ミツモアメディア

6畳のクロス(壁紙)の張替え費用の相場は?専門業者を選ぶポイントも

最終更新日: 2024年06月28日

「子ども部屋を寝室にしたいので、クロス(壁紙)の色を暗くしたい。」

「タバコの煙で黄ばんできたのでクロスを張り替えたいけど、どれくらい費用がかかるのか気になる。」

そんな悩みのある人に向けて、6畳の部屋のクロスを張り替える際の費用相場について、専門の張替え業者を選ぶポイントも含めて解説します。

6畳のクロス(壁紙)の張替えにかかる費用相場

6畳のクロス(壁紙)の張り替えには約46㎡のクロスが必要で、費用の相場はクロスの価格と施工費用をあわせて40,000〜100,000円です。

シンプルな色柄で安価な「量産型(1㎡あたり1,000円~1,200円)」と、デザイン性や機能性に優れた「標準型(1㎡あたり1,300〜1,900円)」、高級和紙などを使ったオーダーメイドの「高級型(1㎡あたり2,000~2,500円)」で比較すると、下記のとおりです。

クロスの種類 量産型 標準型 高級型
費用相場 40,000~48,000円 52,000~76,000円 80,000~100,000円

ただし6畳のクロスの張り替えに伴う費用相場は、施工面積やクロスの単価などに影響があります。張り替える場所が「壁面だけ」か、「天井を含める」かによって大きく変わるので注意が必要です。

6畳のクロスの張替え時にかかる諸経費

6畳のクロスの張替えにかかる費用はクロスそのものの単価や施工費用だけでなく、以下のような10,000〜100,000円の諸経費がかかります

家具や家電の移動費用

6畳のクロスを張り替える際にかかる費用相場は、家具または家電を置いていない空き部屋を想定しています。それに伴ってタンスや冷蔵庫といった家具・家電を設置している場合、別途移動費用がかかるケースもあるので、注意しましょう。

破損や穴の補修費用

クロスを張り替えるとき、カビや穴が下地まで達している場合、下地の修理が必要です。それに伴い、張替え費用のほかに20,000〜30,000円の補修費用がかかります

あわせて家の築年数が30年を超えると、経年劣化の影響で別途補修または入れ替え工事を行う費用があり、別途20,000〜100,000円かかるケースもあるので業者に現地調査を依頼しましょう。

なお日常生活に発生した汚れや傷は自然消耗によるため、補修費用を負担する必要はありません。

周りのクロスや柱を傷つけないための養生費

クロスの張替えに伴って、家具または家電を移動する際に床や手すり、コンセントなどを傷つけないように養生シートをテープで固定する作業が発生します。それに伴って養生費用が別途発生する場合があります。見積もりを取る際、張替え費用に養生費が含まれているか確認しましょう。

剥がしたクロスの撤去費用

張替え業者に剥がしたクロスの撤去を依頼すると、5,000〜15,000円の撤去費用が発生する場合があります。ただし、業者によって料金体系が異なることがあるため、見積もりをとる段階で撤去費用がかかるか、問い合わせをしてから依頼しましょう。

自分で6畳のクロスを張り替える際の費用相場

少しでも6畳のクロスの張替えにかかる費用を抑えたい人は、自分でDIYをやることも選択肢のひとつです。ハケやカッターなど必要な道具を用意したうえで、自分でクロスを張り替える際の費用相場は20,000〜30,000円です。自分でDIYしたときと業者に依頼したときの費用相場を比較すると、下記のとおりになります。

DIY(自分) 業者に依頼(量産型) 業者に依頼(標準型) 業者に依頼(高級型)
費用相場 20,000〜30,000円 40,000~48,000円 52,000~76,000円 80,000~100,000円

張替え業者に依頼するケースよりも、自分で6畳のクロスを張り替えたほうが、20,000〜70,000円安くなりますが、作業を完了するのに半日から1日半ほど時間がかかります。

加えて自分で張り替えようとすると、下地を痛めてしまったり、気泡やすき間ができてしまったりして失敗するリスクが高まり、その分費用と時間がかかります。

時間をかけてもなかなか上手にクロスを張り替えるのが難しいときは、無理をせず張替え業者に依頼しましょう。

張替え業者に6畳のクロスの張替えを依頼する際のポイント

張替え業者に6畳のクロスの張り替えを依頼するとき、複数の業者から見積もりを取るだけでなく、下記のポイントを踏まえて業者を選ぶことが大切です。

施工実績が豊富にあるか

依頼先は大手だから安心というわけではありません。状況によっては臨機応変に対応してもらえないケースがあります。クロスの張替え業者を決める際は、ホームページや比較サイトなどで施工実績を豊富に発信している業者を選びましょう

あわせて口コミなどで顧客の事情や都合を優先してもらえたり、多少のトラブルに無償で対応してもらえているか、確認するのもおすすめです。

明確な料金プランを提示しているか

クロスの張替え業者から見積書を受け取ったとき、クロスや施工費用だけでなく、養生費や天井部分を含めた金額で提示されているか確認しましょう。天井部分を含めてクロスの張り替えを依頼する際、別途費用がかかる可能性があり、トラブルが発生する可能性があるからです。

加えてクロスの張り替えた後、仕上がりが凸凹だったり、クロスの継ぎ目が開いたりするといった手直しが必要になるケースも考慮し、施工費用にアフターサービスや補償料金が含まれているかチェックしましょう。

メリットとデメリットを説明してもらえるか

張替え業者による豊富な取り扱い事例とあわせて、クロスを張り替える際のメリットとデメリットをしっかり説明してもらえる業者を選ぶことも大切です。自分でやるよりもプロの業者に依頼したほうが仕上がりが良く、張り替えを完了するまでのスケジュールを提示してもらえます。

その一方で、大規模にクロスを張り替えると時間と費用がかかり、進捗次第では自分の部屋が使えず、ホテルなどへの宿泊費用が発生する可能性もあります。張り替え業者から丁寧に説明してもらえることで、安心して依頼できます。

素材のサンプルを提示してもらえるか

色や柄にこだわりを持っている人は、見積もりを取る際にクロスの張替え業者から素材のサンプルを提示してもらえるか確認しましょう。業者によっては建築士などのプロに相談することができ、クロスの色やデザイン、素材などのアドバイスをもらえます。サンプルや実例などを確認しながらニーズに合ったクロスを決められるので、安心して依頼できるでしょう。

6畳のクロスをきれいに張り替えたいならプロに相談を

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

6畳のクロスに張り替える際の費用相場について解説しました。業者に依頼すると40,000〜100,000円かかり、自分で張替え作業をするときよりも20,000円以上高くなりますが、きれいに仕上がる保証はありません。あまりお金をかけず、きれいに仕上げたい人は、プロの張り替え業者に相談しましょう。

ミツモアなら、物件の種類やクロスを張り替える場所など、簡単な質問に答えるだけで、最大5つの業者から見積もりが届きます。料金や施工内容などを比較したうえで最適な業者を選べるので安心です。

ミツモアで6畳のクロスの張替えを依頼する