ミツモアメディア

葬儀の流れを把握してスムーズに執り行おう!危篤から納骨まで解説

最終更新日: 2022年09月15日

家族の危篤の知らせを受けると、動揺してしまうものです。喪主になる場合、臨終直後から葬儀にまつわる決定や、さまざまな手続きを行わなければなりません。いざというときにパニックにならないためにも、危篤から葬儀までの流れを把握しておきましょう。

危篤から臨終までの流れ

病室のベッドとテレビとデスクの様子

家族や近しい人が危篤になってから臨終、その後の対応を解説します。危篤の知らせに動揺してしまうものですが、喪主になる人や家族は対応すべきことが多いため、流れを把握しておきましょう。

危篤の連絡を受けた後の対応と注意点

危篤の連絡を受けたときは、驚いて混乱してしまう人もいるでしょう。病院へ向かう際、自分自身が事故を起こさないように、心の準備をしておくことが必要です。まずはできるだけ落ち着いて行動しましょう

次に患者の家族や親戚、親しい友人など、患者を看取るべき近しい人に連絡を入れます。危篤状態がいつまで続くかは不明なので、速やかに対応しましょう。この場合は手段や時間などを気にせず、患者と会ってほしい人に連絡します。

家族が危篤の際の注意点は、銀行口座です。本人が亡くなった場合、銀行口座は相続の手続きが終わるまで凍結され、出金が一切できなくなります。本人が生きている間に代理で出金し、病院代や葬儀費用など、亡くなってから必要になるお金を、準備しておきましょう。

臨終後の対応

患者が病院で亡くなった場合、そのまま医師が死亡確認を行い、死亡診断書を作成します

自宅で亡くなった場合はかかりつけ医、もしくは病院の救急に連絡し、医師に来てもらいましょう。もしくは救急車で遺体を搬送し、病院で死亡確認をすることになります。

死亡診断書はこの後の遺体の搬送や、死亡届に必要な書類なので、受け取り忘れや置き忘れに注意し、紛失しないようにしましょう。

医師に臨終を告げられた後は、危篤の連絡をしたものの臨終に間に合わなかった人に連絡します。

葬儀社の手配から遺体安置までの流れ

受付でお辞儀をする葬儀社スタッフの男女

臨終後悲しむ間もなく、葬儀の決定や手配、手続きなどが大量に発生します。今後は限られた時間の中で、多くの儀式を執り行うことになるので、家族や親族などと助け合って進めていきましょう。

葬儀社の決定と手配

葬儀社を決めていない場合は、臨終後のタイミングですぐに葬儀社を探す必要があります。理由は遺体の搬送があるためです。葬儀を全て任せる葬儀社を決定してもいいですし、遺体の搬送だけを依頼し、葬儀は別の葬儀社に依頼することも可能です。もちろん搬送を依頼した葬儀社に、改めて葬儀を依頼することもできます。

生前に葬儀社を決めていた場合は、速やかに連絡して遺体の搬送を依頼しましょう。

遺体の搬送と安置

病院で亡くなった場合、遺体は霊安室に置かれますが、数時間以内で移動しなければならないケースが、ほとんどです。そのため自宅・斎場・遺体安置施設に搬送することになります。

安置場所を確保し、寝台車を手配する必要があるので、葬儀社に搬送を依頼します。自宅に安置する場合、自家用車で搬送しても法律違反ではありませんが、棺を運ぶストレッチャーがないことや、衛生管理が難しいこと、大きな棺を運搬できる車が必要という点で、非常に難しいといえるでしょう。

遺体の破損や感染症の観点からも、搬送はストレッチャーごと乗せられる車で、衛生管理をしっかり行って搬送してくれる、葬儀社に依頼することがおすすめです。

さまざまな手続きとお通夜までの流れ

焼香台の様子

遺体を安置したら、お通夜や葬儀の打ち合わせだけでなく、家族が亡くなったことに関する手続きが発生します。決定すべき事柄と必須の手続きについて解説します。

葬儀の日程や費用を詳しく決める

遺体を安置した後は、葬儀について詳しく決めます。一般的には亡くなった翌日にお通夜、その翌日に葬儀・告別式・火葬という流れなので、速やかに決断し諸々の手配をする必要があります

