ミツモアロゴ

請求書の支払期限とは?発行側・受領側に分けてくわしく解説!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年07月31日

フリーランス・個人事業主として独立すると、会社員時代とは違い、営業から会計処理まで、すべて自分でやる必要が出てきます。そして、クライアントへの請求書の発行も、個人事業主がやらなければいけない重要業務のひとつ。そして請求書に関しては、「支払期限」についてしっかり押さえておかないといけません。この記事では、請求書の支払期限の設定や書き方、関連する法律などについて解説します。

請求書の支払期限はいつに設定する?

請求書の支払期限はいつに設定する?
請求書の支払期限はいつに設定する?

個人事業主・フリーランスとして請求書を発行する際に悩まれることが多いのが、「支払期限」をいつにするかです。支払期限というのはその名の通り、請求書で請求した金額を、取引先が支払わなければいけない期日のことを指します。本項ではまず、請求書の支払期限の設定について詳しく見ていきましょう。

請求書の締め日と支払日とは

個人事業主が発行する請求書で大事な項目となるのが、「締め日」と「支払日(支払期限)」です。締め日というのは、「この日までの納品分(あるいは業務時間)を一区切りとして、その分の金額を請求します」というサイクルの区切りとなる日付のこと。

たとえば、締め日が毎月15日であれば、前月16日から当月15日までに納品した分の金額を1サイクルとして、請求書で請求することになります。

一方支払日とは、請求書で請求した金額を取引先が支払う日付のことです。例として「締め日が毎月15日、支払日が翌月月末」というサイクルで考えてみましょう。この場合、たとえば2月16日~3月15日までに納品した仕事の分を請求書で請求すると、4月30日に取引先から銀行口座へ支払いがあることになります。

請求書の支払期限に関する法律

請求書の支払期限に関する法律として、「下請代金支払遅延等防止法」というものがあります。この法律では、クライアントが支払うべき支払期限の目安として、「役務(つまり納品した仕事)の提供を受けた日から60日以内で、かつできる限り短い期間内」と定められています。

こちらに支払期限を決める権限がある場合は、この規定の範囲内で定めるのが理想です。

請求書の支払期限はいつでも良い?

請求書の支払期限は、取引先との了承があれば、いつに設定しても構いません。「月末払いじゃないといけない」「締め日は月末が原則」といったルールはありませんが、一般的には月末締め翌月末払い、もしくは翌々月末払いが多いようです。

年末年始や土日を挟む場合

請求書の支払期限として避けたほうがいいのが、年末年始や土日祝日です。年末年始や土日は金融機関が休みのことが多いので、その前後に支払期限をずらすことをおすすめします。事前に取引先と「普段の支払期限が土日に重なるときは直前の平日に支払い」「年末年始は特別に翌月5日に支払い」などといったルールを決めておくと無用なトラブルを避けられるでしょう。

請求書への支払期限の書き方

上の画像は、実際の請求書の例になります。請求書に支払期限を書く際は、基本的に上記画像④のところにあるように、請求日(請求書の発行日)とセットで日付を記載しましょう。支払期限を書く位置について決まりがあるわけではありませんが、こちらの参考例のように、請求書の上のほうに記載したほうが相手に親切です。

受領した請求書の支払期限が短い!どうする?

受領した請求書の支払期限が短い!どうする?
受領した請求書の支払期限が短い!どうする?

個人事業主・フリーランスと言えども、いつだって請求書を「発行する側」だとは限りません。フリーの編集者や個人でデザイン事務所を運営している場合、ライターやデザイナーへ仕事を外注して請求書を「受け取る側」になることもあるのです。請求書を受領する側となった場合の支払期限について解説します。

支払期限が早すぎる場合は先方へ確認を

事前の取り決めなどがない場合、請求書の支払期限は発行側が設定することになります。しかし受け取った請求書の支払期限が3日後など、短すぎる場合はすぐに対応するのが大変ですよね。このような場合は、支払期限を変更してもらえないか、電話やメールで先方へ確認しましょう。

支払期限を過ぎてしまった場合の対応は?

受領した請求書の支払期限を忘れていたり請求書の到着が遅かったりなど、支払期限を過ぎてしまったときはすぐに発行側のフリーランスへ連絡することが大切です。そしていつまでに入金できるかをはっきり知らせるようにしましょう。

支払期限が書かれていない場合は?

請求書に支払期限が記載されていないケースもよくあります。もらった請求書に支払期限が書かれていない場合、相手が下請けの場合は受領した60日以内に支払うようにしてください。それ以外の場合は原則としていつになっても良いのですが、信頼関係を深めるために支払日をきちんと連絡すると親切です。

まとめ

まとめ
まとめ

個人事業主になると、お金まわりのことを自分でやる機会が一気に増えるため、独立したての方は迷ってしまうことも少なくないと思います。そうした中、請求書の支払期限については本記事の内容を参照すれば、大抵の疑問はクリアできるはず。請求書を発行する際は、ぜひ今回の内容をもとに、適切な支払期限を設定するようにしてくださいね。

顧問税理士を探すならミツモアで

ミツモア ロゴ
税理士探しはミツモアで

個人事業を営む上で忘れてはいけないのが税務申告。どんなに売上・利益があがっても、税金の申告を忘れてしまうと後々追徴課税に苦しむことになりかねません。

とはいっても「忙しくて税理士探しまで手が回らない」という方もいらっしゃるのでは。

そんな方におすすめなのが、事業者マッチングサービスのミツモア。利用料無料で、複数の税理士事務所から見積もりを取得できるので、空き時間を利用して簡単に税理士さんと出会えますよ。