ミツモアロゴ

【片付け業者選び方】料金相場を解説!遺品整理も対応で安心

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月13日

「友人が部屋に泊まりにくるけど自分一人だと片付けきれない。」

「実家の遺品整理で部屋を片付けなければいけない。」

あなたはこんな風に思っていませんか?

実際に片付けを着手すると、何から手を付けて良いか分からないことも多いでしょう。

そんな時、片付け業者に依頼すると、自分ですべてを片付けなくてもすむので気持ちも楽になりますよね。

しかし、依頼したいと思った時、選ぶ片付け業者の料金相場やサービス内容などが分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、片付け業者の選び方や料金相場を解説します。

汚部屋の片付け業者の選び方ポイント3つ

部屋の片付け方法ポイントを解説する
汚部屋の片付け業者の選び方

汚部屋を片付ける際、清掃だけにとどまらず、殺菌・消毒などあらゆる措置を講じる必要があるため、自分ではなかなか行うことができないことの方が多く、片付け業者に依頼される方が圧倒的に多いと思います。

その場合、一体どのような点に注意して片付け業者を選べば良いのでしょうか?

ここでは、汚部屋の片付け業者の選び方のポイントを3つ以下に挙げてみました。

片付け業者を見積もり価格で選ぶ

片付け業者は日本全国でも複数社あります。

そのため、どこが一番良いかについて誰もが迷うことでしょう。

その場合は、いくつかの業者をピックアップし、複数社に見積もりを取りましょう。

中でもサービス内容と見積価格を比較検討し、できるだけ価格を抑えてた片付け業者へ依頼されることをおすすめします。

しかし、一概に安いからという理由だけで業者を選んではいけません。

サービス内容をよく比較して検討するようにしましょう。

片付け業者を口コミで選ぶ

同じ片付け業者でも、やはり評判の良いところほど安心感があると言えます。

そのため、ネットでの口コミや各業者の公式ホームページより口コミを参考にされることをおすすめします。

不用品を買取対応してる片付け業者

最近では片付け業者は不用品の買取対応としている業者がほとんどです。

その方が片付けをひとつの業者へ、また、買取を別の業者へなどといった依頼の仕方をせずにすむので、あなたの手間も省けます。

このようなことから、不用品を買取対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

片付け業者の依頼早めに!ゴミ屋敷を放置するデメリット

片付け業者ゴミ屋敷画像
片付け業者に依頼するメリット

部屋の片付けを行わずに放置してしまうと、いつしかゴミが山積みとなり、異臭や害虫の発生にもつながります。

また、隣家とのトラブルが発生する可能性も高くなります。そうならないためにも、片付け業者に依頼することを検討しましょう。

ここからは、ゴミ屋敷を放置するデメリットを解説します。

ゴミ屋敷放置デメリット1:異臭や害虫の発生

実家を放置し、空き家のままにしてしまうと、敷地内にゴミや廃棄物などを不法投棄される可能性もあります。

それにより、生ごみなどから異臭が起こり、同時に害虫が発生するなど様々なトラブルが発生します。

例えば、ネズミやゴキブリなどが大量繁殖し、放置したゴミは格好の餌場となります。

また、これらの害虫の糞からアレルギーを引き起こしたり、細菌やカビに侵されるなど、健康被害も懸念されます。

その結果、近隣住民とのトラブルも起こる可能性が高いと言えます。

ミツモアであれば片付け業者を無料で探すことができますよ。

ゴミ屋敷放置デメリット2:退去時の原状回復費用請求

もしも、居住していた住居が賃貸などであった場合には、ゴミ屋敷と化してしまった状態から、退去時に原状回復請求をされるケースがほとんどです。

このようなことから、実家を放置したまま空き家とすることは、様々なリスクがあることを理解しておかなければならず、早急に片付け業者への依頼を検討すべきであると言えます。

