ミツモア

窓用ミラーフィルムにデメリットはある?業者に依頼する際のポイント

ぴったりの窓ガラス・防犯フィルム施工業者をさがす
最終更新日: 2022年12月06日

窓用ミラーフィルムを貼ると外側からは鏡のように見えるため、目隠し効果を期待できます。そんな便利な窓用ミラーフィルムにデメリットはあるのでしょうか?

ミラーフィルムの基礎知識と合わせて、フィルムの貼り付けを依頼する際のポイントについて解説していきます。

窓用ミラーフィルムとは?

窓の外を眺める人

窓用ミラーフィルムとは、金属を含んだ窓フィルムのことです。

外側からは見えにくい一方内側からは外側の様子が分かるため、日中の目隠し用として最適であり、プライバシーを保護してくれる役割もあります。

紫外線カットと目隠し効果を期待できる

ミラーフィルムの最大の特徴といえば、目隠し効果が期待できることです。ミラーフィルムを窓に設置すれば、カーテンを開けていても日中の家の様子を外から見られる心配がありません。

ミラーフィルムが太陽光を反射させるため、外からは鏡のように見えているのです。また光の反射を利用することで断熱・遮熱効果を発揮するため、夏場はエアコンの効きを良くし、冬場は室内を冷えにくくしてくれます。

なかには紫外線カット率99%のフィルムもあります。紫外線が気になる人は、紫外線効果の高いフィルムを選ぶとよいでしょう。

窓用ミラーフィルムにデメリットはある?

日中の目隠し効果が期待できる窓用ミラーフィルムですが、デメリットはあるのでしょうか?ここからは、ミラーフィルムのデメリットと対策について注目します。

夜間に室内が丸見えとなる

ミラーフィルムのデメリットとして、夜間は見え方が反転することが挙げられます。つまり夜間は室内が丸見えとなってしまうのです。これは反射する対象が「太陽光」から「室内照明」に変わったことが原因で起こります。

そのため日没後はカーテンを閉める必要があります。

また太陽光が遮られる曇りの日も同様です。時間帯や天気によっては室内が見えやすくなるため、カーテンなどのミラーフィルム以外の目隠し対策は必要であることを覚えておきましょう。

またミラーフィルムは全体的にスモークがかっているため、人によっては部屋が少し暗いと感じてしまう可能性があります。

窓の種類によっては窓割れのリスクがある

ミラーフィルムは光を反射させることで熱をため込みにくいため、他のガラスフィルムに比べると、比較的熱による窓割れのリスクは低いといわれています。

しかし全ての窓ガラスがミラーフィルムに対応しているわけではありません。

網入りガラスや真空ガラスなど、一部の窓ガラスは断熱性のあるフィルムを貼ることで窓割れを引き起こしてしまいます。熱を吸収しやすい色の濃いミラーフィルムを選べば、さらに窓割れしやすくなるでしょう。

とはいえ自宅の窓にどのような窓フィルムが適しているのかは、判断が難しいと思います。

自己判断せずに施工業者や販売業者に相談すると、窓割れを未然に防ぐことができるためおすすめです。専門知識のある業者に相談すれば、自宅の窓に適したフィルムの用意も依頼できます。

ミツモアでミラーフィルム貼り付けのプロを探す

関連記事:網入りガラスの熱割れが起きたときの対処法は?原因と今後の対策も|ミツモア

貼り替える手間がかかる

ミラーフィルムをはじめ、窓フィルムは一定の周期で交換が必要な消耗品です。室内貼りフィルムの場合、使用開始から10年〜15年が一般的な交換の目安となります。このようにミラーフィルムは貼り替えに手間がかかります。

なお窓割れ対策として採用されることの多い外貼りフィルムは、雨や紫外線の影響を受けやすいため耐用年数は約5年~7年と短くなります。

窓用ミラーフィルムの貼り付けは業者への依頼がおすすめ

業者に依頼するときの費用相場

窓割れ対策や設置する際の手間を考えると、自分で貼り付けるよりも業者に依頼するほうがおすすめです。

ここからは費用の目安や業者選びのポイントについてご紹介します。

業者に依頼する際の費用目安

業者に依頼する場合、気になるのは費用面ではないでしょうか?今回は、窓の平米数で施工費用を算出する方法を紹介します。

窓ガラスフィルムを貼る窓の平米数を割り出し、1平米(1㎡)あたりの単価で施工費用を算出する方法です。なお平米単価で算出した場合の平均相場は8,000〜12,000円前後とされています。

この算出方法には、単価として材料費・施工費の両方が含まれているケースが多いでしょう。

また貼り換えの場合は既存フィルムの剥離費用が、高所の吹き抜け窓などは高所作業費といった別料金が発生することもあります。

関連記事:【費用例】窓ガラスフィルム施工の依頼価格!単価や料金体系・状況別の相場を解説

業者選びのポイントについて

ガラスフィルムの施工業者は「どのような目的でミラーフィルムを貼り付けるのか」によって決めるとよいでしょう。

ミラーフィルムの貼り付けを依頼できる、主な施工業者の種類は以下の通りです。

  • 窓ガラスのフィルム施工を専門としている業者
  • 窓ガラスフィルムの施工を含めた、リフォーム全般を扱う業者

ミラーフィルムの設置のみを希望する場合は、取り扱うミラーフィルムの種類が多い、フィルム施工の専門業者がおすすめです。一方自宅の改修・修繕を含めたミラーフィルムの設置には、リフォーム全般を扱う業者が向いています。

施工業者探しならミツモアが便利

個人の施工業者探しは、意外と手間がかかるものです。業者に1件ずつ見積もりを依頼する方法もありますが「ミツモア」を利用すれば簡単に探すことができます。

ミツモアを利用するメリットは以下の通りです。

  • 予算やスケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで、条件に合った業者が見つかる
  • 答えた条件を基に、最大5件の見積もりを一括で受けられる
  • 気になる業者とチャットで連絡できる

このように、1度の依頼で複数の業者を見つけられることが特徴です。業者のレビューや実績も確認できるため、条件に合う業者をじっくりと比較・検討ができます。

ミツモアでミラーフィルム貼り付けのプロを探す

窓用ミラーフィルムでプライバシーを確保しよう

窓を点検する女性

窓用ミラーフィルムを設置すれば、日中の目隠し効果でプライバシーの確保が可能です。フィルムの設置を施工業者に依頼することで、綺麗な仕上がりになります。

施工に失敗して窓が割れてしまう可能性もあるため、ミツモアで信頼できる業者を選び、快適な空間を手に入れましょう。

ミツモアでプロにミラーフィルム貼り付けの見積もりを依頼しよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロにミラーフィルム貼り付けの見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

  • ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

  • 最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

  • チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアでミラーフィルム貼り付けのプロを探す