背景画像

庭の手入れ業者を見つけよう
庭の手入れ業者を見つけよう

庭木の剪定や伐採・芝生のお手入れはプロにおまかせ!庭の手入れ業者を探しましょう。
どの地域でお探しですか?
依頼者数
110万人以上
平均評価 4.83
依頼総額
325億円以上
見積もりアイコン

2分で依頼

選択肢をクリックするだけ!たった2分で気軽に相談できます。

提案アイコン

見積が届く

最大5人のプロから、あなたのための提案と見積もりが届きます。

プロアイコン

プロを選ぶ

チャットをして依頼するプロを決めましょう。

庭の手入れ業者登録数、日本最大級!

庭の手入れ業者を探しましょう。

庭のある一戸建て住宅は憧れですが、庭木の剪定や伐採、草刈りなどの庭のお手入れは、負担も大きいですね。

プロの業者にサポートを依頼すれば、美しいお庭造りが実現します。

芝生の管理や草むしりなどは、業者におまかせして、もっと気軽にガーデニングを楽しみましょう。

本格的な日本庭園から、小さなイングリッシュガーデンまで、あなたの理想の庭が手に入りますよ。

かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

どの地域でお探しですか?

庭木の剪定の相場

低木(高さ 3m未満) 2,500〜5,000円(1本) 
中木(高さ 3〜5m) 
5,000〜10,000円(1本) 
高木(高さ 5m以上) 
10,000〜25,000円(1本)

※マツ・マキの相場

マツ・マキは上記の相場より高くなる傾向があります。


※追加料金

上で記した、作業に応じた料金だけでなく、追加料金がかかる場合があるので注意が必要です。剪定後に出たゴミを処理してもらう場合は処理代が、高木の剪定に特殊車両が必要な場合は車両代がかかります。プロのホームページに書かれている料金体系から自分で見積もりを出すのではなく、まずは実際にプロに見積もりしてもらうのがいいでしょう。

庭木の伐採・伐根の相場

庭木の伐採相場

高さ相場目安
3m以下
2,500円/1本
3~4m
7,000円/1本
4~5m
10,000円/1本
5~6m
15,000円/1本
6~7m
20,000円/1本 
7m以上
25,000円~/1本


庭木の伐根相場

幹周り相場目安
15cm以下
10,000円/1本
16~30cm
15,000円/1本
31~40cm
20,000円/1本
41~50cm
25,000円/1本
51~70cm 
30,000円/1本
71cm以上 
40,000円~/1本

草むしり・草刈りの相場

草むしり(手作業)相場

10㎡3,000~5,000円

草刈り(機械刈り)相場

10㎡1,000~2,000円

庭の手入れに最適な時期

「庭の雑草や草木が伸びきっているけど、自分でやるのは面倒だな…」

慣れない草刈りや剪定には時間と労力がかかるため、業者に依頼したいと思う方も多いでしょう。いざ依頼しようと考えた時、生きた植物の手入れということで「それぞれの植物・作業に最適な時期があるのでは」と疑問に思ったことはありませんか?

