ミツモアメディア

排水口から水が上がってきた!原因とすぐできる対処法を紹介

最終更新日: 2022年08月17日

突然自宅の排水口から水が上がってきたら、慌ててしまう人も多いでしょう。排水口の水が逆流する原因はさまざまでますが、適切な対処をすることにより、トラブルが解消する可能性があります。落ち着いて対処方法を検討しましょう。

排水口から水が逆流する原因3つ

汚れている洗面器の排水溝

家庭で起こる水回りのトラブルで多いのが、排水口の詰まりや逆流です。原因を知ることで、対処方法も変わってきます。考えられる3大要因を見ていきましょう。

【原因1】排水パイプ内に汚れが詰まっている

排水口から水が上がってくる原因として多いのは、「排水パイプの中の汚れ」です。家庭から出る排水には、食品の油汚れ・石鹸カス・髪の毛・皮脂汚れなど、さまざまなゴミが含まれています。毎日使うたびに、パイプ内に汚れが少しずつ蓄積していくのです。

汚れが溜まったパイプは水流が悪くなり、詰まりの原因になることがあります。こうした汚れは、定期的な掃除や、汚れがなるべく流れないようにする使い方が効果的です。

例えば浴槽の排水口には、髪の毛が流れていかないようにヘアキャッチャーを使うと良いでしょう。食品の油汚れであれば、キッチンペーパーで拭き取ってから食器を洗うと、排水口へ流れ込む汚れの量が少なくなります。このように普段から家庭排水への意識を向けることで、汚れの溜まり方は格段に違ってきます。

【原因2】排水パイプの劣化

一般的な家庭で使われている排水パイプは、「塩化ビニル製」のものが主流です。塩化ビニルは、合成樹脂で素材がなめらかなので摩擦が少なく、水などの液体が流れやすいという特徴があります。

腐食しにくい塩ビ製パイプですが、長く使い続けているうちに、パイプ内にヒビが入る・錆びつくといった、経年劣化からくる現象が起こることがあるので、注意が必要です。

排水口から水が上がってくる原因が、「パイプの劣化」によるものだった場合、パイプ自体の交換や修理が必要になるため、いくらパイプの汚れを取っても、問題を解消するのは難しいです。

特に築年数が古い住宅では、パイプの劣化が排水口トラブルの原因になっているという可能性を考えましょう。

【原因3】外的な要因の可能性

排水口から水が上がってくる原因が、パイプ自体の問題ではないケースも稀にあります。それは主に、台風や集中豪雨などの、気象が原因となる場合です。

家庭から出る排水は、下水処理施設につながる本管に集められ、流れていく仕組みです。本管に行く前には、排水管内に水が溜められている「トラップ」という部分があります。急な大雨などで、外からの水が一度に排水口内に流れると、トラップが下から押されるような形で持ち上がり、排水口から水が上がる、つまり水の逆流が起こることがあるのです。

この現象の特徴として、排水口の下からゴボゴボという、普段聞かない音が出ることがあるので、悪天候の場合は、天気の様子とあわせて様子を見ましょう。

排水口の詰まりを自分で解消する方法

排水口が詰まると、水回りの使い勝手が悪くなるので困りものです。詰まりの原因によっては、簡単な道具を使って、自力で解消できる可能性があります。自分でできる対処法を紹介しましょう。

市販のパイプクリーナーを使う

洗剤の容器

排水口から排水パイプに溜まる汚れは、髪の毛や油汚れなどさまざまですが、それらが集まってヘドロ状の汚れとなり、パイプ内にへばりついた状態になっています。排水パイプは内径が細く、手が入らないため掃除をするのが大変です。

そこでおすすめなのが、市販のパイプクリーナーです。パイプクリーナーの成分が、汚れを溶かし洗い流します。汚れの程度により、パイプクリーナーを入れたあと時間を置くことで、汚れがしっかり溶けて、水流が良くなるでしょう。