葬儀のおおよその日程を決め、どのような形式の葬儀にするかを話し合いましょう。故人が終活をしていたり、生前に話し合ったりしていた場合は、故人の遺志を尊重します。

予算に合った葬儀プラン・どこで葬儀を行うか・参列者の人数・火葬の日時はいつにするかなど、葬儀社の担当と詳しく話し合いましょう。

代表的な葬儀の種類と相場

葬儀の種類とかかるおおよその金額は以下の通りです。故人の希望を聞いていた場合は尊重し、聞いていない場合は予算を踏まえて家族や親族と相談しましょう

  • 一般葬:約1,000,000~2,000,000円
  • 家族葬:約800,000~1,000,000円
  • 一日葬:約400,000~600,000円
  • 直葬:200,000円程度だが火葬場により異なるため、要確認

一般葬とはお通夜・葬儀・告別式・火葬・初七日を行い、家族や親族の他、友人や会社の人など、故人が生前に付き合いのあった人が参列する形式の葬儀です。家族葬は流れは一般葬と同じですが、家族や親族と、故人が特に親しかった人のみ参列します。どちらも臨終から葬儀終了まで3日間です。

一日葬の場合、葬儀・告別式・火葬・初七日を行い、準備、葬儀で計2日かかります。直葬は火葬前に家族や親族、関係者が集まって故人にお別れをし、火葬のみで終了です。前日の準備が必要なので、2日かかります。

どの形式の葬儀にしても、手続きや手配は程度発生します。先祖代々お世話になっている菩提寺がある場合は、相談してから決めるといいでしょう。

関連記事:葬儀にかかる費用の相場とは?費用内訳と安く抑える方法も紹介

火葬許可証の準備や火葬場の予約をする

どの形式の葬儀をしても、火葬は必ず執り行います。火葬を行うためには「火葬許可証」という書類が必須です

火葬許可証を発行してもらうためには、臨終のときに医師が発行した、死亡診断書が必要です。死亡診断書は死亡届が一緒になっているので、死亡届の必要事項を記入し、市町村役場に提出します。そこで火葬許可証を発行してもらいましょう。

火葬許可証の準備だけでなく、火葬場の空き状況の確認も必要です。火葬場は1日の稼働数が決まっているため、最大稼働数を超える予約を取れません。混雑する時期は火葬場の予約が取れず、葬儀が死亡から、何日も後になってしまうケースもあります。

火葬場の予約は葬儀社しか取れないケースが多いため、葬儀が決まったら、早めに葬儀社に火葬場の予約を取ってもらいましょう。

関連記事:火葬許可証はどんな書類?埋葬許可証との違いや再発行についても解説

納棺の儀を行う

お通夜を行う葬儀形式の場合、お通夜の前までに納棺という流れです。自宅に安置している場合は、お通夜の開始時間を18~19時とした場合、14時頃から納棺の儀を開始します。

葬儀社の遺体安置施設に安置している場合は、自宅に安置しているケース同様、お通夜の直前に納棺の儀を行います。納棺の儀を行わない場合は、遺体を安置してすぐに納棺するケースがほとんどです。

納棺の儀では故人に死装束を着せ、旅支度を整えます。棺の中に故人が愛用していたもの、好きだったものを副葬品として納めます。副葬品は燃えやすいものに限られるので、入れていいものかどうかを、葬儀社に確認しながら行うといいでしょう。

関連記事:通夜前に行う「納棺の儀」とは?棺に入れてもよいものといけないもの

お通夜を執り行う

納棺が終わったらお通夜です。家族や親族の他に、故人の友人や会社の人など、関係のあった人に参列してもらいます。

多くの場合お通夜は18~19時頃に開式します。会社や学校を休まなくてもいい時間帯なので、日中に行われる葬儀・告別式よりも、多くの人が参列するケースもあることを覚えておきましょう。

