ミツモアメディア

ゴキブリを見失った後の対処法は?駆除の方法を解説

最終更新日: 2022年05月10日

ゴキブリを見つけた際に仕留めきれず、見逃してしまう場合もあるでしょう。

しかし、それは問題の解決を先延ばしにするだけで、かえってひどくなる可能性が高いです。

ゴキブリを見失ったときの対処方法や、現れやすい場所などを紹介します。

逃げたゴキブリの放置は危険

スマホと危険マーク

見逃したゴキブリをそのままにしておくと、大変な事態に陥る可能性があります。ゴキブリを放置する危険性を確認しましょう。

家の中で繁殖するリスクがある

ゴキブリは繁殖力が高いため、見失ったゴキブリを放置しておくとあっという間に数が増えてしまいます。

家の中に現れることの多いクロゴキブリだと、7〜10日の間に20〜30個の卵が入った「卵しょう」を産みます。卵しょうとは卵が入っているカプセル状のものです。

卵しょうにはくん煙剤が効かないので、卵を駆除するのは困難です。卵から生まれたゴキブリは成長も早く、孵化からわずか数週間で産卵するものもいます。

一度見かけたゴキブリを放置しておくと、あっという間に大量発生する危険性があるのです。

関連記事:ゴキブリの生命力が強いのはなぜ?どれくらい生きる?繁殖力・身体能力などを徹底解説!|ミツモア

関連記事:クロゴキブリは他のゴキブリと何が違うの?生態を知って駆除・予防しよう!|ミツモア

ゴキブリを見失ったらここを捜索

クリップボードを虫眼鏡で調べる

ゴキブリを見失った後はやみくもに探すより、ゴキブリが好む場所を確認すると効率的です。ゴキブリが逃げた場合にまず確認すべき場所を紹介します。

関連記事:ゴキブリの巣がある場所は?駆除方法と発生を防ぐ対策を紹介|ミツモア

暗くて狭い場所やジメジメした暖かい場所

ゴキブリは暗くて狭い場所を好みます。外敵から身を隠せて、人間には見えないところにすみついているのです。例えば、以下のような場所です。

  • タンスの後ろ
  • テレビの下

水分がないと生きていけないため、水気がある場所に隠れているケースも多いでしょう。例えば、以下のような場所です。

  • 冷蔵庫の下
  • キッチンの排水口
  • お風呂場

ゴキブリは寒さに弱く暖かい場所を好みます。例えば、以下のような場所です。

  • エアコン内部
  • パソコンなどの家電のすき間

部屋を密室にしてから探す

ゴキブリを見失ったときは部屋を密室にしてから捜索すると、効率が上がります。いつの間にか別の部屋に逃げてしまう可能性を防げるからです。

探す場所を限定した後は、ゴキブリが潜んでいそうな場所を探せばよいでしょう。リビングであれば、エアコンやテレビの下などに目星を付けます。

トイレや風呂場など狭い空間では恐怖心もありますが、物理的にたたけるものや殺虫剤を片手に対処しましょう。また電気を消して暗くすると、表に出てくる可能性もあります。

完全に見失ったときの対処法

ストレスで頭を抱える女性

いくら探してもゴキブリが見つからない場合、専用の殺虫剤などを使用するのが有効です。ゴキブリを完全に見失った場合の対処法を紹介します。

くん煙剤を使って駆除する

くん煙剤を使用すれば部屋のすみまで殺虫剤が行き届き、ゴキブリを駆除してくれます。

一度使用すれば、一定期間ゴキブリはその場所を避けるようになります。そのため、仮にゴキブリが部屋から逃げてしまっていても、すぐに侵入してくることはないでしょう。

くん煙剤を使用する際は、部屋を密閉して煙が逃げないようにします。すき間があれば効果が薄くなってしまうので注意しましょう。

関連記事:バルサンを使ってゴキブリを撃退。使い方と注意点を紹介|ミツモア

潜んでいそうな場所に殺虫剤を使う

フマキラー ゴキブリ 駆除 殺虫剤スプレー

 ゴキブリが奥にいて見つからない場合でも、潜んでいそうな場所に殺虫スプレーを噴射すれば出てくる可能性があります。

ただし殺虫剤を使用した場合、表に出てくることなく見えないところで死んでしまう場合もあります。

ものを動かせない部屋ではゴキブリの死骸を確認できないため、殺虫剤の使用は避けた方がよいでしょう。

ワンプッシュでゴキブリを追い出す商品もあるため、それらを使用するのも一つの手段です。ゴキブリが弱った状態で表に出てくる場合が多いため、姿を現したらすぐに駆除しましょう。

