしょうか。

そこで経理初心者の方でも負担なく確定申告ができる会計ソフトのひとつとして「やよいの青色申告オンライン」をご紹介します。実際のユーザーの声から本当の使い勝手を知り、日ごろの経理業務や確定申告を楽に済ませましょう。

やよいの青色申告オンラインのよい評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたメリット】

公式ホームページ:やよいの青色申告オンライン | 弥生株式会社

やよいの青色申告オンラインのユーザーからは「口座の自動連携機能のお蔭で手間が減った」「1年無料で使えて様子見できるのが良い」といった高評価が上がっています。

口座取引が自動連動して経費帳簿を付けられるので手間が減った

やよいの青色申告オンラインには「スマート取引取込」という機能があり、全国3,300件以上もの金融機関と自動連携することができます。

また銀行明細やクレジットカード等の取引データ、レシートや領収書をスキャンしたデータを自動で仕訳することも可能です。

実際の利用者からはこうした自動連携機能が評判を博しています。

【ユーザーの口コミ】

  • あらかじめ登録した銀行・郵便貯金の口座取引が自動で連動し、必要な取引を取捨餞別して売上、経費帳簿を付けられる。〈業種:総合卸売・商社・貿易、従業員数:100~300人未満〉
  • やよいの青色申告オンラインにして、カードも銀行も連携で取り込んでくれるし、領収書もスマホで撮れば取り込んでくれてすごく楽になった。

常に最新バージョンが使えて制度変更時の負担がない

やよいの青色申告オンラインはクラウド版のため、確定申告に対する制度改正があった際も自動かつ無料でバージョンアップしてくれます。

調べて反映させるのが面倒な制度変更をいちいち気にする必要なく、正確に会計処理や確定申告の準備を行えるとユーザー間でも好評です。

【ユーザーの口コミ】

  • パッケージ版で手間がかかっていたバージョンアップの手間も無くなり、常に最新バージョンを使うことができる。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:20人未満〉
  • 変化していく法律に対応して、更新されていくというのがデスクトップ版に比べた場合の最大の強み。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉

サポートスタッフの知識が豊富で初心者でもスムーズに申告できた

やよいの青色申告オンラインは会計ソフトの大手・弥生株式会社が提供していることもあり、手厚いサポート体制が魅力のひとつです。

経理初心者でも仕訳に迷ったらそのたびにサポートスタッフの力を借りられるので、スムーズに深刻できたという声が上がっています。

【ユーザーの口コミ】

  • 困ったときにサポートが受けられるというのは、税理士をもたない零細企業には本当に有りがたい。〈業種:教育、従業員数:20人未満〉
  • サポートの方の知識が豊富で困ったときにも本当に助かっている。〈業種:エステ・リラクゼーション、従業員数:20人未満〉
  • チャットのサポートもレスポンスが早く、仕訳の疑問解決に役に立った。〈業種:デザイン・製作、従業員数:20人未満〉

1年間は無料なので気軽に使い勝手を確認できる

やよいの青色申告オンラインにはセルフプランがあり、すべての機能を1年間無料で試用することが可能です。確定申告の書類も無料で作成できます。

いきなり会計ソフトを有料で導入することにためらいを感じる方も気軽に利用できるでしょう。

【ユーザーの口コミ】

  • 初年度は無料で利用できるので、1年間は使い勝手を試すことができる。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:20人未満〉
  • 初年度無料なのでとりあえず一期終わるまで「本当に使い物になるのか?」と様子を見ることができたのが良かった。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉

やよいの青色申告オンラインの悪い評判・口コミ【ユーザーが実際に感じたデメリット】

悩む女性

初心者でも気軽に経理業務の手間が減らせるという評判の一方、やよいの青色申告オンラインのデザイン性の古さに対し不満を持つユーザーもいるようです。また解約がわかりづらいという声も上がっています。

