ミツモアロゴ
ミツモアメディア

個人事業主は名刺でブランディングを! |肩書と事業内容にこだわろう

最終更新日: 2019年03月08日

個人事業主にとって重要なコミュニケーションツールである、名刺。
ただ、いざ作成しようとしても、どこまで情報を載せればよいのか、どのように作成するのかなど迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、独立したばかりの個人事業主やフリーランスの方のために、素敵なオリジナル名刺の作成方法をご紹介します。
名刺で上手に自己ブランディングして、新規顧客の獲得につなげましょう!

個人事業が名刺に記載すべき事項

名刺 ブランディング
名刺でブランディングする方法とは

会社という後ろ楯がない個人事業主やフリーランスが交流会やセミナーなどの場で自分を知ってもらい顧客獲得へ繋げていくには、「名刺にどのような情報を載せるか」が重要なポイントです。
そのために、インパクトがあって顧客に印象づけるような事項を、名刺に記載していかなければなりません。

本項では、個人事業主やフリーランスがどのような事項を名刺に記載すれば、ブランディングできるのかを詳しくお伝えしていきます。

個人事業主は名刺からコミュニケーションが始まる

個人事業主は交換した名刺の印象が、顧客との最初の印象を大きく左右します。

会社に勤務していれば、名刺交換をした相手の名前を覚えていなかったとしても会社の名前で勝負することができます。

しかし個人事業主は、いかに名刺のデザインなどの印象でインパクトを与えるのかが勝負です。すなわち、名刺が顧客との最初のコミュニケーションを図るツールになっているのです。

個人事業主が名刺に記載すべき事項

個人事業主が、顧客獲得のために名刺に記載した方が良い事項としては以下になります。

  • 屋号
  • 名前
  • 電話番号
  • 肩書
  • WebサイトやブログのURL
  • SNSのアカウント

肩書・資格で自己ブランディングを

顧客獲得のために作成する名刺には、肩書を書くことがブランディングにつながります。代表や役職といった立場を表す肩書はもちろん、「空間コーディネーター」「デザイナー」といった業務内容がわかる肩書を付けることで、顧客により強い印象を与えることができます。
肩書や資格を名刺に記入することで、個人事業主としてブランディングをしましょう。

事業内容が一目で分かる名刺にしよう

個人事業主が名刺を作成する時には、事業内容が一目で分かるようにすると顧客の印象に残ります。

また、事業内容に通じるイラストや写真などを名刺に載せておくと、顧客に対してインパクトを与えると同時に、より一層事業内容のイメージが湧きやすくなるでしょう。

名刺に住所を載せる場合は慎重に

個人事業主の名刺に住所を載せることには、リスクも伴うので慎重にしましょう。
例えば自宅を仕事場と兼用している個人事業主の人も多いと思いますが、その場合は仕事場の住所を名刺に載せることは自宅の住所を名刺に載せることになるのです。

女性や、家族と同居している個人事業主の方は特に注意しましょう。

個人事業主がオリジナル名刺を作成する方法

個人事業主 名刺 オリジナル 作成
個人事業主がオリジナル名刺を作成する方法とは

個人事業主が顧客に印象を残したり、ブランディングにつながったりする名刺のポイントについてお伝えしてきました。
本項では、前項でお伝えしたようなオリジナル名刺を、個人事業主やフリーランスが実際に作成するための方法についてお伝えしていきます。

個人事業主が名刺を作成するには

個人事業主が顧客獲得やブランディングのために特徴のあるオリジナル名刺を作成する方法として、以下の3種類があります。

  • 全部自分で作成
  • 印刷のみ業者に依頼
  • 業者にすべて依頼

これらの方法について、一つひとつ詳細にお伝えしていきます。

名刺を全部自分で作成する

名刺をデザインから印刷まですべて自分で作成しようと思えば、パソコンとプリンターがあれば作成可能です。
WordやExcelやPowerPointで使えるデザインのテンプレートはインターネット上で簡単に見つけられますし、プリントアウトについても自宅にプリンターがあれば簡単です。名刺用紙以外の費用をかけずに印刷できます。また、自宅にプリンターがなければコンビニで印刷するという方法もあります。

名刺を全て自分で作成するメリット・デメリット

名刺を自分で作成するメリットは、何といっても費用が安く済むこと、そして自分の思うようなデザインで作成できることです。
一方、デメリットは、自分で作成する分時間がかかること、そしてプロが作るわけではないためデザイン面で業者が作成するよりも劣る可能性が高いことです。

名刺の印刷のみ業者に依頼

デザインだけ個人事業主の目的にあったオリジナルのものを自分で作成して、印刷は業者に依頼する方法です。印刷を業者に依頼することにより、質の高い用紙できれいな印刷の名刺を作成することができます。

名刺を印刷のみ業者に依頼するメリット・デメリット

名刺の印刷のみ業者に依頼することのメリットは、デザインは自分で考えるため、個人事業主の考えるブランディングにつながるようなオリジナル名刺を、業者の印刷技術で作成することができることです。
業者によっては豊富なテンプレートや独自のデザインソフトを提供してくれるため、簡単にスタイリッシュな名刺を作成できます。

一方のデメリットとしては、印刷を業者に依頼するので全て自分で作成するよりも費用がかかることです。
また、印刷の方法や選択する用紙によってはそれなりの費用が発生することも。

名刺の作成を全て業者に依頼

個人事業主の名刺の作成方法として最も簡単なのは、デザインから印刷まで、すべて業者に依頼する方法です。

名刺を全て業者に依頼するメリット・デメリット

業者に全てを依頼するメリットh、手間をかけずに簡単に良品質な名刺ができることです。一方、デメリットはデザイン料などの費用がかかることが挙げられます。

まとめ

ここまで、個人事業主がオリジナル名刺でブランディングする方法や名刺作成方法をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

要点をまとめると以下の通りです。

  • 個人事業者が顧客を獲得するために、インパクトがある名刺を作成しましょう。
  • 名刺に肩書や事業内容などを書くと、個人事業主のブランディングに繋がります。
  • 個人事業主がオリジナル名刺を作成する方法として、「全て自分で作成」「印刷のみ業者に依頼」「業者にすべて依頼」の3種類があります。

名刺の役割は、企業の後ろ盾がない個人事業主にとって顧客に自分を覚えてもらう大切なツールです。
じっくりと考え・こだわりぬいて、世界に1つの素敵な名刺を作成してくださいね。

こちらの記事ではミツモアに登録している税理士の紹介と、依頼に必要な費用や選び方を解説していますので合わせてご確認ください。>>個人事業主にお勧めの税理士55選と税理士の選び方