ミツモアメディア

L型キッチンの魅力とは?特徴や活用術、リフォーム費用も紹介

最終更新日: 2023年02月18日

L型キッチンは優れた動線と広いスペースに魅力があります。一方でスペースを有効活用できないと、デメリットが大きくなるため注意です。

L型キッチンの特徴とデッドスペースの賢い使い方、リフォーム費用を確認し、導入を検討しましょう。

L型キッチンの特徴と魅力

ベージュのキッチン

毎日キッチンに立っていると、自分の使いやすいキッチンの形がなんとなく分かってきます。キッチンにはいくつかの形があり、それぞれにメリットがありますが、今回はL型キッチンに注目してみましょう。L型キッチンの特徴と魅力を解説します。

コンロとシンクが向かい合う形

L型キッチンとは、コンロとシンクが向かい合うような形をしたキッチンです。壁の部分とリビング・ダイニングの2方向にスペースがある対面式と、両面とも壁に面した壁付けタイプの2種類あります。

対面式はコンロが壁側、シンクがリビング・ダイニング側に設置されていることが多く、キッチンで作業していても部屋全体を見渡せます。家族がリビングでどのように過ごしているか見ながら調理を続けられるため、小さな子どもがいる家庭にも安心です。

壁付けタイプは、視界に作業風景以外のものが入ると気が散ってしまう、という人に向いています。壁や窓に面したキッチンで集中して調理を進められるのです。

動線が短くて調理しやすい

L型キッチンは、作業効率がとても高い点がメリットといえます。

調理中にキッチンを移動する場合は、コンロ前・シンク前・冷蔵庫前が基本です。この三つの点を線でつなぐ作業動線は「ワークトライアングル」と呼ばれています。L型キッチンはワークトライアングルが最も正三角形に近く、作業動線が短く効率的とされているのです。

大きく移動することなく、少し横にずれたり振り返ったりするだけで作業できるため、スムーズに調理をしたい人にぴったりです。

スペースが広くて動きやすい

L型キッチンは作業スペースが広く、動きやすい特徴があります。作業スペースが一面しかないI型キッチンは、横移動しかできないため複数人で料理する際は一苦労です。

しかしL型キッチンなら、キッチン内の空間を三角形を描くように移動でき、夫婦や子ども、友人など何人かで一緒に料理するときにもゆとりをもって作業できます。

またL型キッチンはコーナー部分にもスペースがあります。お皿や調理中の食材を一時的に置く場所として使うこともでき、キッチン全体を使って広々と作業できるのです。

デメリットはある?

アパートのL字キッチン

L型キッチンはメリットがいくつもありますが、人によってはデメリットの方が大きく感じられることもあるかもしれません。L型キッチンのデメリットとして、よくあるものを解説します。

奥行きや動線の確保が必要になる

L型キッチンはワークトライアングルが正三角形を描いていますが、その分奥行きや動線の確保が必要になるキッチンです。

例えば、冷蔵庫や食器棚の場所がキッチンの入口付近にある場合、食材や飲み物、食器を出すたびに入口付近に移動しなければなりません。冷蔵庫と食器棚は調理中でない人も近づいてものを出し入れするため、毎回相手を避けてスペースを作る必要があります。

また、奥行きのないL型キッチンの場合は、冷蔵庫や食器棚を開けるたびに扉で通路がふさがり、不便を感じることが多いでしょう。

シンクとコンロの位置も、距離によっては使いづらさを感じます。複数人でキッチンに立ったとき、シンクとコンロの距離が近過ぎると、お互いに作業しづらいでしょう。

コーナーにデッドスペースができる

L型キッチンはコーナーがある分スペースを多く確保できますが、配置によってはせっかくのスペースを活かせないこともあるでしょう。

コーナー部分は手を伸ばしにくい場所でもあり、作業台の一部として使うのは大変です。コーナーにおけるものは限られてくるため、使いこなすには工夫が必要となります。

デッドスペースの賢い使い方

スタイリッシュなキッチン

L型キッチンのコーナーに生じるデッドスペースですが、頻繁に手に取らないものや配置を動かさないものを置くスペースにすることで、空間を有効活用できるでしょう。

具体的にどのようなものを置くとよいか解説します。

家電製品を置く

L型キッチンのコーナーには、動かすことの少ない電子レンジやオーブントースターなどを配置するとよいでしょう。レンジやトースターは使用する際に動かすことはないため、L型キッチンの奥まったコーナーにあっても不便に感じません。

