ミツモアメディア

キッチン換気扇の掃除方法を解説!重曹を使えば簡単って本当!?

最終更新日: 2020年10月24日

「最近キッチンの換気扇のスイッチを入れると変な音がする上に、なんだか吸い込みが弱くなったみたい」「換気扇から変な臭いがしているけれど、掃除をする方法が分からない」とお悩みではありませんか。

キッチンの換気扇掃除は面倒くさそうで、なかなかやる気が起きないという方も多いかもしれませんね。一見難しそうに思える換気扇の掃除ですが、手順さえ分かれば重曹や市販の洗剤など、家にあるものだけで汚れを落とすことができます。この記事ではキッチンの換気扇の掃除方法や、効果的な掃除の頻度について詳しく解説します。

キッチンの換気扇を掃除するメリットは?

換気扇を掃除する人
換気扇は定期的な掃除が必要

そもそも、キッチンの換気扇を掃除することにはどの様なメリットがあるのでしょうか。換気扇を掃除せず汚れが付着したまま放っておくと、こびりついて取れにくい頑固な汚れが換気扇の内部にべったり付着してしまうかもしれません。

まずは、換気扇を掃除する3つのメリットについて紹介します。

汚れの原因は油とホコリ

レンジフードや換気扇を触ってみた時に、ベトベトした汚れがたくさん付着していて驚いたことがある方も多いのではないでしょうか。そのベトベトとした汚れの正体は、料理の際に跳ねた油です。換気扇は料理をする度に汚れがたまるので、ずっと掃除をしていない場合はかなり油汚れが付着していると考えられます。

また換気扇に付着した油に空気中のゴミやホコリが付着すると、更に落ちにくいザラザラとした厄介な汚れになってしまいます。油とホコリが混じった汚れはただの油汚れよりも落ちにくく、軽く掃除をした程度ではなかなか落ちません。できれば、ホコリがたくさん付着する前に掃除を行いたいですね。

メリット① 異音・異臭がなくなる

換気扇の掃除を行う1つ目のメリットは、異音や異臭がなくなることです。換気扇をずっと掃除していなかったり、10年以上同じ換気扇を使用していたりすると、換気扇の作動時に異音がする場合があります。以下は、換気扇から聞こえやすい4つの異音とその原因です。

  • ブォーなどの重たい音:ファンやプロペラに汚れが蓄積して重くなっている
  • キュキュキュといった乾いた音:ファンやプロペラを回す軸に塗られた潤滑油の減少
  • カラカラの様な何かが当たる音:軸ずれが発生している
  • ジーといった低い音:内部のサビ

また異音と合わせて、換気扇から異臭がすることもあります。換気扇の異臭と原因は以下の通りです。

  • タバコ臭い:換気扇にヤニが付着している
  • 油臭い:換気扇に油汚れが付着している

換気扇のスイッチを入れていないのにも関わらず、近くに行くだけで臭いがする場合は、換気扇の内部にかなり汚れが溜まっていると考えられます。換気扇の異音や異臭は内部の汚れが原因のことがとても多いです。換気扇を掃除することは、悩ましい異音や異臭の軽減にもつながるでしょう。

メリット② 電気代の節約効果あり

2つ目のメリットは、電気代が安くなることです。汚れがべっとりと付着した換気扇は運転効率がとても悪くなっているため、換気機能が低下しています。そして、換気がされないからと余計に換気扇を作動させることで、結果として電気代が上がってしまうのです。

「換気扇を掃除した位で電気代に変化があると思えない」と考える方も多いかもしれませんが、換気扇に付着した汚れを落とすことで、電気代の節約と同時に換気機能の向上も期待できます。

メリット③ 壁や床のベタつきが消える

3つ目のメリットは、壁や床のベタつきが消えることです。換気扇の換気機能が低下することで発生するデメリットは、電気代の上昇だけではありません。換気機能が低下すると汚れた空気がキッチンに充満するため、キッチンの壁や床がベタベタになってしまいます。

ワンルームなど部屋が狭い場合は、部屋中がベタベタしてしまう可能性もあります。壁や床がベタベタしているとただ拭いただけではきれいにならないため、掃除に時間がかかってしまうでしょう。換気扇を掃除して油汚れを落とすことで、日頃の掃除も楽になりますよ。

換気扇フィルターを重曹でピカピカにする方法!

