ミツモアメディア

失敗しないガジュマルの剪定方法とは?最適な時期や方法を解説!

最終更新日: 2022年05月17日

個性的なシルエットが特徴のガジュマルは、とても生命力が強い植物です。

生育期にはどんどん枝葉を伸ばすので、剪定は欠かせません。

そこで初めてでも失敗しない剪定方法について解説します。

ガジュマルの特徴

ガジュマル

太くからみ合った根のシルエットが個性的なガジュマルは、庭木としても観葉植物としても人気の植物です。まずは個性的なガジュマルの特徴をみていきましょう。

熱帯〜亜熱帯に分布する観葉植物

植物名 ガジュマル
学名 Ficus microcarpa
科名 / 属名 クワ科 / イチジク(フィカス)属
原産地 沖縄、台湾、東南アジア
開花期 4~5月
花の色 薄黄色
花言葉 健康

ガジュマルは亜熱帯から熱帯地方に分布する、クワ科イチジク(フィカス)属の植物です。日本では沖縄に生えており、樹齢100年以上で樹高20mを超える巨木もあります。

日光を好むため日当たりと水やりに注意が必要なものの、生命力が強く初心者でも育てやすい観葉植物として有名です。

特徴的な太い根っこは強い生命力を持っており、ほかの植物に巻きついて侵食する様に育つことから『締め殺しの木』と呼ばれるほどです。

しかしキムジナーという火の精霊が住んでいる『幸福をもたらす木』とも言われており、風水アイテムとしても人気があります。

ガジュマルに剪定は必要?

剪定バサミ

すくすく育つガジュマルを眺めるのは、樹木を育てているときの大きな楽しみです。それなのに剪定は必要なのでしょうか?ガジュマルを剪定するメリットや適切な時期について紹介します。

ガジュマルを剪定するメリット

生命力が強いガジュマルは、庭はもちろん室内で育てていてもどんどん育ちます。1年で20〜30cmは成長するといわれており、あっという間に樹形が変わるほど大きく育つでしょう。

野生のガジュマルであれば問題ありませんが、室内の鉢で育てている場合には、栄養が行き渡らず枯れてしまうかもしれません。庭木であっても、樹形のバランスが崩れるなどの問題がおきやすいでしょう。

そこで必要になるのが剪定です。剪定で余分な枝葉を取り除けば、樹形を適度な大きさと美しいシルエットに保つことができ、ガジュマルの生育の手助けもすることができます。

また風通しがよくなるので、病気や害虫からもガジュマルを守れるのです。

関連記事:剪定の基本を解説!実践のための剪定知識や道具、剪定後の手入れ方法|ミツモア

ガジュマルの剪定は4〜7月ごろがおすすめ

ガジュマルの剪定は4〜7月ごろに行いましょう。

この時期のガジュマルは生育が盛んで、よく育ちます。剪定は植物に一時的な負担をかけるため、成長が盛んな時期に行うのが基本です。

逆に10〜3月ごろのガジュマルは休眠期に入ります。成長がほぼ止まる時期なので、この時期の剪定は避けましょう。

ガジュマルの剪定方法

ガジュマル

剪定の理由や時期が分かったら、実際にガジュマルを剪定してみましょう。ガジュマルの様子や剪定の目的に合わせて、2通りの剪定方法を紹介します。

育ちすぎたガジュマルは「切り戻し剪定」で整える

切り戻し剪定は、余分な枝葉を切り落とす剪定方法です。ガジュマルが育ちすぎた場合は、見た目を整えるために『切り戻し剪定』を行います。

切り戻し剪定の手順は以下の通りです。

  1. 剪定前に理想の樹形をイメージする
  2. はみ出している部分を切り落とす
  3. 【高さを抑えたい場合】上に向かって生えている枝の先端を切る
  4. 枯れた葉は根元から切り落とす
  5. 密集している部分も適度に間引く

