ミツモア
葬儀の準備、見積もりはお早めに。アクセスや口コミでおすすめの斎場を探しましょう。

斎場・火葬場

葬儀の準備、見積もりはお早めに。アクセスや口コミでおすすめの斎場を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
200万人以上
平均評価 4.83

依頼総額
750億円以上
2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件
見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

通夜やお葬式を控えたご家族の方には、葬儀社とともに斎場を選びたいけれど

「斎場って火葬場となにが違うの?」

「公営、民営と聞くけど公営だとどういうメリットがあるの?」

と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。


これからご葬儀を行う方がいざというとき迷われないように、葬儀場や火葬場との違い、また斎場を選択する際の注意点を解説します。

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違いは以下の通りです。

斎場(さいじょう)
通夜や葬式、告別式を行う施設全般のこと。「葬儀場」「セレモニーホール」「葬儀会館」「葬祭場」「聖苑」と呼ぶこともある。
火葬場(かそうば)
火葬を行う施設のこと。火葬場単体の施設でも「斎場」「葬儀場」と呼ぶことがある。
斎場は通夜や葬式、告別式といった、葬儀に関する儀式全般を行う施設や建物のことです。公営と民営の施設があり、斎場利用にかかる費用や運営会社が異なります。


火葬場はその名の通り、火葬(ご遺体の焼却)を行える施設や建物です。注意したいのが、斎場の定義が「葬儀に関する儀式全般を行う施設」のため、火葬場のみの施設も「斎場」「葬儀場」と呼ぶことがある点でしょう。


なお公営の施設の場合、斎場と火葬場が併設されていることが多いです。葬儀式を行う場所と、火葬を行う場所を選ぶ際には、しっかりと事前に施設内の設備を確認する必要があります。

どの地域でお探しですか?

斎場には公営と民営がある


運営元メリットデメリット
公営斎場
市区町村の自治体
民営と比べると安価
予約をとるのが難しい
民営斎場葬儀社や寺院
施設数が多く予約がとりやすい
公営と比べると高額


【公営斎場のメリット・デメリット】

  • メリット:自治体の住民であるほど安価。宗派による制限がない。
  • デメリット:予約者が多く、日程をおさえるのが難しい。

公営斎場は市区町村の自治体といった公的機関によって運営される斎場です。自治体の住民であれば、特に安価に利用できる点が大きなメリットでしょう。自治体以外の在住者でも利用できる場合が多いですが、利用金額が異なります。

▼料金例:

①臨海斎場(東京都5区運営:港区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区)

臨海斎場区住民
組織区外住民
火葬料40,000円(12歳以上)
80,000円(12歳以上)
式場利用料56,000円~
170,000円~

②横浜市北部斎場(横浜市営)
横浜市北部斎場 市内住民市外住民
火葬料12,000円(10歳以上)
50,000円(10歳以上)
式場利用料80,000円~
120,000円~

火葬場を併設している公営斎場が多いため、長距離の移動がなく身体的負担が少なく済みます。なお東京都23区では、火葬場を併設する公営斎場は上記の「臨海斎場」のみのため注意しましょう。


公営斎場では、仏教の宗派やキリスト教、無宗教といった宗教による利用制限もありません。


注意するべきは、安価かつ誰でも利用できるため、予約の人気が高く希望の日時を押さえるのが難しい点です。もし日程の都合がつかない場合、民営の斎場を利用する必要があるでしょう。


【民営斎場のメリット・デメリット】

  • メリット:サービスが整っている。日程の融通も利く
  • デメリット:火葬に移動が必要。また公営に比べ高額

民営斎場は葬儀社などの民間企業や、寺院が運営する葬儀施設です。公営斎場と異なり居住地域による利用料の違いや制限がなく、誰でも利用できます。


営利目的の斎場のため、設備やサービスが整っているのが民営斎場のメリットです。また公営斎場と比べ施設数が多く、予約がとりやすいでしょう。

ただし民営斎場の場合、火葬場が併設されていないことが多いです。火葬のために斎場から移動する必要がある場合、式の進行中に疲労する可能性があるのはデメリットでしょう。

また利用料も、公営と比べると割高です。たとえば新宿区にある「落合斎場」の場合、式場利用が24万円~です。同社が運営する一番安価な式場でも、11万円かかります。

寺院の運営の場合、宗派が異なると利用を断られるといった懸念があるため、宗派についても事前によく確認しましょう。
どの地域でお探しですか?

斎場の選び方

斎場を選ぶ時は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。


  • 立地やアクセスがよく、ご自身や参列者が来やすいか
  • 必要な設備を備えているか
  • 施設スタッフのサポートは十分か、その口コミ
  • 葬儀社が斎場に精通しているか


①立地・アクセスの良さ

長距離の移動には心労が伴うものです。ご故人またはご家族のご自宅からの近さは確認しておくべきでしょう。また親族や親しい方が参列される場合は、電車やバスなど交通機関からのアクセスの良さ、車での来やすさも確認すべきポイントです。


②設備の充実度

火葬場を併設しているかはもちろん、要望に応じた設備を備えているかどうかは重要です。以下のような要望に応じられるかどうか、確認するとよいでしょう。

  • 別の弔い客とバッティングを避けられるか
  • 控室の充実度(利用料)
  • 預り所の充実度
  • 駐車場の有無と利用条件
  • 参列者が宿泊可能か


③施設のサポート

参列者が施設に忘れ物をしたり、道に迷ったりした場合にも対応してもらえるかどうかを確認しておきましょう。多忙の中駆けつけたり、心労を抱きながら参列したりする方も多い中、施設のスタッフの対応やサポートの細やかさは気にしておきたいポイントです。口コミも参考にするとよいでしょう。


またお通夜の翌日に告別式を行う2日葬の場合、葬儀の進行がスタッフ間でしっかりと引き継がれるか、段取りを確認するのがおすすめです。

④まずは葬儀社で選ぶ

斎場選びよりも前に、葬儀社を選ぶのもおすすめです。葬儀の手配を葬儀社に依頼する場合、トータルでかかるコストは葬儀社の提案プランによって異なります。


そのため、まずは希望や予算にあうプランや斎場を提案してくれる葬儀社を選ぶのが1つの手です。また葬儀社ごとに所有する斎場や、運営に慣れている斎場が異なるため、斎場と葬儀社は同時に検討するべきでしょう。


また斎場は葬儀の日程や、ご遺族の都合により変更することが可能ですが、葬儀社は一度決めたら変更は難しいものです。ご葬儀を滞りなく進行させるには、信頼できる葬儀会社を選択し、依頼するのがよいでしょう。


ミツモアならお住まいの地域や参列予定者数などを入力すれば、希望エリアの斎場に精通したおすすめ葬儀社、最大5社から見積もりが取れます。ご予算やご希望に応じた斎場選びもはかどるでしょう。

心身ともにご負担の大きい中、斎場・葬儀社選びをスムーズに行うためにぜひご活用ください。
どの地域でお探しですか?