ミツモアロゴ
ミツモアメディア

窓サッシの交換タイミングは?トラブルや劣化は早めの対処を

最終更新日: 2020年11月27日

窓サッシは建造材の中でも長持ちしやすく、寿命は20~30年が目安です。しかし、メンテナンスを怠ると劣化が進むため、不具合を見つけたら早めに交換する必要があります。窓サッシを交換する目安や方法、メンテナンスについて解説します。

窓サッシにも寿命がある

広い窓住宅に使用されているパーツの中でも、窓サッシは比較的寿命が長い部材です。金属製や木製のサッシでも20~30年、樹脂サッシなら50年が寿命とされています。

ただし、メンテナンスや使い方・環境などにより、サッシの寿命は変化します。ゴムパッキンや戸車は長持ちしにくいため、小まめな手入れが必要です。

どれくらいが交換目安?

アルミサッシなどの金属製サッシや木製サッシは、20~30年が寿命です。建物の構造材の中でも、長持ちしやすい部類に属します。

近年注目を集めている樹脂サッシはさらに寿命が長く、素材である塩化ビニル樹脂の耐久年数は50年以上です。

ただし、建造物の状態次第で寿命は短くなります。例えば、外壁に亀裂があり、すき間から侵入する水分が触れる状態なら、サッシは徐々に腐食していくでしょう。

自然環境も寿命に影響を与えます。樹脂サッシは紫外線に弱いため、日差しが強い場所への設置は不向きです。

このように、寿命が比較的長いサッシも、メンテナンスや設置されている環境によっては、劣化が進むことを覚えておきましょう。

パッキンや戸車は早く劣化する

窓サッシにガラスを固定する「パッキン」の寿命は、約10年が目安です。パッキンはゴムでできているため、手入れを怠ると劣化が早まります。

水分やゴミが付着すると、ゴムにはカビが生えやすくなります。窓ガラスの結露を吸収したり、小さなゴミがたまったりすることで、パッキンはより早く傷むでしょう。

窓の開閉を滑らかにする戸車の寿命はさらに短く、3~4年が目安とされています。スムーズに開閉できなくなったり、開閉時に異音が聞こえ始めたりした時は、戸車の替え時です。

戸車やレールの清掃、動作を滑らかにするための給油、摩擦を減らすための高さ調節を定期的に行えば、戸車の寿命を延ばせるでしょう。

劣化を放置するとこんなトラブルも

窓サッシ・パッキン・戸車の劣化を放置すると、窓が開閉できなくなったり、遮音性や断熱性が下がったりする恐れがあります。ガラスや窓全体が脱落するリスクもあるため、早急な交換が必要です。

開閉できなくなる

経年劣化や気温の変化が原因で、窓サッシは変形することがあります。建物の歪みにより、窓に圧力がかかることも、サッシが変形する原因の一つです。

サッシが変形してしまうと、レールとの間に生じる摩擦が大きくなるため、窓をスムーズに開閉できなくなるでしょう。

戸車の変形も、窓のスムーズな開閉を妨げる原因です。サッシや戸車の劣化をいつまでも放置していると、窓が動かなくなったり、鍵が閉まらなくなったりする恐れもあります。

窓がスムーズに動かない状態は、室内の空気環境の調節がしにくくなることや、防犯面で不安を抱えることにもつながるでしょう。

遮音性や断熱性が低下

窓ガラスと建物の間に配される窓サッシは、遮音性や断熱性を高める役割も担っているパーツです。

サッシが変形してすき間ができると、部屋の保温性が損なわれるため、冬場に室内を暖めても十分な室温を確保しにくくなります。

遮音性が低くなることも、サッシの劣化を放置するデメリットです。すき間から音が出入りしやすくなると、室内の音は外に漏れやすくなり、室外の騒音はよりうるさくなります。

窓から出入りする音は、サッシのすき間から出入りしているものがほとんどです。遮音性の高いガラスを使っているにもかかわらず、騒音がうるさい場合は、サッシが変形している可能性があります。

