ミツモアロゴ
ミツモアメディア

洗濯機の底から水漏れ?自分で修理する方法と水漏れ対策を解説!

最終更新日: 2020年11月04日

ふと気がつくと洗濯機の下に水たまりができている、そんな経験をしたことはありませんか?真っ先に思いつくのが、洗濯機本体からの水漏れです。しかし必ずしも、本体が原因とは言い切れません。今回は洗濯機の水漏れ原因や修理方法、対策方法、水漏れを放置することで起こるトラブル、修理業者の選び方について説明します。

洗濯機の底から水漏れする原因は?

洗濯機の底から水漏れする原因は?
洗濯機の底から水漏れする原因は?

洗濯機の周りが水浸しになっていたときは、以下の箇所と原因を疑ってください。

水漏れ箇所 考えられる原因
洗濯機本体 ・部品の劣化
・部品の破損
・ゴミの詰まり
蛇口 ・ナットの緩み
・パッキンの劣化
給水ホース ・ホースの長さ不足
・パッキンの劣化
・接続部分のズレ
排水ホース ・ホースの劣化
・ホースの破損
・逆勾配
・ゴミの詰まり
ニップル ・接続部分の緩み
・ネジの緩み
・ニップルの劣化
排水管のエルボ部分 ・排水口とエルボの差し込み方が不十分
・サイズが合っていない
・エルボの劣化

ドラム式洗濯機の場合は、ドアのパッキンが劣化することで、ドアから水漏れすることがあります。

【箇所別】洗濯機の水漏れを自分で修理する方法

【箇所別】洗濯機の水漏れを自分で修理する方法
洗濯機の水漏れを自分で修理する方法は?

洗濯機の水漏れ修理を業者に依頼せず、自分で修理することも可能です。修理方法を下記の箇所別に説明します。

  • 洗濯機本体
  • 蛇口
  • 給水ホース
  • ニップル
  • 排水ホース
  • 排水管のエルボ部分

それぞれの修理方法を参考に、自分で修理可能かチェックしてみましょう。もし自分で水漏れを修理できれば、業者に依頼するよりも費用を安く抑えることができます。

洗濯機本体から水漏れ

洗濯機本体から水漏れが生じた場合、まずは洗濯機本体の洗剤投入口やフィルター部分を掃除してみましょう。次にホースと本体の接続部分を確認します。接続部分が緩んでいないか、ホースのサイズが合っているかを確認してください。洗濯機本体や接続部分を掃除する際は、必ず水道の蛇口を閉めてからおこないましょう。

ドラム式洗濯機の場合は、ドアのパッキンを確認します。ドアのパッキンが劣化し、破損していたら自分で修理することは不可能です。また水道業者も対応できませんので、洗濯機メーカーに連絡をして、部品の交換を依頼してください。

蛇口からの水漏れ

洗濯機の蛇口から水漏れが生じた場合は、以下の手順で掃除をすることで、水漏れが改善されます。

  1. 止水栓を閉め、根元にタオルをあてて、蛇口を回し残留水を出す
  2. 蛇口本体を回し、蛇口を外す
  3. 歯ブラシを使用して、給水管の掃除をおこなう
  4. 水漏れ部分にシールテープを巻く ※回数は4〜5周を目安にし、段差ができないように巻く
  5. 蛇口を取り付けて完了

事前に「モンキーレンチ」「シールテープ」「歯ブラシ」「タオル」の用意が必要です。また止水栓を閉めてから作業を始めましょう。

給水ホースからの水漏れ

給水ホースからの水漏れ
給水ホースからの水漏れを修理する方法

給水ホースから水漏れが生じた場合、2つ原因が考えられます。1つ目はニップルと給水ホースの間からの水漏れ。2つ目は洗濯機側の給水ホースからの水漏れです。それぞれの修理方法を説明します。