僧侶による読経から、焼香という流れです。焼香は故人と関係の深い順番という決まりがありますが、席順がそのように配置されているので、あまり気にする必要はありません。

焼香後に喪主が参列者に挨拶をし、お通夜の閉式です。参列者の人数によって変わりますが、21時頃に終了するケースが一般的です。

関連記事:お通夜では何をする?意味や流れ・葬儀や告別式との違いを解説

葬儀から火葬までの流れ

僧侶が読経する様子

葬儀の後に火葬を行う、一般的な「後火葬」についての流れを説明します。葬儀の手配だけでなく、葬儀後に必要なマイクロバスや食事の手配などもあるため、開式前に葬儀社にしっかり確認しましょう。

お通夜の翌日に葬儀と告別式を行う

一般的にはお通夜を執り行った翌日に、葬儀・告別式と、火葬を行います。多くの場合11時頃に開式し、およそ2時間で閉式・出棺という流れです。

喪主と遺族は、準備のために30分~1時間前には会場に集合します。葬儀・告別式開式の15分前には、参列者が全員着席できるように、受付は30分前から行うといいでしょう。

定刻になったら開式し、僧侶による読経、故人と縁の深い友人や会社の上司による弔辞、司会者が届いた電報を奉読します。次の焼香はお通夜のときと同じく、故人と関係の深い順番で行って、閉式です。

閉式後は火葬場に行かない参列者が、最後に故人とお別れをし、出棺です。火葬場に行く人は、手配したマイクロバスやハイヤーに乗って出発します。火葬場で故人を見送るのは、多くの場合、家族や親族など故人と縁の深い人たちのみです。

火葬場で故人とお別れする

火葬場に着いたら事務所に火葬許可証を提出します。火葬許可証を葬儀社に依頼していた場合は、忘れずに受け取っておきましょう。

火葬場ではお別れの式である「納めの式」を執り行います。火葬炉の前にある祭壇に、位牌と遺影を飾り、僧侶が読経と焼香をします。その後、喪主から家族、親族と続いて焼香、合掌、拝礼します。ここが故人の顔を見られる最後のタイミングとなるため、棺を開けてお別れのあいさつをすることも多いです。

「納めの式」が終了したら、棺を火葬炉の中に納め、遺族は控室へ移動します。火葬が終わるまでは1~2時間ほどかかるため、喪主が用意したお菓子を、僧侶や参列者に振る舞いながら待ちます。参列者に対する感謝をあらわし、故人の思い出話をしながら待ちましょう。

収骨の流れと作法

収骨の準備が整ったら、係員から収骨室まで案内されます。収骨とはお骨を骨壺に入れる儀式で、お骨を拾うにも作法がありますが、係員が指示してくれるため、流れだけ頭に入れておきましょう

収骨は二人一組になって、竹の箸を使って行います。二人で一つのお骨を、一緒に箸で挟み、骨壺に納めます。収骨も焼香同様、故人と関係の深い順番です。下半身から上半身へと近づくように拾っていき、最後に故人と最も関係の深い人が、喉仏を納めて終了です。

係員が骨壺を箱に入れてくれますが、そのとき埋葬許可証も一緒に入れられます。埋葬許可証とは火葬許可証に、日付と火葬済証明印が押されたものです。埋葬許可証がないと納骨できないので、なくさないように保管しておきましょう。

初七日法要から散会、納骨まで

棺を運ぶ喪服姿の人たち

火葬が済んだ後も、儀式は続きます。食事の手配や参列者への香典返し、僧侶へのお布施が必要なので、抜け漏れのないようにしっかり確認し、用意しておきましょう。

火葬直後に初七日法要を行うケースが増えている

初七日法要とは故人を供養するために、亡くなった日から数えて七日目に、家族と親族が集まって行う法要です。しかし現在は親族が集まることが困難なことが多いことから、葬儀・告別式当日に行うケースが増えています

火葬のすぐ後に行う初七日法要が「繰り上げ初七日法要」です。お骨を祭壇に安置し、お花や果物、お菓子を供え、参列者に食事を振る舞います。僧侶へお布施を渡したり、参列者へ香典返しを渡したりします。初七日法要の進行は、葬儀社に任せましょう。

地域によっては初七日を葬儀・告別式の日に行わず、七日目を守っているところもあります。また火葬後ではなく、葬儀・告別式の中に初七日法要を行うケースもあり、これを「繰り込み初七日」といいます。

