ミツモアロゴ
ミツモアメディア

着なくなった服のかしこい処分方法を徹底解説!

最終更新日: 2019年10月29日

着なくなった服は皆さんどのように処分していますか?売りに出すこともあれば、そのまま捨ててしまう事もあるのではないでしょうか。

今回は着なくなった服のかしこい処分方法について徹底解説していきたいと思います。今まで知らなかったような情報も手に入るチャンスかもしれません。しっかりと確認してみてくださいね。

処分する服の基準は?

処分する服の基準は?
処分する服の基準は?

洋服は明らかに汚れたり切れたりしない限り、なかなか捨てるタイミングが難しいものです。

いつか着るだろうと取っておくと、クローゼットの中がドンドン圧迫されてしまいます。

まずは処分の前に、どの洋服を捨てるのか判断する基準をご紹介します。

人にあげることを前提にしている服は処分する

「自分は着ないけどあの子なら着られるかな」と思っている服はありませんか?

親子間や兄弟間でありがちですが、何年後には下の子が着られるはずだから一応取っておこうといつまでもタンスの中に着ない服が置いてある状態です。

実際〇年後に引っ張り出してみても、時代遅れだったり長い間タンスの奥にあったせいでよれていたり、でもまだ汚くはないから親戚の子にあげよう等となってずっとそのままになってしまうパターンです。

今の体型で着られない服は処分する

痩せたら着られる、太ったからゆるくなってしまったけど、また太った時のために取っておこう。そんな服は置いておいても着る機会はやってきません。

シーズン毎にデザインも変わりますし、服はしまっているだけでも劣化は進んでいきます。

今着ないものは着ないと割り切って処分してしまいましょう。

2年以上袖を通していない服は処分する

服は春夏秋冬で変わるので、シーズンに特化した服は1年の中でも3,4ヵ月の間しか使っていません。

ですので、意外と2年以上袖を通していない服が眠っているはずです。

特にアウターは流行り廃りがあり、気付くと着ていない物が増えていきます。

遠目に見てヨレや毛玉が分かる服は処分する

服は着ていると気が付きにくいですが、ふと客観的に見ると古くなってることがあります。

衣替えのタイミングで、去年の服を冷静な気持ちで見てみましょう。

眺めてみても分からないという時には、その服を着て服屋さんに行ってみましょう。

真新しい服と比べて見ると、潮時が見えるはずです。

服を処分すると得られるメリット

服を処分すると得られるメリット
服を処分すると得られるメリット

洋服を処分すると、思わぬメリットがたくさん得られます。

探し物の無駄な時間が減る

人は1日に約10分間探し物に時間を使っているそうです。1ヵ月にすると約5時間は探し物をしています。

平均してですから、部屋が散らかっている人はもっと時間がかかっている可能性大ですよね。

時間の無駄を減らせば空いたところを有効に使うことができます。

参照:人は1日に平均10分探し物。整理整頓のコツを伝授します!

無駄な出費がへってお金が貯まる

同じような服を買ってしまう人は、整理整頓ができていないので何度も似た服を買ってしまいます。

キチンと自分が何を持っているのかいないのかを把握することで、無駄な出費を抑えることができますよ。

また、服を処分する際に売りに出すことでもお金が貯まります。

捨てたらゴミですが、10円でも20円でも価値が付くと嬉しいですよね。

自分に自信がつく

「何で自信がつくのか?」と思われるかも知れませんが、大量の服を処分できたという成功体験・実際に快適を感じた時の達成感・いつ人を呼んでも恥ずかしくない部屋になっているという満足感。

それらを味わうことで、自分はやれるんだという自信が付きます。

自信が付くと新たに挑戦したくなってくるものですし、そのステップアップとしては服の処分は非常にとっつきやすく成功しやすい良い取っ掛かりになるのです。

清潔感が上がる

服がよれていたり、シワだらけ毛玉だらけだったら、清潔感は感じられませんよね。

長く着ていなかった服には、気付かないところにシミやほつれが出てしまう場合もあります。

そんなくたびれた服を着ている人よりも、パリッと手入れの届いた服を着ている人の方が印象が良いのは想像に難くありません。

フリーマーケットアプリで売りへ出す

服 処分方法
あなたにぴったりの服の処分方法はどれ?

