ミツモアメディア

キッチンの床下から水漏れが発生!原因と対処法を徹底解説します

最終更新日: 2021年04月08日

なぜかキッチンが水浸しに。どこか水漏れしている様子。そんな光景を目の当たりにしたら、気が動転しますね。

どうやって直せばいいのでしょう。業者を呼ぶ以外の対処法はあるのでしょうか。

水漏れは頻繁に起きることではありませんが、何の予兆もなくある日突然発生します。この記事ではキッチンの床下で発生する水漏れの原因と対処法をわかりやすく解説します。

キッチン水漏れは「シンク下?」「蛇口?」

キッチンの床下で発生する水漏れには共通するパターンがあります。発生箇所で最も多いのがシンク下か蛇口の2カ所です。水漏れに気づいた時はまず、どこから水漏れしているのかを把握することが先決です。

水漏れ箇所を自分で特定できれば、万が一専門業者に依頼する際にも調査費用を安く抑えられることもあります。以下手順を追いながらしっかり確認しましょう。

まずは水漏れが「シンク下」か「蛇口」か確認しよう

キッチンでの水漏れのほとんどがシンクの下、もしくは水道の蛇口のいずれかで発生します。キッチンで水漏れに気づいた時はまず、シンクの下と水道の蛇口のどちらで水漏れしているのか特定しましょう。どこで水漏れが起きたのかを把握して、対応策を講じるための手がかりにしましょう。

シンク下の水漏れ箇所の確認方法

水漏れ箇所がどこにあるのか、シンクの下や蛇口を目で見て特定していきましょう。具体的にはこの4つの手順でチェックします。

  1. シンク下の扉を空けて、どこかに水が流れた跡がないかチェックする
  2. 排水管のつなぎ目で緩んでいる箇所はないか。排水ホースに傷や穴はないか確認する
  3. 排水管や排水ホースから水漏れしている箇所はないか。コップから少しずつ排水溝に水を流し込んで確認する
  4. 排水管、蛇口とシンクなど、パーツが接続している部分から水漏れしていないか。蛇口から水を流しながらチェックする

まずは目視で、次に水を流しながら確認すると水漏れ箇所を特定できます。

【シンク下の水漏れ】6つの原因と対処法

キッチン水栓

シンク下からの水漏れには、主に6つのパターンがあります。そのほとんどが自分で対応可能な内容です。ここでは6つの事例を具体的に挙げながら水漏れが発生している箇所別に、その原因と対策を詳しくみていきましょう。

①シンクと排水トラップのつなぎ目からの水漏れ

シンクからの水漏れはシンクと排水トラップをつなぐゴムパッキンの劣化によって発生します。

排水トラップは下水道の臭いが屋内に侵入するのを防ぐために設けられている装置です。排水溝に付属するゴミ受けを持ち上げると、中に水が溜まっている部分があります。これが排水トラップです。

排水トラップとシンクのつなぎ目にある隙間を埋めるために、ゴム製のパッキンと呼ばれる部品がはめ込まれています。

パッキンはゴム製のため、使用に伴って固くなり、劣化すると隙間ができます。パッキンは消耗品ですから定期的な交換が必要です。

ゴムパッキンの交換は比較的簡単にDIY可能な部分です。特別な工具は必要ありません。ゴムパッキンはホームセンターやインターネットショップで購入できます。購入の際はあらかじめサイズを計測し、適切なサイズのものを購入しましょう。

ゴムパッキンの交換は以下の手順で行います。

<用意するもの>

  • 新しいゴムパッキン
  • 古いタオルや新聞紙
  • ゴム手袋

<作業手順>

  1. キッチンのシンク下にある扉を開ける
  2. 水が飛び散ることがあるので、古いタオルや新聞紙を排水ホースの周りに敷く
  3. シンク下にある排水トラップとシンクをつなぐ部品であるナットを、手で半時計回りに回して緩める
  4. 排水トラップがシンク上に持ち上がるので、古いゴムパッキンを取り外す
  5. 新しいゴムパッキンを取り付ける
  6. シンクに排水トラップをはめ込む
  7. シンク下からナットを時計回りに回して締める
  8. 蛇口から水を流して、水が漏れてこないかチェックする

