ミツモア

ドアクローザーのネジが外れた!対処法や修理費用を解説

ぴったりのドアクローザーの調整・交換業者をさがす
最終更新日: 2024年05月23日

ドアクローザーのネジが外れやすい部分は、主に本体とブラケットです。自分でネジを締め直せば対処できるケースもありますが、速度調節ネジに関しては注意が必要です。ネジが外れた場合の対処法や注意点、業者に依頼するときの費用相場を紹介します。

ドアクローザーのネジが外れやすい箇所

ドアクローザーはネジでドアに固定されています。一般的に、どの部分のネジが外れやすいといえるのか、また自分で対処できるのかについて解説します。

ドアクローザー本体のネジ

ドアクローザーのネジが外れやすい部分として、ドアクローザー本体のネジが挙げられます

基本的にドアクローザー本体の両側に2本ずつ、合計4本のネジでドアに固定されています。ドアを開閉するたびにドアクローザーに振動が加わり、力がかかっているため、時間をかけてネジが少しずつ緩んで外れてしまうのです。

ネジが1本外れてもドアクローザーが落ちてくることはなく、ドアの開閉は可能です。しかし残りのネジや他の部品に負担がかかり、開閉時に異音がする、ドアクローザーがドアから外れるなどといったトラブルの原因にもなります。

ドアクローザーのネジが外れた場合は、自分で対処できるケースもあります。

ブラケットのネジ

『ブラケット』とは、ドアクローザーをドアの上枠に固定するための部品を指します。ブラケットのネジも、ドアクローザーから外れやすいパーツの1つです

ブラケットの種類によって異なりますが、3~4本のネジで取り付けるのが一般的です。ドアクローザーと同様に、ネジが1本外れてもドアの開閉はできます。しかし残りのネジに負担がかかると、ブラケットが外れるリスクが高まるため、早急に対処しましょう。

ブラケットのネジが外れてしまったときは、自分で直せる場合もあります。

速度調節ネジ

ドアクローザーの役割は、ドアの開閉速度の調節です。ドアクローザー本体の側面に付いている『速度調節ネジ』が、速度調節の役割を果たしています。速度調節ネジは『調整弁』といわれる場合もあります。

自分で速度調節ネジを回して開閉速度を調節することも可能です。しかし速度調節ネジは軽い力でも回りやすいため、外れやすい点に注意しましょう。ネジが外れると油漏れを起こし、挿し直しができないためです。

油漏れを起こしたドアクローザーは修理できず、ドアクローザーを交換しなければならないので、速度調節ネジの調節は業者に依頼する方が安心です。

ドアクローザーの調整を依頼する

ドアクローザーのネジが外れたときの対処法

ドアクローザーのネジが外れたときに自分でできる対処法は、ネジの締め直しとドアクローザーの交換です。それぞれの方法を詳しく解説します。

ネジを締め直す

ドアクローザーのネジが外れた場合、まずはスパナやドライバーなど、ドアクローザーの締めたいネジに対応している工具を使用して、ネジを締め直せば解決する可能性があります

ドアクローザー本体のネジを締め直すときは、間違って調整ネジを回してしまわないように注意しましょう。

ネジを締め直そうとしても空回りする場合は、ネジ穴が広がっている可能性があります。ネジ穴は、道具をそろえれば補修できます。

広がったネジ穴を直すときに必要なもの

  • つまようじ(ネジ穴が大きい場合は割り箸)
  • 木工用ボンド
  • カッター・はさみ・ニッパーなど
  • ドライバー

広がったネジ穴の直し方

  1. つまようじ、または割り箸の先端に木工用ボンドを付ける
  2. 広がったネジ穴につまようじまたは割り箸を差し込み、木工用ボンドが乾くまで放置する
  3. 木工用ボンドが乾いたら、ネジ穴から飛び出しているつまようじをカットする
  4. ふさいだ穴にネジ止めをする

広がったネジ穴は、つまようじや割り箸などの木材でふさぎ、新しくネジ穴を開ける作業が必要です。

ドアクローザーを交換する

古いドアクローザーのネジが外れた場合、ドアクローザーを交換するのも一案です。自分でドアクローザーを交換する場合は、現在付いているものと全く同じものに交換する方法が、難易度が低いといえます。

代表的なドアクローザーは3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

ドアクローザーの種類 特徴
スタンダード型 ドアを引く側に取り付ける
パラレル型 ドアを押す面に取り付ける。現在多く使用されている
コンシールド型 ドアが閉じているときは本体やアームが見えないタイプ

全く同じドアクローザーに交換するときに必要な道具は、下記の通りです。

  • 同じドアクローザー
  • ドライバー
  • 軍手
  • ネジ緩み止め剤
  • 脚立

既存のドアクローザーを取り外した後、ドアクローザーに付属している説明書の手順に従って取り付けましょう。

作業に不安がある場合や、他の種類・メーカーのドアクローザーに交換したい場合は、業者に依頼する方が賢明です。ドアクローザーの種類を変えるとネジ穴の位置が異なるため、ネジ穴を新しく設置する必要があるためです。

ドアクローザーの修理を業者に依頼する費用

ドアクローザーの調整・修理・交換を業者に依頼したときにかかる費用相場を解説します。業者によって費用が異なるため、一括見積もりサイトの活用がおすすめです。手間なく相見積もりを取って比較検討し、信頼できる業者に依頼しましょう。

ドアクローザーの調整にかかる費用

ドアの開閉の不具合、異音・速度調整など、ドアクローザーの調整を業者に依頼した場合の費用相場は、5,000~1万円程度が一般的です

業者によっては出張料金が加算されるケースがあります。出張料金の有無や金額は業者によって大きく異なるため、必ず見積もりを取り、作業内容やかかる費用を確認しておきましょう。

ドアクローザーの交換にかかる費用

ドアクローザーの交換を業者に依頼する場合、ドアクローザー本体の費用と工賃が必要になります。本体費用と工賃の合計は1万6,000円~3万5,000円が目安です

ドアクローザー本体の費用相場は、6,000~2万円程度と幅があります。現在設置されているドアクローザーの種類を確認し、取り付けるドアクローザーについても、見積もりの時点で業者に相談するとよいでしょう。

ドアクローザー交換にかかる作業費用は、1万~1万5,000円程度が一般的です。ドアクローザーの調整費用と同様に、業者によっては出張料金が加算されるケースがあるため、見積もりの時点で確認しておきましょう。

ドアクローザーの修理を依頼する

ドアクローザーのネジが外れたら早めに対応しよう

ドアクローザーのネジが1本外れても、すぐにドアが使えなくなるわけではありません。しかし残りのネジや他の部品に負担がかかり、異音がしたり部品が外れたりなどのトラブルにつながるため、早めに対処しましょう

作業に自信がない場合や、ドアクローザーを現在のものと別の種類にしたい場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

ドアクローザーの修理を依頼する業者を探すなら、無料一括見積もりサービスであるミツモアを利用してみてはいかがでしょうか?ミツモアなら、簡単な質問に答えるだけで最大5件の見積もりを無料で取得できます。見積もりの内容を比較して、希望する条件にぴったりの業者を見つけられますよ。

ドアクローザーの修理を依頼する

簡単1分!見積もり無料!