ミツモアメディア

浴室換気扇の交換/修理の費用相場!工事内容の内訳や安く抑える方法・どこに頼むべきかの全体像を解説!

最終更新日: 2021年04月28日

「浴室換気扇が急に動かなくなった」「ずっと変な音がしているので交換・修理したい」このような方に向けて、浴室換気扇の交換・修理費用や施工内容を解説します。

浴室換気扇は交換方法によって費用が大きく変わってきます

  • どんなタイプの換気扇を取り付けるのか
  • そのタイプの中でもどの商品(型番)の換気扇を取り付けるのか
  • どこに頼むのか

など。ある程度相場を知っておくことで、損せずに換気扇の交換ができるようになりますよ。

この記事では「浴室換気扇の交換にどのような作業が必要で、いくらかかるのか」をパターンごとに解説。費用を安く抑える方法もご紹介します。「そもそもどこに頼めばいいの?」という方にも参考になる内容なので、ぜひご覧ください。

浴室換気扇の交換・取り付けはいくらかかる?費用相場と施工内容を解説

換気扇を取り付ける人

浴室換気扇の交換・取り付け費用は、換気扇の種類や施工内容(作業内容)によって大きく変動します。

  1. 同じ種類の換気扇に交換する場合
  2. 多機能の換気扇に交換する場合
  3. 異常のある部品のみ交換する場合

それぞれ費用の相場と作業内容も含めて見ていきましょう。

パターン①:同じ種類の換気扇に交換する場合

現在使用している浴室換気扇と同じ種類のものに交換したい場合です。あまり費用をかけたくない、すぐに使えるようにしたい方はこちらがおすすめです。

種類 プロペラファン型

(壁に設置型)

シロッコファン型

(天井埋め込み型)

プロペラファン型換気扇 シロッコファン型換気扇
本体価格 約5,000~15,000円 約10,000~50,000円
施工費用 約8,800円~ 約10,000円~
施工内容
  • 既存換気扇の取り外し
  • 新しい換気扇の設置
  • 既存換気扇の取り外し
  • 天井の設置工事
  • 配線接続作業
  • ダクト接続作業
  • 新しい換気扇の設置
施工時間 約30分~1時間 約1日

※それぞれの換気扇の詳しい説明は記事の後半でしていますので、併せて参考にしてみてください。

「換気扇本体+交換工事込み」のセットで販売しているケースもあります。例えばシロッコファン型なら20,000円台から提供している業者もあるため、複数社をしっかり確認しましょう。

換気扇の交換を依頼したい場合は、ぜひミツモアを利用してみてください。簡単な質問に答えるだけで、それを見た複数の業者が無料で見積もりを出してくれるサービスです。それぞれの費用や作業内容・保証内容などを比較できるので、あなたの求める条件にピッタリのところに依頼できますよ

ちなみに住居によっては、浴室換気扇の換気機能を洗面所やトイレなど、別の部屋でも共用していることがあります。どこかのスイッチを入れた時に別の部屋でも換気扇が回れば、このタイプです。戸建ては基本的に1室換気(浴室のみ)で、マンションは1~3室まで共用していることも。換気室数は変えられないため、今の換気室数に対応した商品を選ぶ必要があります。何室に対応しているか分からない場合は、業者に事前点検してもらいましょう。

パターン②:多機能の換気扇に交換する場合

交換のタイミングでもっと高機能な商品に替えたい場合です。暖房や乾燥機能がついていると、冬場に体を冷やしてしまったり、梅雨の時期に洗濯で困ったりすることもなくなります。

ただし、拡張工事などが必要になるので「パターン①」よりも高額になりやすいです。

本体価格 約30,000~130,000円
施工費用 約21,000円~
施工内容
  • 既存換気扇の取り外し
  • 配線接続作業
  • ダクト接続作業
  • 新しい換気扇の設置
  • 試運転
  • 浴室暖房乾燥機の専用回路増設工事
施工時間 約1~2日

こちらも「換気扇本体+交換工事」のセットで提供しているケースが多く、75,000円台から可能な業者もあります。本体を自分で用意するよりも、全て込みで対応してもらう方がコストを抑えられるのでおすすめです。