ラバーカップで詰まりを解消

掃除に使うラバーカップ

排水口の詰まりには、ラバーカップも効果的な道具の一つです。

ラバーカップといえば、トイレが詰まったときに使う道具という印象が強いアイテムかもしれません。しかしラバーカップの仕組みを使えば、トイレ以外の排水口詰まりも解消できる場合があります。

詰まりの箇所に応じた大きさのラバーカップを選ぶことが、ポイントです。ラバーカップは詰まっている場所を真空状態にして、水を引っ張り上げ、詰まりの原因を吸い上げることが目的なので、しっかりと該当箇所にお椀部分を押し付けることが重要です。

ホームセンターや100均でも手に入る手軽な道具なので、試してみてはいかがでしょうか。

ワイヤーブラシを使ってパイプ内を洗浄する

掃除用のワイヤーブラシ

パイプ内は細いため、手が届かず掃除するのは難しいことがあります。そんなときは、ワイヤーブラシを使ってみましょう。

ワイヤーブラシは針金を伸ばすことで、長いパイプの奥まで届き、先端に付いたブラシで汚れを除去することができます。ホームセンターなどで手軽に購入できる便利なアイテムです。

注意したいのは、パイプの素材です。一般的な塩ビ製のパイプならよいのですが、プラスチック製の蛇腹状のパイプは、針金でパイプを傷つけてしまう可能性があります。ワイヤーブラシを使う前に、確認してから掃除することがおすすめです。

関連記事:

業者に修理を依頼する場合のポイント

排水管を確認する業者

自分で対処することが難しい場合は、無理に作業を進めてしまうと、逆に状態を悪化させてしまうことがあります。

そんなときはプロの力を借りて、しっかりと修理してもらいましょう。業者に依頼する際の、押さえておきたいポイントを紹介します。

排水口詰まりの修理内容と相場価格

自分でできる対処方法はやったものの、改善しない場合は、業者に修理を依頼するのがおすすめです。とはいっても、業者に頼む場合に修理料金がどのくらいかかるのか、気になる人は多いでしょう。

修理内容は高圧洗浄や、市販のものより強い薬剤を使用した洗浄が一般的です。修理代金は4,000~50,000円が相場といわれています。

修理内容と修理代金は、詰まりの原因や状態、業者によって変わるので、一概には言えません。部品代が必要になるケースもあれば、修理費用とは別に、調査代や出張費がかかるケースもあります。

いくつかの業者から見積もりをとる

家の水回りのトラブルは、時間が長くかかればかかるほど、日常生活に支障がでてしまいます。

つまり早めに業者に依頼することが、被害を小さくおさえる近道です。とはいえ急いでいるからといって、パッと目についた1社だけに連絡をし、修理を依頼するのは、おすすめできません。

中には依頼者の焦りに付け込んで、法外な料金を請求する悪徳業者もいます。業者が行う修理内容や、相場価格をしっかりと押さえ、条件に合う業者を選ぶことが大切です。必ず複数の業者から相見積もりをとり、修理内容と費用を比較検討しましょう。

ミツモアを使えば、簡単な質問に答えるだけで条件に合う業者の中から、複数の業者に見積もりをとることができ、自分にぴったりの業者を見つけることができます。

ミツモアで排水口トラブルの解決を依頼する

自分で対処できない場合はプロの力を借りて解決

水道工事業者の女性

排水口から水が上がってくるトラブルは、日常生活に大きな影響を与えるやっかいなものです。

自分で対処して解決するのが一番よいですが、難しい場合はプロの力を借りることが、解決への最短ルートといえます。自分で対処することが無理だと感じた場合、業者に頼むことも視野に入れてみましょう。

排水口トラブル解決のプロ探しはミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアの一括無料見積もりを利用すると、自分に合った業者を簡単に見つけることができます。ぜひミツモアを利用して、排水口トラブルの解決を依頼してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積もり内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで排水口トラブルの解決を依頼する