ミツモア

着なくなった服のかしこい処分方法を徹底解説!

ぴったりの不用品回収業者をさがす
最終更新日: 2022年01月05日

着なくなった服は皆さんどのように処分していますか?

「服を処分したいけど、そのまま捨てるのはもったいない」「なるべく手間をかけずに洋服を処分する方法はある?」と考えている方は多いでしょう。

今回は着なくなった服の捨て方や無料で処分する方法、寄付やフリマアプリで売る方法などを解説していきます。

【服の処分方法6選】おすすめの方法と費用相場

服を選ぶ女性

いらなくなった洋服を処分するには以下の6つの方法があります。

処分方法 こんな人におすすめ! 費用
①燃えるゴミに出す 手間をかけずになるべく早く処分したい 無料
②リサイクルショップで売る なるべく手間なく服を売りたい 無料(+売却益)
③フリマアプリに出品する リサイクルショップより高値で売りたい 無料(+売却益)
④店舗の回収ボックスに出す そのまま捨てるのはもったいない 無料
⑤服を寄付する そのまま捨てるのはもったいない 無料
⑥不用品回収業者に依頼
  • 早く大量の服を処分したい
  • 他にも引き取ってほしい不用品がある
3,000~5,000円

また処分したい洋服の状態や量によって処分方法を選ぶとよいでしょう。以下で詳しく解説していきます。

【洋服の状態】で処分方法を決める

いらなくなった洋服がまだ着れるか着れないかで処分方法を決めるとよいでしょう。ほぼ新品の服やまだ着れる服ならばリサイクルショップやフリマアプリで売って売却益を得ることもできます。

ほぼ新品の服、まだ着れる服 もう着れない服(汚れやほつれが目立つ)
  • リサイクルショップで売る
  • フリマアプリに出品する
  • 寄付する
  • 燃えるゴミに出す
  • 不用品回収業者に依頼

【洋服の量】で処分方法を決める

処分したい洋服が大量にある場合は以下の方法で処分するのがおすすめです。

  • リサイクルショップで売る(出張買取)
  • 不用品回収業者に依頼

リサイクルショップの出張買取を依頼すれば店舗まで大量の洋服を持っていく必要がないため非常に便利です。服を売る際にはフリマアプリに出品する方法もありますが、大量に洋服があると梱包する手間がかかるので避けた方がよいでしょう。

また不用品回収業者に依頼すると家まで不用品を引き取りに来てくれるので、服を捨てる時に自分でゴミ収集場所まで持っていくのが大変だと感じている方にはおすすめです。

【手間をかけず処分したい】燃えるゴミに出す

洋服が入ったゴミ袋

手間をかけずになるべく早く洋服を捨てたいという方は自治体のゴミ回収に出すとよいでしょう。費用もかからないので、服の処分にお金をかけたくないという方にもおすすめの方法です。

ここでは洋服を捨てる際の注意点を解説していきます。

洋服を自治体のごみ回収に出すときの分別は?

衣類は一般的には「可燃ゴミ」で出すことが多いでしょう。しかし、地域によっては「資源ゴミ」として扱われることもあります。衣類の種類によってもどちらに出すか変わることがあるので、洋服を捨てる前に自治体のホームページで確認しましょう。

下着は中身が見えないようにして捨てる

洋服の中でも下着を捨てる際には外からゴミ袋の中身が見えないようにして捨てましょう。下着が見える状態で捨ててしまうと盗まれる危険性もあるので注意が必要です。

そこで透明のゴミ袋ではなく、黒い袋や中身が分かりにくい袋を利用するとプライバシーを保護しながら捨てることができるでしょう。

しかし、自治体によっては透明のゴミ袋を使ってゴミを出すように指定しているところも多いです。そのような場合は下着を新聞紙や包装紙に包んで捨てるようにしましょう。

【少しでもお金にしたい】リサイクルショップで売る

ハンガーにかかった洋服

洋服を売りたいならリサイクルショップに買取依頼するのが一番簡単で早く売れる方法です。

ここでは、洋服を高額買取してもらうためのコツや宅配買取・出張買取も行っているおすすめのリサイクルショップを紹介していきます。

洋服を高額買取してもらうコツ

洋服を高値で買い取ってもらうコツは洋服をなるべく綺麗な状態にしておくことです。

汚れがある場合は、衣類に合った部分用洗剤をつけてしばらくおいてから普通に洗濯をするとよいでしょう。汚れがないだけで印象が良くなり、より高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

また店によっては洋服単体ではなく、総重量で計算して、その合計が重ければ重いほど高く買い取ってくれるところもあります。買取方法は店ごとに異なるので事前にどのような査定方法なのか確認し、自分に合ったリサイクルショップを選ぶとよいでしょう。

買取してもらえない洋服とは?