デザインが古く、使いこなすのに時間がかかる

やよいの青色申告オンラインは定番会計ソフト「弥生会計」と機能やデザインが似通っています。そのためほかのクラウド版会計システムに比べ、UIが古く使いづらいと感じる方もいるようです。

弥生会計を使い慣れた方からは「かえってすんなり馴染めた」という声も上がっているので、実際に使ってみて自分に合う使用感か確認するとよいでしょう。

【ユーザーの口コミ】

  • 左のメニューボタンの動きやデザイン、一つ前に戻るボタンの配置場所など、入力時の使い勝手は正直あまりよくない。〈業種:教育、従業員数:20人未満〉
  • 動作に大きな支障はないかもしれないが、 Linux 環境では「お使いのOS、またはブラウザーはシステム要件を満たしていません」との表示が出る。全体的にレガシーな印象がぬぐえない。〈業種:ソフトウェア・SI、従業員数:20人未満〉

パッケージ版より機能が簡素で、余計な手間がかかってしまうこともある

やよいの青色申告オンラインは初心者でも手軽に導入できるよう設計されたクラウド版のため、パッケージ版に比べ機能が少ないという評判もあります。パッケージ版の弥生会計を使いこなしていた方にとっては不便に感じることもあるようです。

しかしあまり経理の知識に自信がない方にとっては、必要最低限の機能がかえってわかりやすい場合も多く見受けられます。やよいの青色申告オンライン等の簡素な会計ソフトから使い始めて、慣れてきたら徐々に多機能型へ移っていくのもひとつの手です。

【ユーザーの口コミ】

  • パッケージ版にはあった補助科目の登録機能がクラウド版に無いのが不満。今まで利用していた科目が無い為、パッケージ版で作り直す形になった。〈業種:情報通信・インターネット、従業員数:20人未満〉
  • 肝心の機能がまだ最小限しかないため補助科目が多岐にわたる場合は科目を見直すしかなく、逆に時間がかかってしまう印象。

解約がわかりづらく自動更新で料金が引き落とされてしまった

やよいの青色申告オンラインは解約の仕方がわかりにくいという利用者の声も上がっています。

やよいの青色申告オンラインは一度契約すると次年度からは自動更新されてしまいます。利用を今年度いっぱいにしたいという場合は、契約終了前月に送られてくる次回の更新についてのメールから記載された期限内に手続きを行わなくてはなりません。

万一使い勝手があまり気に入らず無料プランだけで解約したいという場合は、契約終了前月までにきちんと解約手続きを取るようにしましょう。

【ユーザーの口コミ】

  • 契約更新前にマイページから解約を進めようとしたところ、解約できず、電話問い合わせもなかなかつながらなかった。どうやら送られてくるメールから解約を進める必要があり、それをやらないと自動更新されてしまって年会費の払い戻しもしてくれない。
  • 無料プランで登録したが、使いづらく継続料金も高かったのでほとんど使わず終わった。有料になるなら案内が来るだろうと無料期間が終わってからも放置していたら、勝手に自動更新されてしまい返金もできなかった。

やよいの青色申告オンラインがおすすめのケース

経理作業をする女性

やよいの青色申告オンラインは使い勝手を実際に確かめてから導入検討したい人、初めて確定申告を行う人に適しています。

使い勝手を確かめてから本格導入を決めたい人

やよいの青色申告オンラインは使用感を確かめてから導入したいという方におすすめです。

やよいの青色申告オンラインが提供する「セルフプラン」では1年間無料で全機能を利用できます。そのため確定申告の書類を実際に作成しつつ、自動連携機能や仕訳入力画面等の使い勝手を確かめられるのです。

使い勝手が気に入った場合は1年後に自動更新されるので、再度申し込み直す手間もありません。

初めて確定申告する人

やよいの青色申告オンラインは個人事業主になったばかり等、確定申告を初めて行うという方にもぴったりです。

やよいの青色申告オンラインは初心者にもわかりやすいシンプルな機能と入力画面を備えているので、操作の難しさに混乱するようなことが少ないでしょう。また迷った時はサポートスタッフに問い合わせて疑問を解消できるので、スムーズに会計業務を進められます。

