ミツモアロゴ

片付けで物を捨てると運気上がる!?シンプルライフのコツ

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2018年11月27日

モデルルームやドラマに出てくるすっきりと片付けられたお部屋に憧れていたり、素敵だと感じてる方も多いのではないでしょうか。物でで溢れかえったお部屋は風水的にも運気が下がると言われています。

「なかなか物を捨てることができない。」「片付けが苦手。」こんな風にお悩みの方もお任せを。ここではシンプルライフのコツを伝授いたします。

捨てる基準は?家の片付けのコツを紹介!

「捨てる」「片付け」にはコツがある!

「ものを捨てたいけど何を捨てればいいか分からない。」あなたはこんな風に悩んでいませんか?捨てる基準やルールを設けないと、いつまで経っても物を捨てることができません。そこで家の片付けのコツをご紹介していきます。

思い立ったらすぐに行動する

ものを捨てたいと思い続けていても、ものが減らず、なんだかイライラしてしまうことってありますよね。気持ちが荒れてしまっては、ますますきれいなお部屋をつくることはできなくなってしまいます。「掃除をしたい」「部屋が散らかっている」「片付けたい」と思ったら、すぐに行動に移すことが大切です。こうすることで「片付け」や「捨てる」ことが日々の習慣となりキレイなお部屋が持続します。

ついつい「後からまとめて」と考えがちですが、散らかったお部屋の片付けには時間や労力も必要になるのでおすすめしません。「思い立ったらすぐ」をぜひ実践してください。

捨てるのに迷わないものから片付ける

なぜものが捨てられないのでしょうか?「思い出の品だから」「値段が高かったから」と何かしら捨てられない理由があるはずです。

そういったものの片付けはひとまず置いておきましょう。最初はとにかく「捨てても構わない」ものをどんどん片付けていきます。お土産で貰ったキレイなお菓子の缶やオシャレなお酒の瓶などを「何かに使えるかも」「見た目がきれいだから」という理由だけで溜めてはいませんか。収納BOXや花瓶として日常生活で活用できていないならそれは「不要なもの」です。ためらわずに捨てる勇気を持ちましょう。

使用期限を決めて期限をすぎたら捨てる

持ち物に使用期限を付けておくことも片付け上手になるポイントの一つです。長年袖を通していない洋服や使わない鞄、履かない靴などでクローゼットやシューズクロークの中がパンパンになってはいませんか?ファッションには流行もあります。1年以上使わなかったものは次のシーズンでの出番もほぼ無いでしょう。「一年以上使わないものは捨てる」と使用期限を決めてシーズンごとにクローゼットの洋服類を整理してはいかがでしょうか。

物を所持する上限個数をあらかじめ決めておく

収納場所には限りがあるので、所持する上限個数を決めておくのも片付けのコツです。洋服ならワンシーズンを乗り切るために必要な分だけをクローゼットに保管します。ゴチャゴチャしてしまいがちな食器棚の中も、利用頻度の多いものやお気に入りの食器が一定数あれば生活には困らないはずです。「新しいものが一つ増えたら、古いものを一つ捨てる」ことを心がけましょう。

物を必要・不要・保留の3つに分類する

物を必要・不要・保留の3種類に分類してみましょう。必要・不要・保留に区分してみると「片付けるべきもの」なのか「とっておくべきもの」なのかを決断しやすくなります。保留になったものには使用期限を設けます。

「保留に分類したものは、3ヶ月使う事がなければ捨てる!」こんな風にルールを決めておけば、保留した物を先延ばしにせずに片付けられますよ。

迷ってる人もこれで簡単!物を捨てる具体的方法

片付けでものを捨てるコツを考えてる主婦
todoリストでより簡単に!