ニップルと給水ホースの間から水漏れ

ニップルと給水ホースの間に起こった水漏れは、給水ホース側に原因がある可能性が高いです。給水ホース内のパッキンが劣化していないか確認しましょう。

またパッキンにホコリやゴミが詰まっている場合も、水漏れの原因になるため、定期的に掃除をしてください。

洗濯機側の給水ホースから水漏れ

洗濯機側の給水ホースから水漏れが起こった場合、ホース接続部分のネジが緩んでいるか、パッキンの劣化が原因です。ネジが緩んでいる場合はネジを締め直し、パッキンが劣化している場合はパッキンを交換することで、水漏れが改善されます。

ニップルからの水漏れ

ニップルから水漏れが生じた場合は、新品へ交換することをおすすめします。なぜなら古いニップルを修理することは難しく、修理しても水漏れが再発する可能性が高いからです。ニップルの交換方法は下記を参考にしてください。

  1. ナットを外す
  2. 新しいパッキンに交換する
  3. 新しいニップルに交換する
  4. 外したナットを再び締める

蛇口の先端部分が変形している場合は、オートストップ付きのニップルがおすすめです。オートストップ付き機能があると、給水ホースが外れても床が水浸しになるのを防げます。

排水ホースからの水漏れ

排水ホースから水漏れが生じた場合には、新しいホースに取り換える必要があります。なぜなら劣化していたり破損していたりする可能性が高く、その場合は修理が難しいからです。交換方法については、下記で説明します。

  1. 洗濯機とホースの接続部分を緩め、排水ホースを外す
  2. 新しいホースを取り付ける
  3. 古いホースを外した時とは、逆の手順で新しいホースを取り付ける
  4. 排水エルボと排水ホースを繋ぐ
  5. 排水エルボを排水口に取り付け完了

排水ホースは、ホームセンターで購入することができます。

排水口のエルボ部分から水漏れ

排水口のエルボ部分から水漏れ
排水口のエルボ部分からの水漏れを修理する方法

排水口のエルボ部分から水漏れしている場合、ホースとエルボの間、もしくはエルボのネジと排水口の間、どちらかが原因です。ホースとエルボの間に原因がある場合は、ビニールテープホースとエルボをしっかり巻いて固定します。

エルボのネジと排水口の間が原因なら、エルボのネジを締め直すことで改善されるでしょう。また排水ホースの差し込み部分が緩んでいることも考えられます。エルボ部分から水漏れが生じた際には、この2点に注意して点検してみてください。

洗濯機の水漏れを防止するための対策

洗濯機の水漏れを防止するための対策
洗濯機の水漏れを防ぐには?

洗濯機の水漏れを防止するために、対策をしましょう。具体的な対策方法は下記になります。

  • 洗濯物のを入れ過ぎない
  • 水道の蛇口は閉める
  • 洗濯機内の掃除をする
  • 部品の接続部分を点検
  • 排水ホースの勾配を確認
  • 防水パンを設置する

それぞれの対策方法を詳しく紹介します。事前の対策をして、洗濯機の水漏れを防ぎましょう。

洗濯物の入れ過ぎに注意する

洗濯機に洗濯物を入れ過ぎないように注意しましょう。なぜなら洗濯機は、洗濯できる容量が決まっているからです。容量オーバーで洗濯機を回すと、モーターに過剰な負担がかかり、故障の原因になります。

モーターが故障すると、洗濯機の振動が大きくなるため、排水ホースや給水口に悪影響が出てくるのです。その結果、洗濯機の水漏れに繋がります。洗濯物が多い場合は、複数回に分けて洗濯することで、モーターの負担を減らすことができます。

水道の蛇口は閉める

洗濯機を使用してない時は、水道の蛇口を閉めましょう。なぜなら蛇口を開けたままの状態にすると、給水ホースやニップルに負担がかかるからです。蛇口を開けた状態にしても、水が出ることはありませんが、常に給水ホースやニップルに圧力がかかります。

結果として、給水ホースやニップルの劣化を早め、故障の原因になるのです。もし蛇口が開いたままの状態で水漏れすると、家の中が水浸しになるだけはなく、高額な水道代を請求されます。最悪のケースを避けるためにも、洗濯機の蛇口は閉めるようにしましょう。

