ミツモアロゴ
ミツモアメディア

換気扇の油汚れはつけ置き洗いで撃退!おすすめ洗剤と掃除方法を紹介

最終更新日: 2020年09月14日

ふと換気扇を見たら、油汚れがべっとりと付着していて驚いたことはありませんか?換気扇には調理時の油汚れや空気中のホコリが付きやすく、気がついた時には取れにくく頑固な汚れになってしまっていることが多いです。

まだ大丈夫だろうと思い汚れを放置すると、最悪の場合火災が発生してしまうかもしれません。換気扇の油汚れは、道具を準備すれば自分でも掃除をすることができます。

この記事では、換気扇の油汚れを掃除する方法について紹介しています。掃除後に汚れの付着を防ぐ方法も紹介しているので、換気扇の掃除でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

換気扇の油汚れは放置するな!最悪、火災の危険も

換気扇の油汚れは放置するべきではない
換気扇の油汚れを放置すると最悪火事になることもある

換気扇やレンジフードには、料理をした際に跳ねた油や蒸発した油が付着しています。この油に空気中のホコリやゴミがくっつくことで、さらに取れにくく頑固な汚れになってしまうのです。

長い間掃除をしていない場合には、換気扇やフィルターなどに油とホコリが混ざった汚れが多く付着しています。「でも換気扇の掃除って面倒くさそうだな」と思いますよね。換気扇の汚れを放置すると、どのようなことが起きるのでしょうか。

以下は、換気扇の汚れを放置することで起こる可能性のあるトラブルの一例です。「えっ そんなことまで?」と驚くものも多いのではないでしょうか。火災が起きるのは最悪の場合ですが、異臭やカビは比較的軽度の汚れでも発生しやすいトラブルです。できれば、3ヶ月に1回を目安に掃除を行いたいですね。

  • カビが発生する
  • 嫌な匂いがする
  • 余計な電気代がかかる
  • 換気扇が故障する
  • ガスコンロの火が引火して火事になる

油汚れにはコレ!おすすめ洗剤

換気扇を掃除する女性
油汚れにはアルカリ性の洗剤が良い

油汚れは日々の料理により重なっていくため、なるべく早く取り除くことが重要です。換気扇の汚れを除去するためには、油汚れに適した洗剤を選ぶ必要があります。

ここでは油汚れの掃除に効果的な洗剤や、換気扇の掃除におすすめの洗剤を紹介します。

アルカリ性の洗剤を選ぶ

しつこい油汚れがついた換気扇を掃除する場合は、アルカリ性の洗剤を選ぶことがポイントです。「洗剤なんてどれでも良いのでは?」と思うかもしれませんが、しっかりと汚れを落としたい場合には汚れの性質に合ったものを選ぶ必要があります。アルカリ性の洗剤は、油汚れなどの酸性の汚れを落とすのに特に効果的です。

汚れ具合が軽い場合は中性洗剤でも対応できますが、換気扇にべっとりと汚れが付着している場合はアルカリ性の洗剤を用意することをおすすめします。アルカリ性の洗剤は肌に付着すると肌荒れを起こすことがあるので、掃除の際はゴム手袋を着用するよう気をつけてください。

【おすすめ洗剤1】マジックリン

マジックリンン画像
画像引用:花王 マジックリン

どの洗剤を購入しようか迷った場合には、マジックリンがおすすめです。マジックリンはアルカリ性の洗剤で、換気扇やガス台などのしつこい油汚れの除去に特に効果があります。また除菌効果もあるため、キッチン周りの掃除に幅広く役立ちます。

【おすすめ洗剤2】ワイドマジックリン

ワイドマジックリン
画像引用:花王 ワイドマジックリン

こちらは粉末タイプの弱アルカリ性洗剤です。ぬるま湯に溶かして使用するタイプなので、ひどい汚れを浮かしたい時のつけ置き洗いにぴったりです。換気扇やフィルターのつけ置き時間の目安は1〜2時間で、つけ置くことで汚れが柔らかくなり掃除がしやすくなります。

