ミツモアロゴ

エアコンの内部クリーン機能とは?臭いの出る原因と対策をご紹介!

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2018年09月12日
エアコンの内部クリーン機能の悩みを解決しよう!
エアコンの内部クリーン機能の悩みを解決しよう!

快適な毎日を送るために、必要不可欠な家電の一つがエアコン。最近のエアコンは、便利な機能もいろいろで、使いこなせていないものも多いのではないでしょうか。そんな機能の一つが「内部クリーン機能」。エアコンの停止後、なにか動いているようだけど、一体なにをしているのか、電気代はどのくらいかかっているのか、気になっていませんか?

今回は、上手に使えば、カビ防止に有効なエアコンの内部クリーン機能について、その仕組みと、効果的な使い方をご紹介します!

エアコンの内部クリーン機能はカビ防止に効果あり!

エアコンの内部クリーン機能はカビ防止に効果的
エアコンの内部クリーン機能はカビ防止に効果的

エアコンの内部クリーン機能は、エアコン内部のカビ発生を防止するための機能。上手に使えば、効果的にカビの発生だけでなく、カビの成長も抑制してくれます。その仕組みはどのようなもので、効果を最大限に引き出すための使用頻度はどのくらいでしょうか。

エアコンの内部クリーンとはどんな機能?

エアコンの内部クリーンとは、冷房や除湿の後、エアコンの内部を乾燥させる機能です。ここ数年発売された多くのエアコンに搭載されています。

エアコンの冷房、除湿機能では、室内機の熱交換器で空気が冷やされます。ここで発生するのが水滴。冬、外気に触れる窓に結露が発生するのと同じ原理です。発生した水は屋外に排出されていますが、すべての水を排出することはできません。

エアコンの運転を停止すると、結露水を外部に排出する機能も止まるので、その時点でエアコン内部に残っていた水は、そのまま内部に残ってしまいます。この水分を放置しておくと、空気中のホコリが付着したり、カビ発生の原因になったりします。

内部にホコリが付着したりカビが発生した場合、エアコンから排出される風にのって、ホコリやカビは部屋中にまきちらされることに。室内の空気をきれいに保ち、体調に影響を与えないためにも、エアコン内部を清潔に保つことが大切です。

内部クリーン機能がついているエアコンは、運転停止後、すぐに内部クリーン運転モードに切り替わります(自動運転が設定されている場合)。送風運転や暖房運転を行うことで、エアコン内部が乾燥し、カビ発生を防ぐのです。エアコンを清潔に保つだけでなく、故障も防げます。

最近では、送風や暖房運転で内部を乾燥させるだけでなく、各社が開発したイオン発生装置やプラズマ発生装置などによる除菌効果など、より内部をクリーンにする機能がついたものもあります。

エアコンの内部クリーンの適切な使用頻度は?

エアコンの内部クリーン機能を適切に使うためには、どのくらいの頻度で使ったら良いのでしょうか。

エアコンの内部クリーンは、エアコン内に残っている水分を除去するための機能。冷房や除湿など、結露しやすい機能を使用したときは、毎回使用するのが理想的です。

5年以内に発売されたエアコンで、内部クリーン機能があるものは、エアコン停止後、自動で内部クリーン運転するように設定されています。それ以前のものは、2週間に1回など、一定期間おきに運転するよう、頻度が設定されていたり、リモコンを操作して、手動で運転させるものもあります。

内部クリーン機能では、一度発生したカビを除去することはできません。あくまで、発生と成長を抑制するだけです。そのため、カビが発生しないようにするためには、内部に水分を残さないようにすることが重要なのです。自動運転の設定がある場合は、事前に設定しておき、意識せずに内部クリーン機能が使えるようにするとよいでしょう。

また、エアコンを長く使用しないシーズンの終わりにも、内部クリーンで、しっかり乾燥させましょう。次のシーズンまで、エアコン内が清潔に保てます。

知っ得!エアコンの内部クリーンについての豆知識

ぜひ使いたい内部クリーン機能。電気代は?
ぜひ使いたい内部クリーン機能。電気代は?

エアコンを清潔にし、きれいな空気を守るためにも、ぜひ使いたいエアコンの内部クリーン。でも、所要時間や電気代はどのくらいなのでしょうか。また、最近よく聞く「お掃除機能」とはどう違うのでしょうか。

「エアコンの内部クリーン」と「お掃除機能」との違い

エアコンには「内部クリーン」のほかに「お掃除機能」がついているものがあります。その違いは「内部の乾燥」と「内部の清掃」という機能の目的にあります。

エアコンのお掃除機能は、「フィルターなどについたホコリなどを自動で洗浄する」という機能です。一番多いのは、フィルター部分の掃除をしてくれるというもの。集塵装置がついたお掃除ユニットが、自動でフィルターのホコリを集めてくれます。高価な機種になると、熱交換器を洗浄してくれる機能もついています。

お掃除機能は、内部のホコリなどを除去してくれる機能なので、内部クリーン機能のように、毎回の使用により発生する水滴を除去するわけではありません。2つの機能に同じ効果はないので、エアコンによっては、2つの機能の両方がついているものもあります。

エアコンの内部クリーンの所要時間は約90分前後

エアコンの内部クリーンは、エアコン停止後に行われます。その所要時間は、メーカーごとに異なり、80~120分くらいで、約90分前後、というメーカーが多いようです。

この時間で送風運転と暖房運転を行います。最初に80分ほど、送風運転を行った後、10分程度の暖房運転を行うパターンや、送風と暖房運転を交互に行う機種など、さまざまです。

エアコンの内部クリーンの電気代は1回あたり1〜3円

つけている時間が長いほど電気代がかかるエアコン。温度調整などでせっかく節約しても、内部クリーンのために電気代がたくさんかかってしまっては、本末転倒です。

多くメーカーによれば、エアコンの内部クリーンにかかる電気代は、1回あたり、1~3円(カタログスペック)。たとえば、1日2回内部クリーン機能を使った場合は、1カ月で60~180円程度です。

一日に何度も付けたり消したりするのではなく、温度調整をしたほうが、エアコン自体の電気代も抑えられます。エアコンを上手に使うことで、内部のカビも防止できるのであれば、積極的に活用したいですね。

エアコンの内部クリーンに関するお悩み解決!