今流行りのフリーマーケットアプリで売りに出すというのも1つの方法でもあります。今やネット社会です。ネットを利用することで効率よく売って、いらない洋服をお金に換えるというのもおすすめです。

ではどのようにして売りに出せばいいのでしょうか。フリーマーケットアプリでの売り方について見て行きましょう。

洋服をフリマアプリで売れやすくするコツ

どうすればフリマアプリでうまく売れるの?

洋服をフリマアプリで売るにはどうすればいいのか、詳しく確認していきましょう。

①丁寧な文章で描く

フリマアプリには商品の状態を記載する欄があります。この文面をより丁寧に記載することにより、購入者に出品する洋服の良さを伝える事ができます。

特にブランド物であれば、その内容も記載しておいた方がいいでしょう。

②価格をしっかり考える

高すぎれば売れませんし、安すぎれば損をする…それがフリマアプリです。要は自分も得をして買い手も得をするような絶妙な金額設定をしなければいけません。

実際に売れている服の価格を参考に、しっかり考えて魅力的な金額にしてあげましょう。

③写真は綺麗に撮る

何と言ってもインターネットに出すのですから一番大切なのは写真です。いかに綺麗に撮影して、洋服をいろんな角度から隅々まで撮影できるかが重要です。

写真が適当であれば買おうと考えている人も買う気が無くなってしまうものです。買い手にも魅力的見える写真を撮りましょう。

メルカリって何?

ここ数年で流行っているスマホのフリマアプリがあります。それがメルカリです。メルカリは基本洋服以外でも何でも売る事ができます。

しかも手数料等もヤフーオークションなどに比べると若干安かったり、メルカリ自体が金額設定が低いと言う事もあり、安く購入できると人気なのです。

出品の仕方も非常に簡単で出品する洋服をスマホでも何でもいいので綺麗に撮ります。それをメルカリのアプリから出品するだけなのです。

慣れた人なら写真を撮って文章考えて出品するまでに5分とかかりません。驚異的な速さです。このように気楽に出品できるのがメルカリの魅力とも言えます。

洋服を売りたいな~とお考えの方は是非メルカリを使ってみましょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに持ち込んでみよう

インターネットなんて使えないし、覚えるのが面倒だ!と言う事であれば、無難にリサイクルショップに持ち込みましょう。リサイクルショップへの持ち込みは一番簡単・単純で早い方法です。

ただし、買い取ってもらうのにも色々と注意点があるようです。どのような点に気を付ければいいのでしょうか。じっくり確認していきましょう。

高値で買い取ってもらうコツ

洋服を高値で買い取ってもらうコツは、いかに綺麗にしておくかと、数多く売る洋服を持っていくことです。業者によっては洋服は総重量で計算して、その合計が重ければ重いほど高く買い取ってくれるという傾向にあることもあります。

もちろん1着ずつでも買い取ってくれるのですが、少しでも高値で買い取ってもらうためにも事前にどのような審査方法なのか確認しておくといいでしょう。業者によって買取方法が変わるので注意ですね。

買取拒否に要注意!