洗剤投入口・フィルターをこまめに掃除する

髪の毛やホコリ、洋服から出る糸くずが洗剤投入口とフィルターに溜まり、水漏れの原因になります。こまめに掃除をすることで、洗濯機の水漏れを防ぐことができます。フィルターは洗濯機を使用する度に、掃除をしましょう。

洗剤投入口は、月に1度は掃除してください。こまめに掃除をすることで、水漏れを防げるだけでなく、洗濯機を清潔に保つことができます。

部品ごとの接続部分を点検する

洗濯機のニップルやエルボは、部品の接続部分になるため、緩みや劣化が起きやすいです。定期的に点検することで、水漏れを防止することが可能です。劣化が目立つ場合は、必要に応じて早めに交換するようにしてください。

また接続部分だけでなく、各ホースも劣化しやすいパーツです。接続部分を点検する際にはホースも併せて、劣化状態を確認しておきましょう。

排水ホースの勾配を確認する

洗濯機の水漏れを防ぐには、排水ホースの勾配を定期的にチェックすることが必要です。なぜなら洗濯機の振動で、排水ホースが動いてしまい、逆勾配になる可能性があるからです。洗濯機の排水ホースが逆勾配だと、水が逆流してオーバーフローします。

また排水できず、ホース内にゴミや汚れが蓄積されるので、ホースが詰まる原因にもなります。定期的に掃除をしても、勾配が不十分だと、すぐに水が逆流してオーバーフローします。そのため排水ホースの勾配を、定期的に確認するようにしてください。

防水パンを設置する

直接的に水漏れを防止する方法ではありませんが、防水パンを設置すると水漏れ防止に役立ちます。なぜなら防水パンで洗濯機を持ち上がり、排水ホースの勾配やエルボ部分の点検がしやすくなるからです。

もし水漏れが置きてしまった場合、洗濯機を床に直置きするよりも、防水パンを設置することで洗濯機の故障を防ぐこともできます。防水パンを設置していない場合は、洗濯機の点検や掃除がしやすくなるのでおすすめです。

洗濯機の水漏れを放置するのは危険?

洗濯機の水漏れを放置するのは危険
洗濯機の水漏れを放置するとどうなるの?

洗濯機の水漏れ原因や修理方法、予防方法を解説しました。ここでは洗濯機の水漏れを放置することで、どのような悪影響があるのかを説明します。アパートやマンションに住んでいる方は、特に注意が必要です。水漏れを放置する危険性を把握して、早めに対処しましょう。

水が下の階に浸水する

マンションやアパートに住んでいる場合、水漏れを放置すると、水が下の階に浸水する可能性があります。下の階へ浸水してしまうと、住人への謝罪だけではなく、賠償金を請求されることがあります。

被害状況によって異なりますが、家具や電化製品、天井のシミ、床のフローリングの賠償金が数百万円になることも。そのような事態が発生した場合は、直ちに管理会社や水道業者、電力会社、保険会社へ連絡しましょう。

このような事態を引き起こさないためにも、洗濯機の水漏れは放置せず、早めの対処が必要です。

床にカビが発生する

床の掃除を放置するとカビが発生し、フローリングが傷む可能性があります。洗濯機の水漏れが発生したら、床の表面に水がなくなるまでしっかりと掃除しましょう。

またフローリングの溝を拭き残すと、カビの原因になります。そのため床を掃除する際は、フローリングの溝に、水気がなくなるまで拭き取りましょう。水を拭き取ったあとにアルコール消毒をすると、カビの原因になる雑菌の繁殖を防ぐことが可能です。

水漏れ後の床掃除はしっかりやる

水漏れした後の、床掃除が十分にできていないと「シミ」「腐敗」「シロアリ」の原因になります。シミや腐敗、シロアリの発生を防ぐには床の表面に水気がなくなるまで掃除をしましょう。

床の表面に水気がなくなったら、アルコールで床の消毒をします。アルコール消毒をすると、雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。ただアルコール消毒をする場合は、床の色が変色してしまう可能性があるので注意が必要です。