パターン③:異常のある部品のみ交換する場合

浴室換気扇全体を取り替えなくても、異常が出ている部品を交換するだけで不具合が改善されることもあります。素人にはどの部品が原因か判断しづらいため、無料点検を行ってくれる業者に依頼するのがおすすめです。

交換内容 費用(本体価格+交換工事)
換気扇のモーター 22,000円~
ダクト側の換気ファン

(天井設置型の場合)

14,000~35,000円
タイマースイッチ

換気扇タイマースイッチ

7,500~11,000円

タイマースイッチとは洗面所の壁に設置されている、タイマー機能を持った機器のこと。タイマーがうまく作動しなくなった場合は、タイマースイッチの故障が疑われます。

浴室換気扇は修理よりも交換がおすすめ

浴室換気扇の配線の不具合などで修理する場合、約15,000~20,000円が相場です。これ以上費用がかかりそうなら、今後故障するかもしれないリスクを考えて、新しい商品に交換することをおすすめします。修理を何度も重ねるより、機器を交換した方がトータルの費用を抑えられるでしょう。

浴室換気扇の交換が高額になりやすいケースを紹介

以下のような場合は費用が上がりやすいです。

  • プロペラファン型→シロッコファン型に交換する
  • 今より大きいサイズのものに交換する

これらの交換には壁を壊したり天井に穴をあけたりと、開口部を広げる工事が必要だからです。大がかりな作業に及ぶと35~40万円など、高額になることもあります。

交換する際は同じメーカーの後継機種を選ぶのがおすすめ。後継機種であれば基本的には型やサイズが同じなので、拡張工事をせずに済みます。

もし換気扇選びに関して不安があれば、工事業者に相談してみてください。ミツモアなら依頼前に無料チャットで相談ができるので「換気扇選びから手伝ってほしい」と伝えてみましょう。

交換・取り付け費用を安く済ませたい!意識すべきポイント3つ

電卓を持つ人

交換・取り付け費用をなるべく安く済ませたいなら、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 複数の業者に見積もりを依頼する
  2. メーカーよりも機能性を重視する
  3. 型落ちの換気扇を選ぶ

順番に見ていきましょう。

ポイント①:複数の業者に見積もりを依頼する

複数の業者に見積もりを依頼して、費用を比較することをおすすめします。同じ浴室換気扇でも、業者によって金額が異なるケースがあります。本体の仕入れ値や工事費、諸経費などが異なるからです。複数の業者に見積もりを出してもらうことで適正価格が分かり、悪徳業者に引っ掛かるリスクを避けられるでしょう。

複数社に見積もりを依頼するならぜひミツモアを利用してみてください。簡単な質問に答えるだけで最大5社に見積もりを出してもらえるため、1件1件問い合わせる手間がかかりません。リフォーム業者や換気扇交換の専門業者がたくさんいるので、あなたにピッタリのところが見つかりますよ。

相談する前に以下のことを確認しておくと、スムーズに進められるでしょう。

  • 既存の浴室換気扇の種類(壁に設置しているか、天井に設置しているかなど)
  • 新たに欲しい機能(暖房や乾燥機能をつけたいなど)
  • 工事日程

ポイント②:メーカーよりも機能性を重視する

メーカーのこだわりを捨てて機能を重視した方が、より良い商品が見つかる可能性が高いです。有名なメーカーは安心感がありますが、ブランド料も込みのため高額になりやすい傾向があります。メーカーの知名度が高いからといって品質も良いとは限らないので、浴室換気扇自体の品質・機能を重視して選びましょう。

事前に欲しい機能を業者に伝えておけば、その機能を備えた商品を提案してもらえますよ。ミツモアでは事前にチャットもできるので「換気扇選びから手伝ってほしい」と伝えてみてくださいね。

