ミツモア
背景画像

大阪周辺に27人の

排水管洗浄業者がいます

大阪周辺に27人の排水管洗浄業者がいます

排水管洗浄を無料見積もりでお得に!清潔な住環境のために排水管洗浄のプロを探してたまった汚れを除去しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
150万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
750億円以上

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

最大5件

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

排水管洗浄業者登録数、日本最大級!

大阪府の排水管洗浄はミツモアで。排水管の掃除をせずに生活排水を続けると、様々なトラブルにつながります。

長年に渡って排水管に蓄積された汚れは、徐々に腐敗し発酵することで悪臭の原因になってしまうのです。

また悪臭のもとでもある汚れは害虫の餌となり、外から害虫が排水管をつかい室内に侵入してくることも。

さらにそれらの汚れは排水管そのものを腐食していくので、当然劣化も通常より早くなってしまうのです。

少しでも排水管のことで心配があるのなら、まずは見積もりをとってみましょう。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

排水管洗浄はどこまで自分でできる?できないケースも

排水管は見えない部分が多いため、どこまで手をつければ良いか分からないですよね。自分で排水管洗浄をするのであれば以下の3点が掃除可能です。


①排水口から手が届く範囲の排水管

キッチンやお風呂・トイレなど全ての排水管に共通していえることですが、水が流れ出る排水口から手や道具が入る範囲なら自分でも洗浄可能です。


使う道具によって長さが変わるので作業が可能な範囲には多少差が出ます。数メートル先の排水管の奥まで掃除をしようと思うと特殊な道具や技術が必要になるため、あまり現実的ではありません。


②洗面所などのオーバーフロー

洗面所やトイレの手洗いボウルには、水があふれないように上の方に小さな穴が開いていますよね。


この穴と排水管をつなぐ管をオーバーフローといいます。ここも自分で洗浄が可能です。


普段から水が頻繁に流れる場所ではありませんが、掃除をしないと水あかによるヘドロなどがこびりついてしまいます。ヘドロがたまると臭いの原因になる他、いざという時に水が流れずボウルからあふれてしまうこともあります。


③排水桝(はいすいます)周辺

排水桝とはコンクリートでできた排水管の中継地点のようなもの。排水と一緒に流れるゴミや汚泥を分けて、排水管がつまらないようにする役割を持ちます。


一戸建ての屋外に設置されており、このようなフタの中にあるケースも多いでしょう。

排水管の不調の原因がこの排水桝にあることも結構多いんですよ。


排水桝を開けて、目に見える部分の汚れを取り除く程度であれば自分でも掃除可能。フタを開けると汚泥や油の塊が見えるかもしれません。配管を傷つけないように手や傷のつきにくいスコップなどですくい取るだけでも、排水の流れが改善することがあります。


排水桝から伸びる配管の奥や、浄化槽に近い部分は専門業者でなければ洗浄は難しいでしょう。


自分で洗浄しても臭いや汚れが取れない場合はプロに依頼するのがおすすめ

以上のような場所を自分で洗浄しても排水管の臭いやつまりが改善できない場合は、プロに依頼するのがおすすめです。


個人ではできないような本格的な器具や薬品を使って綺麗にしてもらえますよ。


プロの洗浄方法などは後述しますね。

どの地域でお探しですか?

自分でできる排水管洗浄のやり方を解説!

自分で排水管洗浄をする際には、以下のような方法があります。

  1. パイプクリーナーを使う
  2. 温水を流し込む
  3. ワイヤーブラシを使う
  4. オーバーフローには専用の洗剤を使う

詳しく見ていきましょう。


洗浄方法①:髪の毛などにはパイプクリーナーを使う(最もおすすめ!)

「パイプユニッシュ」などのパイプクリーナーを使って汚れの塊を溶かす方法です。パイプクリーナーはタンパク質を溶かす作用があるため、髪の毛や皮脂汚れ・食べ物汚れがたまりやすい場所で有効です。つまりほとんどの配管で有効ということですね。


<手順>

  1. パイプクリーナーを規定量入れる
  2. 15~30分放置する
  3. 多めの水で流して完了

液体を流すだけなので手順も少なく、簡単にできます。


注意点として、パイプクリーナーと酸性の洗剤を合わせて使わないようにしてください。パイプクリーナーは強いアルカリ性でできているため、酸性の洗剤と混ざると有害なガスを発生させてしまうのです。