以下では庭に関する様々なサービスの中から

  1. 剪定
  2. 植え替え
  3. 草むしり
  4. 草刈り

について、最適なお手入れの時期を紹介します。


1.剪定


剪定には「基本剪定(強剪定)」「軽剪定」の2種類があります。

基本剪定(強剪定):新芽が出る前に枝や葉をカットし樹木の成長を促す剪定方法。多くの枝を切るため、木にとって負担が大きいとされている。

軽剪定:軽く枝や葉をカットし樹木全体の形を整える剪定方法。日当たりをよくすることで害虫を予防できる。


また庭木の種類は主に「落葉広葉樹」「常緑広葉樹」「常緑針葉樹」が挙げられます。具体例は以下の通りです。

落葉広葉樹:ヤマボウシ、ウメ、アオハダ、アオダモ、モミジ、ハナミズキ

常緑広葉樹:ツバキ、サザンカ、サツキ、キンモクセイ、カシ

常緑針葉樹:マツ、スギ、ヒノキ、マキ、ゴールドクレスト、コニファー


剪定方法と庭木の種類により、以下のように最適な時期が異なります。



基本剪定軽剪定理由
落葉広葉樹12~2月

3・6・ 9・10月

葉が落ちてから剪定するのが良いため。活発に生長する4~5月、7~8月は避ける。

常緑広葉樹3~6月

8~10月

花芽の形成後に剪定すると花付きが悪くなるため、新芽が出る前、またはある程度そろった頃に行う。寒さに弱いため11~2月は避ける。

常緑針葉樹3~6月

10~11月

新芽が出る前に剪定すると、バランス良く枝葉が生長するため。寒さに強いので冬でも剪定は可能。


間違った時期に剪定すると、樹木が大きくダメージを受けてしまうことがあります。自身の庭に生えている樹木の種類をきちんと調べてから、最適な時期に依頼するようにしましょう。


2.植え替え


庭木として既に根が張っているものを掘り上げて移植したり、根に土が付いていないものを移植・植え付けする場合、それぞれの樹木に最適な時期に行わなければなりません。

剪定と同様に落葉広葉樹常緑広葉樹常緑針葉樹で最適な時期が異なります。



時期理由
落葉広葉樹

11月下旬~3月初旬

葉が落ちて休眠期に入っているため。

常緑広葉樹

6~7月

(温暖地は3~4月も可能)

生長期に入る前に植え替えるのが良いため。
常緑針葉樹

年中可能

(真夏の8月と真冬の2月は避ける)

気候の影響を受けづらいため時期は問わない。種類によっては3~4月、9~10月が最適なものもある。


3.草むしり


雑草には主に「一年草」と「多年草」の2種類があります。

一年草:種子をまいてから1年以内に発芽し、花を咲かせ、実をつけ、種子を散布して枯れる植物。

例)エノコログサ、メヒシバ、ヤハズエンドウ、ホトケノザ

多年草:種子をまいてから発芽し、花を咲かせ、実をつけ、種子を散布するサイクルを2年以上繰り返す植物。基本的に冬でも葉は枯れない。

例)カタバミ、ドクダミ、スギナ、オオバコ、ヨモギ


それぞれの雑草に最適な草むしりの時期は以下の通りです。



時期理由
一年草

3・9月

一年草には3月頃に発芽するものと、9月頃に発芽するものがあり、芽の出始めは雑草の根が張っておらず背丈が低いため抜きやすいから。

多年草

6月

(年中可能)

多年草の草むしりは特に時期を問わないが、6月は梅雨で土が柔らかくなりやすく根からしっかりと抜きやすいため。


4.草刈り


草刈りは1年に3回、下記の時期に行うのが最適とされています。


時期理由
6~7月
気温の上昇と降水量の増加により雑草が生長する時期。夏期の大きな生長を防ぐため。
9~10月

気温が低下し生長力が弱まる時期。冬の生長を防ぐため。

11~12月

枯れ草が増える時期。植物は冬に丈夫な根を張るため、この時期の草を刈ることで翌春の生長を防ぐため。


以上の時期に草刈りをするのがおすすめです。最低でも6~7月、11~12月の2回は行いましょう。

「年に3回も業者に依頼するのは…」と思う方は、雑草が生い茂るものの暑くて作業がしづらい6~7月に1度依頼するだけでも、負担がかなり小さくなりますよ。


以上のように庭の手入れは各種作業、または樹木の種類によって最適な時期が異なります。

自身の庭にある樹木の種類を確認し、最も良いタイミングで依頼するようにしましょう。

ミツモアが選ばれる理由

ミツモアは暮らしからビジネスまで、色々なプロと出会えるサービスです。

あなたの地域のプロたちに、かんたん・無料で気軽に見積もりを依頼できます。

品質アイコン

1. 安心品質

ミツモアのプロは顔の見えるプロ。

実績や口コミ、資格を確認できます。

見積もりアイコン

2. 無料の一括見積もり

何回も電話をかける手間はもうなし。

無料で複数人から見積もりがとれます。

プライバシー保護アイコン

3. プライバシー保護

電話番号の公開・非公開を選べるので、

過度な営業の心配がありません。

どの地域でお探しですか?