ミツモアで会計ソフトを比較する

やよいの青色申告オンラインの導入実績・企業事例

飲食店

やよいの青色申告オンラインの利用者からは日々の経理作業が楽になったことに加え、「e-Taxでも簡単に申告できた」「数字を確認できるレポート機能のお蔭で安心して経営できる」といった喜びの声が届いています。

ファーストサイン&トーク ラメール「e-Taxで簡単に提出できた」

赤ちゃんと母親のコミュニケーション教室を開いている「ファーストサイン&トーク ラメール」では、ここ数年のクラス数増加にともなう経理作業の複雑化に手作業での限界を感じていました。

そこで講師仲間の口コミをきっかけに、やよいの青色申告オンラインの利用を開始。教室を主宰する細川氏はサラリーマン時代から経理業務と無縁で専門用語もわかりませんでしたが、「かんたん取引入力」やレシート取込アプリにより日々の作業が本当に楽になったそうです。

利用2年目にはe-Taxにチャレンジ。「画面の指示通りに入力を行っていくだけで特に迷わず、あっという間に提出できた」と語っています。

ワイン食堂MAREA「レポート機能で数字を確認でき、安心して経営できる」

イタリア郷土料理とワインを楽しめる「ワイン食堂MAREA」オーナーシェフの半田氏は、経理未経験でやよいの青色申告オンラインを導入しました。

朝から晩まで忙しく経理に中々時間を割けない日々を過ごす中、年度末の確定申告を考えると憂鬱な気持ちになっていたそうです。しかし友人に勧められてやよいの青色申告オンラインを使い始めたところ「『かんたん取引入力』のお蔭でストレスを感じることなくまめに記帳できるようになった」と話しています。

またレポート機能で店の売上や支出をしっかり確認できるので、より安心して店の経営に取り組めるようになったそうです。

やよいの青色申告オンラインの料金プランは3種類!価格と機能の比較表

計算機を持つ女性

やよいの青色申告オンラインは「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」の3つを展開しています。

セルフプラン ベーシックプラン トータルプラン
初年度費用(年間) 無料 6,600円 11,000円
次年度以降の費用(年間) 8,800円 13,200円 22,000円
利用可能な機能 全機能 全機能 全機能
サポート内容 よくある質問FAQ
  • よくある質問FAQ
  • 操作サポート(電話・メール・チャット・画面共有)
  • よくある質問FAQ
  • 操作サポート(電話・メール・チャット・画面共有)
  • 業務相談(仕訳・確定申告・経理業務 等)

特徴的なのは1年間無料で全機能が使える「セルフプラン」。日々の仕訳等の経理業務から確定申告の書類作成まで一通り行うことができます。会計ソフトに費用をかけるのが不安な方、ためらいを感じている方も気軽に試せるでしょう。

経理が右も左もわからずスタッフからの手厚いサポートを受けたいという方には「ベーシックプラン」、さらに日頃の業務相談も低コストで行いたい方には「トータルプラン」も用意されています。「初年度無償キャンペーン」で半額から使い始められるのでお得です。

やよいの青色申告オンラインとソフト版の違い6つ

確定申告を進める女性

クラウド版である「やよいの青色申告オンライン」とソフト版の「やよいの青色申告」の違いとしてはソフト購入費の有無や帳簿付け方法の種類、自動連携先の数、確定申告書類の作成方法等が挙げられます。

ソフト購入費の有無

やよいの青色申告オンラインとソフト版との違いはソフト代の有無です。

やよいの青色申告オンラインはクラウド版なので、プランごとの年間費用のみで利用できます。

一方でソフト版はプランの年間費用とは別に13,200円というソフト本体の購入費用が必要です。また2年目以降は任意となるサポート加入も、継続しないとバージョンアップができなかったり機能の一部に利用制限が掛かったりします。

