ミツモアメディア

資産除去債務とは?会計基準や計算方法、仕訳、税効果について解説

最終更新日: 2021年05月11日

資産除去債務は勘定科目の一つですが、使う機会はそれほどありません。経理経験の長短にかかわらず、初めて耳にするという人も多いのではないでしょうか。資産除去債務の概要と実務に役立つ仕訳方法、開示が求められる理由について解説します。

この記事の監修税理士

菅野歩税理士事務所 - 宮城県仙台市宮城野区

 
ミツモアでプロを探す

資産除去債務とは

資産除去債務
資産除去債務とは

資産除去債務は、どのようなケースで使われる科目なのでしょうか。言葉の意味や対象物、会計基準を見ていきましょう。

資産除去債務の意味

資産除去債務は、貸借対照表上の「負債」に表示される勘定科目です。

取得した「有形固定資産」が将来使えなくなったときに発生する、撤去や原状回復などにかかる費用を負債として、前もって計上します。

資産除去債務の開示が、日本で適用されるようになったのは2010年からです。対象は上場企業及び上場企業の連結決算に関連する子会社で、その他の企業では開示する必要はありません。

対象となるのは「有形固定資産」

資産除去債務は、「有形固定資産」を取得したときに生じます。有形固定資産とは、会社が事業活動のために長期的に使う、目に見える資産のことです。

オフィス・工場・倉庫・店舗などの建築物はもちろん、その建築物を建てる土地・駐車場・機械類・車両・パソコンやコピー機なども有形固定資産に該当します。

資産除去債務の会計基準

企業会計基準委員会の基準では、耐用年数を過ぎた資産を、「売却」「廃棄」「リサイクル」「その他の方法」で処分することを、「有形固定資産の除去」と定義しています。

他の事業等に転用したり、事業以外のことに使ったりするケースは含まれません。処分せずにそのままにしてある状態も、資産除去には該当しません。

資産除去債務の計算方法

資産除去債務の計算方法
資産除去債務の計算方法

資産除去債務は、将来的に発生する費用です。有形固定資産を入手した時点では、金額を正確に予想するのは難しいでしょう。

このため実務では、特殊な方法を用いて金額を算出します。資産除去債務の計算のやり方を見ていきましょう。

原状回復費用の見積もり額が必要

資産除去債務の計算には、「原状回復費用」の見積もり額を使います。原状回復費用とは、賃貸物件の契約終了時に、借りたときの状態に戻すための費用です。

土地を借りた場合は、建物を撤去し更地にする費用が、建物を借りた場合は、借りた人の過失で生じた損傷の修繕費が当てはまります。

店舗などに改装したときは、改装前の状態に戻す必要があるでしょう。ただし経年劣化や通常の使用で起こり得る、損耗の修繕費用は含まれません。

原状回復費用の見積もり額は、担当業者に依頼して出してもらいます。例えば土地を借りるときは、契約する不動産会社から取得します。

割引計算の方法

取得した原状回復費用の見積もり額は、そのまま計上するわけではありません。

現在と原状を回復する時の貨幣価値は異なるため、見積もり額に一定の割引率を適用し、現在の価値に戻す「割引計算」を行います。

例えば耐用年数が5年の機械を購入していたとして、その撤去費用の見積もり額が600万円、割引率は2%だった場合の計算式は以下の通りです。また、計算の流れをわかりやすく説明するために、ここからは万以下を四捨五入して記載しますのでご注意ください。

600万円÷1.02^5=543万円

このように割引計算によって資産除去債務は543万円と求められます。

割引率の決定方法

会計基準委員会によると、資産除去債務の割引率は、「貨幣の時間価値を反映した無リスクの税引前の利率」とされています。

実際には有形固定資産の取得から除去までの期間に対応する、国債の利回りを参考にして決めるのが一般的です。

減価償却費の計算方法

資産除去債務の対象となる有形固定資産の中には、時間の経過により価値が下がるものや、使えなくなるものがあります。

このような固定資産を取得する費用は、取得から使用が終わるまでの年数で分割し、毎年「減価償却費」として計上します。例えば耐用年数が5年間の機器を購入した場合は、5年かけて減価償却していくのです。

減価償却費は、「定額法」または「定率法」で計算します。定額法は毎年同じ金額ですが、定率法は毎年の残額に対し、一定の償却率をかけて計算します。初年度に最も償却額が大きく、年々減少していく仕組みです。

どちらの計算方法を使えばよいのかは、資産の内容によります。法人税法では、原則として定率法が求められているものの、定額法が望ましいとされている資産もあります。また償却率は、取得した年によって変わるので注意が必要です。

資産除去債務の仕訳

資産除去債務の仕訳
資産除去債務の仕訳

続いて資産除去債務の、具体的な仕訳を見ていきましょう。使用期間が3年の機器を1,000万円で購入し、除去見積もり額が100万円、割引率が5%のケースで解説します。