軽い汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダがおすすめ

そこまで油汚れがひどくない場合には、重曹やセスキ炭酸ソーダを使用しての掃除がおすすめです。重曹やセスキ炭酸ソーダはどちらもアルカリ性ですが、合成洗剤よりも人体に与える影響が少なく、小さなお子さんがいる家でも安心して使用することができます。

セスキ炭酸ソーダはつけ置きに使用すると塗装が剥げてしまう場合がありますが、重曹はそのような心配をする必要もありません。また重曹は水に溶けにくい性質を利用しクレンザーとしても使用できるため、キッチン周りの幅広い掃除に役立ちます。

換気扇掃除の洗剤の選び方
汚れ具合によって洗剤を使い分けると良い

クエン酸はあまり効果なし

重曹やセスキ炭酸ソーダが掃除に使用できると聞くとクエン酸も効果があるのでは?と思うかもしれませんが、クエン酸は酸性なので油汚れにはあまり効果がありません。

しかしクエン酸は、アルカリ性の洗剤を使用した際に残る白いあとを除去する際に役立ちます。重曹水でレンジフードを拭いた際に白いあとが残ってしまった場合は、レモン汁などで拭き取るときれいに落とすことができますよ。

換気扇の油汚れを取り除こう!効果的な掃除方法

換気扇を掃除する人
換気扇は定期的な掃除が必要

では、換気扇のしつこい汚れはどのようにすればすっきりと落とせるのでしょうか。換気扇を掃除するためには、まず換気扇内の部品を分解する必要があります。

ここからは、換気扇を掃除する詳しい手順を紹介します。

用意する道具

換気扇を掃除する際に用意する道具は、以下の通りです。

  • ゴム手袋
  • アルカリ性の洗剤
  • 新聞紙
  • 使い古した歯ブラシ
  • スポンジ

【手順1】換気扇を分解する

換気扇で掃除する箇所は、フィン・フィルター・レンジフードの3箇所です。フィンとフィルターは換気扇の内部に位置しているため、掃除をするためには分解をする必要があります。分解は以下の手順で簡単に行うことができます。

  1. レンジフードの電源を切る
  2. 「整流板」と呼ばれる板を開ける(ついていないタイプもあります)
  3. フィルターを外す
  4. リング状の部品を半時計回りに回して外す
  5. ファンを押さえながら、中央のネジを時計回りに回して緩める
  6. ファンを押さえながらネジを取り外す
  7. オイルキャッチを取り外す

分解後はネジなどの細かな部品を無くさないように、気をつけて掃除を行ってください。

【手順2】つけ置き洗いする

換気扇のファンやフィルターなどにこびりついた頑固な油汚れは、つけ置き洗いをすることで汚れを浮かせることができます。つけ置きに使用する洗剤は、マジックリンなどのアルカリ性の洗剤かオキシクリーンがおすすめです。

マジックリンなどの洗剤を使用する場合は、換気扇のパーツ全体にまんべんなく行き渡るように洗剤をかけ、10分程度放置します。アルカリ性の洗剤を使用する場合はつけ置き時間が長いと塗装が剥がれる原因になりますので、長くつけ置かないように気をつけてください。

オキシクリーンは粉末状の塩素系漂白剤で、粉末を溶いたお湯に汚れたパーツをつけておくだけで簡単に汚れを除去できると評判の万能洗剤です。40〜60°程度のお湯4リットルに付属のスプーン1杯が目安です。お湯に粉末を溶かしたらその中にパーツを入れ、2時間ほど放置します。

【手順3】細かい汚れを取り除く&水ですすぐ

つけ置き時間が過ぎたら、ブラシやスポンジなどで残った汚れを取り除きます。細かい汚れには使い古しの歯ブラシなどが効果的です。擦った後は、洗剤の成分が残らないようによく水ですすぎましょう。