「片付けのコツや基準はなんとなく理解できたけど、何を捨てれば良いのかわからない。」こんな風に思ってる人も多いのではないでしょうか?そこで、今回は物を捨てる具体的方法をまとめてみました。これから紹介する片付け方法を実践すれば、あなたも快適なシンプルライフを送れますよ。

使わないアクセサリーを捨てる

形や種類の違う様々なアクセサリーをきちんと片付けるのはなかなか大変なものです。中には、壊れていたり片方を紛失しているピアスをとっておいてはいませんか。風水では古い物や壊れた物には陰の気が生じるとされていますので、こういったものは処分することをおすすめします。

「使わないけど宝石が埋め込まれている」「購入した時にとても高額だった」という理由で捨てることができないのなら、不用品買取業者やリサイクル業者へ持ち込んではいかがでしょうか。不用品買取業者やリサイクル業者の多くが見積りや査定を無料でおこなってくれます。

不用品買取業者やリサイクル業者の中には宅配やメールを利用して査定をおこなってくれる便利なお店もあるのでぜひ活用ください。不要なアクセサリーも片付けることができますし、ちょっとしたお小遣いにもなるのでとてもお得です。

使わなくなったノートを捨てる

使い終わったノートや手帳はどうされていますか。そのままとっておいたとして、その後そのノートや手帳の出番はあるでしょうか。本棚や机の引き出しに使い終わったノートや手帳をしまわれているのなら捨ててしまいましょう。ノートや手帳が収納されていたスペースを新たに活用できるでしょう。

床に落ちてるホコリやゴミを捨てる

床に落ちているホコリやゴミを見つけた時にどうされていますか。「気にしない」「見て見ぬ振りをしている」という方も多いのでは。床に落ちてるホコリやゴミを見つけたらすぐに拾って捨てる習慣をつけましょう。

「掃除機を使うのが面倒」「週末にまとめて掃除しよう」と考えるかもしれませんが、目で確認できるサイズのホコリやゴミは「手で拾って捨てるものと」認識を改めましょう。片付いたお部屋をキープするコツは「散らかる前に(汚れる前に)掃除をする」ことです。重たい掃除機を持ち出さなくてもハンディモップや粘着テープの付いたコロコロを使えば簡単にキレイになります。

読まなくなった雑誌を捨てる

雑誌はリサイクルできるので資源回収に出せばすっきりと片付けることができますが、回収日や回収場所が決まっているので、捨てたい時に片付けられずについついお部屋の片隅に積まれているケースも。

他にも好きな芸能人が掲載されていたり役立つ特集が掲載されていると「また読むかもしれない」と捨てることを躊躇してしまいがちです。そんな時は「本棚に入る分だけとっておく」とルールを課すのもおすすめです。どうしてもとっておきたいページがある場合には切り取ってスクラップをすればスペースが有効に使えます。

ティッシュや化粧品などのサンプル品を有効活用する

街中で配布しているポケットティッシュや買い物の際にもらった化粧品のサンプルを溜め込んではいませんか。配布されたポケットティッシュは惜しみなくどんどん使うべきです。アイデア次第で「使い切れない」ことはありません。

使い道のおすすめ場所は「台所」。何かをこぼしたり汚れを拭くのに大活躍します。

化粧品のサンプルも使うタイミングを逃すと溜まっていく一方です。化粧品には使用期限がありいつでも使えるわけではありません。「いつもらったのかわからない」という化粧品のサンプルを使うのは肌トラブルを起す危険もあります。化粧品は肌質との相性や好みもありますので全てが使えるわけでもありません。肌質に合わないものや好みでないサンプルは潔く捨ててしまいましょう。サンプルを上手に活用するには目に見える場所に保管することです。風呂場や洗面台、ドレッサー周りに収納すれば溜め込むことなく消費できるでしょう。

不要なレシートやポイントカードを整理する

財布がパンパン、持ち運ぶだけでもたいへん。ほんとはいやだけど、なかなか後回しにしてしますことです。家計簿の記録やクレジットカードの控えとなるレーシートは財布の中ではなく、保管場所を決めておきましょう。

帰宅したら財布の中から取り出して保管場所へ片付けるという習慣を。所持しているポイントカードの中には「一度しか行った事のないお店のカード」や「有効期限が切れているカード」が紛れていることも。

財布の中には利用頻度の多いお店のカードだけを入れるようにしましょう。財布とは別にカードケースを所持するのもおすすめです。昨今はスマートフォンやタブレットを利用してアプリでポイントを溜めることができるお店も増えていますので、上手に活用してはどうでしょう。

着なくなった服を捨てる

サイズが合わなくなったり、デザインが古くなった洋服をそのままクローゼットに収納してはいませんか。洋服はワンシーズンを乗り切るために必要な分があれば生活できます。

ワンシーズンを通して使わないことがわかった洋服は「捨てる」または「売却」で処分してしまいましょう。特に、使用感がなく状態が良いものやブランド品は、不要品買取業者やリサイクル業者が買い取ってくれる可能性もあるので売却することをおすすめします。