ガラスや窓全体が脱落するリスク

劣化を放置してサッシが変形すると、ガラス自体が外れやすくなり危険です。窓全体が脱落してしまう恐れもあります。

パッキンの劣化にも注意が必要です。サッシと窓ガラスを密着させるパッキンは、窓の構成上欠かせないパーツであり、重要な役割を担っています。

カビなどが原因でパッキンが劣化すると、傷が付いたり破れたりなどのダメージを負い、柔軟性が失われガラスが脱落しやすくなるでしょう。

ガラスや窓全体が脱落すると、落ちた衝撃でガラスが割れる可能性も高いため、劣化したサッシやパッキンの早急な交換が求められます。

自力で交換する手順

工具正しい手順を理解しておけば、窓サッシは自分で交換できます。以下に挙げるポイントに気を付けながら、サッシの交換にチャレンジしてみましょう。

外れ止めを解除する

サッシの上部には、窓の脱落を防止するための「外れ止め」が付いています。窓サッシを外すためには、まずはこの外れ止めを解除しなければなりません。

外れ止めが備え付けられている場所は、上部のレールの内側や、窓サッシの上部の隅です。見つけにくい場所に設置されている場合もあるため、くまなく探しましょう。

外れ止めを解除する方法も、外れ止めのタイプによりさまざまです。一般的なタイプでは、ドライバーでネジをゆるめ、外れ止めを下げれば解除できます。

外れ止めを解除できたら、通常の引き戸のように、窓を少し持ち上げて手前にずらせば外せます。

外側から順番に外す

窓サッシは外側から順番に外すのが基本です。一番外側に網戸がある場合は、網戸から外しましょう。網戸を外す際も、外れ止めを解除する必要があります。

外した窓は、作業しやすいように、安全な場所へ立て掛けましょう。サッシを分解するためには、縦枠にあるサッシ固定ネジを外さなければなりません。

ネジを外し終えたら、1辺ずつサッシを外していきます。サッシとパッキンを一緒にガラスから外しましょう。その後、逆の手順で新しいサッシと交換すれば完了です。

パッキンが古くなっている場合は、サッシと一緒にパッキンも新品に取り換えましょう。

軽微な修繕で対応できる場合も

家ゴムパッキンや戸車が劣化した場合は、軽微な修繕で対応可能です。それぞれの交換方法について解説します。

ゴムパッキンの交換

サッシのゴムパッキンを交換する場合も、サッシの交換と同様に、窓サッシをガラスから外します。サッシを外す方法は、前項で解説した通りです。

ガラスから窓サッシと古いゴムパッキンを取り外したら、新しいゴムパッキンをガラスに取り付けます。

そのまま取り付けただけでは、サッシを取り付ける際にゴムパッキンを固定できません。養生テープでゴムパッキンをガラスに仮止めしておけば、組み立てる時に外れにくくなります。

ガラスにゴムパッキンを取り付けた後、窓サッシを取り付ければ完了です。サッシがはまりにくい場合は、金槌などで叩きながら入れ込んでいきましょう。

戸車の交換

パッキンの交換と違い、戸車の交換ではガラスからサッシを外す必要がありません。外れ止めを解除して窓を外せば、そのまま戸車を交換できます。

最初に、戸車を固定しているネジを探しましょう。通常は戸車の近くにあります。サッシ固定ネジの近くに設置されている場合もあるため、間違えないようにしましょう。

ネジをゆるめ、古い戸車を取り外したら、新しい戸車を取り付ければ完了です。窓が斜めになっていないか、スムーズに動くかを、交換後にチェックしましょう。

思うように動かない場合は、戸車の高さを調整しなければなりません。戸車に付いている調整ネジを回しながら、スムーズに動くまで調整しましょう。

DIYが不安な場合は業者に相談

パソコン窓サッシを「自分で交換できるか」「できないか」を判別にするには、どうしたらよいのでしょうか。見極めるポイントや、業者に依頼した場合にかかる費用の相場を解説します。

DIYと業者依頼の見極めポイント

窓サッシは数年ごとにモデルチェンジしています。古いサッシに使える部品を、素人が見極めるのは困難です。

部品が分かったとしても、古い部品は入手ルートが限られているため、取り寄せは難しいでしょう。古いサッシを交換する場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

また、窓に取り付けられている部品の調整や交換は、専門的な知識や経験を必要とすることがあります。サッシは複雑な構造をしているため、窓の取り外し自体も苦労するでしょう。

DIYに自信がない人や、窓の構造を見て調整や交換ができそうにないと感じる人は、最初から業者へ依頼するのが無難です。

業者に依頼する場合の費用

壁の工事を必要とせず、窓サッシのみ交換する場合は、約3~5万円が施工費の相場です。工事は1~2日で完了します。

サッシのすき間を埋めるために、外壁を工事して新たにサッシを付け直す場合は、30~50万円程度の施工費がかかってしまいます。

工法によっても費用は大きく異なります。古いサッシの上から新しくサッシをかぶせる「カバー工法」なら、180cm×170cmの窓で約10~20万円が施工費の目安です。