自分で処理できない場合はプロに相談

ゴキブリを見るだけでも不快な人は、専門の業者に依頼するのも一つの手段です。業者によって金額やサービス内容が異なるので、相見積りを取ると納得のいく業者選定をしやすくなります。

複数社から見積りを取得する際は、各社に連絡して状況を説明する必要があります。しかしミツモアの一括見積りサービスを利用すれば、一度見積りを依頼するだけで複数社から見積りを取得できます。

手間を省いて条件のよい業者を選定するため、ミツモアのサービスを積極的に利用しましょう。

ミツモアでゴキブリ駆除のプロを探す

ゴキブリが出にくい部屋づくりを

ライトブルーのアクセントクロスが使われたリビング

ゴキブリが出てから対応するだけでなく、日頃からゴキブリが出てこないように過ごすのも大切です。ゴキブリが発生しづらい部屋づくりの方法を紹介します。

関連記事:ゴキブリを寄せ付けない・侵入させない方法!玄関や部屋に使うおすすめグッズを紹介|ミツモア

室内を清潔に保ち、餌となるものは即処分

室内に生ゴミや食べカスがあると、外からゴキブリが侵入してきます。ゴキブリは不衛生な場所を好むので、家は常に清潔な状態にしておいてください。

ゴミ箱にいつまでも生ゴミなどを残しておくと、ゴキブリだけでなくコバエなどの害虫も寄ってきてしまうでしょう。

ゴミはこまめに処分し家にゴキブリの餌となるものを置かないようにします。野菜やパンなどを床やテーブルの上に放置しておくのもNGです。

食べ物だけでなく人間の髪の毛や皮膚片も、ゴキブリは食べます。定期的に掃除機をかけ、部屋をきれいな状態にしましょう。

外部から侵入できるすき間を塞ぐ

ゴキブリは必ず外からやってきます。窓を開けっぱなしにしたり、すき間があったりすると、ゴキブリの侵入経路になってしまうのです。

部屋を確認しそのような場所がないかチェックしましょう。すき間があれば養生テープなどで目張りします。

新聞などを入れるポストが玄関のドアにある住宅は注意が必要です。新聞やチラシなどを挟むとすき間ができるので、そこからゴキブリが侵入してくる場合があります。

家の中と外をつなぐ配管周りも確認しましょう。パテなどで埋めていない場合には、すき間が生じている可能性があります。

ゴキブリが隠れていそうな場所を確認

チェックポイント

ゴキブリを見失った後そのまま放置しておくのは大変危険です。繁殖力が高いためあっという間に増えてしまう恐れがあります。

見失ったゴキブリを探す際は、湿った場所や暗くて狭いところなど、ゴキブリが好む場所を中心に探しましょう。

どうしても見つからない場合は、殺虫剤やくん煙剤を使ってゴキブリを駆除するのが効果的です。不安な人は業者に対処してもらうと安心でしょう。

日頃から掃除などをこまめに行い、ゴキブリが近寄ってこないよう意識して生活することが重要です。

ミツモアでゴキブリ駆除の無料見積もりを依頼できます

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ゴキブリ駆除のプロを探す際はミツモアの一括無料見積もりをご利用いただくと、手間なくご自身の希望通りの業者を見つけることが可能です。

ぜひミツモアを利用してみてはいかがでしょうか。

ミツモアで簡単な質問に答えて見積もり依頼

ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで見積もり依頼が完了です。パソコンやスマートフォンからお手軽に行うことが出来ます。

最大5件の見積もりが届く

見積もり依頼をすると、プロから最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから条件にあったプロを探してみましょう。プロによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。

チャットで見積もり内容の相談ができる

依頼内容に合うプロがみつかったら、依頼の詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットなのでやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。

ミツモアでゴキブリ駆除のプロを探す