エアコンの内部クリーン中の臭いが気になる。対策は?
エアコンの内部クリーン中の臭いが気になる。対策は?

手軽にエアコン内部のカビ抑制ができる内部クリーン機能ですが、利用している人からは、いろいろな悩みも聞かれます。その代表的なものが「部屋が暑くなる」「内部クリーンの間流れてくる風が臭い」というもの。どのように対策したらよいのでしょうか。

①エアコンの内部クリーン中、部屋が暑くなる

エアコンの内部クリーンが動いている間は、弱い暖房運転をするため、部屋が暑いと感じることが多くなります。また、送風運転の際、外部からの風が室内に運ばれることもあります。エアコンの吹出口から暖房の風や外気が出てくるので、どうしても、部屋の温度が2~3度高くなり、暑くなるのです。

また、内部を乾燥させるため、湿度の高い空気が室内に流れ込み、湿度が高くなることもあります。そのために、暑いと感じるのです。

対策:エアコンの設定変更&クリーンの時間帯の工夫

エアコンの内部クリーンは、その仕組み上、どうしても部屋が暑くなってしまいます。一部のメーカーでは、「お部屋に人がいないときに使用してください」という注意書きもあるほどです。

対策の一つはエアコンの設定変更です。例えば、就寝モードやタイマー停止など、エアコンの電源が切れた後も人がいることを前提としている機能を使用した場合、内部クリーンが自動で働かないよう設定されている機種もあります。

また、「送風」モードがあるエアコンであれば、内部クリーンの代わりに、送風モードを使用するのも一つの方法です。送風モードは、風だけを送る機能で、エアコン内部を乾燥させる効果があります。設定された温度で風を送るので、室内が暑くなることはありません。電源を切る30分から1時間前に送風モードに切り替えれば、部屋を暑くせずに内部クリーンと同じ、内部乾燥効果が得られます。

通常の運転時は内部クリーンを切っておき、外出時に手動で内部クリーン運転をするのも一つの方法です。

②エアコンの内部クリーン中、臭いが発生する

エアコンの内部クリーン中の風が臭う理由は、大きく2つあります。

1つは、一度吸い込まれた室内の空気が、そのまま室内に送られること。一度吸い込んだ部屋の臭いが、温かくなって排出され、臭いを感じるのです。さらに、エアコンの湿気も含んだ空気になるので、湿気独特の臭いも加わって、より強く不快な臭いを感じることもあります。

もう一つは、エアコン内部にすでに生えてしまったカビやホコリの臭いが原因です。内部クリーン機能は、カビやホコリを防止してくれますが、すでに付着したカビやホコリを取り除いてはくれません。そのため、エアコン内部のカビをそのまま排出してしまい、臭いを発生させてしまいます。

エアコンの運転中はあまり感じない臭いですが、内部クリーンで臭いを感じた場合は、内部にカビが生えている可能性が高く、注意が必要です。

対策:エアコン内のカビを掃除して綺麗に!

エアコン内のカビは、一度発生すると、簡単にはとれません。カビが生えてしまったエアコンは、風と一緒に部屋全体にカビを撒き散らしてしまいます。長い時間そのまま使ってしまえば、ぜんそくなどの原因になる可能性もあります。

内部クリーン中にカビの臭いに気がついたら、すぐに、エアコン内を掃除してカビを取り除きましょう。市販のエアコンクリーナーを使って自分で掃除する方法もありますが、とれるのは表面のカビだけ。奥の方まで生えてしまったカビは取り除けません。

生えてしまったカビや溜まってしまったホコリを一気に綺麗にするには、プロのエアコンクリーニングがおすすめです。自分ではできないレベルまでエアコンを分解し、専用の洗浄剤と洗浄機を使って、徹底的にエアコン内部を洗浄してくれます。

シーズン初めにエアコンクリーニングを依頼して、綺麗にしてもらっておけば、その後は、カビが発生しないよう、内部クリーン機能を使えば万全ですね。

まとめ カビ予防には内部クリーン&クリーニング!

内部クリーン機能とエアコンクリーニングで、カビ予防は万全!
内部クリーン機能とエアコンクリーニングで、カビ予防は万全!

安心して、快適にエアコンを使うためには、エアコン内部のカビやホコリを予防する内部クリーン機能が効果的です。でも、部屋が暑くなったり、臭いを感じたりする難点もあります。また、一度生えてしまったカビも除去できません。

エアコンの内部クリーンの効果を高めるためには、プロのエアコンクリーニングで、徹底的にエアコンを綺麗にしておくのがおすすめ。見えない部分のカビまで取り除いてしまえるので安心です。

各地域のエアコンクリーニングのプロが登録しているのが、見積りサイトミツモア。おすすめのクリーニング会社、最大5社から見積りがもらえます。もちろん見積りは無料。気軽に試して、予算を気にせず、安心を手に入れましょう!

エアコンクリーニングのプロを探す