リサイクルショップでは洋服の状態によって買取拒否をされてしまうこともあります。

例えば、あまりにも古すぎる服の買い取りは難しいでしょう。また汚れや破れている箇所がある洋服もほぼ買取できない場合が多いです。

また店によっては「ノーブランドは一切買取できません!」というところもあるので、査定に持っていく際は事前に電話やホームページで確認しておくことをオススメします。

おすすめのリサイクルショップを紹介

ここではおすすめのリサイクルショップをいくつかご紹介していきます。文字だけですと分かりにくいと思いますので、下記の表を確認しながら読み進めてみてください。

 2ndSTREETZOZOTOWNBOOKOFFブランディアKing Family
買取方法店頭買取
宅配買取
出張買取
宅配買取店頭買取
※出張買取
宅配買取店頭買取
ノーブランドの
取り扱い
×
※ただし10円
×
独自ポイント店舗数No.1査定が
最短2日
一枚から
買取可能
取り扱い
ブランド数最多
重さで買取

店舗買取のみのところもあれば宅配買取や出張買取を行っているところもあります。ご自身の都合に合ったお店で買取してもらうのがいいでしょう。

【より高値で売りたい】フリマアプリに出品する

フリマアプリに出品する洋服の写真を撮る女性

洋服をフリマアプリで売るコツは?

フリマアプリで洋服を出品し、うまく買い手を見つけるコツは、「商品説明を詳しく記載する」「商品がはっきりとわかる写真を使う」「適正な出品価格をつける」の3つです。

①商品説明を詳しく記載する

フリマアプリには商品の状態を記載する欄があります。この文面をより丁寧に記載することにより、購入者に出品する洋服の良さを伝えることが可能です。

具体的には以下のことを記載するとよいでしょう。

  • 洋服の状態(汚れやほつれ具合)
  • 洋服のサイズ
  • 洋服の色
  • ブランド名
  • 購入時期

②商品がはっきりとわかる写真を使う

出品時には購入者との後々のトラブルを避けるためにも、はっきりと商品の状態がわかる写真を使うことが重要です。

具体的には以下のような写真をのせるとよいでしょう。

  • 服の全体写真(前と後ろ)
  • 実際に服を着てみた写真
  • 汚れやほつれがある部分の写真
  • ブランドのロゴ写真

写真が適当だと買おうと考えている人も買う気が無くなってしまいます。買い手にも魅力的に見える写真を撮りましょう。

③適正な出品価格を考える

出品価格が高すぎるとなかなか売れません。実際に売れている同じブランドや似ている服の価格を参考にして金額設定をするとよいでしょう。

またフリマアプリでは送料も考慮して価格設定することが大切です。価格設定が安すぎると売却益よりも送料の方が高くなってしまうということもあります。

洋服を売るならメルカリがおすすめ

ヤフオク!やラクマなどいくつかフリマアプリはありますが、洋服を売るなら「メルカリ」がおすすめです。基本的にメルカリでは洋服だけでなく何でも売ることができます。

手数料もヤフオク!に比べると若干安いですし、出品時の金額をいくらに設定すればわからないという方は自動的に売れやすい価格を提示してくれる機能もあるのでフリマアプリ初心者にも使いやすいでしょう。

また出品物を配送する際にメルカリが提供する「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」を利用すると面倒な宛名書きが不要になるので、手軽に出品することができます。

【服を買い替えるついでに】店舗の回収ボックスに出す

洋服の回収ボックス

アパレルショップには不要になった洋服を寄付できる回収ボックスが設置されているところもあります。回収された服は再利用されたり、世界の貧困層の国に届けられたりすることが多いです。

ここでは店舗の回収ボックスに出す際の注意点や回収を行っているブランドを紹介していきます。

受付時期や引き取り可能な洋服の種類は店ごとに違う

店舗によって回収ボックスを常時設置しているのか期間限定で設置しているのかは異なります。期間限定で回収しているところであれば、土日だけや引っ越しシーズンである春先のみで出すところが多いようです。

また回収できる洋服の種類も店舗ごとに変わってくるので、ホームページで事前に確認しましょう。

洋服を回収しているブランドを紹介!

