ミツモアメディア

水漏れはどこから!?原因と自分でできる修理方法

最終更新日: 2021年04月30日

同じ家に長い期間住んでいると、起こることがある水漏れ。突然水が漏れてくると、パニックになりますよね。

まず最初にすべきことは、元栓を閉めることと大家さんや管理会社への連絡です。水漏れの原因がわかったら、自分で修理もできますし、もちろん業者にも依頼できます。

この記事では、自分で修理する方法、業者に依頼する場合の注意点や費用相場についてお伝えします。

【慌てないで】水漏れが起こった時に最初にすべきこと

元栓閉める

水漏れが起こったときには、慌てずにメーターボックスの近くにある元栓を閉めましょう。

水の流れを止めたら、賃貸の物件では大家さんや管理会社に連絡します。

少ししか水漏れしていないからといって放置しておくと、カビの発生や、最悪の場合近所の住民から損害賠償を請求される可能性もあるので、すぐに直すようにしましょう。

元栓・止水栓を閉める

まずは元栓・止水栓を止めましょう。元栓とは住居全体の水を止められる部分で、水道メーターの近くに設置されている場合が多いです。

一戸建ての場合には、下の画像のようなメーターボックスの中に取り付けられています。

一軒家メーターボックス 量水器

マンションなどの場合、玄関の近くのメーターボックスにあります。

マンションメーターボックス

例えば一軒家の場合、下の画像のようなメーターが入っていることが多です。

水道 元栓

元栓が閉まったかどうかは、水道メーターの中にあるパイロットが止まっていれば閉まっていると確認できます。

水道メーター パイロットの場所

止水栓は、洗面台などの下にあり、部分的に水を止める役目があります。この部分も閉めておきましょう。

止水栓の場所

賃貸の人は大家さんや管理会社に連絡しよう

賃貸で水漏れが起こった場合、まずは大家さんや管理会社に連絡しましょう。

修理業者を手配してくれたり、場合によっては修理費用を負担してくれたりする場合があるからです。

水漏れの修理費用が入居者負担になるか家主の負担になるかどうかは契約内容によって異なります。

一般的には、経年劣化の場合家主側の負担、入居者の過失がある場合自己負担になるケースが多いです。

物件によっては、小さい修繕は自己負担となっていることもあります。水漏れのあとでも少し時間があれば、契約書を確認してから連絡するとよいでしょう。

水漏れの放置は危険

もし水漏れを放置したら、どうなってしまうのでしょうか。

まず第一に床や壁に水漏れすることで、カビが発生し、シロアリの温床になってしまうことが考えられます。

また賃貸住宅では下の住人に被害が及び、修繕費用を請求される可能性もあるので注意しましょう。

その他にも

  • コンセントに水が付着し、漏電の危険性
  • 水が必要以上に出るので、水道料金が高額になる

というデメリットがあります。水漏れを放置しても何もメリットはないので、急いで対処しましょう。

水漏れが起こったときの被害については、当サイトの別記事で詳しく解説しています。

関連記事:マンションで水漏れができたら?被害者と加害者の立場でやるべきこと|ミツモア

よくある水漏れの原因3つ

排水パイプの継ぎ目 水漏れ

水漏れの原因は、①経年劣化、②凍結、③外部からの衝撃であることが多いです。水道のパッキンが劣化すると、10年程度で水漏れします。

寒い地域では、屋外だけでなく屋内の水道でも凍結します。

また大きい地震が起こってしばらくすると、衝撃によって水道管が破裂する場合もあるので覚えておきましょう。

その1.経年劣化

水漏れの原因として多いのは、水道パッキンの劣化です。

10年近く使用していると、水道の蛇口を閉めても水が止まらず、水滴がポタポタ落ちてくることもあります。

その場合パッキンの劣化が原因となるため、交換しなければ直りません。

パッキンは他の部品と比べて劣化しやすく、水を出したときの負荷が大きいという特徴があります。

パッキンの交換はそこまで難しくありません。交換部品もホームセンターで安価に購入できるので、水漏れに気づいたら早めの交換するようにしましょう。

その2.凍結

凍結

意外に知られていないのが水道管の凍結による水漏れです。蛇口を回しても水が出なかったり、少ししか出なかったりする場合には凍結を疑いましょう。

一般に、水道が凍結しやすいのはー4℃以下と言われています。

北海道や東北などの北国では一日中この程度の気温になることもよくあり、特に注意が必要になるでしょう。

水道の中でも特に凍結しやすいのは、屋外に設置されている給湯器の給水管や車庫の給水管です。

家の中でも、日の当たりにくい場所にある水道も凍結しやすいので気をつけましょう。

その3.外部からの衝撃

水道や蛇口にものが落ちてしまったり、建物に衝撃が加わったりした場合でも水漏れは起きます。

屋外の水道管では、自動車や工事による振動が水道管に衝撃を与えて破損することもあります。

また大きい地震が起きた場合は、しばらくは被害がなくても水道管にダメージが蓄積されることがあるため、注意が必要です。