換気扇のフィルター
換気扇の中は油汚れなどが付着している

換気扇のフィルターには、汚れが多く付着しています。掃除にあまり時間をかけられない時は、フィルターを掃除するだけでも油臭さを減らしたり、吸引力を強くしたりする効果があります。

換気扇のフィルターは、重曹を使用しての掃除がおすすめです。まずはフィルターの掃除方法について紹介します。

なぜ重曹なの?

では、なぜ重曹での掃除が効果的なのでしょうか。汚れを落としやすくするためには、汚れの持つ性質と反対の性質を持つ洗剤を使用することが効果的です。換気扇に付着している油汚れは酸性で、重曹はアルカリ性の性質を持ちます。酸性とアルカリ性は正反対の性質なので、酸性の油汚れにアルカリ性の重曹を使用することで汚れが中和され、落ちやすくなるのです。

また重曹は粒子が細かく水に溶けにくい性質を活かし、研磨剤としても使用することができます。重曹はアルカリ性の性質と研磨作用により、油汚れの掃除に効果を発揮するのです。

換気扇の掃除に重曹が効果的な理由
重曹は油汚れの掃除に効果がある

掃除手順①周辺の養生

換気扇を掃除する際には、まずは換気扇の周辺に新聞紙などを貼って養生を行いましょう。養生をしないと部品を取り外す際に汚れが落ち、キッチンが汚れてしまいます。

新聞紙やゴミ袋などを使用して、ガス台周辺を簡単に覆っておくことをおすすめします。

掃除手順②フィルターの取り外し

養生が終わったら、フィルターを取り外します。換気扇にはプロペラファンタイプとシロッコファンタイプの2種類があり、フィルターの取り外し方は換気扇の種類によって異なります。

プロペラタイプとシロッコファンタイプは換気扇の形状が大きく異なるので、見分け方はそれ程難しくありません。壁に扇風機の羽の様なファンがついていなければシロッコファンタイプと考えられます。

プロペラファンタイプ

プロペラタイプ
プロペラタイプ

プロペラファンタイプの換気扇は、フィルターがあるタイプとないタイプがあります。またフィルターがついている場所でも、プロペラの全面にフィルターがあるタイプと後面にあるタイプの2種類があります。

プロペラファンタイプのフィルターは、手前に引っ張ると簡単に取り外すことができるものが多いです。引っ張っても取れない場合は無理に外そうとせず、取扱説明書を確認してみてくださいね。

シロッコファンタイプ

シロッコファンタイプの換気扇
整流板がなく、下からフィルターが見えているタイプ

シロッコファンタイプの換気扇は、下から覗くとフィルターが見えているタイプと、整流板と呼ばれる板で覆われているタイプがあります。整流板がついているタイプはまず左右のストッパーを押し上げて、板を外します。

シロッコファンタイプのフィルターはネジでとまっていることが多いので、フィルターが見えたらネジをゆるめて外しましょう。ネジは手で簡単に外すことができるため、特に器具などは必要ありません。

換気扇の掃除に重曹が効果的な理由
換気扇のタイプによって取り外し方法が異なる

手順③重曹を入れたお湯につけ置き

次に、外したフィルターを重曹を溶かしたお湯に入れてつけ置きます。用意するものは以下の4つです。

〈用意するもの〉

  • フィルターが入る容器(45Lのポリ袋など)
  • 重曹
  • 50℃のお湯
  • 輪ゴム

油汚れの付着したフィルターを重曹の入ったお湯につけ置くことで、汚れを浮かせて取れやすくします。お湯に重曹を溶かして放置するだけなので、手順通りに行えば難しくありません。

