ミツモアメディア

排水管の清掃を自分で行う方法と清掃業者に依頼するメリットを紹介

最終更新日: 2022年08月19日

排水管は汚れが蓄積されやすいため、日頃から小まめな清掃をしましょう。排水管のある場所と汚れの原因、そして汚れを放置した場合のトラブルや、自分で出来る排水管の清掃法を解説します。また業者に依頼するメリットや、選び方も見ていきましょう。

排水管の主な場所と汚れの原因

キッチン下の排水管

排水管は家のどこに配置されており、どのような原因で汚れが付着するのでしょうか。排水管がある主な場所と、場所ごとの汚れの原因を解説していきます。

キッチンの場合

料理や洗い物などで使用するキッチンの排水管は、家の中でも特に汚れがたまりやすい場所の一つです。

油汚れや残飯・洗剤カスなどの、細かい汚れが蓄積していくと、悪臭や詰まりの原因になり得ます。なかでも油は冷えると固まる性質があり、排水管内にこびり付くので、厄介な汚れといえるでしょう。

特に水の流れが悪いときは、排水管の清掃が必要なサインです。封水が切れることで発生する悪臭も、排水トラップの汚れによる水の遮断が原因で発生します。

洗面所・風呂の場合

洗面所や風呂の排水管も、定期的に清掃をしないと汚れが蓄積されてしまいます。

主な汚れの原因としては、髪の毛や皮脂汚れ・石鹸カス・歯磨き粉・整髪料などが挙げられるでしょう。これらの固形物はお湯や水では流れきらずに、排水管の内部に残ってしまう場合があります。

日常的に洗面所や風呂を利用しているときは、問題なく排水されるため、排水管の汚れに気が付かないケースも少なくありません。しかし汚れは確実に蓄積されていくため、トラブルが発生する前に、清掃するようにしましょう。

洗濯機の場合

見落としがちなのが、洗濯機の排水管です。排水口の周りに蓄積されたほこりなどが流れ込み、排水管を汚す場合があります。また洗濯時に発生する洗剤カスや糸くずが、排水管の中で詰まると、トラブルにもつながりかねません。

そのため糸くずフィルターや排水フィルターだけでなく、排水口周りや排水管についても定期的な清掃が必要になります。

排水管の汚れを放置するとどうなる?

排水口に水が流れ込んでいる

排水管の汚れを清掃せずに放置していると、どのようなトラブルが発生するのでしょうか。代表的な2つのトラブルを紹介します。

排水管が詰まってしまう

排水管の内部にゴミや汚れが蓄積されると、水はけが悪くなる、水が流れなくなるといった詰まりの原因になります。

詰まりが悪化すると水やお湯が逆流したり、劣化部分から漏水したりする可能性があり、染みやカビになってしまうかもしれません。最悪の場合には、損害賠償などのトラブルに発展する可能性もあります。そのため排水管が詰まったときは、早急な対処が必要です。

詰まりを予防するために、受け皿などで固形物が流れないように工夫するのも、1つの手です。

排水管から悪臭がする

排水管の内部に蓄積された汚れが原因で、雑菌が繁殖して悪臭がするケースも、少なくありません。特に髪の毛や油、食べカス、皮脂、石鹸カスなどは、雑菌の餌になるため注意が必要です。

排水口の近くには、水をためて臭いが漏れるのを遮断する、排水トラップという仕組みがあります。この周辺に汚れがたまると水がなくなり、排水トラップが機能せずに、悪臭が漏れ出てしまいます。

このような臭いのトラブルも、排水管の清掃により解消可能です。

関連記事:

今すぐできる排水管の汚れ対策

使用済みの油を固めている

あらかじめ排水管に汚れが付かないようにするために、どのような方法が有効なのでしょうか。今すぐにできる、排水管の汚れ対策を紹介します。

排水口ネットを活用する

市販の排水口ネットを活用すれば、排水管に汚れが流れるのを防いで、悪臭や詰まりを予防できます。

排水口に取り付けて、汚れがたまったら取りかえるだけなので、手間が少なくてストレスもありません。100円ショップなどで簡単に入手できるのも、うれしいポイントです。

シンクのゴミ受けはもちろん、洗面所や風呂に使える商品もあるため、各場所に合わせて対策しましょう。

油やゴミなどの固形物を流さない

料理や洗い物などで発生する油は、冷えると排水管の内部で固まり、そのままこびり付いてしまいます。

油は排水口ネットで対処できないため、揚げ物などで使ったときは、そのまま流さずに固めて捨てるようにしましょう。食器やフライパンなどに、油がこびり付いているときは、新聞紙やキッチンペーパーで、しっかりと拭き取るようにします。

また詰めかえ用の洗剤・シャンプーの切れ端など、水に溶けない固形物は詰まりの原因にになります。流さないように注意してください。

自分で排水管を清掃する方法

掃除用の洗剤のボトル

汚れている排水管を自分で清掃する場合には、どのような方法が効果的でしょうか。排水管を清潔に保つために、おすすめの5つの方法を解説します。

パイプクリーナーを使用する

パイプクリーナーは直接排水管に流し入れるだけで、内部に蓄積されている汚れを落とす洗浄剤です。汚れに触れなくて済むため、ストレスの少ない清掃方法といえるでしょう。

パッケージなどに記載された分量を排水管に注ぎ、同じく記載された時間に従って放置すると、汚れが溶けていきます。最後に水または40~50度ほどのお湯で、洗浄剤を洗い流せば清掃完了です。