ポイント③:型落ちの換気扇を選ぶ

型落ちモデルは最新機能はありませんが、機能性としては申し分ないものも多いです。商品をうまく選べば、高機能な商品を安価で買えることもあります。

最新モデルの発売後は、一つ前の型が割引きされることも多いです。新商品が発売される時期を見計らって購入するのも良いでしょう。

浴室換気扇の交換・取り付けはどこに依頼すればいい?メリット・デメリットを解説

浴室換気扇の交換・取り付けを依頼する先は、主に以下の3種類です。それぞれのメリット・デメリットを表にまとめましたので、参考にしてみてください。

業者 メリット デメリット
リフォーム業者・換気扇交換の専門業者
  • 専門知識が豊富
  • 柔軟に相談に乗ってもらえる
  • 最適な商品や工事方法を提案してもらえる
オプション工事や部品を付けるなど、高額メニューを提案される可能性がある
個人経営の電器店
  • 対応が早い
  • 専門知識が豊富
  • 地域密着型で相談しやすい
  • 本体価格があまり値引きされない
  • 取扱商品が少ない場合がある
  • 修理は非対応の場合がある
家電量販店・ホームセンター
  • 実機を確認して選べる
  • 本体価格が値引きされやすい
  • セールやイベント期間中は安価になる
  • ポイントが溜まる
  • 在庫がない場合は取り寄せが必要
  • 業者との日程調整で時間がかかる場合がある
  • 工事費用が高くなりやすい

それぞれを詳しく説明していきます。

リフォーム業者・換気扇交換の専門業者

浴室換気扇の交換を頼むのに一番おすすめなのが、リフォーム業者です。以下のようなメリットがあります。

  • 専門知識が豊富で柔軟に相談に乗ってもらえる
  • 環境に適した浴室換気扇や、工事プランを提案してもらえる

換気扇選びから工事プランまで詳しく相談に乗ってもらえるため、納得のいく仕上がりになるでしょう。

デメリットはオプション工事を勧められたり、余分な部品を追加されたりと、余計な費用がかかる可能性がある点です。作業内容は細かく確認し、追加メニューを勧められたらなぜ必要なのかしっかり質問しましょう。

ミツモアには優良なリフォーム業者・換気扇交換の専門業者がたくさん登録しているので、ぜひ無料で見積もりを取ってみてください。

個人経営の電器店

個人経営の電器店のメリットは、地域密着型のサービスを提供している点です。機器の点検から工事まで、豊富なノウハウをもとに比較的早く対応してもらえるでしょう。

デメリットは本体価格が安くなりにくく、浴室換気扇の専門知識があるとは限らない点です。事前に店舗の公式ホームページで、浴室換気扇の交換工事を受け付けているか確認しましょう。また取扱商品が少ない店舗だと、選択肢が限られてしまいます。

家電量販店やホームセンター

様々な種類の浴室換気扇が販売されており、実機をしっかり確認しながら選べるのがメリットです。またセールや他店との競争などで価格が安くなりやすく、ポイントが溜まる点も魅力でしょう。

ただし工事完了までに時間がかかったり、工事費用が高くなりやすかったりする点に注意が必要です。

DIYはおすすめできない?漏電・感電のリスクあり

浴室換気扇の部品は自分でも購入できますが、交換工事は危険が伴うので業者に依頼するようにしましょう

そもそも電気工事には資格が必要になります。電源部分を触ったりアース工事を行ったりする場合、無資格者だと罰則が課せられることもあるのです。作業を誤ると漏電や感電の危険性もあります。

無理にDIYでコストを抑えようとせず、業者に依頼して安心・安全に取り替えましょう。

取り付ける換気扇のタイプはどれがおすすめ?特徴や違いを知ってから選ぼう

換気扇修理業者

浴室換気扇には主に、プロペラファン型とシロッコファン型の2種類があります。それぞれの特徴や違いを知ったうえで選ぶと、より適した換気扇が見つかるでしょう。

種類 プロぺラファン型 シロッコファン型
プロぺラファン型換気扇 シロッコファン型換気扇
住居 戸建て住宅向き マンション向き
設置場所 外壁に面した壁 天井、壁
排気方法 屋外に直接排出 ダクトを通して排出
排気力 強力 プロペラファン型よりは弱い
お手入れ 洗いやすい パーツが多く、洗うのに手間がかかる
音量 大きい

(静音タイプもある)

かなり静か
機能 換気のみ 換気、暖房、乾燥など多機能
特徴
  • 屋外の風に影響を受けやすい
  • 風の強い地域、高層階には不向き
  • 外気に影響されにくいため、安定して換気できる
  • 窓のない浴室でも使用できる
本体価格 約5,000~15,000円 約10,000~50,000円