【手順4】乾燥させる

掃除をした後に一番気をつけたいのは、パーツをしっかり乾燥させることです。パースを乾かさないまま元に戻してしまうと、内部でカビが発生してしまうことがあります。

掃除が終わったら、パーツの水分をしっかりと拭き取りましょう。タオルでは拭き取れない部分もあるので、新聞紙などの上で乾燥させることをおすすめします。

取り外せないパーツは洗剤とキッチンペーパーを利用して掃除

乾燥機には、レンジフードなど取り外せないパーツもあります。取り外して丸洗いができないパーツのしつこい汚れは、洗剤とキッチンペーパーを利用することできれいにできます。掃除の手順は以下の通りです。

  1. キッチンペーパーに洗剤をつける
  2. 汚れが気になる部分にキッチンペーパーを貼り付ける
  3. 5分ほどそのまま置く
  4. 雑巾などで水拭きをする

キッチンペーパーが上手く張り付かない場合は、上からラップで覆うと落下を防げますよ。

換気扇の油汚れを防止する方法

レンジフード
換気扇をきれいに保つには日頃から工夫する必要がある

せっかく掃除をしたなら、なるべくきれいな状態を保ちたいですよね。換気扇の油汚れは毎日料理をするとどうしても付着してしまいますが、少しの工夫で防ぐことができます。最後に、換気扇の油汚れをなるべく少なくする方法を紹介します。

こまめに掃除する

しつこい油汚れを防ぐためには、こまめに掃除をすることが一番です。3ヶ月に1回を目安に掃除を行うと良いでしょう。難しい場合は、半年に1回でも掃除をすると汚れのこびりつき具合が変わります。

また換気扇の使用後は、軽くで良いので毎回掃除することが重要です。レンジフードに付着した油分の拭き取りなど日頃からできる掃除を行っておきましょう。

外付けフィルターを取り付ける

それほど掃除に時間をかけられない場合は、換気扇に外付けフィルターを取り付ける方法が効果的です。外付けのフィルターを換気扇のフィルターに被せることで、内部に汚れが入りにくくなり掃除の手間がグッと減ります。筆者宅も外付けフィルターを貼ったことで、汚れがとても少なくなりました。

換気扇の外付けフィルター
筆者宅の換気扇。貼り付けられるタイプだが、上から更に磁石を貼っている

ただ外付けフィルターには、換気の効率が悪くなる・吸引力が弱くなるなどのデメリットも存在します。また、きれいな状態を保つためには、1ヶ月に1回などこまめな交換が必要です。様々な大きさや素材の製品が販売されているので、購入する際は自宅の換気扇に合ったタイプを選びましょう。

コーティング剤を塗る

コーティング剤を塗ることでも、換気扇を油汚れから守ってくれます。コーティング剤は汚れをつきにくくするスプレーのことで、使い方は換気扇から15〜20センチ程度離して吹き付けるだけ。

換気扇以外にもキッチンの壁やガスコンロなどにも使用できる優れものです。コーティングスプレーを扱う際は、火気に注意して行ってください。

換気扇の汚れ防止
しつこい油汚れは毎日の工夫で防止できる

時間がないときはプロに依頼しよう

ハウスクリーニングの男性
プロに依頼すれば短時間でピカピカに

ここまで、換気扇の掃除方法や汚れを防止する方法について紹介しました。しかし、「自分でできるのは分かったけど、汚れがひどくて手に追えそうにない」「分解したら元に戻せなくなりそうで心配」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

汚れが頑固すぎる人や掃除をする時間がない人は、掃除のプロに依頼することをおすすめします。掃除のプロに依頼すれば、自分で掃除を行うよりも丁寧に汚れを除去してもらうことができます。プロに換気扇やレンジフードのクリーニングを依頼する場合の相場は、レンジフードタイプの場合は11,000〜15,000円程度・ダクトタイプは8,000円〜10,000円程度です。換気扇の油汚れで困ったら、汚れがひどくならないうちにプロに依頼してみましょう。

ミツモアでキッチンクリーニングの依頼をしよう!

ミツモア
ミツモアで見積もりを依頼しよう!

簡単!2分で見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、撮影の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

キッチンクリーニングをプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでキッチンクリーニングを依頼する