パッキンがしっかりはまっていないと、再び水漏れを起こす原因になります。ずれないように丁寧にパッキンをはめ込み、シンク下のナットも緩みがないようにきつく締めましょう。

②排水ホースと排水トラップのつなぎ目からの水漏れ

排水トラップと排水ホースのつなぎ目も水漏れしやすい箇所です。排水ホースとは排水溝からつながる山折谷折のような形状をしたねずみ色のホースです。その形状から蛇腹ホースとも呼ばれます。排水ホースと排水トラップの接続部分にはゴム製のパッキンがはめ込まれていて、経年劣化でパッキンが傷むと水漏れします。

ゴムパッキンをホームセンターやインターネットショップで購入すれば、自分で交換することも可能です。

排水ホースと排水トラップをつなぐパッキンの交換は、次の手順で行います。

<用意するもの>

  • 新しいゴムパッキン
  • 古いタオルや新聞紙
  • ゴム手袋

<作業手順>

  1. キッチンのシンク下にある扉を開ける
  2. 水が飛び散ることがあるので、古いタオルや新聞紙を排水ホースの周りに敷く
  3. シンク下にある排水トラップと、シンクをつなぐナットを手で半時計回りに回して緩める
  4. 排水ホースを取り外し、ゴムパッキンを新しいものに交換する
  5. 排水ホースを元通りに取り付ける
  6. 排水トラップのナットを、時計回りに回してしっかり締める
  7. 蛇口から水を流して、水が漏れてこないかチェックする

③排水ホースの破損による水漏れ

経年劣化により排水ホースは傷みます。排水ホースとはコイル状にしたワイヤーをプラスチックでホースにしたものです。高温に弱く熱い湯をそのまま排水に流すことで劣化のスピードが速まる他、シンク下に収納した鋭利なものが当たることで傷つき破損する場合もあります。

排水ホースから水漏れする場合の対処法は2つあります。

1つ目は防水テープを水漏れ箇所に巻きつける方法です。傷ついて穴が空いた箇所に何重にもきつく防水テープを巻きつけることで、それ以上水が漏れ出るのを食い止められます。

しかしこれはあくまでも応急処置です。キッチンを通常使用した際の排水量に長く耐え続けることは難しいですから、新しい排水ホースに交換するまでの代用と考えましょう。

2つ目は排水ホースを新しいものに交換することです。排水ホースはホームセンターやインターネットショップで購入できます。排水ホースの交換手順は以下の通りです。

<用意するもの>

  • 新しい排水ホース
  • 古いタオルや新聞紙
  • バケツ
  • ゴム手袋
  • ドライバー(部品がネジで留められている場合)

<作業手順>

  1. キッチンのシンク下にある扉を開ける
  2. 水が飛び散る場合に備えて、排水ホースの周りに古いタオルや新聞紙を敷く
  3. 排水ホースが床に引き込まれていく部分にはめこまれている、防虫カバーや防臭キャップを取り外す
  4. 排水ホースをゆっくり排水管から引き抜く(この時、排水管の中に残った水が流れ出てくることがあるので慎重に引き抜きます)
  5. 排水トラップの下あたりにバケツを設置する
  6. 排水トラップとシンクのつなぎ目の根元にあるナットをを、手で半時計回りに回して緩める
  7. 排水トラップから排水ホースを引き抜いて外す
  8. 新しい排水ホースを取り付ける
  9. 排水トラップとシンクをつないだ部分のナットを、手で時計回りに回して締める
  10. 防虫カバーや防臭キャップを取り付け、排水ホースを排水管に接続する
  11. 蛇口から水を流して、水が漏れてこないかチェックする

④排水ホースと排水管のつなぎ目からの水漏れ

シンクの下を収納として活用している人は多いでしょう。しかしシンク下を収納スペースとして活用したために水漏れが発生するケースがあります。これは一体どいうことでしょうか。

排水ホースと排水管のつなぎ目は必ずしも固定されているわけではありません。構造上の理由ではめ込まれているだけのケースもあります。

排水ホースと排水管が固定されていない場合、シンク下に収納した物が排水ホースに当たったことで、排水ホースの位置がずれる場合があります。水漏れが発生して初めて、排水ホースが排水管から外れていたことに気づくケースです。

