ミツモアロゴ
ミツモアメディア

洗濯機ゴミ取りネットの掃除・交換方法|交換するタイミングも解説!

最終更新日: 2020年10月24日

洗濯機から取り出したばかりの洗濯物に、糸くずなどのゴミがたくさん付着していて驚いたことはありませんか?洗ったばかりの洗濯物にゴミがたくさん付着しているときは、洗濯機内部についているゴミ取りネットに汚れが溜まっている可能性が高いです。

見落としがちなゴミ取りネットの掃除ですが、掃除をしないまま放っておくと排水ホースが詰まったり、洗濯機が故障したりしてしまうこともあります。この記事では、洗濯機のゴミ取りネットの掃除方法や交換方法について詳しく紹介します。

洗濯機のゴミ取りネットとは

洗濯機
洗濯機のゴミ取りネットは定期的な掃除が必要

洗濯機のゴミ取りネットは、洗濯をした際に出る糸くずやホコリを集める役割を果たしています。ドラム式や縦型など洗濯機の種類に関わらずついており、ネット内に溜まったゴミは定期的に外して捨てる必要があるのです。

まずは、ゴミ取りネットの役割や掃除のメリットについて紹介します。

洗濯機のゴミ取りネットの役割

ゴミ取りネットは、洗濯機で洗濯や乾燥をする際に発生する糸くずやホコリ・髪の毛・ゴミなどが洗濯物に付着するのを防ぐためのネットです。洗濯をすると、ネットの内部にゴミが溜まっていく仕組みになっています。

洗濯機の種類を問わず付けられており、ゴミ取りネットの他に「くず取りフィルター」や「糸くずフィルター」などと呼ばれることもあります。縦型洗濯機の場合は洗濯槽の内側についていることが多く、ドラム式は引き出し型が多いです。

ゴミ取りネットには大きくネットタイププラスチックタイプの2種類があり、どちらも定期的に外して中に溜まったゴミを取り除く必要があります。ずっと掃除をしていないネットの中には多くのホコリやゴミが入っており、ネット本体にカビが生えていたり、知らないうちに破れたりしていることも多いです。

ゴミ取りネットには2種類ある
ゴミ取りネットには大きく2つのタイプがある

ずっと掃除をしていない場合は、一度ネットを取り外して状態を確認してみることをおすすめします。ネットの取り外し方や掃除の方法については、次の章で詳しく紹介します。

ゴミ取りネットの掃除をしないとどうなる?

では、ゴミ取りネットの掃除をしないとどうなるのでしょうか。ゴミ取りネットの掃除を怠ると、以下のような問題が発生することがあります。

  • 洗濯物にゴミがつく
  • 排水口が詰まる
  • 服が臭くなる
  • 洗濯物にカビが付着する
  • 配管から水が漏れる

ネット内にゴミが溜まったまま放置すると、洗濯物に糸くずやホコリなどが多く付着するだけでなく、洗濯物から異臭がすることも。洗濯機の中は常に水分があり湿気がたまりやすいため、洗濯物から異臭がする場合はネットにカビや雑菌が繁殖している可能性が高いです。汚れが溜まったネットがついた洗濯機を使用し続けることは、逆に洗濯物を汚してしまうと言えるでしょう。

またネットの中のゴミやホコリが配管や排水口へ流れることで詰まりを起こし、水漏れなどのトラブルが発生したり、洗濯機が故障したりすることもあります。洗濯物をきれいに保つためにも、ごみ取りネットの掃除は定期的に行いたいですね。

洗濯機のゴミ取りネットを掃除する方法

洗濯機
洗濯機のゴミ取りネットは歯ブラシや漂白剤で掃除できる

洗濯物のゴミ取りネットは自分で簡単に取り外し掃除することができます。ここでは使い古しの歯ブラシや酸素系漂白剤など、家にあるものだけで行える手軽な掃除方法を紹介します。