とくに室内において、水漏れしていないのにもかかわらず水道料金が高額になっている場合は、衝撃による水漏れを疑ってみるとよいでしょう。

【場所別】よくある水漏れ箇所

どこから水漏れしているか確認

水漏れの場所によって、水漏れしやすい箇所は異なります。

洗面所や風呂場、キッチンの水漏れはパッキンによるものが多く、比較的自分でも修理しやすいです。

一方トイレ・天井の水漏れに関しては自分で対処できない場合も多く、業者に依頼したほうが安全で確実です。

【洗面所】蛇口、排水管のパッキンの劣化・故障が多い

洗面台の蛇口まわりから水漏れすることもあります。

洗面所では、蛇口、排水管からの水漏れが多いです。

  • 蛇口

洗面台の蛇口

  • 洗面台下の排水管

洗面台下の排水管

蛇口から水が漏れている場合は、パッキンの劣化・故障が考えられます。

前述のとおりパッキンの消耗は他の部品と比べ早いです。パッキンの交換をして水漏れを修理しましょう。

ナットがゆるんでいる場合は、締め直すだけで直ることもあります。

洗面台の下、排水管からの水漏れの場合は、水漏れ箇所をチェックします。

パッキンの交換なのか、排水管自体の交換が必要なのか、判断して交換修理しなくてはなりません。

【お風呂場】蛇口、シャワーヘッド、浴槽のひび割れに注意

お風呂場では、蛇口、シャワーヘッド、浴槽のにひび割れが原因として考えられます。

  • 蛇口

風呂場の蛇口

  • シャワーヘッド

シャワーヘッド

  • 浴槽のひび割れ

お風呂 ひび割れ

蛇口の水漏れは、洗面所と同様にパッキンとナットの締め直しが有効です。

それで直らない場合、蛇口自体を交換する必要もあります。

シャワーヘッドからの水漏れは、接続部からの水漏れやヘッド内部の残留水が原因であることが多いです。

接続部の補修や、ヘッドを分解して水を抜くことが必要です。

浴槽がひび割れすると水漏れが起こります。

ひび割れは市販のパテなどで補修できますが、あくまで応急処置という形になるため、業者への相談がおすすめです。

【キッチン】シンク、排水管、給水管のつまりに注意

キッチンでは、シンク、排水管・給水管のつまりに注意しましょう。

  • シンク

キッチンシンク

  • 排水管、給水管

キッチンの排水管・給水管

シンクの下には排水管があります。この排水管をつたって水が漏れている場合は、シンクと排水管のつなぎ目にあるパッキンの劣化、ナットの緩みが原因です。

ゴムパッキンの交換は、排水管のナットを緩めて排水パイプを取り外し、内部のパッキンを交換します。

パッキンは寸法を測れば、ホームセンターで同じものを購入できるでしょう。

【トイレ】トイレタンクの破損が多い!給水管も見てみよう

トイレタンクからの水漏れは以下の原因が考えられます。

  • 結露
  • タンク内部部品の劣化
  • 便器のひび割れ

結露の場合は、タンクの周りを拭いたり、結露防止スプレーを使ったりしてみてください。

トイレタンク内部部品が劣化している場合、以下の内部構造を参考にしながら、水漏れの原因を発見しましょう。

トイレタンクの構造

便器は25〜30年使用しているとひび割れることがあります。自分では修理できないため、業者に依頼して便器を交換してもらいましょう。

トイレの水漏れ原因と対処法を詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事:トイレの床から水漏れが発生!応急処置と原因を徹底解説します!|ミツモア

【天井】雨による屋根付近の水漏れに注意

天井の水漏れ

天井からの水漏れは、下記の3つが原因として考えられます。

  • 上層階から
  • 屋根からの雨漏り
  • 経年劣化による水道管破裂

まれですが、マンションなどで上層階からの水道トラブルにより、天井から水漏れすることがあります。

屋根からの雨漏りは、経年劣化によってどうしても起こってしまうものです。

雨の日に限って水漏れがある場合、まず雨漏りで間違いないでしょう。

上階の水道管は、凍結や地震の影響で破裂します。水道料金が高額になることで気づく場合もありあります。

天井からの水漏れは自分で直すことはできないので、業者に修理を依頼するようにしてください。

水漏れは自分で直せる?用意すべき道具と作業注意点

自分で水道修理

自分で修理できるか気になる方は、水漏れの原因がわかるかどうかで判断しましょう。

水漏れの原因がわかったら、このあと紹介する必要な工具と交換部品を用意して、修理してみてください。

修理部品はサイズを確認して購入しましょう。自分で直せないと思ったら、無理せず業者に依頼するのも大事です。

自分で修理できる目安

自分で修理できるかどうかは、以下を基準にして考えてみましょう。

  • 水漏れしている場所と原因がわかる
  • 交換部品や工具を手に入れられる

また、自分で修理する前に部品の使用年数を確認しましょう。蛇口の寿命はおよそ10年といわれており、それを過ぎた部品は今後のことを考えて交換をしたほうが良いでしょう。