洋服の回収を行っている大手アパレルブランドと回収対象商品をまとめてみました。

店名 回収対象商品 回収方法
ユニクロ・GU ユニクロ・GUの衣料品 店舗の回収ボックス
無印良品 無印良品の衣料品(タオル、靴下以外)タオル、シーツ類 店員に問い合わせ
ZARA すべての種類の衣類(ZARAの商品でなくても回収可能) 店舗の回収ボックス

【リユースしたい】服を寄付する

寄付された洋服

「処分したい洋服の状態がよく、そのまま捨ててしまうのはもったいない」と感じている方は寄付をするというのも1つの方法です。

汚れや傷み具合がひどかったり古すぎたりする服は寄付として扱ってもらえないので注意しましょう。

以下は洋服の寄付を受け付けている団体です。

  • セカンドライフ

NPO法人セカンドライフは不用品を引き取ってリユースする活動を行っている団体です。

不用品を1箱寄付するごとに1人分、海外の発展途上国の子どもたちへポリオワクチンの募金ができます。

また、忙しくて洋服を持ち込む暇がない方には、指定日に引取便を手配してくれるので便利です。しかし集荷料金はかかるので注意しましょう。

【早く&大量の服を処分したい】不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者

「引っ越しが迫っていてなるべく早く服を処分したい」「処分したい服が大量にある」という方は不用品回収業者に洋服の処分を依頼するとよいでしょう。

不用品回収業者に依頼するメリットは主に以下の3つです。

  • 不用品の回収から処分まですべて行ってくれる
  • 即日対応してくれる
  • 他に不用品がある場合は一緒に引き取ってくれる

不用品回収業者は即日対応してくれるところが多いので、なるべく早く服を処分したいと考えている方におすすめの方法です。

引っ越しの荷物整理の際に洋服の他にも不用品が出てきた場合や、洋服と一緒に靴や小物も処分したい場合は一緒に引き取ってもらうこともできます。

また、お住まいの自治体によっては一度に出せるゴミの量が決まっていて引っ越しや断捨離で出た大量の洋服を捨てられない場合があるでしょう。そんな時も不用品回収業者なら迅速に対応してくれます。

依頼する際の費用相場は3,000~5,000円です。業者によっては出張費や人件費が別途かかる場合もあるので依頼の際に確認しましょう。

ミツモアなら料金や口コミを比較しながら、地域の信頼できる不用品回収業者を見つけることができます。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで不用品回収を依頼する!

洋服を処分した後もクローゼットをスッキリ保つ方法

クローゼット

せっかく服を処分してクローゼットを綺麗にしたのですから、これからはあまり余計な服を増やしたくありませんよね。

しかし、「新しい服が欲しくてつい買ってしまう」「やっぱりもったいなくて捨てられない」という方もいるでしょう。

そんな方々のために、服を増やさないためのコツや洋服のシェアリングサービスを紹介していきます。

余分な服を増やさないコツ!

服を処分して整理整頓したら残っている服でコーディネートを組んで、写真にとっておきましょう。新しく服を買う際には写真を見返してどのような服を買い足すのがよいのか、本当に買うべきなのかを考えると不要な服を買わずにすみます。

また、洋服を収納する際にはカラーボックスやチェストを使って分類するとよいでしょう。分類したらどこに何をしまったかわかるようにラベルを貼っておきます

こうすることで自分が今もっている服を把握し、似たような服を買ってしまうのを防げるでしょう。

シェアリングサービス「air closet」

シェアリングサービス「air closet」は、月額料金を支払えば毎月スタイリストが選んだ洋服がレンタルできるサービスです。

服を利用した後に返却しなけらばならないので、クローゼットの中に服がたまるのを防ぐことができるでしょう

「air closet」では月3着まで借りられる月額6800円のライトプランと、借り放題でレンタルサポートもつく月額9800円のレギュラープランがあります。

月々1万円程度を洋服に使うという方は、シェアリングサービスを利用した方が同じ値段でより多くの洋服を着ることができるためお得です。

参照:air closet

収納サービス「サマリーポケット」

コートやダウンなど季節ものの服の収納スペースがなくて困っている方は多いでしょう。そのような場合は収納サービスを利用すると便利です。

「サマリーポケット」では着ない服を預けて必要になったらいつでも取り出すことができます。関東エリアであれば最短で翌日に荷物が届く点がメリットです。

さらに早朝・深夜でも荷物の集荷が可能なので忙しい方にもぴったりでしょう。

参照:サマリーポケット

処分する服の判断基準は?

クローゼット

「今の体型じゃ着れないけど、痩せたら着るかもしれない」「何年も着てないけど、高かったし捨てるのがもったいない」という理由からなかなか処分する決断ができない方も多いでしょう。

いつか着るだろうと取っておくと、クローゼットの中がドンドン圧迫されてしまいます。

ここではどの洋服を捨てるのがよいのか判断する基準を紹介していくので参考にしてみてください。

人にあげるためにとってある服は処分する

「自分は着ないけどあの子なら着られるかな」と思っている服はありませんか?

