ミツモア

排水管高圧洗浄にデメリットはある?注意点や業者へ頼むメリット

ぴったりの排水管洗浄業者をさがす
最終更新日: 2022年10月28日

排水管の高圧洗浄は、排水管内の汚れを根こそぎ除去できるため、排水口の詰まりや臭いの改善に効果的な方法です。しかし排水管の高圧洗浄には、デメリットや注意すべき点もあります。漏水や詰まり原因につながるおそれもあるため、確認しておきましょう。

排水管の高圧洗浄で詰まりや臭いが改善される仕組み

排水管の洗浄

排水管の詰まりや臭いの原因の多くは、管内の汚れです。台所や洗面台、お風呂の排水口から流された生活排水は、宅内の排水管を通り、下水道や合併浄化槽などに流れ込みます。

このとき生活排水は、全てがきれいに流れ切るとは限りません。排水管の勾配や水流の勢いによっては、一部が管内に残り、内側に少しずつ付着していくのです。

その汚れが排水管の詰まりや、臭いの原因となるのですが、長い間蓄積した汚れは、簡単に落とすことができません。そこで必要になってくるのが、排水管の高圧洗浄です。

高い水圧で排水管内部の汚れをきれいに落とす

排水管の高圧洗浄とは、高圧洗浄機に取り付けた専用ホースを排水管の中に差し込み、高圧の水を噴射して内部の汚れを落とす方法です。

排水管の内側に蓄積した、台所から流れる食材のカスや油、洗面所やお風呂から流れる洗剤や皮脂などの汚れを、一気に剥がして流し出せます。

管内にこびりついた、どろどろの汚れを根こそぎ落として、水流と一緒に流し切れるため、詰まりや臭いを根本的に改善できる可能性が高い洗浄方法です。

関連記事:

排水管の高圧洗浄を行う際のデメリット

洗面台の前で電話をかける女性

排水管の高圧洗浄を行う際には、いくつかのデメリットがあります。排水管の状態によっては、漏水や詰まりなど被害が広がってしまうおそれもあるため、注意点を確認しておきましょう。

配管が損傷して水漏れが起きることがある

排水管が劣化している場合、高い水圧を当てると、破損につながるおそれがあるため、注意が必要です。

排水管は熱湯や中性以外の洗剤、老朽化などで劣化します。劣化によって耐久性が低下した排水管に、高い水圧をあてると亀裂が入り、そこから漏水を引き起こすおそれがあるのです。

排水管の高圧洗浄を行う前は、排水管の状態を確認しておくことが重要ですが、外見だけでは判断が難しいでしょう。心配な人は専門業者に依頼することをおすすめします。

配管内の汚れをきれいに洗浄できないことがある

排水管は直線ばかりではなく、床下で何度も曲がって配管されています。曲がったところは、特に汚れが付着しやすい部位です。

高圧洗浄機のホースが入りにくく、汚れが取れにくい場所でもあります。配管内は目視ができないため、汚れをきれいに洗浄するには、コツが必要です。

また排水管は台所・洗面台・お風呂・トイレと、最終的には全て一つの管につながっています。詰まりや臭いを改善するには、全ての排水口に対して高圧洗浄をする必要がありますが、手間と時間がかかるため、きれいに洗浄するには、大変な労力が求められるでしょう。

配管内に異物があると汚水が逆流してくることがある

排水管の高圧洗浄では、管内に溜まった水が、排水口からあふれ出すことがあります。排水管の詰まりがひどい場合、管内を流れる水量よりも、高圧洗浄機から噴出される水量が多くなることで、行き場を失った水が逆流するからです。

排水管内の水は、雑菌などが繁殖していることがあり、衛生的にも良くありません。

排水管の詰まりがひどく、水がほとんど流れないという場合には、ワイヤーブラシという器具を使って、詰まりを解消する方法があります。しかしワイヤーブラシは配管を傷つけるおそれがあるため、専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

排水管の高圧洗浄を行う際の注意点

排水管の高圧洗浄は気を付けるべき点が、いくつかあります。きちんと準備をしないと、トラブルが大きくなるおそれもあるため、注意が必要です。

なお賃貸の場合は、自己判断で行うのはNGです。必ず管理会社や家主に相談しましょう。

周辺が濡れないようにしておく

排水管の高圧洗浄を行う前は、周囲が濡れないように、ビニールシートなどでカバーをしておきましょう。高圧洗浄機の水圧は、一般的な家庭用蛇口よりも10倍以上高いため、跳ね返った水で周囲が濡れてしまうためです。