ゴミ屋敷放置デメリット3:ホコリ蓄積による火災リスク

ゴミ屋敷と化してしまった空き家は、家の敷地のみならず家の中もホコリが蓄積していくので、放火などの二次災害を誘発する可能性も高く非常に危険です。

実際に、ニュースでもゴミ屋敷が火事になったということを何度も耳にしたことがある方も多いと思います。

例えば、灯りや暖をとるために火を使用していた場合、それらがゴミに燃え移る可能性は十分に考えられます。

また、ゴミの中に家電製品があった場合、配線がショートする可能性も考えられるでしょう。

このような火災によって隣家へ甚大な被害をもたらす可能性も高くなります。

ゴミ屋敷化した家に住んでいると、どんなに小さなことでも火災の引き金となる可能性が高くなります、このようなリスクがあることを理解しておかなければなりません。

以上のことからゴミ屋敷にならないためにはこまめに片付けをする必要があります。片付けの具体的方法は片付けで物を捨てると運気上がる!?シンプルライフのコツをご覧ください。

片付け業者に依頼するメリット

片付け業者アルバイト画像
片付け業者に依頼するメリット

実家や賃貸住宅など、両親が亡くなった時には、遺品整理を片付け業者へ依頼することで、ゴミ屋敷となることを防ぐことができます。

また、早急に片付け業者へ依頼することで、異臭や害虫、火災などの被害を最小限に抑えることができます。

ここからは、ゴミ屋敷にならないためにも片付け業者に依頼するメリットをご紹介します。

メリット1:手間がかからない

片付け業者へ依頼することにより、確実に家の中を綺麗にすることができます。

それだけではなく、短時間でかつ周囲にバレることなく円滑に片付けを遂行することができます。

また、業者への依頼という点で、余計な気を遣わずにすむことが何よりも楽ですね。

メリット2:友人や家族にバレずに済む

友人や家族に片付けを手伝ってもらうと、持ち物を見られたり他人にバラされてしまう可能性があります。

ここまでゴミ屋敷になってしまったことを説教されたり呆れられる可能性もあり、自分たちでの片付けは避けたいと感じている方が多いです。

また、友人や家族に依頼した場合は、お礼をしなければならないなど面倒なことが増えます。

しかし、片付け業者へ依頼することにより、これらの問題を抱えず、友人や家族にバレることなく片付けを行うことができます。

メリット3:曜日関係なしに不用品回収してもらえる

遺品整理業者や片付け業者は、基本的に365日稼働しています。

そのため、曜日関係なく不用品回収を行ってもらえるためとても便利に利用することができます。

依頼できる範囲は?片付け業者のサービス内容

片付け業者クリーニング
依頼できる範囲は?片付け業者のサービス内容

実家の片付けや遺品整理、また、空き家を整理する際に片付け業者を利用することもあるでしょう。

しかし、実際にゴミ屋敷と化してしまった部屋を片付けてくれる業者が、どのように片づけてくれるのかなどのサービス内容まで、把握されていない方が多いと思います。

ここでは、片付け業者が行うサービス内容や依頼可能な範囲を以下にご紹介します。

片付け業者サービス内容1:部屋の片付け

実家の荷物や部屋に物が多いためにゴミ屋敷となっている場合でも、片付け業者であれば綺麗に清掃してくれます。

自身では手に負えないようなゴミの量である部屋の片付けを依頼することができるので、とても楽ですね。

片付け業者サービス内容2:ゴミの回収

家に不要に溜まってしまったゴミを片付け業者が袋に詰め、家の外へ運び出すなど、家具や家電なども不要であれば依頼することで処分してくれます。

片付け業者サービス内容3:部屋の除菌や脱臭

長期間に渡ってゴミ屋敷化した部屋のまま放置し、汚部屋となってしまっている場合は、生ごみも腐り、悪臭を放っているでしょう。

この悪臭は壁紙などにも染み込むほどひどい為、特殊な薬剤および脱臭機などを使用し、徹底的に消臭する必要があります。

これらも片付け業者が行う作業となります。

片付け業者サービス内容4:貴重品と不用品の分別

ゴミと言ってもその中を整理してみると預金通帳や貴金属または現金など、多くの金品が出てくることが多々あります。

そのような時には、すべてを処分するというわけではなく、選別しながら処分を行ってくれます。