週1回と月1回、それぞれ効果的な掃除方法があるので、汚れ具合に合わせて試してしてみてください。

頻度 掃除方法
週1回 歯ブラシで簡単に掃除する
月1回 酸素系漂白剤でしっかりと掃除する
カビキラーでしっかりと掃除する

【週1回】歯ブラシで簡単に掃除する方法

まずは週に1回、ネット内に溜まった汚れやゴミを落としましょう。使い古した歯ブラシで定期的に大まかな汚れを落とすことで、洗濯機内に汚れが溜まりにくくなります。ここでは、実際にゴミ取りネットを掃除した画像を入れながら手順を紹介します。

【用意するもの】

  • 使い古しの歯ブラシ
  • キッチンペーパー

【掃除方法】

  1. ごみ取りネットを洗濯機から取り外す(ネットタイプは上からフレームを押して手前に引っ張ると簡単に外れます)

    洗濯機のゴミ取りネット
    縦型洗濯機のゴミ取りネット
  2. ネットを裏返し、溜まったゴミを捨てる

    洗濯機のゴミ取りネット
    以前掃除をしてから2週間後のネット内
  3. ぬるま湯で全体を洗う
  4. プラスチック部分に付着した汚れを歯ブラシでこする

    洗濯機のゴミ取りネット
    細かい部分の汚れは歯ブラシで取り除きます
  5. ネットがついていた部分(洗濯機内)をぬるま湯でぬらした歯ブラシでこすり、キッチンペーパーで汚れを拭き取る

    洗濯機のゴミ取りネットがついていた部分
    ネットがついていた部分も欠かさず掃除!
  6. ネットの水分を拭き取る
  7. ネットの下部を溝に合わせて取り付ける

ネット内に溜まったゴミは糸くずやホコリが集まったものなので、ネットが濡れているとゴミを取り出しにくくなります。ネットの掃除は、洗濯機を使用する前の乾いた状態で行うことをおすすめします。

また、洗濯機内のネットがついていた部分にも汚れが付着していることは多いです。歯ブラシとキッチンペーパーを使用し、洗濯機本体の汚れも合わせて取り除いておきましょう。

【月1回】酸素系漂白剤でしっかりと掃除する方法

月に1回を目安に、オキシクリーンやワイドハイターなどの酸素系漂白剤につけ置きする掃除方法もあります。漂白剤での掃除は殺菌にも効果的なので、ネットが臭い場合にもおすすめです。

【用意するもの】

酸素系漂白剤
ワイドハイターEXパワー 粉末タイプ
  • 酸素系漂白剤
  • 洗面器などのつけ置きができる容器

【掃除方法】

  1. ゴミ取りネットを洗濯機から取り外し、軽く水で洗う
  2. 容器にネットと水・漂白剤を入れ、30分程度放置する
  3. ネットを水洗いして洗剤を洗い流す
  4. 乾燥させる
漂白剤を使用した掃除方法
漂白剤を使用した掃除方法は落としにくい汚れに効果がある

漂白剤でつけ置きすれば、歯ブラシだけでは落としきれないしつこい汚れも取り除きやすくなります。漂白剤の量は使用する洗剤によって異なりますので、必ずつけ置き時の洗剤の量を確認してから使用してください。

【月1回】カビキラーでしっかりと掃除する方法

 月1回の掃除方法として、カビキラーを使用した掃除も効果的です。特に汚れがひどい場合には、下記の作業を数回繰り返してみてください。

【用意するもの】

カビキラー
カビキラー 本体 400g
  • カビキラー
  • ゴム手袋

【掃除方法】

  1. ゴミ取りネットを洗濯機から取り外し、軽く水で洗う
  2. ネットにカビキラーをつけ、5分程度放置する
  3. ネットを水洗いして洗剤を洗い流す
  4. 乾燥させる