フィルターのつけ置き
フィルターをゴミ袋の中で漬けている様子

つけおき方法〉

  1. 容器に50℃程度のお湯を入れる
  2. 重曹1カップをお湯に入れて溶かす
  3. フィルターを入れ、輪ゴムで袋の口をとめる
  4. そのまま1時間程度放置する

つけ置きにポリ袋を使用する場合には、ポリ袋を2重にしてシンクの中で行うと便利です。時間は目安なので、汚れ具合によって調節しても問題ありません。

フィルターのつけ置き2
ゴミ袋を利用する際は輪ゴムで口を縛ると良い

手順④ブラシでこする

つけ置きが終わったら重曹水を捨てて、フィルターを取り出します。つけ置きしたフィルターは汚れが落ちやすくなっていますので、ブラシやスポンジでこすり洗いをすることで頑固な汚れも落とすことができます。ブラシがない場合は、古い歯ブラシなども効果的です。

フィルターのつけ置き3
使い古しの歯ブラシなどで掃除すると便利

つけ置き洗いはとても効果的な掃除方法ですが、汚れがひどい場合は全ての汚れを落としきれないこともあります。きれいにならないからと無理にこすると塗装がはげる原因にもなりますので、フィルターの掃除は優しく行ってください。

手順⑤乾燥させる

掃除が終わったら、新聞紙の上にフィルターを置いて乾かします。フィルターは完全に乾いた状態で元に戻す必要があるため、風通しの良い場所に置いてしっかりと乾かします。

フィルターのつけ置き4
新聞紙の上で乾燥させると便利

フィルターは1時間程度で乾燥しますが、乾燥にかかる時間は季節や気温によって異なります。必ず水分がなくなったことを確認してから元に戻してください。

つけ置き洗いの方法
重曹でつけ置き洗いをすることで汚れが取れやすくなる

ファンも同時に掃除しよう!

フィルターを掃除する際には、ファンやレンジフードも一緒に掃除することがおすすめしです。ファンやその他の部品もフィルターと一緒につけ置き洗いをすることで、汚れを簡単に浮かせることができます。ファンはフィルターの内部にあるパーツで、先程も少し紹介した様にプロペラファンとシロッコファンの2種類があります。

  • プロペラファン:扇風機の羽の様な形をしたファン
  • シロッコファン:円筒状になっていて大きいファン

ファンの種類別の取り外し方は以下の通りです。

プロペラファン

  1. 電源をオフにする
  2. プロペラの周りにフィルターやカバーがついている場合は外す
  3. 片手で羽を抑え、片手で中心のツマミを回して外す

プロペラファンは基本的に、中央のツマミを軽くひねるだけで簡単に外すことができます。

シロッコファン

  1. レンジフードの電源を切る
  2. フィルターが見えない場合は、「整流板」と呼ばれる板を開ける
  3. フィルターを外す
  4. リング状の部品を半時計回りに回して外す
  5. ファンを押さえながら、中央のネジを時計回りに回して緩める
  6. ファンを押さえながらネジを取り外す
  7. オイルキャッチを取り外す

シロッコファンはネジなどの細かな部品で固定されています。分解後は部品を無くさないように注意して掃除を行ってください。またフィルターやファンのつけ置きをしている間に、パネルやフード部分の拭き掃除を行うと換気扇全体をきれいにすることができます。

キッチン換気扇を楽に掃除する他の方法は?

