ミツモアメディア

電気ポットの掃除方法!汚れや水あか、油汚れの落とし方を紹介

最終更新日: 2021年07月08日

電気ポットはキッチン家電の中でも汚れやすいものの1つです。外部の汚れも気になりますが、内部にも水あかなどの汚れが蓄積しています。ほとんど毎日使用するアイテムなので、小まめに掃除を行いましょう。電気ポットの掃除方法を紹介します。

ポットが汚れる原因

電気ポット

ポットを使用し続けると、外側だけでなく内側も汚れてしまいます。これらの汚れの原因は何なのでしょうか。電気ポットが汚れる原因を紹介します。

内側の汚れは水あか

ポットの内側が汚れる原因は、ほとんどが水あかです。付着する色によって水あかの正体が分かります。

例えば茶色の汚れであれば水道水に含まれる不純物です。少量だとあまり問題はありませんが、赤色や濃い茶色に変化した場合は、内部にサビが発生している可能性があります。

緑色の汚れは緑青と呼ばれるサビで、白い汚れは水道水に含まれているカリウムやマグネシウムなどのミネラルが蓄積したものです。体に害を及ぼすものではありませんが、蓄積するとお湯の出が悪くなります。

外側の汚れは手あかや油汚れ

ポットの外側の汚れは、ほとんどが手あかや油汚れになります。ポットはキッチンに置かれていることが多いため、料理で使用する油や汁が飛んで付着してしまうのです。

油は水蒸気となり、部屋のあらゆる場所に付着してしまいます。油汚れが付くとそこにホコリなどが吸着するので、より汚れが目立ってしまうでしょう。

また手あかは雑菌が繁殖しやすい汚れです。食べ物が付いた手で触ったまま放置してしまうと、害虫を寄せ付ける原因にもなります。

電気ポットの掃除に必要なもの

白い粉

電気ポットを掃除する際は、特殊なものはほとんど要りません。電気ポットの掃除に必要なものを紹介します。

クエン酸

ポット内にたまりやすい水あかは、アルカリ性の汚れです。クエン酸は水に溶けると酸性になるので、水あか汚れを中和して落としやすくしてくれます。

さらにクエン酸には消臭・除菌効果があり、体内に入っても問題のない成分でできています。ホームセンターやドラッグストアで入手できるので、手軽に購入できる点もメリットの1つです。

重曹

汚れ落としに活躍する重曹は弱アルカリ性です。油汚れや手あかは酸性なので、重曹で拭き上げるとキレイに落としてくれます。

また重曹には研磨効果も期待できます。ポット内部にクエン酸などの酸性成分と混ぜて使用すると、より効果を発揮してくれるでしょう。

例えば1.2Lの水に大さじ1杯の重曹とクエン酸を入れます。すると頑固な水あかを重曹が浮かせて落としてくれるのです。

キッチンペーパー、スポンジ

ポット内部を清掃する際は、柔らかいスポンジやキッチンペーパーを使用しましょう。硬いものでこすると汚れは落ちやすくなりますが、内部を傷つけてしまいます。

ポット内部が傷つくとそこからサビが発生してしまうかもしれません。できるだけ柔らかいスポンジで、軽くこするのが理想といえるでしょう。

頑固な水あかはスポンジ単体で落とすのは難しいといえます。クエン酸などを使用して、しっかりと落とすのがおすすめです。

日頃から小まめに内部を洗うことで、水あかが蓄積しにくくなります。

ポット内側の洗浄方法

給湯ボタン

ポット内部はアルカリ性の水あかを除去するのが、メインの清掃方法です。ポット内部の洗浄方法を紹介します。

クエン酸を使う

クエン酸を使用する場合は、まずポット内部に満杯の水をためます。使い終わってすぐに触るとやけどするので、本体が冷えた後に実施しましょう。

次に水1Lにつき大さじ1杯のクエン酸を入れ、フタをしてお湯を沸かしましょう。沸騰したら2~3時間保温状態にしてつけ置きします。長時間浸すことで水あかが柔らかくなっていくのです。

