ミツモアメディア

単身赴任の引越しに必要な準備は?費用相場や安く済ます方法も解説!

最終更新日: 2022年10月25日

転勤により単身赴任する場合、引越しが必要です。単身赴任の引越し時に確認することは6つです。安くスムーズに転勤を終えるために、必要な点をチェックしましょう。引越し料金を抑えるための、3つのコツも覚えておくと、費用を抑えて引越しができます。

単身赴任の引越しに必須の6項目

ダンボール

単身赴任の引越しをする際には、以下の6つの準備が必要です。

  • 福利厚生の規約を確認
  • 部屋探し
  • 業者と日程を決める
  • 転出届を出す
  • 電気・水道・ガスの手続き
  • 家電・家具の準備

転勤による引越しは3~4月が多く、引越し業者や不動産屋などにとって繁忙期といえます。スムーズに手続きができるよう、できることから進めましょう。

福利厚生の規約を確認

単身赴任の引越しが決まったら、社宅・家賃補助・引越し費用の補助など、会社の福利厚生の規約を確認します。福利厚生を受けるための条件が設けられているケースもあるため、あわせてチェックしましょう。

社宅が用意されている場合は、家具や家電が備え付けなのかという点も確認が必要です。家具や家電がない場合は別途購入するか、自宅のものを持って行く必要があります。家賃や引越し料金の補助は、転勤先により金額が異なる場合もあるため、細かい金額についても確認しましょう。

部屋探し

単身赴任先で社宅が用意されていない場合は、部屋探しが必要になります。基本的には自分で探す必要がある場合が多いです。以下の点を念頭に置いて部屋を探しましょう。

  • 職場までの距離
  • 通勤のしやすさ
  • 近隣にスーパーやコンビニなど買い物する場所があるか
  • 近所に飲食店があるか

単身赴任先では自分で家事を行わなければいけません。料理に不慣れな人は近隣の環境を確認しておくと安心です。単身赴任後の生活を想像しながら、部屋探しをしましょう。

業者と日程を決める

単身赴任先の新居が決まったら、引越し業者と日程を調整します。転勤による引越しは3~4月が多く、この時期は新生活を始める人も多いため引越し業者の繁忙期です。

特に土日や大安の日、午前中は予約が埋まりやすい傾向があります。希望通りの日程で引越しを進めるために、単身赴任が決まったら、早めに業者に連絡しましょう。希望日を複数用意しておくと、何度も連絡する手間を省けます。

また引越し業者によりサービス内容や料金が異なります。引越し業者を決めるときは、複数社の見積もりを確認して料金を比較しましょう。

転出届を出す

単身赴任には住所の変更が伴います。ただし単身赴任の引越しで、住民票の変更を必ずしなければいけないわけでは、ありません。「1年以内の転勤」「休日など頻繁に自宅に帰る」といった場合は、住民票の変更が必要ないとされています。

しかし2年・3年と単身赴任が続く場合は、住民票の変更が必要です。転出届は現在住民票のある役所に提出します。引越しの14日前から可能なので、引越し前に出しておきましょう。

転出届を出すと「転出証明書」が発行されます。「転出証明書」は引越し先の役所に提出するため、必ず受け取り保管しておきましょう。

電気・水道・ガスの手続き

新居での生活では新たにガス・電気・水道の開通手続きが必要です。引越し後すぐに利用できるよう、事前に手続きをしておきましょう。電気や水道はインターネットから申し込めます。電話連絡も可能なので、都合のよい手段を選びましょう。電気と水道は立ち会いが必要ありません。

一方ガスの開通には立ち会いが必要です。事前に単身赴任先に行く用事がある場合は、その際に一緒に済ませるといいでしょう。自身が立ち会えない場合は、代理人でも対応できます。会社の人に立ち会ってもらうか、知り合いがいれば代わりにお願いしましょう。

新居でインターネットを利用する場合は、別途手続きが必要です。新たに回線を導入する場合は立ち会いが必要ですが、すでにマンション内に回線が届いている場合は、立ち会いが不要となる可能性が高いでしょう。

家電・家具の準備

単身赴任ではエアコン・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビ・掃除機・イス・テーブル・収納棚など、必要最低限の家具や家電を準備しましょう。

部屋を選ぶときに家具・家電付きの物件を選ぶという方法もあります。家具・家電が備わっている物件の場合、新たに買い足す必要がないため、引越し時にかかる費用を抑えることが可能です。

単身赴任が終わり自宅に戻るとなると、用意した家具・家電が不要になる可能性があります。家具・家電のレンタルサービスもあるので、必要に応じて利用しましょう。

単身赴任における引越し業者の選び方

引越し業者

単身赴任で引越し業者を選ぶ際には、できるだけ費用を抑えてスムーズに終わるのが理想です。必ず引越し業者に依頼しなければいけないわけでも、ありません。まずは単身赴任の引越しにかかる、費用の相場を確認しましょう。

単身赴任の引越し費用の相場

単身用の引越しサービスを利用すると、引越し料金の相場は20,000~40,000円です。家族での引越しよりも荷物が少ないため、リーズナブルといえます。ただし繁忙期には値引き交渉が難しく、相場の2~3割増しになるケースが多い傾向です。