換気扇を掃除する女性
換気扇掃除には、重曹以外に別の方法もある

「換気扇掃除には重曹が効果的」と言っても、家に重曹がない場合や重曹だけでは汚れを落とせない場合もあります。換気扇の汚れは、別の洗剤でも除去することが可能です。

ここでは、重曹以外に換気扇を掃除する5つの方法を紹介します。

重曹以外の掃除方法
重曹以外にセスキ炭酸ソーダやクエン酸でも効果がある

オキシクリーン

1つ目に紹介するのは、酵素系漂白剤のオキシクリーンです。オキシクリーンは強い洗浄力で汚れを落とし、お風呂や洗面所など家中の掃除に使用できる万能洗剤です。

オキシクリーンを使用して換気扇を掃除する場合には、”オキシ漬け”と呼ばれる方法がおすすめです。オキシ漬けは重曹のつけ置き洗いと同様に、オキシクリーンを溶いたお湯に換気扇のパーツをつけてこすり洗いをする掃除方法です。つけ置き時間などは以下の掃除手順を参考にしてください。

  1. シンクまたは大きめのビニール袋に50 ℃程度のお湯をためる
  2. 付属のスプーン3杯程度のオキシクリーンを入れ、かき混ぜる
  3. 換気扇のパーツを入れる
  4. 2〜4時間程度放置する
  5. スポンジやブラシなどでこすり洗いをする
  6. 水で洗い流し、乾燥させる

オキシクリーンを使用する際の注意点

オキシクリーンは、アルミ素材のものには使用できません。アルミ素材の部品にオキシクリーンを使用するとアルミがむき出しになり、黒く変色してしまう恐れがあります。

また塗装が一部剥げている部品をオキシ漬けすると、さらに剥げてしまいます。オキシクリーンを使用して掃除を行う際には、素材と換気扇の状態を確認してから行ってください。

セスキ

他にも、セスキ炭酸ソーダを使用することでも汚れを除去できます。セスキ炭酸は重曹より強いアルカリ性の性質を持っているので、油汚れに特に効果があります。セスキ炭酸を使用した場合も、重曹やオキシクリーンと同じくつけ置き洗いが効果的です。

  1. シンクまたは大きめのビニール袋に50 ℃程度のお湯をためる
  2. 大さじ7杯程度のセスキ炭酸ソーダを入れ、かき混ぜる
  3. 換気扇のパーツを入れる
  4. 30分程度放置する
  5. スポンジやブラシなどでこすり洗いをする
  6. 水で洗い流し、乾燥させる

クエン酸

3つ目に紹介するのは、クエン酸です。クエン酸は重曹と混ぜることで中和反応が起き、泡が発生します。この泡には汚れを浮かせて落とす効果があり、重曹だけで掃除をするよりもより汚れを落とすことができます。

  1. ファンやフィルターに重曹を粉のままふりかける
  2. 15分程度放置する
  3. 200mlに大さじ1杯のクエン酸を混ぜたクエン酸水をかける
  4. 泡が収まったら汚れをブラシなどでこすり、洗い流す

灯油

少し意外に思うかもしれませんが、灯油を使用しての掃除も油汚れに効果があります。灯油を使用した掃除方法は以下の通りです。

  1. 屋外に出て新聞紙を広げ、その上にパーツを乗せる
  2. 使い古しの歯ブラシなどを利用し、フィルターやファンに灯油をこすりつける
  3. 1時間程度放置する
  4. フィルターの隙間が空いている部分を丁寧にこする
  5. パーツクリーナーを全体にかける
  6. 中性洗剤をスポンジにつけてこすり、上からお湯をかける

灯油を使用すると簡単に油を浮かせることができる反面、取り扱いには十分に注意する必要があります。灯油を扱う際は火気厳禁ですので、掃除中は絶対に火を使わないように注意してください。

市販の洗剤

また市販の洗剤を使用することでも、汚れを落とすことができます。市販の洗剤を使用する際には、油汚れに効果的なアルカリ性の洗剤を選ぶことがポイントです。ここでは、換気扇の掃除におすすめの洗剤を2つ紹介します。

