ミツモア

玄関ドアのひっかき傷は自分で補修できる?金属製・木製それぞれの直し方を解説

ぴったりのドア交換・修理業者をさがす
最終更新日: 2024年05月23日

玄関ドアを開閉する際に、ひっかき傷ができてしまうことも珍しくありません。小さな傷であれば、補修用のペンなどを使って自分で対処できることをご存知でしょうか。素材別の玄関ドアの補修方法と、業者に修理を依頼する際にかかる費用を解説します。

小さなひっかき傷は自分で補修できる

玄関のドアにひっかき傷ができてしまっても、傷自体が小さなものであれば自分で対処することは可能です。ドアにできたひっかき傷を補修する方法や、補修の際に必要となるアイテムを見ていきましょう。

金属製の玄関ドア補修には金属専用の補修材を

玄関のドアには、主に木製と金属製の2種類が存在します。ドアの素材によって補修に使うアイテムが違ってくるため、違和感のない仕上がりにしたいなら、金属製のドアに木製向けのアイテムを使うのは避けましょう

アルミや鋼といった金属製のドアの場合、金属専用のアイテムを使った方がきれいに傷を補修できます。マニキュアのような筆で細かく塗れる塗料であれば、小さな傷にも手軽に利用できるのがメリットです。

補修用のペンを使って傷を隠すなら、金属専用のものがないか探してみましょう。アルミ製のドアであれば、車のボディの傷を消す際に使われるコンパウンドを試してみるのもおすすめです。

木製の玄関ドア補修には補修ペンがおすすめ

木製のドアにひっかき傷が付いてしまったら、補修用のペンを使って色を塗るのが一般的な方法です。傷をなぞるようにして上から何度も色を塗り重ねていき、ひっかき傷が目立たないように隠していきます。

ドア本体と似たような色のペンを選んでも実際に塗ると浮いて見える場合もあるため、まずは目立たないところに塗って確認しましょう。始めから濃い色を使わず、薄い色から塗って試していくのも、失敗を防ぐポイントです。

傷消し用のアイテムには、比較的扱いやすいクレヨン状のものも販売されています。ひっかき傷が深く色を塗るだけでは隠せないなら、木工パテを使ってすき間を埋める方法も効果的です。

玄関ドアの傷の補修をプロに依頼した方がよいケース

玄関ドアに凹み傷や広範囲にわたる傷ができた時は、プロの業者に依頼するのが無難です。業者選びの際には、料金の相場を比較できるよう見積もりを取りましょう。

玄関ドアの補修の相見積もりをする

凹み傷

木製のドアの場合、普段の生活の中でドア本体に凹みができてしまうこともあります。たとえ小さな凹みであっても初心者が直すことは難しいため、凹み傷ができたら業者に修理を依頼するのが基本です

ドアに何かをぶつけてしまったり、強い衝撃がかかったりすると凹みができる原因になります。ドアの構造によっては、ドア本体に穴が開くこともあるため注意が必要です。

木製ドアには軽い衝撃でも凹みが生じる可能性があるため、傷を完全に防ぐことはできません。固いものを直接ぶつけないように意識するなど、ドアに凹みを作らないよう日頃から気を付けましょう。

広範囲の傷

ひっかき傷に限らず、玄関ドアの傷付いた部分が広範囲にわたっていると、補修の難易度は高くなります。自分で直そうとしてもかえって見た目が悪くなる恐れがあるため、ドアに大きな傷ができたら、業者に修理を依頼しましょう。

塗装がはがれたり、穴が広がったりと、大きな傷は毎日ドアを開閉しているだけでも広がりかねません。そのまま放置していると余計に見た目が悪化する可能性があるので、なるべく早めに業者を選びましょう。

それほど傷が大きくなくても、自分で対処するのが難しいと感じたらプロに任せた方がきれいに傷を補修できます。玄関ドアの状態をさらに悪化させないためにも、早めの対処が重要です。

玄関ドアの傷補修にかかる費用

プロの業者にドアの補修を依頼するなら、傷の程度によって料金には大きな差が生まれます。浅いひっかき傷や小さな凹みなどの傷であれば、比較的簡単に直せるため、約2~5万円が相場です

傷の範囲が広く、全体的に塗装が必要なケースでは約5~15万円程度の費用がかかります。ドアの素材や傷の大きさによって料金が異なるため、あくまでも目安として覚えておきましょう。

いくつも傷があったり、傷の範囲が広かったりする場合は、修理ではなくドアの交換も検討します。ドアの交換は大規模な工事であり、新しいドアの料金も発生するため、高額な費用がかかることに注意が必要です。

玄関ドアの素材を確かめてひっかき傷の補修をしよう

毎日繰り返し開け閉めする玄関のドアは、よく使う分自然と傷ができやすくなる場所でもあります。ドアにひっかき傷が付いてしまったときは、まずドアの素材を確認してから補修できるかどうかを判断しましょう

玄関ドアの素材には木や金属がよく使われており、金属製のドアには金属専用のアイテムを使うのが一般的です。きれいに仕上げるためには、ペンやクレヨンなどの使いやすい補修アイテムを選ぶ必要があります。

傷が深かったり範囲が広かったりする場合は、無理に自分で直そうとせずプロの業者に修理を依頼するのもよい方法です。ドアの傷を補修する際の相場を知り、信頼できる業者を選んで早めに対処しましょう。

玄関ドアの補修を依頼する

簡単1分!見積もり無料!