片付け業者サービス内容5:不用品の買取

特に、物が多い家ほど、何年も使用せずに「持っているだけのもの」がたくさんあります。

その場合は、片付け業者が買取をしてくれます。

片付け業者サービス内容6:遺品整理の依頼

故人の形見となる品定めを行い、きちんと分けた処分を行ってくれます。

実際に遺品整理はどれを処分すべきかなどについても、遺族に確認をとった上で作業してくれるため安心です。

片付け業者サービス内容7:庭の片付け

庭が汚れていたり、荷物で溢れて片付けられずにいる、また、草が生い茂っているなど、そのような場合は片付け業者による庭の片付けサービスを受けることができます。

庭の広さによって料金も異なるため、ご利用の場合は事前に問い合わせされることをおすすめします。

片付け業者サービス内容8:急な引越し

片付け業者は急な引越を検討されている方が便利に利用することができます。

特に、賃貸マンションで生活されている方は、破損や汚染部分についての修復作業を行わなければなりません。

その場合、片付け業者に依頼することで、物を仕分けしたり買取や清掃までの一連をすべて行ってくれるため、急な引越にもとても便利です。

片付け業者の料金相場目安は?

片付け業者費用相場目安
片付け業者の料金相場目安は?

実家や空き家などを片付ける際に必要となる費用の中で、「人件費」や「ゴミの処分費用」また「ゴミの運び出しで使用する車両費用」が必要となります。

特に、居住されていた場所がマンションであった場合については、エレベーターがある場合、ない場合によって業者を利用する際の費用は異なります。

また、片付けを行う部屋がすでにゴミ屋敷のような状態であった場合は、片付けるだけでは足りず、清掃を行うことはもちろん、害虫駆除など様々な費用が別途加算される可能性があります。

引越の際と同様に「家の広さ」や「部屋数」「ゴミの量」などにより、必要となる作業員の数や使用する車両の大きさも考慮しなければならず、一概に相場通りの料金となるとも言えないこともあります。

ここでは、以下に片付け業者を利用する際の利用料金の目安をご紹介します。

間取り 料金
1Rまたは1K 30000~80000円
1DK 50000~120000円
1LDK 70000~200000円
2DK 90000~250000円
2LDK 120000~300000円
3DK 150000~400000円
3LDK 170000~500000円
4LDK以上 220000円~

片付け業者に片付けを依頼する際、業者によってそれぞれの料金は異なります。

相場料金を参考に業者選びを行いましょう。

なお、居住面積が大きくなればなるほど片付け費用は高額になります。

片付け業者に安い料金で依頼する方法

片付け業者へ安く依頼する方法
片付け業者に安い料金で依頼する方法

日本全国各地に実家の片付け、汚部屋の片付け、ゴミ屋敷の片付け・・・など、自身で片付けることが困難な場合に片付け業者へ依頼することを検討する方が多いです。

しかし、同じ依頼するのであれば可能な限り安い料金で依頼したいと思いませんか?

ここでは、部屋を片付け業者に安い料金で依頼する方法をご紹介します。

片付け業者に安く依頼する方法1:複数の業者に見積もりをもらう

本来であれば自分自身の手で実家の片付けや空き家の片付け、汚部屋の片付け、ゴミ屋敷の片付けを行うことができれば良いですよね。

とは言え、なかなか自分では手を付けることができないほどの状況であった場合は、やはりプロの片付け業者へ依頼する方が楽であり、手軽に片付けを終えることができます。

しかし、これほどたくさんの片付け業者があると、いったいどこの業者へ依頼すべきか悩んでしまいます。

その場合、ひとつの業者だけに固執するのではなく、複数社の業者へ見積もり依頼をしてみましょう。

この複数社の見積をとる理由は、各社によって様々なサービスを実施しており、それぞれどれほどの費用を請求されるかを把握することができるからです。

また、最低でも3社ほどの業者の見積をとるようにしてください。

こうすることにより、業者間で行っているサービスを比較することができるだけではなく、どの項目にどれほどの費用が必要となるかまで詳細を比較することができるので、おおよその相場を把握することができます。