また酸性の洗剤と合わせなくても、パイプクリーナーの成分が揮発して気分が悪くなってしまうこともあります。パイプクリーナーで排水管の洗浄をする際は、単体で使用する時も必ず換気をしながら行いましょう。


洗浄方法②:温水を流し込む

40~50℃くらいの温水を一気に配管へ流して、水圧の力で汚れを落とす方法です。この方法は油汚れの多いキッチンで行うと効果的です。薬品も道具もほとんどいらないため「パイプクリーナーを持っていない!」という場合でもすぐにできますよ。


<手順>

  1. 排水口の蓋を閉めてお湯がシンクにたまるようにする
  2. 40~50℃のお湯が出るように給湯器の温度を設定して、シンクの半分くらいまでお湯をためる
  3. 蓋を外して、シンクにたまっていたお湯を一気に排水管に流す

お湯の温度が高すぎると配管を傷めてしまうので、高くても50℃程度にしておきましょう。熱湯はNGです。


排水口の蓋がないなどの理由でシンクにお湯をためられない場合は、スーパーに備えつけられているような小さめのビニール袋を蓋代わりにできます。


使い方は袋に水を入れてパンパンに膨らませて、排水口の上に置くだけ。これが栓の代わりになって水をためることができますよ。袋を栓にする場合は、袋の中の空気を抜いておきましょう。空気がたくさん入っていると、シンクに水をためた際に浮き上がってしまいます。


洗浄方法③:汚れの塊をこすり取るにはワイヤーブラシを使う

ワイヤーの先に掃除ブラシがついたワイヤーブラシでこすって、排水管の汚れを取る方法です。

<手順>

  1. 汚れが飛び散ってもいいように、ブラシを入れる排水口まわりを雑巾や新聞紙などで養生する
  2. ワイヤーブラシを伸ばして排水口からゆっくりブラシ部分を入れていく
  3. ゆっくりブラシを入れたり引き出したりを繰り返して、配管の汚れを落とす

ただしワイヤーブラシには以下のような注意点があります。

  • 個人が使うようなワイヤーブラシではつまりの箇所に届かず、解消できないことがある
  • 排水管に蛇腹ホースが使われている場合、穴を開けてしまうことがある

基本的にはパイプクリーナーを使う方がおすすめ。パイプクリーナーで溶かせなかった汚れを落としたい時にはワイヤーブラシが有効です。


洗浄方法④:オーバーフローの洗浄には専用の洗剤を使う

オーバーフローを最も手軽に掃除できるのは「バブルーン」という洗面台の排水管に特化した洗剤です。これを使うと洗面所の排水管とオーバーフローの両方を同時に洗浄できます。


使い方は排水口にバブルーンの泡を噴射するだけ。オーバーフローから泡が逆流してくるまでしっかり噴射しましょう。噴射した後は30分放置して水で流すだけでいいので、手軽にオーバーフローを掃除できますよ。


他には塩素系漂白剤を使った洗浄も有効です。ただしこの方法だと洗面台の排水管の奥に栓をして、塩素系漂白剤と水がオーバーフローにたまった状態にしなければいけません。こうしなければ漂白剤のつけ置きができず、あまり効果が出ないからです。


しかし排水口の奥の方で栓をするためには少し複雑な作業が必要になるので、洗浄業者に依頼するのがおすすめです。

プロの排水管洗浄では「高圧洗浄」が基本!

プロの排水管洗浄は高圧洗浄機で行うのが基本です。場合によっては業務用のパイプクリーナーなども併用します。


高圧洗浄とはその名の通り高い水圧で勢いよく水を噴射し、その水によって汚れを落とす方法です。上の画像のような高圧洗浄機を排水管の奥まで入れて、汚れを綺麗に落とします。プロが使うノズルはしなやかに動くので、配管の中の曲がりにもスムーズに対応します。


<高圧洗浄の手順>

  1. 排水口側、もしくは排水桝からホースを入れ水を噴射する
  2. 水圧でホースが中へ進んでいくので、ホースから手を離さないようにする
  3. ホースを出し入れし、水の音などを確認しながら排水管にこびりついた汚れを落としていく
  4. 高圧洗浄によって別の不具合が出ていないか確認する

家庭での掃除と違う点として、道具の他に「経験と技術」があります。10m以上のパイプを自在に動かしながら汚れを落とせるのは、プロの経験からなせる技。


またつまりや臭いの原因を特定して状況に合わせた対処を行ってもらえます。「排水口に水があふれる原因はつまりだと思っていたら、実は排水桝に問題があった」といったこともあるんですよ。


