ミツモア

FBデータとは?FBを使って安全でスムーズな振込業務をサポート

ぴったりの経費精算システムをさがす
最終更新日: 2024年06月28日

ファームバンキングデータの略称であるFBデータとは、全銀協フォーマットで作られたデジタルデータのことです。どのようなシーンで役立つのでしょうか?FBデータについて理解するために、FBの概要やメリットについても見ていきましょう。

FBとは

ビジネスシーン

FB(firm banking/ファームバンキング)とは社内で使えるATMのようなシステムです。似たサービスであるインターネットバンキングとは、どのような点が違うのでしょうか?FBデータについて知るために、まずはFBについて解説します。

エレクトロニックバンキングの一種

FBは「エレクトロニックバンキング(EB)」の一種です。EBとは社内のパソコンと銀行のコンピューターを回線でつなぎ、取引を実施するサービスをいいます。

EBの中でもFBは、銀行から会社へ専用回線・専用端末・ソフトウエアを提供し、直接やり取りできるのが特徴です。会社の中にATMが導入されるようなもので、主に下記の機能を使えます。

  • 残高照会
  • 入出金照会
  • 振替
  • 振込
  • 複数銀行への総合振込
  • 給与振込
  • 個人住民税納付
  • 外国為替送金

銀行の支店へ行くことなくサービスを利用できる便利なサービスです。

インターネットバンキングとの違い

同じEBの一種に「インターネットバンキング」もあります。インターネットバンキングとは、一般的なパソコンやスマートフォンからインターネットを介して銀行口座を操作する仕組みです。

一方FBは専用ソフトを使い、企業内の専用端末から銀行のサーバーにアクセスして取引を行います。FBはインターネットが広く普及する前に登場したサービスのため、電話回線を使用することもあるのが特徴です。

ソフトウェア比較のイメージイラスト経費精算を効率的に進められるソフト選びなら、ぜひミツモアをご利用ください。従業員数や欲しい機能などの各項目を画面上で選択するだけで、ぴったりの製品を最短1分で自動診断。理想の経費精算システムが見つかります。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

FBを利用するメリット

ビジネス

企業がFBを導入すると、効率アップに役立てられます。専用端末と専用ソフトを用いるセキュリティの高さもメリットです。スムーズな業務の進行に役立つシステムといえます。

業務効率の改善

FBを導入すると、企業内の専用端末で銀行との取引を完結させられます。これまで銀行の支店を訪れて行っていた業務を社内ででき、業務効率を高められる仕組みです。

給与や経費の振込は、それぞれの専用ソフトからそのままデータを送信できます。既に給与計算ソフトや経費精算システムで入力し承認されたデータを用いるため、金額や振込先情報の入力ミスが起こりません。

たくさんの処理を数クリックでできるのも魅力です。作業時間を短縮できるため、バックオフィスの業務効率を改善できます。

セキュリティの高さ

インターネットを使いアクセスするインターネットバンキングと異なり、セキュリティが堅牢なのもFBのメリットです。操作する端末を制限し電子証明を導入することにより、インターネットの暗号化通信を実現します。

万が一パスワードやログインIDが漏えいしたとしても、不正アクセスが起こらない設計です。また電話回線を利用して導入するなら、導入端末をインターネットと分断すれば不正アクセスを予防できます。

会社の資金を扱うシステムだからこそ、セキュリティの高さは重要なポイントです。

導入コストの高さがネック

業務効率化に役立ちセキュリティも万全のFBは、企業の導入にぴったりです。ただし「コスト」の高さはデメリットといえます。実際のコストは契約内容によって異なります。

各銀行が独自に提供しているサービスのため、具体的な金額は相談しなければ分かりません。契約内容と実現できる効率化の度合いをよく比較する必要があります。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

FBデータとは

ビジネス

振込サービスをFBで利用するときには「FBデータ」を用いると便利です。全国で統一されたデータによって、簡単に振込できます。FBデータの利用方法も見ていきましょう。

全銀協フォーマットに則して作ったデータ

全銀協のフォーマットで作られたデジタルデータのことをFBデータといいます。「振込種別」「口座名」「振込指定日」「金額」など、振込に必要な情報が全て含まれているデータです。

フォーマットは各銀行で共通しているため、FBでこのデータを用いると、総合振込や給与振込などが簡単にできます。FBでデータを利用するには、フォーマット通りに振込用のデータを作成し、FBで読み込みます。

FBデータの利用方法

企業のFBでFBデータを利用するときには「専用ソフト」と「契約」を確認しましょう。専用ソフトがFBデータに対応していれば、そのままデータを使えます。

また銀行との契約内容によっては、FBデータによる振込ができない内容になっているかもしれません。FBデータの利用が可能な契約になっているかも、同時に確認しましょう。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

経費精算をスムーズにするFB

成功したビジネスマン

導入により残高照会や振込などを社内でできるようになるFBは、業務効率化に役立つサービスです。似たサービスのインターネットバンキングと比較して、セキュリティが堅牢という点もポイントといえます。

単に社内から銀行の取引ができるだけでなく、対応している経費精算システムや給与計算ソフトから、じかにデータを送信できるのも特徴です。バックオフィスが担う業務の、スムーズな進行をサポートします。

FBをより便利に利用するのに役立つのが、全銀協のフォーマットで作成するFBデータです。対応するソフトと契約であれば、総合振込や給与振込を簡単に実施できます。

次の記事ではおすすめの経費精算システムを紹介しています。ぜひ、あわせてご覧ください。

関連記事:経費精算システム比較26選!機能や選び方も紹介|ミツモア

ぴったりの経費精算システム選びはミツモアで

ミツモアロゴ

FBデータの出力機能を搭載した経費精算システムを活用すれば、立替精算や支払い伝票をFBデータに変換できます。システムで承認されたデータを元に変換するので、金額や振込先情報のミスを削減可能です。

とはいえ経費精算システムは製品によって特徴や機能もさまざま。ひとつひとつ製品を比較したり資料請求をしたりしていては、手間も時間もかかってしまいます。

そんなときはミツモアにおまかせ。最短1分の自動診断で、ぴったりの経費精算システムが見つかります。

ぴったりの経費精算システムを最短1分で無料診断

従業員数や欲しい機能などの項目を質問に沿って選択するだけで、最適な経費精算システムを最短1分で自動診断。もちろん費用はかかりません。

ぴったりの料金プランも一緒にお届け

希望条件に沿った料金プランも製品と一緒に診断します。ソフトウェアの導入にかかる概算金額を見積もりからチェックして、理想のプランを探してみましょう。

診断結果は最大5製品!比較・検討で最適なソフトが見つかる

最大で5製品の診断結果をお届けします。検討していた製品だけでなく、思わぬソフトとの出会いもあるかもしれません。

ミツモアなら、あなたにぴったりの経費精算システムがすぐに見つかります。

ぴったりの経費精算システムを無料で診断する

サービス提供事業者さま向け
ミツモアにサービスを
掲載しませんか?
ミツモアにサービスを掲載しませんか?

ミツモアは依頼者さまと事業者さまをつなぐマッチングサイトです。貴社サービスを登録することで、リードの獲得及びサービスの認知度向上が見込めます。 さらに他社の掲載サイトとは違い、弊社独自の見積システムにより厳選されたリード顧客へのアプローチが可能です。 もちろん登録は無料。 ぜひミツモアにサービスをご登録ください。