そうすることで、よりあなた自身の希望に沿った業者を選ぶことができるでしょう。

そして、ここで注意してほしいことは、極端に高額な見積もりを出す業者は悪徳業者である可能性が高いと言えるため、絶対にそのような業者に依頼してはいけないという点です。

逆に、安価すぎる見積りを出す業者は、裏を返せば別途費用を追加請求される可能性が高いと言えます。

このようなことから、極端に高額すぎたり極端に安価すぎるような業者は、まず依頼すべきではないと言えるでしょう。そのような業者にはくれぐれも注意してください。

なお、業者によっては、相見積もりを行っていることにより、さらに見積価格よりも値下げしてくれる可能性もあります。

あなたの予算内におさまる条件で依頼することができる業者を選ぶようにしましょう。

片付け業者に安く依頼する方法2:自分で片付けられる範囲はやっておく

もしも、片付け業者を利用して遺品整理や家の中の片付けを行う場合は、当然、処分品の量が多ければ多いほどその価格は高額となっていきます。

言い換えれば、できるだけ費用を抑えたい場合は、処分品の量を減らしておけば良いということになります。

では、自分で片付けられる範囲のものとしては一体どのようなものがあるでしょうか?

例えば、不要になった衣類、日用品など普段ごみ袋に入れてゴミ出しを行うような感覚で、自分が捨てられる大きさのものはすべて処分しておきましょう。

目についたものからごみ袋に入れていくだけでも、複数のごみ袋分のゴミを処分しておくことができます。それをしておくだけで片付け業者への費用を安くすることができます。

ただし、自分で片付けることができると思って、大型家具や家電など比較的重量のあるものなどを動かそうとしたために、あなた自身が思わぬケガをする恐れがあります。

ケガをしてしまっては、予後にも影響してしまいます。

このようなことから、あなた自身が無理のない範囲で、できることだけの片付けを行っておくだけでも費用削減の足しになるのではないかと思います。

片付け業者に安く依頼する方法3:不用品を買取に出してもらう

あなた自身が手を加えて片付けを行う際、不用品の中でも高額で売れそうな物があれば、それを事前に買取に出しておくという方法もあります。

例えば、ブランド品や貴金属については最も高額で買取してもらえる対象の物となります。

その他にも、高級家具や未使用の家電、高級ブランドの洋服など、高額で買取してもらえる可能性が高いものとなります。

最近では、買取に出す際、買取専門店に持ち込みを行い、その場で現金化して買取を行ってもらう他、ネットオークションやフリマアプリなどを使用して出品し、落札者から現金入金にて現金化するなどの方法があります。

実際、ネットオークションやフリマアプリを使用して不用品の出品を行うなどという方は日本全国に大勢います。

必然的に全国ネットで購入希望者を募ることができるため、特にネットオークションでは、出品する商品によっては買取価格が高くなる傾向にあります。

このようなことから、最近ではネットオークションなどを利用して不用品となった物を出品される方が増えています。

片付け業者に依頼する流れを解説!

片付け業者へ依頼する女性画像
片付け業者に依頼する流れを解説!

いざ片付け業者へ依頼することを決めても、実際にどのような流れで業者へ依頼すれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そのため、ここではゴミ屋敷を片付けるために業者へ依頼するプロセスについて解説します。

これから片付け業者へ依頼を検討されている方はしっかりとチェックしておいてください。

片付け業者依頼流れ1:お問い合わせ

まずは、たくさんある片付け業者の中から、あなたの片付けを実施する物件から近距離あるいは比較的費用が安い業者など、冒頭でもお伝えしている通り最低でも3社絞って問い合わせを行うことから始めましょう。

最近では、どの業者も公式ホームページよりメールでの問い合わせや見積もりなどを可能としているところも多く、それを利用するのももちろんですが、特に急ぎなどの場合には電話での問い合わせがおすすめです。

実際、電話で問い合わせを行うことにより、実際に現在家の中にあるゴミの量や家の中の汚れの度合いなど、現状を伝えることもでき、業者もある程度の把握ができるため、その後の作業を効率的に行うことができます。