その他にも高圧洗浄時の微妙な水音の違いで問題を発見したり、どことどこの排水管がつながっているかを把握して両側から対処できたりもします。このように排水管洗浄は奥が深く素人では対処できないことも多いのです。


一応高圧洗浄機は市販されているため、自分で購入して高圧洗浄をすることも可能です。


しかし上記のような理由から素人がやるのはおすすめしません。高圧洗浄をすることによって逆に排水管に問題が出てしまう可能性もあります。


ちなみに排水管洗浄をプロに依頼した場合の費用相場は2万~4万円程度。洗浄の難易度や洗浄方法によっても変わります。


排水管洗浄をプロに依頼したい場合は見積もりを取ってみよう

排水管洗浄をプロに依頼したいという場合は、ぜひミツモアを利用してみてください。ミツモアはあなたの地域や求めるサービス内容を入力するだけで、複数の洗浄業者からおおまかな見積もりがもらえるサービスです。


【ミツモアを使うメリット】

  • 無料で複数社から金額の提案をしてもらえるため、適正価格が把握できる
  • 各社を比較して、より安く信頼できるところにお願いできる
  • チャットで相談ができるため、事前に配管の状態などを伝えられる

ミツモアの利用は無料です。ぜひ一度使ってみてください。

どの地域でお探しですか?

排水管の洗浄頻度はどれくらいがベスト?

排水管の洗浄頻度は、洗浄方法によって理想の回数が異なります。臭いやつまりの予防であれば1カ月に一度、パイプクリーナーを使った洗浄方法で十分です。


一戸建ての場合は、高圧洗浄機を使った本格的な洗浄を数年に一度行えるといいですね。汚れの具合にもよりますが3年~5年に一度行えると、つまりや臭いといったトラブルを事前に防げますよ。


マンションなどの集合住宅は配管を共用している部分も多いので、1年に一度くらいのペースで管理会社が専門業者を手配するのが一般的です。

排水管の汚れやつまりの原因は?放置しておくとどうなる?

排水管の汚れやつまりの原因を場所別に解説していきます。原因によって対処法が違うため確認してみてください。


キッチンの排水管汚れの原因と対処方法


汚れの原因調理済みの油や食べ物のカス
放置するとどうなる
油が固まって排水管にこびりつく
対処方法
・40~50℃のお湯を流す
・パイプクリーナー


キッチンの代表的な汚れといえば油です。調理用の油は、普段は液体ですが冷えると固まる性質があります。そのため鍋を洗った時にはとろとろした状態であっても、排水管に流れ込むと水などで冷やされてバターのような状態になってしまうのです。


半固形状の油の塊は排水管の壁にこびりつき、年数がたつごとにこびりつきの層が厚くなっていきます。そうなると本来流れるはずの水量が流れなくなってしまうので、水の流れが悪くなって最終的にはつまって水があふれ出てしまいます。


つまった時の応急処置は、排水管についた油をお湯でふやかして流すこと。応急処置だけではなく1カ月に一度など定期的に行うと排水管の汚れもつきにくくなり、つまらなくなりますよ。


洗面所・お風呂の排水管汚れの原因と対処方法


汚れの原因髪の毛や皮脂・石鹸・洗剤のカス
放置するとどうなる
髪の毛に石鹸のカスがからまり、塊になる
対処方法
パイプクリーナー


洗面所やお風呂の汚れの原因は、髪の毛と絡みついた石鹸やシャンプーのカス・皮脂です。


特に髪の毛は他の汚れを絡めて大きな塊になるので、つまりの原因にもなりやすいでしょう。ヘアキャッチャーなどにたまった髪の毛はこまめに捨てるようにしましょう。排水管の奥に入り込んでしまった髪の毛にはパイプクリーナーでの洗浄が有効です。


洗濯機の排水管汚れの原因と対処方法

汚れの原因 髪の毛・衣服のほこり・洗剤のカス 
放置するとどうなる
洗濯機の排水がうまくいかず、排水エラーになることがある
対処方法
パイプクリーナー

洗濯機の配管汚れの主な原因は、髪の毛や衣類の繊維と洗剤のカスが固まったものです。汚れがたまると脱水後の排水がうまくいかないために、洗濯機のエラーサインが出始めるようになります。