洋服の処分方法詳細は【服を捨てる方法】タイミングや捨てる基準も解説!でご覧いただけます。

古いスマホ端末を捨てる

「機種交換をする度に古いスマートフォンや携帯電話の端末が増えていく」という方も多いようです。スマートフォンや携帯電話には、「第三者の手に渡ると悪用されるのでは?」と不安になるようなデータも含まれています。処分する際には本体の初期化やSIMカードやSDカードは必ず抜き出しておきましょう。

スマートフォンや携帯電話を安全に処分するにはキャリアショップや自治体などが用意している回収ボックスを利用すると安心です。昨今は中古のスマートフォンや携帯電話端末の需要も多く、使わなくなった端末を買取してくれる専門店もあります。

画面が割れていたり傷だらけの端末にも値段がつくこともあるようなので査定に持ち込んでみるのもおすすめです。買取を利用する場合にもデーターの消去は必ずおこないましょう。買取を希望する際には入念なデータ消去を徹底しているお店の利用が安心です。

片付けで物を捨てるメリット

片付けるメリットを知ればやる気もUP!
片付けるメリットを知ればやる気もUP!

「片付け」は面倒だという先入観をお持ちではありませんか。キレイな部屋で暮らすメリットをあらためて知っておけば掃除に対するモチベーションも上がるはず。

片付けでものを捨てることは、お部屋をすっきりとキレイにするだけでなく、様々な嬉しい効果を生み出すことにもつながり「いいことだらけ」です。キレイな部屋をつくれる、物を捨てるメリットをみていきましょう。

片付けで物を捨てることで不要なものが明確になり節約につながる

不要なものを捨て、片付いたお部屋での生活が当たり前になると節約につながります。なぜなら、新たに何かを購入する際に「これは本当に必要なものだろうか」と自問自答する機会が増えるからです。「あったら便利だな」「とりあえず買っておこう」という無駄遣いを減らすことにもつながり、節約になるでしょう。

シンプルライフを送るには、「片付け」と「不要なものを捨てる」ことが欠かせません。「わかってはいるけど、なかなか行動に移せない」という方も多いと思いますが、これを機会にぜひ試してみてください。

片付けで物を捨てると運気が上がる

風水では「不要なものを捨てれば運気が上がる」とされています。古いものや壊れたものは陰の気を帯びているので、運気を停滞させやすくしてしまい、良い運気が入ってくるのを邪魔してしまうそうです。

風水を気にしない方に「片付けで運気が上がる」と話しても一蹴されてしまうかもしれませんが、お部屋の中をもう一度、よく見回してみてください。捨てるべきものや古いものが溜まったお部屋の中はホコリもたまりやすく圧迫感を感じるものです。お部屋の中が片付けば、ホコリもたまりにくくなりますし掃除もしやすくなるでしょう。風通しの良い空間での生活はとても心地が良く、快適な毎日を送れるはずです。

片付けで物を捨てることで必要なものが見つけやすくなる

お部屋の中にものが多いと「どこに何があるのかわからなくなってしまう」という経験をお持ちの方も多いはずです。お部屋を片付ける際に、「すぐに捨てるもの」と「一定の期間とっておくべきもの」を明確にして収納しておけば、いざという時に必要なものが見つけやすくなるでしょう。片付けをすることは、むやみにものを捨てることではなく「本当に必要なものが何かを知る作業」と認識しておくと良いかもしれません。

まとめ:片付け業者の依頼はミツモアで可能

片付け業者の依頼はミツモアで可能な画像
片付け業者の依頼はミツモアで可能

片付け方法やものを捨てるポイントについて把握いただけたでしょうか。お部屋をお片づけで捨てるものが多い場合は、不要品買取業者にまとめて処分してもらうのがおすすめです。片付けや要らないものを捨てるコツを熟知しているプロなら、丁寧かつ迅速に対応してくれるでしょう。

「プロへの依頼にかかる費用は?」「どこに頼んだらいいの?」こんな風に悩まれたらぜひミツモアにお任せください。ミツモアなら予算や希望を叶えてくれるプロと出会えます。