「カビキラーを使用すれば、黒カビが発生したネットもきれいになるのでは」と思うかもしれませんが、カビキラーを使用しても布についたカビを完全に除去することは難しいです。ネットにカビが発生してしまったら、交換をおすすめします。

またカビキラーを素手で触ると、肌荒れしてしまうことがあります。作業をする際は必ずゴム手袋を着用するように気をつけてください。

洗濯機のゴミ取りネットの交換方法

洗濯機の糸くずネット
洗濯機のゴミ取りネットは簡単に交換できる

ネットが破れているときや、ひどく汚れている場合にはネットを交換する必要があります。ネットの交換は手順通りに行えば、全く難しくありません。ここでは、ネットの交換方法を紹介します。

洗濯機のゴミ取りネットの交換方法

ネットを交換する際には、まずはハサミと新しいネットを用意してください。交換方法は以下の通りです。

【用意するもの】

  • ハサミ
  • 新しいネット

【交換方法】

  1. プラスチックのフレームからネットを切り取る
  2. 新しいネットをフレームの内側に通す
  3. ネットの口についているゴムの部分をひっくり返し、フレームを覆う
  4. 洗濯機にセットする

ネットを切り取ると聞くと不安に感じるかもしれませんが、プラスチックのフレームを残して丁寧に切り取るだけでなので、それ程難しい作業ではありません。付け方はフレームの内側にネットを通し、フレームを覆うようにネットをひっくり返すだけです。

洗濯機のメーカーによっては、プラスチックのフレーム部分がついた取り替え用ネットを販売している場合もあります。その場合はネットを切り取らなくても、新しいネットをそのまま洗濯機の中に取り付けるだけで交換が終了します。

筆者宅の洗濯機はシャープ製なのですが、先日交換用ネットを購入したところフレームがついていました。フレームがついている方が交換が簡単なので、一度メーカーの公式サイトで対応しているネットの品番を調べてみることをおすすめします。

洗濯機のゴミ取りネットを交換する5つのタイミング

洗濯機の内部
ネットが破れたり汚れたりしたときは交換が必要

ゴミ取りネットの交換すると言っても、まだ使用できそうな場合は交換のタイミングに迷いますよね。一見問題なさそうに見えても、ゴミ取りネットは消耗品なので、数年に一度は交換が必要です。

ここでは、洗濯機のゴミ取りネットを交換する5つのタイミングを紹介します。

<ゴミ取りネットを交換するタイミング>

  1. ネットが破れた
  2. 洗っても汚れが落ちない
  3. カビが生えている
  4. ネットが痛んで薄くなっている
  5. 洗濯するたびに外れてしまう

①ネットが破れた

ずっと同じネットを使用していると、経年劣化によりネットが破れることがあります。破れたネットは洗濯機内のゴミやホコリを回収できないため、ネットの役割を果たさなくなり、洗濯機中にゴミが広がってしまいます。ネットが破れたら、すぐに新しいものと交換しましょう。

②洗っても汚れが落ちない

洗剤で洗っても汚れが落ちない場合は、かなり汚れが溜まっています。ネットにゴミやホコリが詰まっていると、うまく汚れをキャッチすることができません。

また洗っても汚れが落ちない場合はカビが生えていることもあるので、取り替えをおすすめします。

③カビが生えている

洗濯機の中は湿気がたまりやすいため、ゴミ取りネットにカビが生えていることはとても多いです。特に黒っぽい汚れが付着している場合は、黒カビが発生していると考えた方が良いでしょう。

布に付着したカビは、カビキラーなどの洗剤を使用してもなかなか落ちません。カビが生えているネットを使い続けることは、せっかく洗った衣類にカビが付着してしまう原因にもなります。カビが生えていたら、すぐにネットを取り替えましょう。

④ネットが傷んで薄くなっている

ネットは長い間使用すると、生地が傷んで薄くなっていきます。生地が薄くなるとゴミを取る能力が低下し、ネットが破ける可能性が高くなります。

破れてからネットを探すのは大変ですので、生地が薄くなっていたら交換用のネットを用意しておくと安心ですよ。

⑤洗濯するたびに外れてしまう

洗濯するたびにネットが外れる場合は、ネットが破損している可能性があります。洗濯のたびにネットを取り付けるのは面倒なので、頻繁に外れてしまう時は交換すると良いでしょう。

洗濯機のゴミ取りネットはどこに売ってる?