手入力での帳簿付け方法の種類

手入力での帳簿付け方法の種類も違いのひとつです。

やよいの青色申告オンラインにおける帳簿付け方法は、初心者向けの「かんたん取引入力」と汎用性の高い「振替伝票」の2種類です。一方でソフト版は6種類あり、「かんたん取引入力」「振替伝票」に加えて「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」が利用できます。

「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛帳」「買掛帳」は特定の取引に特化した帳簿付け方法です。しかし「かんたん取引入力」「振替伝票」でも同じ内容の記帳ができるので問題ありません。

自動取込の帳簿付けにおける連携先の数

やよいの青色申告オンラインは自動連携先の金融機関数が3,300件以上ある一方、ソフト版は約100件ほどと少ない点も違いといえます。

自動連携を最大限活用したい場合や小規模な金融機関と連携したい場合は、やよいの青色申告オンラインの方が適しているでしょう。

確定申告書類の作成方法

やよいの青色申告オンラインではまず簡単な質問に「はい/いいえ」で答えた後、ソフト側で提示してくれる必要事項の入力欄に記入していくことで確定申告書類を作成できます。

他方ソフト版はヘルプ機能を参照して入力が必要箇所を自ら判断し、書類の様式に入力しなくてはなりません。手書き作成に近いような感覚です。

ソフト版だとヘルプ機能を使いこなす必要があるので、経理初心者の場合はやよいの青色申告オンラインの方が楽に確定申告書類が作れるでしょう。

Mac対応の有無

やよいの青色申告オンラインはMacにも対応可能ですが、ソフト版はWindowsのみです。

日頃Macを愛用している方にはやよいの青色申告オンラインがおすすめです。

帳簿付けアプリへの対応の有無

弥生株式会社では帳簿づけアプリとレシート読取アプリの2種類を提供しています。やよいの青色申告オンラインではどちらも対応していますが、ソフト版では帳簿付けアプリを連動させることができません。

普段から外出や出張が多い等、スマホからも手軽に取引入力を行いたいという場合にはやよいの青色申告オンラインが適しています。

やよいの青色申告オンラインの活用で負担なくスムーズに事業を運営しよう

個人事業主の女性

やよいの青色申告オンラインは金融機関との自動連携による帳簿付けサービスが充実した、初心者にやさしいクラウド版の会計ソフトです。バージョンアップの手間や費用が掛からない、サポートが手厚いといった点が利用者の間で評判です。

初心者向けにシンプルな機能を備えているので、経理や確定申告が初心者の方に向いています。また1年間は無料で使えるセルフプランを用意しており、ひとまず使い勝手を確かめたいという方にもぴったりでしょう。

やよいの青色申告オンラインで経理業務の負担を減らし、スムーズな事業運営を実現しましょう。

会計ソフトの比較はミツモアで

ミツモアロゴ

会計ソフトを用いて業務を効率化するためには、会社の目的や課題に合ったツールを選ぶことがポイントです。そのために多くの会社に資料を請求し、時間をかけて比較検討しないといけないなんてことも……。

そんな時はミツモアがおすすめ。簡単2分の質問項目に答えていくだけであなたの会社にぴったりのプランをご提案します。

会計ソフトの比較が2分で完了!

ミツモアなら簡単な質問に答えるだけで見積もり依頼が2分で完了します。会計ソフトの導入目的や欲しい機能等の質問に答えることで、あなたの会社に最適なプランが必ず見つかります。

質問はパソコンやスマートフォンからお手軽に答えることが可能です。

あなたにぴったりの見積もりが届く!

見積もり依頼をすると、あなたの条件に合った最大5件の会社から概算金額、おすすめプランの見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプランを探してみましょう。もちろん見積もり費用は無料です。

ミツモアで会計ソフトを比較する