詳しく解説していきます。

プロぺラファン型

プロペラファン型の換気扇は、基本的に壁に穴をあけて取り付けられています。単純な構造なので交換工事も簡単ですが、換気以外の機能はついていないことがほとんどです。暖房や衣類乾燥などは不要という方におすすめします。

メリットは以下の3点。

  • シロッコファン型の換気扇よりも排気力が強い
  • 掃除しやすい
  • 本体価格が安い

デメリットは屋外の風に影響を受けやすい点です。外壁に面した壁に取り付けられるため、マンションの高層階など風の強い家屋には向きません。また換気扇をつけている時の音量が大きいので、音が気になる方はシロッコファン型が良いでしょう。

シロッコファン型

シロッコファン型の換気扇は天井や壁に設置されており、現代の浴室で主流になっています。筒状の細長い羽根(ファン)が回転し、ダクト(空気を通す管)を通じて空気を外に排出する仕組み。ダクトに接続できるため、プロペラファンと違って窓のない浴室でも使用できるのが特徴です。

メリットは換気機能に加えて、暖房や衣類乾燥など多機能が備わっている商品が多い点です。屋外の風に影響されないため換気も安定しており、音が静かなのも魅力でしょう。

デメリットは構造が複雑で本体や交換工事が高額になりやすい点。工事がダクト部分に及ぶ場合は2日以上かかるケースもあります。

費用に余裕があるのであれば、基本的にはシロッコファン型がおすすめです。換気扇の商品(型番)選びは工事業者に相談してみてください。

浴室換気扇にこんな症状が出たら交換・修理のタイミング!

古い換気扇

浴室換気扇は耐用年数が10年と長いですが、使用頻度やメンテナンス状況によっても変わってきます。

「耐用年数を超えている」「期間内だけど異常が起きている」などの場合は、換気性能が低下していることがあります。そのまま放置すると換気がうまくいかず、カビが発生しやすくなってしまうのです

10年以内でも次のような症状が出たら、交換を検討してみてください。

症状 原因・対処法
振動がする 振動と併せて乾いた音がする場合…ファンを回す軸部分のオイルが不足している可能性があります。取り外せそうなら潤滑油を塗ってみましょう。

ファンが変形・破損している場合…使用を止め、業者へ点検を依頼してください。

浴室換気扇が動かない 換気扇本体を取り替える必要があります。
風量が弱い モーターの芯がサビで劣化しているか、ホコリが溜まっている可能性があります。ホコリの掃除をしてみて、変わらなければ本体を交換してください。
異音がする カタカタという音の場合…モーターの芯付近の部品が劣化して折れた可能性があります。

ブーっと音がする場合…ホコリが詰まってプロペラの回転が重くなっている可能性があります。掃除をすれば元に戻るケースが多いです。

回転音が大きい ファンやモーターにホコリやサビが溜まっている場合があります。取り外せそうなら掃除してみましょう。

不調が起きる原因はごみやホコリの蓄積

不調が起きる主な原因は、ごみ・ホコリ・水あか汚れ・湿気です。水あかやごみがファンに溜まるとモーターの軸がずれてしまい、異音や振動に繋がることがあります。汚れを取り除くだけで改善するケースもあるので、まずは掃除をしてみましょう。必ずスイッチを切ってから、中性洗剤を染み込ませた布やスポンジで拭いてください

綺麗にしても改善されなければ、一度業者に点検してもらうのがおすすめです。

賃貸住宅なら大家さん・管理会社へ相談

賃貸住宅に住んでいて浴室換気扇の不調に気付いたら、まずは大家さんか管理会社に相談してみてください。寿命による故障だった場合、大家さんに負担してもらえます。

ただし「掃除中に壊してしまった」「お手入れを長期間していなかった」など、故意・過失の場合は入居者負担です。

ファンを簡単に取り外せない浴室換気扇を掃除する場合は、掃除業者に依頼するのも手。8,800円台で行っているところもあるので、無理矢理外して壊してしまうくらいなら検討してみてくださいね。

換気扇・レンジフードの取付・交換のプロ探しはミツモアがおすすめ

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

換気扇・レンジフードの取付・交換を業者に依頼したい場合、地域のプロを探す際はミツモアの一括無料見積もりをご利用いただくと手間なくご自身の希望通りの業者を見つけることが可能です。

ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

換気扇・レンジフードの取付・交換を依頼する