そして、あなたが計画している予算の範囲内におさまりそうか、また、希望している日程で作業を行うことができるかなど、業者の予定の空き具合をすぐに確認することができます。

何よりもあなた自身の希望を細かく伝えることができるため、問い合わせを行う際は電話の方がスムーズに進むことが多いと言えるでしょう。

その際、あなた自身の都合により、近隣住民に対して片付け作業がバレてしまわないように行ってもらいたい旨、要望を伝えることもできます。

事前に、希望をメモにリストアップしておくとスムーズに問い合わせすることができますし、各社の比較も明確にすることができるのでおすすめです。

片付け業者依頼流れ2:見積もり相談

問い合わせが済んだら、次は実際に家まで来てもらいます。

ゴミの現状や家の中の状態を見てもらい、見積りを行ってもらいましょう。

もちろん、最近では電話で状況や間取りを伝えるだけで、簡単に見積りを行ってくれる業者もあります。

特に、遠方すぎる業者へ依頼している場合は電話だけで見積もりができるのはとても便利ですね。

しかし、電話で見積もりをしてもらった場合には、実際に作業を行った時に料金設定以上のゴミの量であったことに対して、追加料金を請求されることもあります。

そのため、ゴミの量や状態は正確に伝えておくようにしましょう。

また、どうしても追加請求されるような業者にあたってしまわないようにするためには、片付けを行う物件から近距離にある業者を選ぶ方が実際に見に来てもらえるため、見積りをとるためには正確性があると言えます。

もちろん、複数の業者に見積もりをとり、その中でも明朗会計である業者を選ぶようにしましょう。

片付け業者依頼流れ3:契約や作業日

しっかりと見積りをとり、その金額に納得できた業者と契約を交わすことになります。

契約が成立したら、実際に作業を行う日程を決めましょう。

この時、作業には一体どれくらいの時間がかかるものか、また、荷物の運び出しの間にずっと立ち会いを行う必要があるかなど、当日の流れについて確認しておくようにしましょう。

また、もしも立ち会いを行わない場合は、処分してもらいたくないものはあなた自身が運び出しを行うようにすると良いです。

そして、鍵を手渡す際の時間調整など、業者に確認をとり、最後の立ち会いを行うようにしましょう。

片付け業者依頼流れ4:片付け開始

作業当日は、もしもあなたが現場に立ち会わない場合は、作業終了の連絡が入るまで待ちましょう。

作業が終了したら、実際に家の中を確認し、滞りなく作業が完了したかについてチェックし、特に問題がなければこれで片付けは完了となります。

片付け業者依頼流れ5:料金の支払い

片付け業者のほとんどは、すべての作業が終了し、現場の確認を終えた後に作業費用の支払いを行います。

この時、見積り金額から追加請求されているようなことがないか、その場で確認しましょう。

大抵の場合、見積りの中にはハウスクリーニングを行う業者がほとんどです。

このハウスクリーニングについては標準ではなくオプション設定としている業者が多いため、必要あれば見積りの段階で事前に依頼しておくようにしましょう。

実家の片付け依頼はミツモアで可能!

実家の片付けはミツモアで依頼可能
実家の片付け依頼はミツモアで可能

遺品整理に対応した片付け業者の選び方や料金相場を解説しましたが、いかがでしたか?

最近では、片付け業者と言っても、遺品整理から家の片付け、ゴミ屋敷の片付け、汚部屋の片付けなど、様々な業務を担っています。また、急な引越に対応する他、庭の草刈りなど、あらゆることを行ってくれます。

そんな中でも、実家の片付けや遺品整理に困った時、また、どのように対処すればよいか分からないなど、不安に思った時は、便利屋さんである「ミツモア」に相談されてみてはいかがでしょうか?

「ミツモア」はどんな小さなお仕事でも、手を抜くことなく一生懸命丁寧に対応してくれます。

とても気持ち良く対応してくれるスタッフが、あらゆる問題を解決してくれるため、一人で悩むよりもずっと楽に片付けを行うことができます。そのため、気軽に相談されることをおすすめします。

実家の片付けや遺品整理などを検討されている方は、ぜひミツモアへ問い合わせを行ってみてくださいね。