基本的にはパイプクリーナーを使うことで解消されます。


トイレの排水管汚れの原因と対処方法

汚れの原因 便・水に溶けきれなかったお掃除ペーパーなど
放置するとどうなる
トイレが使えなくなってしまう
対処方法
・ラバーカップ
・ワイヤーブラシ

トイレの配管の汚れで多いのは、トイレットペーパーやお掃除シートといった紙製品です。流せるタイプのお掃除シートも、流せるとはいえ水に溶けやすいわけではありません。大量に流せばつまりの原因にもなります。適正な使用量と、流す水の量も考えながら使うようにしましょう。


またそれ以外のものが入り込んだ場合は、上記の対処方法ではつまりを解決できないことがあります。例えば子どものおもちゃ、おむつや生理用品といった水に溶けないものです。


この場合は原因のものを取り除く必要があるため、配管掃除の専門業者に依頼してつまりを解消してもらうのがいいでしょう。

どの地域でお探しですか?

排水桝がつまるのはなぜ?

住宅から出た汚水や雨水が、敷地外の下水に流れる前に、余分なものを分離し排水管が詰まらないよう処理するための設備を「排水桝」といいます。余分なものとは食べものの油やごみ、排せつ物、枯葉、ごみなどです。


トイレやお風呂、キッチンなど水回りごとにいくつも桝が設置されていることも多いでしょう。近年は1カ所に集める「排水ヘッダー式」という方法もあります。形状は四角や丸型で、プラスチックやコンクリートのふたがついているものが大半です。


住宅の敷地内にある見慣れないマンホールのような設備で、あらかじめ配管などの集合する部分や湾曲箇所に設置されています。深さも1mほどで小型のことが多いでしょう。


排水桝がつまる原因

排水桝は水回りで出た排水が流れ込み、水より軽い油性のごみが浮き、水より重い固形のごみが下にたまり、不純物が少なくなった水が流れていく仕組みです。


毎日出る汚れがたまっていき、それを掃除しないことで排水桝がつまる原因となります。異物が排水桝に入ってしまった場合には、排水桝から下水管へと流れる排水管がつまり、排水桝があふれてしまうことも少なくありません。


他にも、住宅の敷地内にあり庭先などに設置されていることが多いため、大雨の降ったあとに、大きめの枝や土砂が入り込みつまる場合や、成長した木や草の根が入り込みつまりの原因となることもあります。


掃除しないと起こるトラブル

排水桝を掃除しない場合にはさまざまなトラブルが発生します。例えば蓄積したごみや油で排水桝がつまると、汚水が逆流する可能性や、排水桝を通じて悪臭が漂ってくる場合があります。


また、掃除をしないことで排水管と下水管をつなぐ管がつまりをおこしたり、排水管が破損したりする可能性も考えられるのです。


排水桝の掃除を怠ると大きなトラブルに発展する可能性があるため、定期的に掃除をする必要があります。

排水桝を自分で掃除する方法

排水桝を自分で掃除をする場合には、どのような道具が必要なのでしょうか。また掃除の手順や、ケースの交換が必要な場合の交換手順などを紹介します。


掃除に必要な道具

排水桝には、さまざまな固形物やごみが油やヘドロによって固着しています。そのため掃除をするには以下のような道具が必要です。

  • 厚手のビニール手袋
  • スコップやひしゃく
  • バケツやホース
  • ごみ袋
  • ブラシ
  • 台所用洗剤
  • ざる
  • マイナスドライバー

必須ではありませんが、高圧洗浄機などがあると便利です。排水桝の掃除業者の多くが高圧洗浄機を使用して、たまった汚れを落としています。


掃除する際の汚れが、服に付着すると落ちない可能性があります。汚れてもよい服装をして、あればマスクやゴーグルも用意するとよいでしょう。


掃除の手順

排水桝の掃除は大変ですが、手順はそれほど難しくありません。


まず排水桝のふたを開けます。場合によっては開くのが難しいこともあるので、マイナスドライバーを使用しましょう。


排水桝にたまった汚れを取り出します。このときはスコップやひしゃくを使用して、表面の浮いている油をすくい、次に下にたまっているごみをかき出すように取り出しましょう。出たごみを袋に詰める際は、ざるなどを使用し水を切ると、後処理が楽になります。


水道のホースや水をくんだバケツで上流側から水を流し、排水桝に残った汚れをブラシと洗剤で擦ります。水流が強すぎると吹き出すことがあるので注意しましょう。見える部分のごみがなくなったら、ふたなどを元に戻して完了です。


