ミツモアメディア

洗濯槽の正しい掃除方法!汚れの原因とクリーナーの選び方を解説

最終更新日: 2021年07月06日

洗濯槽の掃除は、どのようにすればよいのでしょうか?掃除の方法や最適な掃除の頻度を知ると、洗濯機をきれいに保てます。

洗濯槽クリーナーには塩素系・酸素系がありますが、種類による違いや選び方も知っておきましょう。

洗濯槽は小まめに掃除を

洗濯機

洗濯機を洗濯物と一緒に洗っているような感覚でいると、汚れやにおいが気になることはあります。使い方によってはカビや雑菌が繁殖する可能性もあり、定期的な掃除が必要です。

主な汚れはカビや雑菌

日々衣類を洗っている洗濯機には、汚れが付着します。汚れがたまる主な場所は洗濯槽です。「毎日洗っているから大丈夫」と思いがちですが、キッチンと同じように水や洗剤を使っていても汚れはたまります。

汚れの主な原因は「衣類」「ホコリ」「洗剤」「水分」などです。またカビや雑菌は、洗濯槽の汚れをエサとして増殖します。掃除をしないまま放置すると、カビや雑菌による黒ずみで汚れはさらにひどくなるでしょう。

衣類に汚れが付くことも

洗濯槽が汚れたままだと、汚い水で衣類を洗うことになります。場合によっては、黒いワカメのようなものが衣類に付着するかもしれません。

洗濯槽の黒ずみがはがれて、衣類に付くのです。これはカビや雑菌が固まったもので、せっかく洗った衣類を汚す原因になります。

掃除をしていない洗濯槽には、目に見えない汚れもたまっているでしょう。

カビだらけの水で洗濯をすることにならないよう、洗濯槽の定期的な掃除は欠かせません。まずは基本的な掃除からはじめてみましょう。

正しい掃除方法は?

洗濯槽洗剤

洗濯機に汚れが付くのを防ぎたいときは、本体がきれいなうちから定期的に掃除をしましょう。最終的に汚れが蓄積して業者に依頼するとしても、できるだけきれいな状態で洗濯するためにも毎日のケアを心がけましょう。

洗濯機の基本的な手入れ

洗濯機が新しいうちに、適切な掃除をしておくと汚れがたまるのを防げます。洗濯槽の掃除の前に、洗濯機全体をみてみましょう。

「糸くずネット」「洗剤投入口」「排水まわり」は、チェックしておきたいポイントです。衣服から出たゴミを取る糸くずネットは、洗濯の度に掃除しておきましょう。

洗剤を投入する場所は、毎回ぬるま湯で洗い流すと汚れが付きにくくなります。汚い水があふれないように、排水まわりのゴミや汚れも確認しておきましょう。

洗濯機全体の掃除を日々心がけることで、洗濯槽の汚れを多少予防できます。大がかりな清掃の回数も減らせるでしょう。

洗濯槽には洗濯槽クリーナー

洗濯槽には、内側と外側があります。内側の汚れは目に見えますが、外側の汚れは構造上ほとんど見ることはできません。

洗濯槽全体を自分で掃除するには、「洗濯槽クリーナー」が必要です。多くの洗濯機には「洗濯槽洗浄機能」があり、ボタンを押して水をため、クリーナーを投入すると簡単に掃除ができます。

洗濯槽クリーナーの詳しい使い方は洗濯機の種類やブランドによって異なるため、それぞれの説明書を確認することをおすすめします。

クリーナーは洗濯槽の内外に付いた汚れを分解し、落とします。カビが発生する前に、原因となる汚れを取り除きましょう。

洗濯槽クリーナーの種類と選び方

汚れた水

洗濯槽クリーナーを選ぶときは、まず塩素系と酸素系の違いを解説します。また、洗濯槽を傷めないよう配慮された、「JEMA会員6社指定」の製品がおすすめです。JEMAは「日本電機工業会」の略で、家電メーカーが会員として加盟しています。

塩素系クリーナー

塩素系のクリーナーには「次亜塩素酸塩」が含まれ、カビや雑菌を洗浄します。汚れも落ちますが、基本的にはカビ予防・対策が目的と考えておきましょう。

塩素は殺菌力が強い分、人間や衣服にも影響を与えます。使用中に洗浄剤が溶けた水を触ったり、塩素が衣服に付いたりすると肌荒れの可能性もあるでしょう。

洗濯機の槽洗浄コースを使えば洗濯機内部はきちんと洗い流せますが、使用中は注意が必要です。なお、塩素系クリーナーは「まぜるな危険」と記載されているものが大半となります。

酸性タイプの洗剤を含む、ほかの「まぜるな危険」と書かれている洗剤と一緒に使うと有毒ガスが発生する可能性があります。使用時は単品で使いましょう。

酸素系クリーナー

酸素系クリーナーには、「過炭酸ナトリウム」が含まれています。細かい泡を発生させて、汚れを落とすのが特徴です。

汚れを落とすのに時間がかかり、殺菌作用は塩素系の方が高いためカビや雑菌対策にはあまり向いていません。長時間のつけ置き洗いをしたいときや、肌荒れが気になる人は酸素系クリーナーを検討しましょう。

塩素特有の刺激臭がなく、においが気になりにくいのもメリットです。小さい子どもやペットがいる家庭でも、使いやすいでしょう。

掃除頻度と注意点

ドラム式洗濯機

自宅での掃除は、できるだけ定期的に行う必要があります。市販の洗濯機クリーナーは数百円で購入できますが、メーカーが販売する本格的なものは1回分で数千円のものもあります。掃除の回数や状況にあわせて、使い分けましょう。