おすすめの洗剤①:ワイドマジックリン

ワイドマジックリン
ワイドマジックリン 台所用洗剤 粉末 本体 400g

粉末タイプのつけ置き用洗剤です。洗剤を溶かしたぬるま湯に1時間程度換気扇のパーツをつけておくことで、簡単に汚れを浮かせることができます。値段は400円程度で、換気扇以外にもパイプのつまりなど家中の掃除に利用できます。

おすすめ洗剤②:マジックリンハンディスプレー

マジックリン ハンディスプレー
マジックリン ハンディスプレー 400ml

スプレータイプの洗剤です。シュッと一吹きするだけなので、油汚れが気になるところにかけて5分ほど放置するだけで簡単に汚れを落とせます。値段は300円程度で、コンロ周りの掃除がしにくい部分にも役立ちます。

キッチン換気扇の理想の掃除頻度は?

換気扇の掃除をする女性
換気扇はこまめに掃除することで汚れがこびりつきにくくなる

では、キッチンの換気扇はどのくらいの頻度で掃除を行えば良いのでしょうか。換気扇は掃除する場所が多くこまめに掃除することは面倒に感じますが、毎月全てパーツの掃除を行う必要はありません。

ここではパーツ別の掃除頻度のほか、掃除の頻度を減らす方法について紹介します。

換気扇をきれいに保つポイント
換気扇をきれいに保つには定期的な掃除が必要

フィルター・ファンの掃除は3か月に1回

汚れやすいフィルターやファンは、料理をする回数によって掃除の頻度が異なります。揚げ物などの油料理をすることが多い場合や、毎食料理をする場合は3ヶ月に1回を目安に。油料理が少ない場合や、一人暮らしの場合は半年に1回を目安に掃除を行うと良いでしょう。

  • 油料理が多い場合・毎日3食料理する場合:3か月に1回
  • 油料理が少ない場合・一人暮らしの場合:半年に 1回程度

フード・パネル表面の掃除は月1回

換気扇周辺のフード部分やパネルなどの表面は、料理の頻度に関わらず月に1回程度を目安に掃除を行うと汚れのこびりつきやベタベタを防ぐことができるのです。汚れが軽度の場合は、重曹水をスプレーして水拭きをするだけで汚れを取り除けます。重曹スプレーは200mlのぬるま湯に大さじ1杯の重曹を入れて、良く振って混ぜるだけで作れます。

汚れが重度の場合は、キッチンペーパーを使用した貼り付け洗いがおすすめです。貼り付け洗いとは洗剤の上からキッチンペーパーを貼り付けることで汚れを落としやすくする掃除方法で、家にあるものだけで簡単に行うことができます。汚れがかなりひどい場合は、タオルで拭き取るだけでなくスポンジなどで優しくこすってみてください。

  1. 汚れに洗剤をスプレーする
  2. 洗剤の上からキッチンペーパーを貼り付ける
  3. 15分程度経ったらキッチンペーパーをはがす
  4. 濡れたタオルなどで洗剤を拭き取る

市販のフィルターで掃除頻度を減らそう

面倒なフィルターの掃除頻度を減らすなら、市販の換気扇フィルターの装着がおすすめです。換気扇フィルターを装着することで、フィルターやファンに汚れがつきにくくなり、掃除がグッと楽になります。換気扇用フィルターを選ぶ際には、以下の3つのポイントに注目して選ぶことをおすすめします。

  • 自宅の換気扇のタイプに合っているか
  • 簡単に貼り付けられるか
  • 交換時期が分かりやすいか

換気扇用フィルターは、整流板に貼るタイプやフィルターに直接被せるタイプなど、さまざまな種類が販売されています。まずは、自宅の換気扇にサイズが合っているかを判断することが重要です。

また合わせて、貼り付け方も確認したいですね。中には、シールがついていてピタッと貼るだけで油汚れを防いでくれるタイプもあります。交換時期になると模様が浮き出てくる便利なタイプもあるので、複数の種類を比較検討してみると良いでしょう。最後に、おすすめの換気扇用フィルターを2種類紹介します。