上記に当てはまる場合でも、自分で直せるかどうか自信がない方は、無理せず業者に依頼することをおすすめします。

作業前に準備する工具

マイナスドライバー

マイナスドライバー

ネジを回すのに使用します。ネジの大きさによって使用する種類は変わります。

モンキーレンチ

レンチ

ボルトを緩める工具です。ボルトのサイズに合わせて調節可能ですが、購入前にボルトのサイズを確かめてから購入しましょう。

ピンセット

ピンセット

蛇口内部のパッキンなどの細かい部品を取るときに使います。

ゴム手袋

ゴム手袋

修理箇所によっては汚水が出るときもあるので、衛生対策でゴム手袋を着用しましょう。

交換するパーツは調べて買おう

自分で修理する前には、交換部品のサイズを確認しておきましょう。

特にパッキンは、修理箇所・部品の種類によってサイズや形状がまちまちです。

蛇口のパッキンに関しては、分解しなくてもメーカー名や型番からパッキンの種類を確認でき、ホームセンターでも購入できます。

また工具のサイズにも関わるため、ナットやネジの大きさはしっかり確認しておきましょう。

作業前に注意すること

作業前には必ず元栓や止水栓を閉めて行いましょう。

また洗面台下の排水口を修理するときにはバケツがあったほうがよいです。

修理箇所によっては一気に水が出てくることもあるため、多めのタオルを用意しておくことをおすすめします。

また自分で作業する際、無理に行うと故障を悪化させることがあります。作業が難しいと感じたら、無理せずに中止することも大切です。

業者に修理を依頼する場合いくらかかる?

見積もりの依頼 料金

水漏れはどこまで被害が広がっているかわかりづらいため、業者に頼んだ際の修理費用が気になる方も多いでしょう。

しかし水漏れ箇所や修理内容によって、相場はある程度決まっています。

この記事を読んでいただいた方なら故障している場所はある程度突き止められると思いますので、下記の相場価格を確認してみてください。

相場価格はどれくらい?

業者に依頼した場合の相場価格は細かい作業内容によって異なりますが、おおむね以下の通りです。

この他にも、出張費、作業費が別途かかる場合があるため事前に確認しておきましょう。

作業内容 相場価格
洗面所の修理 ¥5000〜10000
洗面所の蛇口・排水管交換 ¥25000〜50000
風呂場の修理 ¥5000〜15000
風呂場の蛇口交換 ¥50000〜60000
キッチンの修理 ¥5000〜15000
キッチンの蛇口交換 ¥25000〜50000
トイレの修理 ¥5000〜10000
トイレタンクの部品交換 ¥15000〜30000

【注意】悪徳業者を見極めるポイント

ほとんどの修理業者は優良ですが、中には高額請求を行う信頼できない業者も存在します。

他社と比べて極端に安い金額をPRしている業者は、あとから追加料金と称して請求金額を増やす場合があるので注意しましょう。

また、チラシやホームページに会社名や住所が明記されていなかったり、有名企業と間違えるような社名をしていたりする場合は、悪徳業者である可能性があります。

トラブルを避けるために信頼できる業者なのかよく調べ、事前の無料見積もりができるかどうか確認しましょう。

水漏れで高額請求されたお金は返ってくるのか

水漏れがもとで水道料金が高額になった場合、基本的には自己負担となり支払う必要があります

ただし、適切な管理をされていても水漏れが起こった場合には、一定の基準を超えたときに減額される場合もあります

減額の申請方法や受付期間は自治体によって異なりますが、共通するのは水漏れ修理が終わっていることが条件です。

詳しくは以下のサイトを参考にしてください。

参考:東京都水道局

ミツモアで水漏れ修理の見積りを依頼しよう!

水道業者 依頼

この記事では、水漏れの原因と簡単な修理方法、業者に依頼する際の注意点について解説しました。

しかし、水漏れの原因は自分で判断することが難しいため、業者への依頼がおすすめです。

ミツモアでは、実績のある業者に無料で一括見積りが可能で、予算の範囲内で信頼できる業者を探せます。

簡単に良い業者を探せるミツモアの見積もりサービスを利用してみましょう!

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間がなくなります。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで水漏れ修理を依頼する