親子間や兄弟間でありがちですが、「何年後かには下の子が着るかもしれないから一応取っておこう」といつまでもタンスの中に着ない服が置いてある状態です。

実際、何年後かに引っ張り出してみても時代遅れだったり長い間タンスの奥にあったせいでよれていたりして着れないことも多いので、処分してしまった方がよいでしょう。

今の体型で着れない服は処分する

「痩せたら着られる」「瘦せたのでゆるくなってしまったけど、また太った時に着るかもしれない」という理由でとってある服は処分しましょう。

そのような服は置いておいても着る機会はやってこないことが多いです。またシーズン毎に流行りのデザインも変わりますし、服はしまっているだけで劣化が進んでいきます。

今着ないものは着ないと割り切って処分してしまいましょう。

1年以上着ていない服は処分する

1年以上袖を通していない服は、自分の好みに合っていなかったりコーディネートの際に使いにくかったするものということです。

また購入してから1年以上たっている服はその時のトレンドから外れているかもしれません。

そのような服を今後も着る可能性は低いので処分してしまってもよいでしょう。

ヨレや毛玉が分かる服は処分する

お気に入りの服でもヨレや毛玉が目立ってきた服は処分しましょう。

服を着ている際には劣化に気づきにくいため、衣替えのタイミングで去年の服を冷静な気持ちで見てみましょう。

眺めてみても分からないという時には、その服を着て服屋に行ってみると処分すべきかどうか判断しやすいです。

いらない服を処分するとQOLが上がる!

クローゼットのシャツ

いらなくなった服を処分すると、服を探す時間が減って時間を有効活用できたり無駄な出費を減らせたりと生活の質がぐっと向上するでしょう。

ここでは服を処分すると、どのようなメリットが得られるのかを紹介していきます。

服を探す無駄な時間が減る

人は1日に約10分間探し物に時間を使っているそうです。1ヵ月に換算すると約5時間は探し物をしていることになります。

服が多すぎると、どこにどんな服をしまったのかわからなくなり、探すのに時間がかかってしまうでしょう。服を処分してクローゼットを整頓することでそのような無駄な時間を減らせます。

その分、空いた時間を有効に使うことができるでしょう。

参照:人は1日に平均10分探し物。整理整頓のコツを伝授します!

おしゃれなコーディネートがしやすくなる

服を処分すると選択肢が絞られコーディネートにかける時間も減りますし、何よりおしゃれなコーディネートがしやすくなります。

自分に似合っている服、またはライフスタイルに合った服をクローゼットにそろえましょう。毎日違う服を着るよりも、そのような服を着まわす方がおしゃれにみえますし、気分もあがります。

無駄な出費がへってお金が貯まる

服が多くて自分がどのような服をもっているか覚えておらず、同じような服を買ってしまったという経験がある方もいるでしょう。

服を少なくして自分が持っている服を把握することで、似たような服を購入してしまうのを防ぎ、無駄な出費を抑えられます。

また、服を処分する際にリサイクルショップやフリマアプリで売ればお金を貯めることが可能です。洋服の状態がよかったりブランド物であったりすれば売却を検討してみるとよいでしょう。

清潔感が上がる

服がよれていたり、シワだらけ毛玉だらけだったりしたら、清潔感は感じられませんよね。

長く着ていなかった服には、気付かないところにシミやほつれがみられる場合もあります。

くたびれた服を着ている人よりもパリッと手入れの行き届いた服を着ている人の方が印象が良くなるでしょう。

自分に自信がつく

「服を処分すると何で自信がつくの?」と思われるかも知れません。

自信がつく理由としては、大量の服を処分できたという事実が成功体験になり達成感が得られるからです。また実際に快適さを感じた際には満足感も得られるでしょう。

それらを味わうことで、自分はやれるんだという自信が付きます。

自信が付くと何かに新しく挑戦したくなってくるものです。そのステップアップとしては服の処分は取り組みやすく良いきっかけとなるでしょう。

関連記事:服を断捨離しておしゃれに生きる!捨てる技術と収納のコツ|ミツモア

いらなくなった服の回収はミツモアがおすすめ!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

いかがでしたでしょうか。着なくなった服の処分方法についてご理解いただけましたか?

状態が悪くリサイクルや寄付もできない服がたくさんある場合は、不用品回収業者に引き取ってもらうのもおすすめです。

ミツモアならあなたにぴったりな不用品回収業者が簡単に見つけることができます!

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで 2分で見積もり依頼が完了です。多数の不用品回収業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロの業者より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの不用品回収業者がみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

着なくなった服の処分をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収を依頼する!