排水ホースがずれている時は、排水ホースを元の位置に戻して対処します。それと同時に排水ホースと排水管が固定されていない構造の住宅では、水漏れの再発を防ぐためにシンク下の収納の仕方を見直しましょう。

排水管との接続部分は構造によっては目視できないこともあります。その場合は水道工事の専門家に相談します。

⑤排水管のつまりによる水漏れ

排水管の内部に堆積した汚れやゴミがつまったことが原因で、水漏れを起こすこともあります。この場合は排水管を清掃して内部のつまりをとって水漏れを解消しましょう。

排水管は接続部分のナットを緩めると取り外せます。重曹やクエン酸で清掃可能です。清掃の詳しい手順は下記の記事をご覧ください。

関連記事:台所の排水口つまりを撃退!程度別に自力で解消する方法を解説|ミツモア

⑥水栓からの水漏れ

水栓とは給水設備のことです。キッチンの水回りでは、蛇口や止水栓を水栓と呼びます。

水栓からの水漏れの場合どの部分に原因があるのか判断し作業するには、かなり高度で専門的な知識や経験が必要です。水栓から水漏れする場合は、水道の専門業者に依頼しましょう。

水栓の水漏れで多いのは、水の流れを止める止水栓や水栓自体の老朽化によるものです。水道の設備は消耗品です。使用に伴い老朽化します。

パーツの接続部分に生じる隙間を埋めるパッキンの劣化であれば、パッキンの交換で対応できます。しかし止水栓や水栓自体の劣化の場合は、設備そのものを交換しなければなりません。水漏れ被害が拡大する前に水道工事の専門の業者に相談しましょう。

【蛇口からの水漏れ】原因と対処法

壁付水栓

水道の蛇口からの水漏れはDIYでも対応できます。水道の蛇口から水漏れした場合によくある3つの事例について、水漏れの原因と具体的な対応の仕方をみていきましょう。

シンクと蛇口の隙間からの水漏れ

キッチンシンクと蛇口からの水漏れは自分で修理可能です。

混合水栓と呼ばれるタイプの水道の蛇口は、キッチンのシンクとの接続部分に隙間が生じ、そこから水漏れすることがあります。混合水栓とは水と湯の両方の使用ができるタイプの水道の蛇口です。

蛇口からの水漏れは蛇口本体内部に使われているパッキンが劣化したことで隙間が生じ、そこから水が漏れ出ることで発生します。その場合はパッキンを新しいものに交換すれば、水漏れ解消です。パッキンはホームセンターやインターネットショップで購入できます。

対処法①:コーキングを行おう

水漏れがシンク下にまで及んでいる場合はシンクと蛇口の接続部分を埋めるために充填されたコーキング剤が劣化したことによって隙間が生じ、そこから水漏れしている可能性が考えられます。

劣化した箇所のコーキングを剥がして充填し直すことで対応可能です。

コーキング剤もパッキン同様、ホームセンターやインターネットショップで入手可能です。DIYに慣れている人であれば比較的簡単に修理できます。

対処法②:蛇口を交換する

水道の蛇口は毎日使うものであり消耗品でもあります。蛇口自体が老朽化して水漏れした場合は、新しくより機能性の高いものへ交換することを検討するのもよいでしょう。

水道の蛇口はDIYで交換可能です。詳しい交換の手順は、下記の記事をご覧ください。

関連記事:キッチンの蛇口を自分で交換する方法!おすすめの蛇口もご紹介|ミツモア

賃貸の場合はどう対応すべき?

業者に依頼すべき?

