ミツモアロゴ
ミツモアメディア

【蛇口の修理方法】水漏れトラブルの対処方法についても解説!

最終更新日: 2020年10月23日

蛇口の水漏れの原因とは?

蛇口の水漏れの原因とは?
蛇口の水漏れの原因とは?

水廻りのトラブルと言えば蛇口からの水漏れです。
水漏れは住宅設備への影響を与えるだけでなく、戸建・マンション問わず大きな二次災害へ発展することがあるトラブルです。
ではなぜ蛇口から水漏れが発生してしまうのでしょうか。

・パッキン、ケレップの劣化

最も多い原因としては、蛇口パッキンの劣化です。
蛇口には常に水圧が掛かっており、ケレップ・パッキンという部材で水を止めているという状態が保たれております。

パッキンやケレップは経年で劣化をします。
蛇口を締めているのにポタポタと先端から水が出てしまう場合は、パッキンが劣化している可能性が非常に高いです。

耐久年数はおおよそ10年です。

・水道管の劣化

各所へ水を届ける為、住宅内には水道管が張りめぐらされております。
水道管も継ぎ手などにパッキンが使用されております。

そのパッキンが劣化することで、蛇口が無い個所からも水漏れが発生することがあります。

蛇口修理前に知っておきたいこと

蛇口修理前に知っておきたいこと
蛇口修理前に知っておきたいこと

蛇口から水漏れしているのを発見した場合、すぐに修理に取り掛かろうと思うかもしれません。
しかし蛇口には様々な種類がありますので、まずは蛇口の違いを把握しましょう。

蛇口の種類

単水栓

単水栓
単水栓

洗濯機、洗面化粧台に使用されることが多い単水栓。
シングルレバー水栓とも言われます。
給水単体の配管がされており、水しか出ないのが特徴です。

混合水栓

混合水栓
混合水栓

キッチン、お風呂、洗面化粧台に使用されることが多い混合水栓。
一つの蛇口に対し、水とお湯の2本の配管がされております。
その為、1本の蛇口に対しパッキンが2カ所あります。

逆止弁付き水栓

逆止弁付き水栓
逆止弁付き水栓

洗濯機水栓に使用される逆止弁付き水栓です。
蛇口は常に空いている状態で、先端の白い弁を押すことで水が出るという仕組みです。
洗濯機ホースが急に外れた場合に、水が止まるように設計されております。

主な蛇口の部品

蛇口は様々な部品から構成されております。
主に水漏れの修理に関わる部品は、パッキン、ケレップです。

カクダイ 自在パイプ取付パッキン 小 9082
カクダイ 自在パイプ取付パッキン 小 9082
カクダイ 水道用ゴムつきケレップ 13用 794-318
カクダイ 水道用ゴムつきケレップ 13用 794-318


基本的に蛇口に使用の有無を問わず、常に水圧が掛かり続けている状態です。

その水圧を抑えているのが、ケレップ・パッキンです。
その為、ケレップやパッキンが劣化することが水漏れの原因になります。

蛇口修理に必要な工具

モンキーレンチ

モンキーレンチ
モンキーレンチ

水栓を固定しているナットを緩めたり、締めたりする際に使用します。

トルクレンチ

トルクレンチ
トルクレンチ

水栓を固定しているボルトナットを緩めたり、締めたりする際に使用します。

ドライバー

ドライバー
ドライバー

水栓を固定にしているビスを緩めたり、締めたりする際に使用します。
水栓以外の修理にも頻繁に使う工具なので、常備しておいて損はありません。

ピンセット

ピンセット
ピンセット

パッキンや精密ビスは非常に細かい作業になる為、ピンセットは用意しておいた方が良いです。

蛇口の修理に取り掛かろう!

蛇口の修理に取り掛かろう!
蛇口の修理に取り掛かろう!

蛇口の種類や構造を理解したら、修理に取り掛かることが出来ます。
水漏れが発生している箇所により修理方法が異なってきますので注意してください。

キッチンの蛇口修理

キッチンに使用されている蛇口の設置タイプは2種類で、壁付けタイプか台付けタイプです。

壁付け水栓
壁付け水栓
台付け水栓
台付け水栓

蛇口を占めているのにポタポタと水漏れをするような、パッキン、ケレップの劣化による水漏れの場合は、いずれも蛇口のハンドルから分解する必要があります。

ハンドルを分解するとパッキン、ケレップが交換できる状態になる為、蛇口に対応したサイズの物と交換して修理をして下さい。

次に配管に異常があり水漏れをしている場合です。
この場合の水漏れ修理は、壁付けと台付けで手順が違ってきます。

台付けの場合、キッチンの下台の中を配管が通っている為、下台から配管の修理が行えます。
対して壁付けの場合は、配管が壁内を通っている為、修理が少し困難です。
壁付けの場合は、水栓が壁に固定されている根元からスパナで取り外し、修理を行う必要があります。

パッキンやケレップの修理は自分で行うことが簡単ですが、配管の修理は専門知識が無いと非常にリスクが高いため注意が必要です。

洗濯機の蛇口修理

洗濯機の蛇口
洗濯機の蛇口

洗濯機の蛇口の多くは逆止弁が付いており、ホースを挿さないと水が出ない仕組みになっております。

その為、ホースを挿していないのにポタポタと水漏れする場合は、パッキン、ケレップ以外にも弁の修理が必要な可能性があります。

しかし蛇口の構造上、弁のみの交換は難しい為、弁に異常がある場合は蛇口ごと交換する必要があります。

お風呂の蛇口修理

お風呂の蛇口
お風呂の蛇口

お風呂の蛇口の殆どは壁付けタイプです。
その為、パッキン、ケレップの交換方法は、キッチンの蛇口と同じで、ハンドル部分を取り外すことで行うことが出来ます。

配管の修理を行う場合は、修理用に点検口が設けられている為、そこから配管修理を行うことが出来ます。
配管の修理もキッチンの蛇口同様で、専門知識が無いと非常にリスクが高いため注意が必要です。