最後は水ですすぎます。細かい水あかが残った部分は歯ブラシでこすり、水で流しましょう。広い範囲で水あかが残れば柔らかいスポンジで洗います。

お酢やレモンを使う

クエン酸が手元にない場合はお酢やレモンで代用可能です。まずポットに200mlのお酢またはレモン1~2個分の果汁を入れます。さらに水を足してポットを満杯の状態にしてください。

次にポットのスイッチを入れてお湯を沸かしましょう。お湯が沸いたらそのまま2~3時間放置します。時間がたったら水を捨てますが、まだ水が熱い場合は無理せず冷めるまで待ちましょう。

水を捨てた後はポットの内側をスポンジでこすり、キレイにします。しっかり水洗いして乾燥させたら完了です。

臭いの除去は重曹を使う

水あかだけでなくポット内部の臭いが気になる場合は、重曹を使うのも1つの手段です。

クエン酸だけでも水あかと臭いは除去できますが、フタの裏側にあるパッキン類が原因の場合は重曹が有効になります。

ポット内部を洗浄した後に臭いが残っていたら、フタのパッキン類を外して臭ってみましょう。もしカルキ臭などがしたら、重曹を入れた水にパーツを浸ると効果的です。

まず鍋などに水1Lと重曹大さじ3杯を入れ温めます。重曹は60℃になると弱アルカリ性が強アルカリ性になるので、沸騰させる必要はありません。そのまま半日ほどつけてから、水で洗いましょう。よく乾燥させれば完了です。

ポット外側の掃除方法

お掃除グッズ

ポットの表面を清掃するのであれば、除菌も考慮しなければなりません。菌が繁殖すると見た目も不衛生になるでしょう。ポットの外側について掃除方法を紹介します。

重曹とキッチンペーパーを使う

重曹を使用する際は洗面器やバケツなどに3Lの水を入れ、大さじ2杯の重曹を混ぜましょう。これに布巾やスポンジを浸して、軽く絞ってからポットを磨きます。

細かい部分は重曹を含ませた歯ブラシで掃除すると効果的です。

次に布巾を水ですすぎ、ポットの外側に付いた重曹を拭き取ります。最後は乾いた布やキッチンペーパーで拭き上げ完了です。

掃除する際は給湯のスイッチやロック解除キーなど、手に触れる箇所を重点的に拭くとよいでしょう。

ウエットティッシュを使う

もっと手軽に掃除したい場合は、ウエットティッシュを使用するとよいでしょう。ポットの外側の汚れは、ほとんどが手あかや雑菌です。そのため除菌効果のあるウエットティッシュが適しています。

雑菌が付着したポットの外側は、そのまま放置すると黒ずんだ汚れになっていきます。見た目も衛生面もよくないので定期的にウエットティッシュで除菌すれば、汚れの付着を防げるでしょう。

またアルカリ電解水シートも効果的です。これは水拭きでは取れない汚れや、雑菌を除去できる効果があります。通常のウエットティッシュに比べて、洗浄力と除菌力が高いのでおすすめです。

掃除する際は取っ手だけでなくポットの側面や、ノズルの裏側まで丁寧に拭き上げましょう。

電気ポットを定期的にお掃除しよう

電気ポット

電気ポットを使用していると、内側に水あかがたまってしまいます。また外側も油汚れや雑菌が繁殖しやすいことを覚えておきましょう。

これらを清掃するためにはクエン酸や重曹などが効果的です。ポットの内側はクエン酸などの酸性のものを、外側は重曹などアルカリ性のものを使用するとよいでしょう。

汚れが目立ち始めてから掃除するのも1つの手段ですが、定期的に柔らかいスポンジやキッチンペーパーで汚れを落とすと清潔に使用できます。

日々の掃除を習慣づけて、電気ポットを気持ちよく使ってみてはいかがでしょうか。

ミツモアでキッチンクリーニングの依頼をしよう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。最大5件のプロから無料で見積もりを取ることが可能です。

最大5件の見積りが届く

見積もり依頼をすると、プロより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで相談ができる

お気に入りのプロがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

キッチンクリーニングをプロの業者に依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアでキッチンクリーニングを依頼する