ミツモアロゴ

個人事業主の屋号の付け方を解説!事前の検索でトラブル回避

見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

最終更新日: 2019年06月28日

個人事業主としてビジネスを始めるならぜひ持っておきたいのが「屋号」です。屋号を付けることで、顧客や取引先に自分のビジネスの事業内容をわかりやすく伝えることができます。この記事では、個人事業主の屋号の付け方を解説。事前に屋号名で検索してトラブルを回避する方法もご紹介します。

屋号とは

屋号とは
屋号とは

屋号とは、個人事業で使うビジネスネームのことです。屋号がなくても個人事業主として活動することは可能ですが、屋号を持つと取引先の信用を得やすい、といったメリットがあります。本項では、個人事業主の屋号の基本について解説します。

屋号は個人事業主の事業ネーム

屋号は個人事業主が使う事業ネームで、企業で言う会社名に該当します。事業内容を端的に表現した名前が使われることが多く、「個人名+事業名」といった組み合わせも一般的です。屋号の例としては、「デザイン優」「中村アドサービス」「ひまわりマーケティング」などのようなイメージになります。

屋号を持つメリット

個人事業主が屋号を持つことには、主に次のようなメリットがあります。

  • 信用度が上がる きちんとした屋号があると、消費者や取引先に信用してもらいやすくなります。
  • 事業内容を一目で伝えられる 自分がどんなビジネスをしているのか屋号だけで伝えられるので、営業にプラスです。
  • モチベーションがキープできる 屋号があることでビジネスに対する責任感が芽生え、仕事のモチベーションを保ちやすくなります。

屋号は義務ではない

個人事業主にとって、屋号を付けるのは義務ではなく任意です。税務署に提出する開業届には屋号を記入する欄がありますが、空欄のまま提出しても大丈夫。屋号を持たない個人事業主は珍しくないので、屋号がないからといって税務署などから指摘されることはありません。確定申告書にも屋号記載欄がありますが、こちらも空欄でOKです。

屋号に関する注意点!登録前に検索しよう

屋号に関する注意点!登録前に検索しよう
屋号に関する注意点!登録前に検索しよう

屋号の付け方に関するルールはそれほど多くなく、比較的自由に好きな名前を付けることが可能です。しかしもちろん最低限の規則は存在しますので、本項でご紹介していきます。また、他の人と同じ屋号を付けたりするとトラブルになってしまう可能性もあるので、事前の検索を心がけましょう。

屋号には使用できる文字は?

屋号には、以下の文字が使用できます。

  • 漢字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • アルファベット(大文字・小文字)
  • 数字
  • 一部の記号(. , ‘ – & ・)

会社を連想させる屋号はNG

比較的自由に付けられる屋号ですが、「株式会社」や「社団法人」など、認定を受けているように誤解させるような屋号は付けられません。ほかにも会社であることを連想させるような屋号はNGです。

他者と同じ屋号を付けるとトラブルの元に?

他の人と屋号が被ってしまうのは基本的に構わないとされています。ただ業界や相手によっては、うっかり同じ屋号をつけてしまったことで訴訟などのトラブルに発展するリスクも。場合によっては不正競争防止法などの法律に触れてしまうこともありえます。なお、商標登録されている名称は使わないのが原則です。

事前の検索でトラブルを避けよう

他の個人事業主と屋号が被ってしまうのをできる限り避けるため、屋号を思いついたら一度Googleなどで検索してみることをおすすめします。他の会社名と被るのを避けるには、商号検索が効果的です。商号検索は、法務局の「登記・供託オンライン申請システム」あるいは国税庁の「法人番号公表サイト」から行えます。

またあわせて、考えた屋号が商標登録されていないか調べる作業も必須です。こちらは特許庁の特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」を使えば、オンラインで簡単に検索できます。

屋号の登録方法

屋号の登録方法
屋号の登録方法は?

それでは、個人事業主が屋号を登録するにはどうすればいいのでしょうか。実は屋号の届け出はとても簡単で、費用も一切かかりません。本項では屋号の登録方法について見ていきましょう。

屋号の登録は開業届への記入で完了

開業届 見本
開業届 見本 出典:国税庁HP

個人事業を始めるときの開業届には、屋号を書く欄があります。屋号の登録方法は、この屋号記載欄に屋号を書くだけ。そのほかの手続きや届け出などは不要です。開業届に屋号を記入するだけなので、当然料金もかかりません。開業後に屋号を付けた人は、確定申告するとき確定申告書にその屋号を記入しましょう。

屋号(雅号)変更時も届出義務はなし

事業内容変更などの理由で屋号を変更する際も、届け出は一切不要。そもそも屋号変更の届出書のようなものは存在しません。何らかの理由で屋号を変えた場合は、変更後最初の確定申告で、確定申告書類に新屋号を書いておけば大丈夫です。

税理士探しはミツモアで

ミツモア ロゴ
税理士探しはミツモアで

屋号を付けるのは義務ではないものの、屋号には信頼感アップ、営業効果、モチベーション維持などメリットがたくさん。屋号を持つことで、屋号付き銀行口座や個人ビジネス口座を開設できるという利点もあります。独立したての個人事業主の方は、ぜひこれを機に自分のビジネスに屋号を付けてみてはいかがでしょうか。

また、個人事業を営む上で忘れてはいけないのが税務申告。どんなに売上・利益があがっても、税金の申告を忘れてしまうと後々追徴課税に苦しむことになりかねません。

とはいっても「忙しくて税理士探しまで手が回らない」という方もいらっしゃるのでは。

そんな方におすすめなのが、事業者マッチングサービスのミツモア。利用料無料で、複数の税理士事務所から見積もりを取得できるので、空き時間を利用して簡単に税理士さんと出会えますよ。