固定資産を購入したときの仕訳

固定資産を購入したときの仕訳は、借方が「機器1,086万円」、貸方が「現金1,000万円」「資産除去債務86万円」となります。86万円は、3年後に支払う100万円を現在の価値に戻した金額です。

この資産除去債務86万円という金額は、先ほど紹介した計算式で求めることができます。い。

100万円÷1.05^3=86万円

また減価償却費は定額法で計算すると、1,086万円÷3年で362万円です。仕訳は借方が「減価償却費362万円」、貸方が「減価償却累計額362万円」となります。

決算期末の仕訳

期末決算では、購入から時間が経過した分の利息費用を追加で計上します。購入時の86万円に、割引率5%をかけた「4万円」が期末の資産除去債務です。仕訳では借方が「利息費用4万円」、貸方が「資産除去債務4万円」となります。

2年目の期末決算では、86万円+4万円に割引率5%をかけた「5万円」を、利息費用及び資産除去債務とします。減価償却費は、1年目と同じです。3年目の決算時も、2年目と同じ方法で仕訳を行います。

取得から3年後に実際にかかった除去費用と、見積もり額との差は「履行差額」とします。100万円の見積もり額に対して110万円かかった場合の仕訳は、借方が「資産除去債務100万円」「履行差額10万円」、貸方が「現金110万円」です。

資産除去債務の注意点

資産除去債務の注意点
資産除去債務の注意点

資産除去債務を適用する際には、税効果や国際的な会計基準の考え方を理解する必要があります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

履行時は税効果を考える必要がある

原状回復費用の見積もり額や利息費用は、会計上は「費用」ですが、税法上では「損金不算入」です。

しかし履行時は債務として確定していることから、「損金」となります。損金になるかどうかは、法人税の金額にかかわってきます。このため資産除去債務の会計処理では、税効果を考える必要があるのです。

また見積もり額や利息費用は税抜価格ですが、履行時には消費税を計上しなくてはなりません。見落とさないように、十分注意しましょう。

IFRSと日本の会計基準の相違

日本で資産除去債務の適用が始まった背景には、2010年の「IFRS(国際財務報告基準)」への合意があります。

日本の会計基準は、日本の市場及び税務との関係を前提にしたものですが、IFRSは世界中で利用することを想定した、グローバルな基準です。企業の経済的な実態を、より明らかにしようとする考え方に基づいて定められています。

IFRSと日本の会計基準の主な相違点は、以下の通りです。

  • IFRS:原則主義、資産・負債アプローチ、公正価値評
  • 日本の会計基準:細則主義、収益・費用アプローチ、取得原価評価

このうち資産除去債務に関連するのが、「資産・負債」の考え方です。日本の会計基準が、収益から費用を差し引いた「純利益」を重視するのに対して、IFRSは資産から負債を差し引いた「純資産」を重視しています。

資産除去債務は、純資産の内容をより明確にするために開示される項目なのです。

資産除去債務の会計処理を理解しておこう

資産除去債務の会計処理を理解しておこう
資産除去債務の会計処理を理解しておこう

資産除去債務は目にする機会が少ない上に、実務の際は割引率や税効果を考慮しなければならず、取り扱いが難しい勘定科目です。

従来の日本の会計基準とは、考え方も異なります。しっかりと理解を深めて、業務に備えましょう。

監修税理士のコメント

菅野歩税理士事務所 - 宮城県仙台市宮城野区

資産除去債務は、国際会計基準で定められていたもので、日本にはない考え方でした。グローバル化が加速する中で、徐々に国際基準に合わせたものに変更されています。
ミツモアでプロを探す

ミツモアで税理士を探そう!

ミツモアロゴ

税理士とのお付き合いは、そのときだけのものではなく、長期間に渡るものです。だからこそ費用だけでなく、相性や対応の誠実さも事前に十分に確認しておきたいですね。

そんな税理士選びにおすすめなのが、全国の税理士が登録しているマッチングサイト「ミツモア」です。地域と依頼したい内容に応じて、まずは見積もりが確認できます。その後メッセージでのやりとりで担当業務の範囲やオプションなどを確認できるので、面談するのと同じように税理士の人柄が見えてきます。

簡単!2分で税理士を探せる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。

パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、税理士より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった税理士を探してみましょう。税理士によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

確定申告を得意とする税理士がみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

税理士に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで見積もってみる

この記事を監修した税理士

菅野歩税理士事務所 - 宮城県仙台市宮城野区

仙台市宮城野区岩切に事務所を構える税理士の菅野歩と申します。日々の経理業務、会計・税務業務など経営者の皆様のニーズに合わせた適切なサポートを全力で行い、わかりやすくご説明させていただきます。
ミツモアでプロを探す