掃除は1カ月に1回が理想

洗濯槽クリーナーでの掃除は、1〜2カ月ごとがおすすめです。汚れやカビがこびり付くと、1回できれいに落としきるのが難しくなります。

焦げ付いた鍋のように、少しずつ汚れがはがれることもあるでしょう。洗濯の度に黒い汚れが付くようになると、せっかく掃除をしても逆効果です。

洗濯槽クリーナーを効果的に使うには、汚れがこびり付く前に使うようにしましょう。洗濯の頻度や量にもよりますが、1~2カ月に1回を意識すると汚れの予防になります。

ドラム式は酸素系クリーナーが使用できない

ドラム式洗濯機は、泡立ちが強い「酸素系クリーナー」があまり適していません。クリーナーの説明書きを読み、「ドラム式には使えない」と記載があるものは使わないようにしましょう。

酸素系クリーナーの中にも使えるものはありますが、少数です。種類にこだわりがある場合は使用可能な酸素系クリーナーを選び、どちらでもよい場合は塩素系クリーナーを選択しましょう。

縦型洗濯機に比べると使えるクリーナーが制限されますが、掃除の方法は基本的に同じです。槽洗浄コースを使用して、汚れを落としましょう。

重曹やクエン酸は使わない

「重曹」や「クエン酸」は、掃除に使える自然派アイテムとして役立ちます。しかし、洗濯槽の掃除には不向きです。

どちらもカビに対する洗浄効果がなく、不十分な清掃になります。また、重曹は溶け残りによる排水の詰まりが心配です。

メーカー指定の洗濯槽クリーナーにはステンレスを腐食させない「防食剤」が配合されていますが、クエン酸はステンレスに影響を与える可能性もあります。

さらに、洗濯機のような大きいものを掃除しようとすると、重曹とクエン酸の消費量も増えます。コスト面でも、専用のクリーナーの方が有利です。あえて重曹とクエン酸を使う必要はないといえます。

洗濯槽をきれいに保つには?

困り顔の主婦

普段の使い方を変えるだけでも、カビや汚れをある程度予防できます。掃除をしてもすぐに汚れやにおいが気になるときは、使い方を見直すのもよいでしょう。

洗濯物を入れたままにしない

洗濯機のカビや汚れを防ぐには、湿気対策が重要です。たとえば、ぬれたタオルを洗濯機に放り込んで、洗濯するまで放っておくとその間に湿気がたまります。

いったん洗濯カゴに入れておき、直前に洗濯物を入れるなど工夫してみましょう。洗濯前だけでなく、洗濯後も同様です。

洋服の生乾き臭もあって長時間の放置はしにくいですが、早めに洗濯物を取り出すと洗濯機内部が乾燥しやすくなります。できるだけ、洗濯が終わったらすぐに取り出せるように時間を調節しましょう。

洗濯機のフタは常に開けておく

カビ・雑菌の繁殖予防を重視する場合は、洗濯機のフタを開けておきましょう。浴室やキッチンと同じように、風通しがよいほうがカビ・雑菌が繁殖しにくい環境を作れます。

しかし、洗濯機のフタを開けたままにしておくとホコリや異物の混入も考えられるでしょう。洗濯機の内部に湿気がたまらなければ、対策はどのような形でも問題はありません。

洗濯後数時間は開けておくだけでも、風通しは変わります。洗濯槽乾燥機能を使って、湿気を防ぐのもおすすめです。

こんなときは洗濯槽クリーニング業者へ

洗濯機クリーニング業者

「洗濯槽クリーナーを使っても汚れが気になるとき」や、洗濯機を長年使っていてしっかり掃除をしたいときは、洗濯槽クリーニングを扱う業者に相談しましょう。本格的な清掃で、汚れによるトラブルを解消します。

掃除をしても汚れが出る

「掃除をしても黒い汚れがなくならない」ときは、洗濯槽クリーナーで汚れが取り切れていない可能性があります。汚れが気になるときは、専門の業者に相談するのが確実です。

「業者専用の洗剤で汚れを取る」だけでも、高い効果を得られます。「洗濯機を分解して中身を高圧洗浄する」タイプの業者もあり、見えない部分の汚れまですっきり取りたい人にぴったりです。

ミツモアでは、複数の洗濯槽クリーニング業者から無料で見積もりが取れます。コストや清掃方法を比較して、自分に合った業者をみつけましょう。

においが気になる

洗濯機から発生するにおいは、カビや雑菌が原因の可能性もあります。業者では市販品より効果の高い洗剤を使用しているため、カビや雑菌の洗浄効果も高い点が特徴です。

また、洗濯機を分解してすみずみまで清掃すれば、においの原因がはっきりするはずです。においが染み付いてしまうと取れにくくなる恐れもあるため、早めに対処を考えましょう。

自分で掃除できる部分をすべて掃除してもにおいがなくならないときは、専門業者に相談がおすすめです。

洗濯槽をきれいに保とう

洗濯槽

洗濯槽は、洗濯槽クリーナーで掃除ができます。汚れやカビが気になる前に、定期的に掃除をしておきましょう。普段の使い方も見直して、洗濯機全体をきれいに保ちましょう。

汚れがひどいときや、掃除をしても汚れがすぐに出てくるときは業者に相談するのがおすすめです。本格的に清掃すれば、汚れやにおいもすっきりします。

洗濯機・洗濯槽クリーニングのプロを見つけよう

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアでは、サービスの一括無料見積もりが可能です。

ミツモアで簡単・無料見積もり体験をしてみてはいかがでしょうか。

ミツモアで洗濯機・洗濯槽クリーニングを依頼する