また、L型キッチンなので、電子レンジやトースターの前にお皿を配置したり、食材を入れる前に一旦置いたりするスペースも確保できます。

収納スペースとして使う

L型キッチンのコーナー部分を収納スペースとして使用するのも、デッドスペースを有効活用できるおすすめの方法です。コーナーのスペースに収納棚を取り付ければ、調理器具やお皿、調味料などさまざまなものをしまえます。

さらに、コーナーはちょうどL型キッチンの中央でもあるため、インテリアも兼ねたお皿や調理器具、レシピ本を入れると見栄えもよいでしょう。

L型キッチンのリフォームにかかる費用

白いL字キッチン

L型キッチンのメリット・デメリットを知り、自分の家の場合はメリットの方が大きいと感じられたなら、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

自宅のリフォームで気になるのは、やはり総額いくらかかるかという点です。L型キッチンのリフォームにどのくらいの費用がかかるかチェックしてみましょう。

L型キッチンのリフォーム価格の相場

L型キッチンへのリフォームは、800,000~1,200,000円が相場です。もちろんグレードによって価格は変動します。狭くシンプルなものなら650,000~900,000円、グレードアップするなら850,000~1,300,000円程度でしょう。

I型キッチンと違い、L型キッチンはカウンターが2面にあるため、どうしてもリフォーム価格が高くなりがちです。

キッチンのリフォームは、位置を変えると以前は隠れていた床や壁が露出することから、補修費用がかかります。自宅の現在のキッチンがどのような形になっているかによっても価格は変わってくるため注意しましょう。

キッチンの場所別の費用相場も知りたいという方は、以下の関連記事を参考にしてみてください。キッチンリフォームにおける費用相場についても詳しく紹介しています。

関連記事:キッチンリフォームの費用相場は?予算別事例や費用をおさえるポイントを紹介|ミツモア

コスト削減のために「一括見積もり」を取ろう

家のリフォームはどうしても値段が張ってしまうものです。少しでもコストを削減したいなら、一括見積もりを取ることをおすすめします。

リフォーム業者はいきなり目に留まったところに依頼するのではなく、複数の業者から相見積もりを取ってから選ぶのが基本です。キッチンリフォームの費用には本体価格以外に、作業費用など形としては反映されない部分が含まれています。

そのため、キッチンリフォームの価格は業者によって非常に幅があるのです。

さまざまな業者を検索し比較できるミツモアなら、短時間で条件に合った業者を見つけ出せるだけでなく、無料で見積もりを出してもらうことが可能です。

見積もりを比較する際のポイント

見積もりを比較する際には「安過ぎないか」と疑ってみることもポイントとなります。あまりにも相場からかけ離れて安い業者は、何らかの理由があると考えましょう。

安過ぎる業者に依頼すると、リフォーム作業に当たる人数が少なかったり、技術的レベルが極端に低かったりする可能性があります。また、リフォームの実績が少な過ぎて品質の悪い工事になってしまうこともあるでしょう。

アフターフォローの有無も要チェックです。費用が安い分、工事後のフォローが手薄な業者に当たってしまうと、万が一リフォームにミスがあった場合に追加工事とそれに伴う費用が発生する可能性があります。

L型キッチンはデメリットも考慮して検討を

新しいキッチン

L型キッチンは、動線の短さやスペースの広さなどメリットの多いキッチンです。発生しやすいデッドスペースを有効活用すれば、効率的に作業できるようになるでしょう。

前向きにリフォームを考えるなら、一括見積もりを取って比較することが大切です。L型キッチンをメリット・デメリット両面で判断し、リフォームするか否か判断しましょう。

ミツモアでキッチンのリフォームを業者に依頼しよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もりを依頼する

ミツモアでは郵便番号や、掃除してほしい場所、メールアドレスなどの簡単な質問にネット上で答えるだけで、業者比較もでき指定したメールアドレスに無料で見積りを送ってくれます。

最大3件の見積りが届く

一度に最大3件の業者に見積り依頼ができるので、料金の比較もしやすく、自分に合った業者に掃除を頼むことが可能です。

チャットで見積り内容の相談ができる

「なるべく安く済ませたい」という方のために、チャット上で値段の交渉もできます。対面や電話で交渉しないので、気まずくなることもなく気軽に相談できるのがポイントですよ。

ミツモアでキッチンのリフォームを依頼する