刺激の強い薬品を使っている場合が多いため、用法・容量と注意事項をよく読み、ゴム手袋などを着用して使用するようにしましょう。十分な換気も重要です。

重曹とクエン酸で洗浄する

家にあるもので手軽に排水管の清掃をするのであれば、重曹とクエン酸が便利です。どちらも100円ショップで販売されており、購入も簡単にできます。またクエン酸はお酢で代用しても構いません。

まずは粉末を、重曹2:クエン酸1の割合で混ぜ合わせ、排水口や排水管の中にかけます。そこに水かぬるま湯を200mlほどかけると、発泡がはじまるので、30分~1時間ほど放置します。時間になったら泡が残らないように、お湯で洗い流せば完了です。

重曹とクエン酸は自然由来の成分のため、排水管を傷つけにくく、危険性が少ないのもメリットといえます。小さな子どもやペットがいる家庭でも、安心して利用できるでしょう。

ワイヤーブラシで汚れを落とす

掃除用のワイヤーブラシ

排水管内部を掃除するのに便利なのが、ワイヤーブラシという道具です。内部にこびり付いた汚れや、固形物を落として、詰まりを解消できます。

使用方法は排水トラップや排水口の蓋を外し、回転させながら排水管に出し入れするだけです。ブラシに汚れが絡まったら拭き取って、また排水管に入れるという作業を繰り返しましょう。汚れが絡まらなくなり、詰まっていた部分が貫通するようになったら、清掃完了です。

ホームセンターなどで安価に入手できるため、手元に置いておくと便利です。商品によってブラシの形状や長さが異なるため、利用箇所に応じて使い分けるようにしましょう。

お湯をためてから流す

シンクや洗面所の排水管は、お湯をためて流すだけでも、水圧によりある程度まで汚れの解消ができます。軽度であれば詰まりの解消ができることもあります。

具体的な手順として、まず排水口のパーツをすべて外して、タオルやポリ袋などで排水口を塞ぎます。次に40~50度くらいのぬるま湯を半分程度までため、タオルやポリ袋を引き抜いて、一気に水を流しましょう。

特別な道具を使わなくても気軽に行えるので、定期的な清掃にもおすすめの方法です。3日~1週間ほどの周期で行うと、悪臭や詰まりを予防できます。

ラバーカップを使う

ラバーカップ

ラバーカップはゴム製のカップを引き抜くときの吸引力で、詰まりを解消する道具で、「すっぽん」とも呼ばれるアイテムです。トイレはもちろん、シンクや洗面所・浴室での詰まり解決にも重宝するでしょう。

排水口にカップ部分を密着させ、少しずつ押し込んだあとで、いきおいよく引き抜きます。押す力ではなく、引く力を使うのがポイントです。トイレ以外の場所では、15cmほど水を入れてから行うようにします。

詰まりが解消されて水が流れるようになるまで、10回程度は繰り返しましょう。

プロの清掃業者に依頼するのもあり

シンク下を掃除している業者

排水管の清掃をする時間がなかなか取れないとき、悪臭や詰まりを早急に解消したいときは、プロの清掃業者に依頼するのも1つの手です。清掃業者に依頼するメリットと、業者選びのコツを紹介します。

清掃業者に依頼するメリット

プロに排水管の清掃を依頼するメリットとして、まず挙げられるのが手間のなさです。依頼者は立ち会いをするだけで何もする必要がないため、仕事や家事・育児などで忙しい人には、特に便利でしょう。

またプロの業者は、専門的な道具やノウハウを使って、自力では行えないハイレベルな清掃を行ってくれます。

例えば取り扱いの難しい業務用の薬剤は、強力な洗浄力で排水管を清掃できます。加えて排水管の中を通す、特殊な高圧洗浄機を使えば、強力な水圧で排水管の奥に長年こびり付いた、しつこい汚れもしっかりと落とせます。

さらに原因不明の悪臭や詰まりも、経験と知識を駆使して、確実に解消できるでしょう。

業者選びには相見積もりが重要

業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取って比較する、相見積もりが重要です。

相見積もりを行うときは料金体系だけでなく、追加料金の有無やサービス内容・所有資格・口コミなどを、総合的に確認しましょう。特に口コミのチェックは、過去にトラブルがあった業者を避けるのに、欠かせません。

効率的な相見積もりにおすすめなのが、一括見積もりサービスの「ミツモア」です。最大5社からまとめて見積もりが取れる上に、口コミも豊富で、業者のホームページを確認する手間が省けます。

ミツモアで排水管の清掃を依頼する

小まめな清掃で排水管を清潔に保とう

きれいなキッチンのシンク

家にはキッチンや洗面所・風呂・洗濯機などに、排水管が配置されており、毎日汚れが蓄積されていきます。放置していると、詰まりや悪臭などが発生する可能性があるため、汚れの予防と小まめな清掃が重要です。

汚れ対策としては、排水口ネットなどを利用してゴミが流れるのを防ぐ、油の処理に注意するといった方法が有効です。また排水管の清掃には、パイプクリーナーや重曹・クエン酸による洗浄、ワイヤーブラシやラバーカップを使うなどの方法があります。より手軽な方法として、お湯を流すのも1つの手でしょう。

自力での清掃が難しいときは、清掃業者への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。業者選びにはミツモアがおすすめです。

排水管清掃のプロ探しはミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアの一括無料見積もりを利用すると、自分に合った業者を簡単に見つけることができます。ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積もり内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで排水管の清掃を依頼する