お風呂の蛇口
お風呂の蛇口

またお風呂の蛇口の中には、シャワー切り替えをハンドルで行うタイプの蛇口があります。
この切り替え部分にもパッキンが入っており、シャワーを使用しているのに蛇口からお湯が出てしまうといった場合は、ハンドル部のパッキンが劣化している可能性が高いです。

蛇口の修理を放置するリスク

蛇口の修理を放置するリスク
蛇口の修理を放置するリスク

水漏れが発生した場合の被害は、発生付近が濡れてしまうだけではありません。
気が付かないところで様々な二次災害を引き起こす可能性があります。
さらにマンションの場合は自宅だけでなく、階下への被害拡大の可能性もあり、非常に大きなトラブルに発展することもあります。

ここからは蛇口の水漏れを放置してしまうリスクについて説明致します。

水道使用量増加により水道料金が増加する

水道代は使用料により定められます。
蛇口から水が漏れてしまっている場合、水道は使用したものとして加算されてしまいます。

その為、放置をしておくと想像以上の水道料金が請求されることになります。
酷い場合は通常月の2倍ほどの請求額が届くケースもありますので、水漏れ放置は厳禁です。

カビの発生原因になる

カビの発生原因になる
カビの発生原因になる

水漏れの放置をしていると、蛇口付近が常に濡れた状態になってしまいます。
すると、そのまま壁内にカビが発生してしまいます。
またカビは繁殖する為、室内の別の個所へカビが発生することもあります。

高温多湿の原因になる

水漏れで被害を受けるのは宅内だけではありません。
住宅の床下や壁内に水気が回ることで、湿気が発生し高温多湿になります。

高温多湿になると、カビが発生しやすいだけでなく、シロアリなどの害虫被害へ発展する恐れがあります。

家電製品の故障に繋がる

特に洗濯機蛇口のケースが多いです。
洗濯機の給水蛇口にはコンセントがあることが多いです。

コンセントを伝って洗濯機などの故障トラブルへ繋がる恐れがあります。

内装が汚れる原因になる

内装が汚れる原因になる
内装が汚れる原因になる

発生した水漏れが原因で、壁紙や床材が汚れてしまう原因にもなるます。

設備機器の不具合に繋がる

設備機器の不具合に繋がる
設備機器の不具合に繋がる

水漏れの多くがキッチン・洗面化粧台・お風呂・トイレといった設備機器の周辺です。
住宅設備機器の多くは木材で出来ております。
その為、水漏れを放置しておくことで、設備機器本体の不具合や腐食に繋がります。

柱などの腐食の原因になる

柱などの腐食の原因になる
柱などの腐食の原因になる

水漏れの被害は目に見える部分だけではありません。
長期間放置しておくことで、住宅を支える柱などが腐食する原因にもなります。

蛇口の修理を業者に頼むには?

蛇口の修理を業者に頼むには?
蛇口の修理を業者に頼むには?

蛇口はDIYでも修理が行えますが、DIYは確実性がないことや補償が付かない為、大きなリスクを伴います。
設備機器の故障や、階下への被害が発生してしまった場合、金銭的にも非常に多額なトラブルへ発展する為、修理は業者へ依頼することをおすすめします。

不動産会社に問い合わせる

水漏れが発生した場合、戸建・マンション問わず、まずは不動産会社や管理会社へ問い合わせることがおすすめです。
特に賃貸物件の場合は、管理会社の保険などもある為、まずは管理会社に問い合わせてください。
水道配管や水栓は保証期間が長い為、無償で修理を行ってくれたり、専属の修理業者が早急に対応してくれる場合があります。

また、蛇口のパッキンなどの詳細部材は、蛇口により適応部材が違います。
その為、DIYで修理をしたい場合でも、部材が手に入らなかったり、手に入れるまで時間が掛かってしまう場合があります。

業者に依頼することで確実に修理ができるだけでなく、早急に修理が出来るというメリットがあります。

蛇口修理業者の料金相場

症状 作業内容 予算
単水栓の水漏れ パッキン交換 ¥8,000~
単水栓の水漏れ 単水栓交換 ¥15,000~
混合栓の水漏れ パッキン交換(水・湯) ¥10,000~
混合水栓の水漏れ 混合水栓交換 ¥18,000~

※水栓交換の場合は別途商品代が掛かります。

蛇口修理は大規模な作業ではありません。
パッキン交換であれば10分、水栓交換でも30分ほどの作業になります。

家庭で使用される水栓メーカーは主にTOTO、タカギ、ヤンマーの3メーカーです。
殆どの場合、各メーカーの規定が統一されている為、交換する際にメーカーが変わっても問題ありません。
また、メーカーにより修理費用が変わるということもありません。

業者に頼む際の流れ

業者へ修理依頼する際の大まかな流れは以下です。

  1. 業者へ依頼
  2. 現地訪問、調査
  3. 見積作成
  4. 契約
  5. 修理作業開始
  6. アフターフォロー

ミツモアで蛇口修理の見積もりを依頼しよう!

ミツモアは水道修理の業者が多数登録されています。質問に答えるだけであなたにピッタリの蛇口修理業者から見積もりが送られてきます。見積もりについての問い合わせはチャットで簡単に行うことが出来ます。全ての利用料は無料!先ずは、お見積り依頼から。

蛇口の交換・修理の見積もりを依頼する!