最初は戸惑うかもしれませんが、イメージより一回り小さく大胆に切っても問題ありません。

弱ってしまったガジュマルは「丸坊主」がおすすめ

鉢植えのガジュマルに元気がない場合は、『丸坊主』に剪定するのがおすすめです。丸坊主はその言葉通り、幹の部分を残して全て刈り取ってしまう方法です。

「大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、丸坊主にすることにより、枝葉にとられていた栄養分が幹に集中するので、ガジュマルは回復しやすくなります。

丸坊主に剪定する場合は、とにかく大胆に太い幹以外の部分を切り落としてしまいましょう。切り落とした後は日当たりのよい温かい環境で管理します。

剪定業者に依頼する方法も

自分で剪定する自信がない場合には、剪定業者に依頼するのもよい方法です。ガジュマルに元気がない場合や、忙しくて時間が取れない場合には、ぜひ検討してみましょう。

▽剪定を業者に依頼する場合の費用相場を知りたい方はこちら

関連記事:庭木の剪定料金の相場はどれくらい?業者選びのポイントも解説|ミツモア

ただし初めての依頼の際は、どんな業者に頼めばいいか不安になるかもしれません。そんな時は一括で複数の業者を比較検討できるミツモアを活用すると便利です。ミツモアなら地域や予算を入力するだけで、簡単に複数業者から見積もりを取ることができます。

気になった業者とはチャットで相談もできるため、安心して剪定を依頼することができるでしょう。

ミツモアで庭木の剪定を依頼する

剪定の際のコツと注意点

ガジュマル

ガジュマルの剪定に特別な決まりはありませんが、ちょっとしたコツと注意点を知っていれば、安心して剪定を行うことができます。剪定方法の次は剪定のコツと注意点を確認しておきましょう。

切り口から出る白い樹液に注意

ガジュマルを剪定する時には、切り口から出てくる白い樹液に注意が必要です。この樹液には、ラテックスというゴムの原材料になる成分が含まれています。樹液に直接触れるとかぶれやアレルギーの原因となる恐れがあります。

安全のため、剪定の際には手袋をつけ、直接触らないように注意することが大切です。ペットや小さな子どもがいる場合には、特に注意しましょう。

新キヨナール 100g

 また、切り口はきれいに拭き取り、ホームセンターなどで入手できる癒合剤を塗布することをおすすめします。

関連記事:癒合剤は剪定の必須アイテム!役割や使うシーン、おすすめ商品を紹介|ミツモア

剪定後は直射日光を避けて

生命力が強いガジュマルは、剪定後もそれほど神経質になる必要はありません。ただし、直射日光は避けておいた方が無難です。

剪定後のガジュマルは回復に集中しているため、強い日差しは負担になってしまいます。

観葉植物を剪定した後は、直射日光が当たらないようカーテンを利用し、温かい環境に1週間ほど置いておくとよいでしょう。

また水を蒸発させる葉っぱが減っているため、水やりも控えめにし、少し乾燥するくらいで管理すると安心です。早く回復させたいのであれば、剪定後に通常の2倍に希釈した液体肥料を与えるのもおすすめです。

ハイポネックスジャパン 液体肥料

 大胆な剪定で元気に育てよう

ガジュマル

ガジュマルは観葉植物の中でも特に生命力が強いので、初めての剪定でもそれほど緊張する必要はありません。大胆に切り込んでしまっても、すぐに新しい枝葉が伸びてきます。まずは思い切ってチャレンジしてみましょう。

ミツモアで庭木の剪定業者を探そう!

簡単!無料の3ステップでぴったりのプロが見つかる!

ミツモアならパソコンやスマートフォンを使って、簡単な質問に答えていくだけで最大5件の無料見積もりが届きます。庭木の剪定をプロに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

ミツモアで簡単な質問に答えて見積依頼

ミツモアならサイト上で予算、スケジュールなどの簡単な質問に答えるだけで見積もりを依頼できます。複数の業者に電話を掛ける手間は必要ありません。

最大5件の見積もりが届く

無料で最大5件の見積もりを比較することが可能です。レビューや実績も確認して、自分に合った業者を選ぶことができますよ。

チャットで見積内容の相談ができる

気になった業者とはチャットで相談することができます。チャットなら時間や場所を気にせずに相談ができるので忙しい人にもぴったりです。

ミツモアで庭木の剪定を依頼する