一方、古いサッシを外して新しいサッシに付け替える「はつり工法」の場合は、同じサイズの窓でも約30~50万円かかるでしょう。

交換の参考にしたい、サッシの選び方

広い家サッシの種類は、使われている素材により、アルミ・木製・樹脂・複合に分けられます。選ぶ際は、それぞれの特徴をよく理解し、色にこだわることも重要です。

サッシの種類と特徴

軽量で開閉が楽なアルミは、耐久性・耐候性・防火性に優れています。腐食しにくくサビにも強いことが特徴ですが、断熱性の低さがデメリットです。

デザイン性を求めるなら、質感や風合いのよさが魅力的な木製がおすすめです。腐食・摩耗しやすいデメリットを補うような製品が、数多く販売されています。

樹脂製のサッシは、断熱性と気密性に優れた塩化ビニル樹脂が主な素材です。同じく断熱性に優れた複層ガラスと組み合わせて、寒い地方で多く使われています。

複合サッシは、上記の異なる素材を組み合わせて作られたサッシです。それぞれの特徴を生かし、さまざまな機能を併せ持っていることがメリットです。

色選びも重要

サッシの色を選ぶ際は、内側と外側で色の見せ方が違うことを意識しましょう。外側の色には、外壁と似た色か、外壁と相性のよい色を選ぶのがポイントです。内側の色には、部屋のインテリアに合う色を選びましょう。

アルミや木製のサッシは、内側と外側の色を別にできません。どちらの色を重視するか考慮して選ぶ必要があります。

一方、樹脂や複合サッシなら、外側と内側の色を別にできます。見せ方の違いにこだわりたい場合は、樹脂や複合サッシを選ぶとよいでしょう。

窓サッシを長持ちさせるコツ

窓掃除をする女性窓を長く使い続けていると、サッシの耐久性や機能は低下していきます。サッシをより長持ちさせるためには、交換時に劣化しにくい種類を選ぶことや、日常的に清掃することが重要です。約10年を目安に、業者の定期点検も受けてみましょう。

劣化しにくい種類を選ぶ

サッシの中で最も劣化しにくい種類は、腐食が起こりにくい樹脂サッシです。主な素材として使われている塩化ビニル樹脂の耐久年数は50年以上とされています。

木製サッシやアルミサッシは、耐久性の面で樹脂サッシに劣り、寿命は樹脂サッシの約半分である20~30年です。

ただし、サッシの劣化は素材だけでなく、天候・気温・結露によっても大きく影響されます。

より長持ちさせられるサッシとしては、複合サッシもおすすめです。内側には断熱性の高い樹脂や木製を使い、外側には耐久性・耐候性・防サビ性の高いアルミを使った複合サッシなら、素材の利点を生かして寿命を延ばせるでしょう。

日常的に清掃する

窓サッシの汚れやゴミは、日常的な清掃を心掛けましょう。開閉時のスムーズな動きを保ちやすくなり、サッシのトラブル防止にもつながります。

サッシを掃除する際は、最初に掃除機などを使ってホコリを除去します。すき間の取りにくいゴミは、つまようじや歯ブラシで取り除きましょう。

ホコリが取れたら、中性洗剤を薄めた水を使い、スポンジでこすります。洗い流した後は、乾いた雑巾で拭き取りましょう。

10年をメドに定期点検を受ける

窓サッシの修理や交換に対応している業者の中には、窓サッシの定期点検を実施している業者があります。

日常的な清掃や自分なりの点検をしながら、約10年を目安に定期点検を受けてみるのもおすすめです。

点検により不具合がなければ、しばらくは安心して過ごせるでしょう。修理や交換にかかる費用に比べ、点検費用の方が安くつくケースがほとんどです。

窓サッシを新調して暮らしを快適に

本を読む男性窓サッシの寿命は比較的長いものの、さまざまな要因により劣化していきます。劣化を放置すると大きなトラブルに発展する恐れもあるため、早めの対応が重要です。

できるだけ長持ちさせるためのメンテナンスを心掛けながら、交換のタイミングを見極めて早めに新調しましょう。

ミツモアで窓ガラス交換業者に見積もりを依頼しよう!

ミツモアでは豊富な経験と知識を持ったプロに窓ガラス交換の見積もりの依頼ができます。まずはプロに相談をしてみてはいかがでしょうか?

窓ガラス交換の見積を依頼する!