リサイクルショップでは買取拒否をされてしまうこともあります。ある意味当然と言えば当然なのですが…状態によってはどうしてもお店や業者でも買い取れない洋服も出てきます。

あまりにも古すぎる服の買い取りは難しいでしょう。また汚れや破れている箇所があると、ほぼ買取はできないということもあるので覚えておきましょう。

ちなみにお店によってはノーブランドは一切買取できません!というところも結構ありますので、買取査定などに持っていく際は事前に電話などで確認しておくことをオススメします。

おすすめのリサイクルショップ

 2ndSTREETZOZOTOWNBOOKOFFブランディアKing Family
買取方法店頭買取
宅配買取
出張買取
宅配買取店頭買取
※出張買取
宅配買取店頭買取
ノーブランドの
取り扱い
×
※ただし10円
×
独自ポイント店舗数No.1査定が
最短2日
一枚から
買取可能
取り扱い
ブランド数最多
重さで買取

ここではおすすめのリサイクルショップをいくつかご紹介していきます。文字だけですと分かりにくいと思いますので、上記の表を確認しながら読み進めてみてください。

表に記載の通り、ここ数年で有名になったリサイクルショップや買取店一覧です。セカンドストリートやZOZOTOWNなどは一度は見たことや聞いた事があるのではないでしょうか。

店舗買取のみのところもあれば宅配買取や出張買取など行っているところもあります。ご自身の都合に合ったお店で買取してもらうのがいいでしょう。

店舗の回収ボックスに出す

回収ボックスに不用になった服を入れてみましょう!

洋服屋さんや大手スーパー等によくあるのが洋服の回収ボックスです。買取などではありませんが不用になった服を回収してくれます。

その回収した服は再利用されたり、世界の貧困層の国に届けられたりもします。世界には着る服すらない人もたくさんいるのです。回収ボックスに出すというのも捨てるよりはいい事でしょう。

受付時期は店ごとに違う

この回収ボックスについてですが、毎日ずっと設置してるお店と期間限定のところがあるようです。一般的な大手のブランドであれば毎日設置してあるようなので問題はないでしょう。

ただし、お店毎に回収できる洋服の種類が変わってくるようなのでチェックしなければいけません。また期間限定で回収しているところであれば、例えば土日だけや引っ越しシーズンである春先等のみで出すところもあるようなので、事前に確認しておきましょう。

回収しているブランド

不用な洋服を回収するブランドはいくつもあります。例えば、有名なところで行けば、ユニクロ・GUです。この2つはご存知の通り同ブランドの服の回収しかしてくれません。

普段からユニクロやGUをご利用の方にはとてもいいですね。次はライトオンです。ライトオンはなんとどんな種類の洋服でも引き取ってくれます。

袋に洋服を持っていくとライトオンで使える割引券などに交換してもらえるそうなので不用になった洋服がある場合はライトオンに出してみるのもいいですね。詳しくはこちらをご参照ください→Right-on REUSE PROJECT

その他にも無印良品やH&M、ZARA等にも回収ボックスがありますので大手洋服ブランドに関しては一度回収ボックスの有無を確認してみてもいいでしょう。

寄付をする

捨ててしまうよりはぜひ寄付を!

寄付をするというのも1つの方法です。処分しようとしている洋服の中にはまだまだ着れる服っていうのはたくさんあるのではないでしょうか。

流行りじゃなくなったから、とか、サイズが小さくなったからという理由で手放す方も多いはずです。そんな時は迷わず寄付に出しましょう。

まだまだ着られる服であれば欲しがっている方はたくさんいます。世の為、人の為と言うと響はいいですが…寄付というのもとても大切な選択肢の1つです。

なんでも寄付できるわけではない

それでは寄付しましょう!とは言うものの、さすがに何でも寄付できるわけではありません。洋服の状態にもよるのです。流石にボロボロな洋服などは寄付できません。

寄付された洋服の使い道にもよりますが、基本は服が買えない人たちに分け与えられることになります。せっかく貰った洋服がボロボロだったら目も当てられません。

極力綺麗な服でなければ寄付として扱ってくれませんので注意しておきましょう。

寄付された服の用途はさまざま

寄付された洋服は洋服を買えないような人たちに渡る事もありますし、医療団体と提携してある一定数の洋服が集まれば病気を治すワクチンと交換するというような取組も行っています。