掃除ではなく交換が必要なケース

長年蓄積した汚れがひどく、管や排水管が詰まった場合や、排水桝が割れて悪臭がもれている場合にも交換が必要になります。長年放置したことで木の根など大きめの異物が入り込んでしまい、除去できない場合も交換が必要です。


排水桝を設置してから30年以上が経過しているコンクリート製の排水桝は、今は割れていなくても近い将来に破損し、汚水がもれる可能性が高くなっています。


コンクリート製の排水桝は耐用年数が20〜30年前後と短いため、現在主流の塩化ビニル製に交換することを検討してみましょう。

排水桝の掃除・交換を業者に頼む費用

排水桝の掃除は自力でも行えますが、業者に依頼したほうが安心です。今回は業者に依頼した場合の費用や、依頼する場合の注意点などを紹介します。


業者への依頼にかかる費用の相場

掃除業者により差が出ますが、つまりの除去や通常の作業の場合には、1カ所で10,000~30,000円が相場です。


しかし、高圧洗浄機を使った大掛かりな掃除の場合や排水桝があふれるほどの汚れがたまっている場合には、費用は30,000〜80,000円以上する可能性があります。


交換の場合は1カ所につき30,000~50,000円程が相場です。しかし排水桝が埋まっている場合や交換しにくい場所にある場合には、100,000円ほどになる場合もあるでしょう。


業者を選ぶ際は相見積もりを取ろう

専門業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。


排水桝の掃除は出張工事になるため、業者によって費用に大きな差が出ることがあります。また業者の中には、高額な費用を請求してくることもあるため、相見積もりをすることで、不要な料金設定をしている業者を見抜くことができるのです。


「ミツモア」なら、簡単な質問を選択するだけで、最短2分で地域の業者に一括して見積もりを依頼できます。一括見積もりサービスを利用し、口コミなどを参考にして、信頼できる業者を探しましょう。

どの地域でお探しですか?

排水桝のつまりを防ぐには?

排水桝は詰まってしまうとトラブルが発生しやすい設備です。排水桝を詰まらせないためには予防をすることが大切です。排水桝のつまりを予防する方法を紹介します。


定期的にメンテナンスを行う

家庭の使用状況や生活してる人数によっても異なりますが、新築なら5年に1回、それ以外なら1~2年ごとに排水桝の汚れを掃除しましょう。


庭や土に囲まれた場所にある場合には、枯葉などが入っていることがあるため、半年から1年ごとに確認し状況によって掃除が必要です。草や木の根が生えていないか確認することで、排水桝の破損を防げます。


また定期的にふたを開けることで、固着を防ぐことが可能です。定期的に確認や掃除などのメンテナンスをすることで、ひどい汚れになる前に対処できるようになる利点もあるのです。


キッチンでは油や汚れをそのまま流さない

排水桝の中でも汚れやすいのが、キッチンの排水桝です。キッチンでは油性の汚れが流れやすく、排水桝が他の水回りに比べ汚れやすいからです。


油は冷えると固まる性質があり、揚げ物などに使用した油をキッチンの排水口に直接流してしまうと、排水桝だけでなく排水管の中でつまる可能性があります。


調理をした際は皿や鍋をキッチンペーパーで拭き取るなど、日頃から小まめに気を付けるだけでも、排水管や排水桝の汚れを減らすことができるのです。


排水口ネットを活用する

キッチンと並んで、排水桝に大きな負担がかかる水回りが風呂です。風呂は体や頭を洗うため、髪の毛やあか、石けんカスといったごみが出やすいのです。


ごみが排水桝に流れ込むのを防ぐためにも、排水口用ネットを設置し、ごみを回収するようにしましょう。排水口用ネットを使用し定期的にごみを取ることで、室内にコバエなどの害虫が発生しにくくなるというメリットもあります。


排水桝は定期的に掃除してつまりを予防しよう


排水桝の働きを知らない人も多いかもしれませんが、生活をする上で非常に重要な排水設備です。


日常的に掃除をしない場所だけに忘れがちですが、掃除をしないことでつまりが起こり、排水の逆流や悪臭などのトラブルが発生します。掃除費用よりも高額になってしまうケースも少なくありません。


定期的に確認し掃除をすることや、日常の生活排水の配慮で、不要なトラブルを予防することが可能です。しかしどうしても詰まってしまった場合は、専門業者に掃除を依頼しましょう。

どの地域でお探しですか?

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?