洗濯をする人
ゴミ取りネットは100均でも購入できる

ゴミ取りネットは家電量販店やネットショップだけでなく、100円ショップでも販売されています。またゴミ取りネットが手に入らず困った時は、ストッキングで代用することも可能です。最後に、ゴミ取りネットの購入方法や販売店を紹介します。

ゴミ取りネットの購入方法
ゴミ取りネットは家電量販店や100均で購入でき、手に入らないときはストッキングでも代用可能

純正品を利用したい時はメーカーの別売部品を購入する

シャープ純正 糸くずフィルター
シャープ 「純正品」 糸くずフィルター ES-LP1

純正のゴミ取りネットを使用したい場合は、メーカーの別売部品を購入しましょう。ネットの形状は同じメーカーでも洗濯機によって異なっていることもあるので、購入する際は事前に品番を確認しておくことをおすすめします。品番は洗濯機の本体に印字されていることが多いため、説明書がなくても簡単に調べることができますよ。

販売している場所はメーカーによって様々で、家電量販店やAmazonなどのネットショップでも購入できる場合があります。純正品と聞くと高そうに感じますが、値段は大体500円〜700円程度でそれ程高くありません。現在使用しているネットと同じものを使用したい場合は、純正品を購入することをおすすめします。

ゴミ取りネットは100均でも売ってます!

純正品を探すのが面倒な時や、購入を急いでいる時は、100円ショップでもネットを購入することができます。セリアやダイソーでは、「取り替え用くず取りネット」との名前で販売されていることが多いです。

画像のようにドラム式に対応した商品もありますので、ぜひ自宅の洗濯機に合うタイプを探してみてください。

ゴミ取りネットがない時はストッキングやタイツで代用できる

また買いに行く時間がない場合には、ストッキングで代用することも可能です。ストッキングやタイツをつまさきから10cmほどの場所でカットして、プラスチックのフレームにかぶせ、洗濯機の中に戻します。

ストッキングの代用は急にネットが破れてしまった時などに役立ちますが、長期間の使用には向きません。ストッキングやタイツを被せる方法は、新しいネットを購入するまでの数日間の対処法と考えた方が良いでしょう。

ミツモアで洗濯機のクリーニング業者に見積り依頼をする

ミツモア
ミツモアで洗濯機クリーニング業者に見積りを依頼しよう!

プロに掃除してもらうといっても、「いったい値段はどれくらいかかるの?」「たくさんある業者の中からどれを選んでいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そうした方は自宅付近のお掃除業者を比較できて、料金の交渉もできるミツモアで、洗濯槽掃除の依頼をすることをおすすめします!

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もりを依頼する

ミツモアでは郵便番号や、掃除してほしい家電、メールアドレスなどの簡単な質問にネット上で答えるだけで、業者比較もでき指定したメールアドレスに無料で見積りを送ってくれます。

最大5件の見積りが届く

一度に最大5件の業者に見積り依頼ができるので、料金の比較もしやすく、自分に合った業者に掃除を頼むことが可能です。

チャットで見積り内容の相談ができる

「なるべく安く済ませたい」という方のために、チャット上で値段の交渉もできます。対面や電話で交渉しないので、気まずくなることもなく気軽に相談できるのがポイントです。

いそがしくなる年末年始、洗濯槽の掃除はミツモアでかしこく簡単に依頼してみましょう!

ミツモアで洗濯機クリーニングを依頼する