トラックのチャーターによる引越しは、同一県内で35,000~40,000円と相場が上がります。距離が遠くなるほど、引越し料金は上がると知っておきましょう。

荷物が少ないなら宅配便の利用も検討する

単身赴任での引越しには、宅配便を利用する方法もあります。家具や家電を持って行かない場合は、衣類や日用品などダンボールに詰められる程度の荷物になる人もいるでしょう。そうした場合は宅配便の利用がおすすめです。

引越しの荷物が少なく宅配便で送る場合は、引越し業者に依頼する必要がありません。事前に自宅から転勤先への宅配料金を調べ、業者に頼む場合とどちらが安くなるか確認します。家具も大きさによっては宅配便で送れるため、1~2個など少ない場合は、宅配便を検討するといいでしょう。

関連記事:失敗しない引っ越し業者の選び方・相見積もりのポイント!安いかつ信頼できる業者を見つけよう|ミツモア

単身赴任の引越し費用を安く抑えるコツ

計算する男性

単身赴任の引越しが実費になる場合、できるだけ費用を抑えたいところです。引越し料金を安くする3つのコツについて解説します。

単身用のプランを利用する

多くの引越し業者が単身赴任や一人暮らしの人のために、格安な単身パックを用意しています。単身者は荷物が少なく、コンテナでほかの人の荷物と一緒に運ぶため、安くできるのです。

単身赴任の引越しは「単身パック」と「単身プラン」に分かれます。単身パックは決まった量の荷物をコンテナで運ぶのに対し、単身プランはトラックをチャーターして好きな量を運べる、一人暮らし用のサービスです。

トラックをチャーターすると引越し料金が高くなりますが、大きな家具も運べます。単身パックは荷物の量が決まっているため、訪問による見積もりが不要です。

家具や家電は現地で準備する

単身赴任先で家具や家電を用意する人は、現地で調達すると、引越し料金を抑えられます。自宅にある家具を使用するケース以外は、現地で家具や家電を購入しましょう。

家具や家電のレンタルサービスを利用しない人も同様です。家具や家電を運ぶと引越し料金が上がりますが、現地で購入する場合は荷物が少なくなるため、引越し料金を抑えられます。

複数社の見積もりを比較する

引越し料金は業者により異なります。複数社から見積もりを取得すれば、比較して安い引越し業者を選ぶことが可能です。もちろん安ければいいわけではないので、サービス内容も比較しましょう。

希望日に引越しを行える業者を見つけるのも大切です。引越し業者によって予約の埋まり方も違うため、複数社で見積もりしておくと、希望日に引越しができる業者が見つかります。

単身赴任専用のプランの有無・引越し料金・サービス内容・引越し日を比較しておけば、納得できる業者を見つけられるでしょう。

単身赴任の引越し後にすること

ダンボールを開ける男性

引越しが終わったら一息つきたいところですが、できるだけ早めに終えたい項目が二つあります。それが近所への挨拶と転入届の提出です。今後の生活にも関わるので、引越し後は速やかに行いましょう。

近所への挨拶

単身赴任の引越しが終わったら、まず近所への挨拶に行きましょう。引越し先にどんな人が住んでいるのか気になる人もいるはずです。周りもどんな人が来るのか不安に感じているかもしれません。

挨拶を交わしておけばお互い安心して暮らせるため、できるだけ顔を合わせて挨拶するのがおすすめです。困ったことがあったときも、助けてもらいやすくなります。

社宅の場合は上司や同僚が暮らしています。正式な出勤前に職場に挨拶するのもいいでしょう。新しい職場に慣れるためにも、挨拶は忘れないようにします

転入届を提出する

以前の住所地に転出届を出したのち、引越し先の役所に転入届を提出します。転入届は引越しから、14日以内の提出が義務付けられています。転出届の提出時にもらった「転出証明書」を持参し、できるだけ早めに手続きしましょう。

住所票を変更した場合、運転免許証や印鑑登録の住所変更も必要です。運転免許証の住所変更には期限が設けられていませんが、住所変更を行わないと「20,000円以下の罰金又は科料」に処される可能性があります。引越し後は疲れてしまい、面倒に感じるかもしれませんが、できるだけ早めに終わらせましょう。

運転免許証の住所変更は、単身赴任先の警察署・運転免許センター・運転免許試験場で可能です。スムーズにいけば10分ほどで終わりますが、土日は混み合うため1~2時間かかる場合もあります。

単身赴任の引越しはミツモアで見積もりを

梱包作業

単身赴任の引越しでは部屋探し・引越し業者の決定・住所の変更・ライフラインの開通・家具家電の準備・近隣への挨拶が必要です。引越し方法には業者に依頼する方法と、宅配便で送る方法があります。引越し業者に依頼する際は、荷物の量によって、単身プランや単身パックを利用するとよいでしょう。

単身赴任の引越し料金を知りたい場合は、ミツモアで見積もりが可能です。日本全国の引越し業者が登録しているため、どこに移るにしても利用できます。ミツモアでは水道のトラブルや家具家電の設置に対応してくれる業者もあるので、困ったことがあったら利用しましょう。

引越しの相場

30,000

標準相場

19,500

リーズナブル

53,400

プレミアム

ミツモアで引越しを依頼する