床の材質がアルコールによって変色しない材質か、確認してからアルコール消毒をしましょう。

洗濯機の水漏れを業者に依頼する場合

洗濯機の水漏れを業者に依頼する場合
洗濯機の水漏れを業者に依頼する

洗濯機から水漏れした際に自分で修理する方法を紹介しましたが、素人には難しく修理できないこともあります。忙しくて水漏れを修理する時間がない方や、修理道具がない方はプロに依頼するのがおすすめです。

プロの業者に依頼すれば、原因を追求し、適切に修理することができます。ここでは業者に修理を依頼する場合の流れや料金、選び方について説明します。

業者に依頼するまでの流れ

水道業者へ依頼するまでの流れは下記を参考にしてください。申し込みから作業完了までの流れを紹介します。

  1. 業者を選び、修理を申し込む
  2. 業者側が作業スタッフを手配し、派遣
  3. スタッフが自宅に到着
  4. 水漏れ箇所を確認し、見積りや作業内容の提示
  5. スタッフによる修理作業
  6. 支払いをして完了

洗濯機本体の水漏れに関しては、水道業者ではなくパナソニックや日立、ハイアールなど、洗濯機のメーカーに直接問い合わせてください。保証期間内なら無料で修理できるメーカーもあります。「4.見積りや作業内容の提示」までは無料の業者がほとんどです。

水漏れ修理の料金相場

同じ水漏れ修理でも、修理する箇所によって料金は大きく異なります。以下の表を参考にしてください。修理箇所を「蛇口」「排水ホース」「排気口」の3つに分けて料金相場をまとめてあります。

蛇口の水漏れ修理料金

修理箇所 作業費 その他
ハンドル 6,000〜8,000円 パッキン交換:1,000円~3,000円

※コマパッキンやスピンドル交換が必要な場合あり

ニップル 6,000〜8,000円 ニップル交換:1,000円~4,000円

蛇口交換:7,000円~20,0000円(蛇口交換が必要な場合)

壁とのつなぎ目 8,000〜13,000円 蛇口代9,000円~25,000円

※取り付ける蛇口タイプにより値段が変わる

蛇口中央 3,000〜5,000円 パッキン交換:1,000円~3,000円
蛇口とホースの付け根 3,000〜5,000円 ニップル・蛇口交換代:4,000円~8,000円 

給水ホース交換:2,000円~4,000円

※料金は作業費のみです

排水ホースの水漏れ修理料金

作業内容 作業費 部品代
亀裂の修理 4,000〜8,000円 部材代:3,000円
ホースの交換 5,000〜7,000円 ホース部品代:2,000円~4,000円

排気口の水漏れ修理料金

作業内容 作業費
排気口のつまり除去 8,000〜12,000円

※薬剤・ポンプの使用があれば、別途費用がかかる

排気管のつまり除去 25,000〜50,000円

※高圧洗浄の場合

業者によっては、出張費がかかることもあります。部品の交換が必要な作業は、部品代が別途でかかります。

信頼できる水道業者の選び方

信頼できる水道業者の選び方を紹介します。以下のポイントを抑えて、業者選びに失敗しないようにしましょう。

  • 地域密着であるかどうか
  • 料金が安過ぎないか
  • 実績はあるか

地域密着型の業者はトラブルが起きた時、すぐに駆けつけてくれます。水漏れは早めに処置することが大切なので、自宅から近い水道業者を選びましょう。料金はできるだけ抑えたいところですが、極端に安い業者は注意が必要です。

質の悪い材料を使用していたり、工事が雑だったりします。そのため適正価格で、修理実績が豊富な業者を選びましょう。料金や実績はネットで調べることができます。

水漏れ修理のプロ探しはミツモアがおすすめ

地域のプロを探す際はミツモアの一括無料見積もりをご利用いただくと手間なくご自身の希望通りの業者を見つけることが可能です。

ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで無料で見積もってみる

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで洗濯機の水漏れ修理を依頼する