おすすめフィルター①:東洋アルミ パッと貼るだけ深型用フィルター

レンジフードフィルター
【Amazon.co.jp 限定】東洋アルミ(TOYO ALUMINIUM) レンジカバー 白 約36x61cm 貼るだけカンタン幅60cm深型レンジフード用フィルターお徳用 9601 6個入 2個セット

裏面にシールがついていて、レンジフードにパッとはるだけでフィルターの油汚れを防いでくれる便利な商品です。しっかりとした厚みがあるため、汚れを確実に吸着します。取替時期になるとマークが現れることも嬉しいポイントです。

おすすめフィルター②:東洋アルミ プロペラ換気扇用カバー

プロペラ換気扇フィルター
東洋アルミ すっぽり覆える換気扇カバー 約37.5×35×6cm プロペラ直径20~25cmの換気扇対応 側面の汚れまで防ぐ 3093 1枚入

こちらはプロペラファンタイプの換気扇用フィルターです。ファンを上からすっぽり覆う形なので、洗いにくいファンに油汚れが付着することを防ぎます。全面だけでなく、側面までしっかりと覆える点がポイントです。

キッチン換気扇の掃除を業者に頼む

ハウスクリーニングの女性
換気扇の掃除はプロに頼むと短時間できれいになる

換気扇の掃除は手順通りに行えば自分でも掃除することができますが、油汚れがひどいため、どうしても他の場所と比べて掃除に時間がかかってしまいます。

なかなか換気扇掃除に時間をかけられない場合は、お掃除業者に掃除を依頼することがおすすめです。最後に、換気扇掃除を業者に頼むメリットや料金の相場について紹介します。

業者に頼むメリット

換気扇掃除を業者に依頼するメリットは、以下の3つです。

  • 面倒な掃除をする労力がかからず楽
  • 掃除をしてもらっている間は違うことに時間を使える
  • プロの道具と技術で質の高い掃除が可能

換気扇掃除は分解やつけ置きなどの少し面倒な作業があるため、掃除に時間がかかります。業者に掃除を依頼すると、限られた休日が掃除で終わってしまうこともありません。

また業者は家庭では用意できないプロの道具や高い技術を用いて掃除を行うため、自分では落としきれない頑固な汚れも落としてもらうことができます。掃除をするまとまった時間がとれない場合や、汚れの度合いがひどく自分での掃除が難しそうな場合は無理をせず、業者に依頼しましょう。

料金の相場

換気扇の掃除料金は、ファンのタイプによって異なります。種類別の掃除料金の相場は以下の通りです。

  • プロペラタイプ:7,000~10,000円
  • フード付きのシロッコファンタイプ:10,000~13,000円

上記の料金は目安なので、料金は換気扇の汚れ具合や業者によって変化します。掃除を依頼する際は、複数の業者を比較検討することをおすすめします。

作業時間の相場

また掃除をする時間もファンのタイプによって異なります。

  • プロペラタイプ:1~2時間
  • フード付きのシロッコファンタイプ:2~3時間

料金と同様に、作業時間も換気扇の汚れ具合や業者によって変化します。複数の業者を比較して、料金と作業時間の両方に注目すると良いでしょう。

換気扇の掃除は業者にお願いしよう!

換気扇に付着した汚れはほとんどが油汚れなので、時間が経つと油が固まり、なかなか落とすことができません。またシロッコファンがついたタイプの換気扇は分解作業が必要になるため、取り付ける順番を間違えると元に戻せなくなることもあります。

自分での掃除が難しい場合や、掃除しても汚れが落ち切らなかった場合は、一度プロに依頼してきれいにしてもらいましょう。

ミツモアで換気扇クリーニングの依頼をしよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

キッチンクリーニングをプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで換気扇クリーニングを依頼する