特に有名なのはポリオと呼ばれるウィルスで海外では5歳前後の子供がかかりやすくワクチンを打っていなければ死ぬ可能性もあると言われているとても危険な病気です。

ですが、古着を寄付することでこのポリオワクチンを海外の子供たちに届ける事ができます。間接的ではありますが人を助ける事ができるので、処分してしまう前に一度検討してみてください。

ゴミとして処分する

あまりにも状態が悪ければゴミに出しましょう

最後にゴミとして処分するという方法の確認をしていきたいと思います。洋服は可燃ゴミと思われがちですが、稀に違う場合がある事も事実です。

ゴミとして処分する際はどのような点に注意しておけばいいのでしょうか。確認していきましょう。

地域によって区分が異なる

衣類に関してですが、一般的には可燃ゴミで出す方が多いと思います。私の地元は可燃ゴミで出せます。しかし、地域によっては可燃ゴミにはならないところもあるようです。

じゃあ何で出すの?というお話なのですが答えは資源ごみです。衣類の種類にもよりけりですが、資源ごみになる可能性があるという事も十分に考慮しておきましょう。

捨てる際の注意点

捨てる際の注意点が1つだけあります。それは衣類の中身が見えないようにすることです。洋服ということで今回ひとまとめでご説明していきましたが、その中には当然下着等も含まれます。

男性であればまだいいですが、女性の場合ですと「女性の衣類」と言う事だけでゴミ袋を荒らすような人がいる事も事実です。

プライバシー保護の観点からも洋服を捨てる際は透明の袋ではなく、黒い袋や中身が分かりにくい袋を利用して購入してくるようにしましょう。

洋服を処分した後もクローゼットをスッキリ保つ

洋服を処分した後もクローゼットをスッキリ保つ
洋服を処分した後もクローゼットをスッキリ保つ

さて、せっかくクローゼットを綺麗にしたのですから、これからはあまり余計な服を増やしたくありませんよね。

でも、いつも新しい服が欲しくてつい買ってしまう。

もったいなくて捨てられない根性がなかなか抜けない。

そんな方々のために、洋服のシェアリングサービスや物々交換のサービスをご紹介しましょう。

物々交換サービスのxChange

xChangeは洋服の物々交換のイベントです。

ファッションアイテムに特化したもので、自分が使わなくなったアイテムを会場に持ち込み、ディスプレイをしてほしい人が現れるのを待ちます。

自分も他の方のアイテムを見て、欲しいものを自由に選ぶことが可能です。

一つ一つにエピソードタグをつけて、思いを共有しながら思い入れのあるアイテムに新しい価値を吹き込むことを目的としたサービスなのです。

xChange

シェアリングサービスのair closet

air closetは、月額料金を支払えば毎月スタイリストが選んだ洋服がレンタルできるというサービス。

月3着まで借りられる月額6800円のライトプランと、借り放題でレンタルサポートもつく月額9800円のレギュラープランがあります。

月々1万円程度洋服に使うという方なら、返却があるシェアリングサービスならクローゼットの中に無限に服がたまるのを防ぐことができます。

air closet

まとめ-ミツモアで不用品回収の依頼しよう!-

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

いかがでしたでしょうか。着なくなった服の処分方法についてご理解いただけましたか?まだ着れるのにゴミとして捨ててしまっていたという方は、ぜひ今回ご紹介した方法でかしこく処分してみてくださいね!不用になったし、しかもリサイクルや寄付ができないという状態の服がたくさんある場合は、不用品回収業者さんに引き取ってもらうのもおすすめです。ミツモアならあなたにぴったりな不用品回収業者が簡単に見つかります!

ミツモアで簡単な質問に答えて無料で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数の不要品回収業者から無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロの業者より最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあった業者を探してみましょう。業者によって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積り内容の相談ができる

お気に入りの不用品回収業者がみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

着なくなった服の処分をプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで不用品回収業者に服の処分の見積もりを依頼する >>