賃貸住宅で水漏れした場合は、持ち家の場合とは対応方法が大きく異なります。特にアパートやマンションといった集合住宅では初期対応が遅れたり判断を誤ったりすると、隣家や階下の住宅にまで被害が拡大する恐れもあります。

被害を最小限に留めるために、賃貸住宅での水漏れに対する初期対応を確認しておきましょう。

被害を最小限にするために素早く対処しよう

キッチンで水漏れした場合の対応を5つの手順で紹介します。

1:止水栓を止める

水漏れに気づいたら、まずは止水栓を止めましょう。

キッチンの場合止水栓はシンク下の扉を開けた奥にあります。水道の蛇口のようなハンドルがついているのが一般的です。ハンドルを時計回りにいっぱいまで締めると一時的に水の流れが止まるので、被害の拡大を防止できます。水と湯の両方が使える蛇口の場合は、ハンドルが2つあります。この場合は2つともに時計回りに回しておきましょう。

2:管理会社または大家へ連絡する

賃貸住宅の場合、水回りの設備の修理は貸主である管理会社や大家が対応することがほとんどです。契約内容によって異なりますが、自己判断で修理して管理会社への報告を事後にした場合、修理費用が自己負担になることもあります。

水漏れは他の住宅に被害を及ぼす恐れもある事故です。水漏れに気づいたらすぐに管理会社に連絡しましょう。

3:キッチンのシンク下に収納したものを出す

キッチンのシンク下に収納したもの全てを外に出します。水漏れしたことで直接水がかかっていなくてもシンク下は湿度が高くなり、不衛生になっているためです。

4:漏れた水を拭き取る

タオルや新聞紙を使って漏れ出た水を拭き取ります。

5:換気する

窓を開け換気扇をつけて換気します。

水漏れしたことで室内全体の湿度が上がっています。急激な湿度の変化は建物の構造に影響するだけでなく、カビが発生する原因です。シンク下の扉も開け放して換気します。

修理費用は誰負担?

答えは自己負担の場合もあれば、管理会社負担の場合もあるという曖昧なものです。

賃貸住宅の場合、設備の修繕に関する責任の範囲は民法606条で以下のように定められています。

以下引用

「第六百六条 賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。ただし、賃借人の責めに帰すべき事由によってその修繕が必要となったときは、この限りでない。」

(引用元:明治二十九年法律第八十九号 民法|e-Gov法令検索)

つまり水道設備自体が老朽化していたことで発生した水漏れの場合は管理会社負担で修理できます。しかしゴミをつまらせることや、間違った水道設備の使い方が原因で発生した水漏れの場合は自己負担です。

ただし賃貸契約書の際に交わした内容が最優先されるため、設備の劣化が原因でも自己負担で修理になるケースもあり得ます。契約内容はあらかじめ確認しましょう。

また時折、施工不良が原因で水漏れすることもあります。水漏れに気づいたらまず、管理会社に連絡して対応について相談するのがよいでしょう。

キッチン水漏れの修理費用

ホースタイプの水栓

自分で修理しようとキッチンシンクの下や蛇口をチェックしたものの、よくわからない。そんな時はプロの業者に依頼するのが安心です。業者に依頼すれば水漏れの状況に対して的確に対応してくれるので、被害を最小限にできます。

水回りの専門業者に修理を依頼した場合、費用はどのくらいかかるのかをみていきます。

修理費用はどのくらい?

水漏れの修理と言っても、どの程度の修理が必要かによって費用は変わります。

部品のつなぎ目にあるナットの緩みを締め直す、といった軽微な補修の場合の相場はおよそ4,500円です。

蛇口自体やシンク、部品を交換する場合は、修理費用がおよそ10,000円〜。さらに別途部品代が必要です。蛇口本体の値段は、製品によって異なります。

配管の交換が必要な場合の費用相場はおよそ12,000円です。配管は床下の工事も伴うため、工事費用も他の作業に比べると高い傾向にあります。

水漏れで床が傷み、床板も交換する場合は別途費用が必要です。その場合相当に高額な工事費がかかることも予想されます。

水回りの修繕は、悪化すれば大規模補修になり莫大な修繕費がかかります。水漏れが深刻な事態に発展する前に、水漏れに気づいたらすぐに専門業者に相談しましょう。

水漏れ修理の依頼はミツモアがおすすめ!

業者の選び方

キッチンの水回り設備いずれも消耗品です。自分で修理交換できる部分もありますが、操作を誤れば水漏れ被害を拡大させる恐れもあります。

キッチンの水漏れ被害を最小限に留めるには、迅速な対応が欠かせません。

水漏れ修理のプロを探す際は「ミツモア」の一括無料見積もりをご利用いただくと、手間なくご希望通りの業者を見つけることが可能です。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで水漏れ修理を依頼する