精進落としが終了したら散会

初七日法要で参列者に振る舞われる料理を、精進落としといいます。本来は俗世の穢れを捨て、修行に励むという意味です。最近では初七日法要における精進落としは、「喪主と家族が僧侶や参列者に感謝を伝えるために振る舞う」という意味を持つようになりました。

故人の供養をするという意味もあるので、食事開始時は乾杯でなく、グラスを合わせない献杯を行います。

僧侶と火葬に同行した参列者の、人数分の料理を、懐石料理のようなスタイルで出します。故人との思い出を話題にし、大騒ぎをせず落ち着いて食事をしましょう。食事が終わったら散会で、葬儀・告別式は終了です

納骨は後日行う

火葬場で受け取ったお骨を、お墓に納めることを納骨といいます。四十九日の法要後に行われるケースが一般的ですが、納骨までの日数は決められていません

お墓がまだできていない、家族の心の整理がついておらずお骨と離れがたいなど、さまざまな理由で、四十九日に納骨を行わないこともあります。その場合は納得のいくタイミングで行うといいでしょう。

納骨はお墓に入れる以外、納骨堂に入れる・散骨する・分骨し手元に置くなど、さまざまな供養の仕方があります。いずれにせよお骨を手元に置く場合以外、火葬場で渡された埋葬許可証が必要です。

葬儀後に必要な手続き

線香と香典袋と数珠が置いてある様子

葬儀が終わった後にも、故人に関する多くの手続きがあります。「気付いたら手続きの期日が過ぎていた」ということがないように、確認しながら済ませていきましょう。

葬儀社への支払いや菩提寺へのお布施を行う

葬儀社によってまちまちですが、葬儀社への支払いは、一般的に葬儀の翌日から1週間以内です。葬儀一式の費用だけでなく、葬儀を進めるにあたって、葬儀社が立て替えて払った代金も請求されます。

葬儀終了後に即日払いのケースや、依頼時に前金としていくらか支払っておくケースもあるため、見積もり時に確認しておきましょう。代金の支払いに不安がある場合は、依頼時に期限の調整不可や、分割払いの有無を確認しておくと安心です。

葬儀で菩提寺にお世話になった場合は、当日にお布施を渡します。葬儀終了後に渡し忘れていたことが判明したら、早めに持参しましょう。

葬儀後にしなければならない手続き

葬儀にかかる支払いが済んだら、故人の保険や年金などの手続きを行います。一般的な手続きと期限は以下です。2週間以内が期限のものもあるため、しっかり確認して進めましょう

  • 年金受給停止:死亡日より国民年金14日以内、厚生年金10日以内
  • 介護保険資格喪失届:死亡日より14日以内
  • 住民票の抹消:死亡日より14日以内
  • 国民健康保険の脱退:死亡日より14日以内
  • 国民健康保険の葬儀費用請求:死亡日より2年以内
  • 国民年金の一時死亡金請求:死亡日より2年以内
  • 国民年金の遺族基礎年金請求:死亡日より5年以内

他にも遺言書の確認や、相続税の申告・納税、生命保険金の請求手続きなど、多くの手続きがあります。故人の所得税の準確定申告と納税も必要になるので、チェックリストを作成し、抜け漏れのないように対応しましょう。

葬儀の流れを把握しスムーズに執り行おう

喪服姿の男女

家族が危篤になってから臨終、葬儀まで、悲しむ間もなく次々と、決定すべきことや手続きが発生します。喪主として危篤から葬儀終了までの流れを把握しておくと、焦らずに済むでしょう

とどこおりなく葬儀・告別式を行うには、頼れる葬儀社に依頼するのがおすすめです。

ただし時間がない中では、葬儀社を探すだけでも一苦労でしょう。そんな時はミツモアの相見積もりを利用してみてください。

ウェブ上で簡単な質問に答えるだけで、最大5社の葬儀社から相見積もりを取ることができます。気になる葬儀社とチャットできるため、信頼できる葬儀社を探す一助になるでしょう。

ミツモアで葬儀・お葬式を依頼する