家電や電子機器などが濡れてしまうと、故障の原因になるほか、汚水が飛び散ることで、健康被害にもつながりかねません。そのようなリスクを回避するためにも、しっかりと対策をしておきましょう。

排水桝側からも洗浄を行う

排水桝とは宅内から出る排水管と、公共の下水道管につながる排水管を、つなぐ役目をする部分です。屋外に設置されていることが多く、点検口としての役割があり、白い蓋がついています。

排水管の詰まりや臭いの原因が、排水桝に近いところで発生している可能性もあるので、しっかりと排水桝側からも高圧洗浄を行うのが、詰まりや悪臭を改善するポイントです。

関連記事:排水桝(ます)とは?基本的な構造から掃除メンテナンス方法、費用相場まで【つまりの原因かも?】|ミツモア

排水管内の異物はそのまま流さない

排水管から吐き出された異物は、排水桝側で柄杓やバケツなどで受けてから、処分しましょう。そのまま流してしまうと、排水桝から先の配管で再度詰まってしまうことがあるからです。

高圧洗浄をすると、異物や汚れなどが勢いよく流れ出る可能性があります。いつ出てきてもいいように、あらかじめ受ける準備をしておくと安心です。

排水管の高圧洗浄は専門業者への依頼が簡単

排水管を確認する業者

排水管の高圧洗浄で排水管内をきれいに洗浄するには、機器の操作に慣れたり、コツを掴んだりすることが必要です。また配管の損傷による漏水のおそれや、汚水処理によって、健康面の問題が生じることも考えられます。

排水管の高圧洗浄をうまくできるか心配な人は、専門業者への依頼を検討しましょう。排水管の高圧洗浄の専門業者に依頼すれば、手間や時間をかけることなく、排水管内のメンテナンスが完了します。

事前調査で排水管のトラブルの原因が特定できる

排水管の詰まりや臭いの原因は、汚れだけとは限りません。排水口に落ちた子どもの玩具やアクセサリー、大量のトイレットペーパーなどの異物、長年蓄積された尿石など、さまざまな原因があり、素人による高圧洗浄では、改善できないものもあります。

原因を特定せずに排水管の高圧洗浄をしても、問題が改善されないだけでなく、より深刻な状態になってしまう可能性もあるのです。

専門業者に依頼すれば、管内カメラなどで事前調査を行い、原因に合った適切な作業を行えます。スムーズに詰まりを改善できる可能性が高いでしょう。

高額な費用を請求する悪質な業者に注意する

独立行政法人国民生活センターによると、排水管等の洗浄サービスに関する相談が、2015年度から2018年度にかけて、年間1,700件前後だったものが、2019年度には2,000件を超えていることがわかりました。

訪問やチラシで営業を行っている業者によるトラブルが多く、「3,000円という見積もりだったのに、後から高額な費用を請求された」などの相談が、寄せられています。

排水管の高圧洗浄の専門業者を探すなら、ミツモアの一括無料見積もりがおすすめです。ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで、複数の業者から相見積もりを取ることができます。

またミツモアを使うと、見積もり内容や施工内容について事前に業者とチャットで相談できるため、後から余計な費用を請求されるような心配はありません。

参考: 排水管の点検や洗浄の勧誘にご注意!-「無料点検」のはずが洗浄の勧誘!?「料金3,000円」のはずが数万円に!?-│独立行政法人国民生活センター

ミツモアで排水管の高圧洗浄を依頼する

排水管は定期的なメンテナンスが大事!

キッチンに立つ業者

排水管の汚れは、日常生活を営むうえで必ずと言っていいほど起きる問題です。排水口の詰まりや臭いを防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要になります。

排水管に汚れが付着すると、そこからさらに汚れが付きやすくなります。結果的に詰まりや臭いの原因になるため、排水管の高圧洗浄を行い、排水管の中を定期的にきれいにすることが大切です。

しかし排水管の高圧洗浄は手間や時間もかかるため、専門業者に依頼することも検討してみましょう。

排水管の高圧洗浄のプロ探しはミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアの一括無料見積もりを利用すると、自分に合った業者を簡単に見つけることができます。ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積もり内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで排水管の高圧洗浄を依頼する